桜地区青少年健全育成協議会

私たち 青少協は 願っています 人が 人に対し やさしく あり続けるために…




     

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

じてんしゃは友だち

2014年09月24日 | 日記


この記事をはてなブックマークに追加

翌日のニュースに複雑な気持ち

2014年03月04日 | 日記

3月1日(土)に、桜地区青少年健全育成協議会の今年度最終事業「こどもをまもるいえ連絡会」を実施いたしました。今回は、桜の駐在所に18年間も勤務された四日市西警察署の永井さんを迎え、桜の子どもの視点と大人の視点について経験談を中心に語っていただきました。特に、中学校が荒れた頃の緊張感と使命感で慎重に取り組まれたことは、私たち住民にとって改めて子どもたちの様子を知り考えるに、いい機会になったと思いました。そして、今回はもう一人ゲストを招きました。それは、福島県広野町の学校に通う子どもたちに使い捨てカメラを渡し自由に写真を撮ってもらい、子どもたちの視点の向こうに見えるものを大人がいかに感じ考えられるか、そういう機会を持ってもらおうという取り組みをしている大阪のカメラブレスさんによる写真展と、副代表の鰆木翔子さんのお話も聞きました。50名を超える参加者で盛況だったんですが、皆さん感じるものは大きかった様子でした。・・・しかし、その翌日に「中3女子殺害事件」の容疑者が逮捕されるというニュース。しかも容疑者が事件現場近くに住む少年であったと聞き、いかに青少年の健全育成というテーマが大きく難しいかを考えさせられました。


この記事をはてなブックマークに追加

こどもの目、おとなの目・・・「こどもをまもるいえ連絡会」

2014年02月19日 | 日記


この記事をはてなブックマークに追加

自転車に優しく・・・人にも優しくなれるために

2013年10月05日 | 日記

昨年は雨で流し、今年も事前の予報が危うかった「おやぺだるこぺだる」。スタッフ、ゲスト、参加者の思いが通じてか、無事に4回目のセッションを開催できました。会場の桜中学校グラウンドには50人ほどの参加者が集まってくれました。また、日本競輪選手会三重支部のご協力によって現役のプロ選手4名も参加。いずれも参加者と近い年齢!?(笑)で、終始笑顔の絶えない和やかな空気の中、一本橋、スラローム、急ブレーキ、それぞれ挑戦して体をほぐした後は「ササエさんぺだる」でタイムアタック。これは一般道路では絶対やめてほしい並走で、紙テープを互いのハンドルに巻いて命綱としてタイムアタック。これは、なぜ並走が危険なのかを身をもって体験してもらおうというもの。普段は愛車を乗りこなしているはずですが、まだまだ自転車とのコミュニケーションは・・・。そんなわけで、あらためて自転車の扱い方乗り方を確認していただきました。また、「ササエさんぺだる」の集計中には、自転車トライアル競技に挑戦中の小学6年生によるデモンストレーションを披露してもらいました。さすがのテクニックに「ぉお~ぉ」と、どよめきが何度も聞こえてきました。自転車で歩行者にぶつかって、歩行者が亡くなることも珍しくない世の中。人生最初の乗り物「自転車」と仲良くなって、誰とでも優しく関わりあえるよう願っています。


この記事をはてなブックマークに追加

もっと自転車と友だちに・・・

2013年09月20日 | 日記


この記事をはてなブックマークに追加