春日井サッカー熱中症『春日井クラブNEWS』 CHALLENGE

愛知県サッカーリーグ1部『春日井クラブ』の活躍をお届けいたします。🐸

2月25日 2018公式戦初戦

2018-02-20 17:32:53 | GO!GO!春日井クラブ

いよいよ25日日曜日より

春日井クラブの今季公式戦が始まります

25日は愛知県社会人サッカー選手権1回戦

対戦相手はWIN FIELDさん

会場は豊田自動織機大府グラウンド 12時KO

選手の皆さんは10時半集合厳守

大事な初戦入り方が肝心

水曜日の練習で最後の準備をしましょう

今季のテーマ『いるべき場所へ』・・・


先週から新たに3名の練習参加がありました

県1部というステージで『競技者』として戦ってくれる方

まずは練習参加してみませんか

県リーグは結構長丁場になりさらに5名交代が導入されれば

選手層を厚くする必要があります

特にこの4月から社会人になるプレーヤーで

未だサッカーを続けるか迷っている方

社会人としてきちんと働いた上でサッカーをしている

春日井クラブの先輩の姿を見てみませんか

きっと何かヒントがあると思いますよ

 


この記事をはてなブックマークに追加

AS刈谷VS愛知朝鮮蹴球団 視察

2018-02-18 21:19:31 | GO!GO!春日井クラブ

AS刈谷さんと愛知朝鮮蹴球団の試合を見てきました。

強風とグラウンドコンデションと寒さでお互いの良さが充分に発揮できなかったと思います。

後半早々愛知朝鮮蹴球団のFKが直接ゴールイン

AS刈谷さんは両サイドを起点に相手ゴールに迫る

愛知朝鮮蹴球団さんは2名の強いCBを起点に長めのパス、ドリブルで相手ゴールに迫る

その特徴とおりAS刈谷さんが右サイドから中央へのパスを折り返し

同点に追いつく

しかし試合はそのままタイムアップPK戦へ

AS刈谷 〇〇〇✖✖

愛知朝鮮 〇〇〇〇ー


春日井クラブの1回戦は25日

相手はウインフィールドさん

いい準備をして試合に備えます


 


この記事をはてなブックマークに追加

TRM・・・

2018-02-05 13:17:36 | GO!GO!春日井クラブ

ここ数年TRMは愛知淑徳大学さんのFリーグに参加していましたが

今年からFリーグが学生メインとなったので

苦労してTRMをしています

1月14日は春日井東高校さん

1月21日はNAGOYA CITY United FCさんと

FC Bonbonera GIFUさんと合同TRM

名古屋シティユナイテットFCさんは今年 知多リーグに参戦する新規チーム

当初からJリーグを視野にいれ作られたチームです

基本的な概念は私と同じで愛知県プレーヤーの為のクラブ(育成)

春日井クラブとして私個人として協力関係を結んでいきたいと思います

ひとつ温かい目で応援してください


2月4日は午後7時から名古屋産業大学さんと

40分×2+20

1本目

GK      恩田

DF 末吉 谷口 福井(一) 佐々木

MF     濱野   後藤

    正司       福井(悠)

FW    平山   北川

バックスとGKの連携ミスからの1失点のみ0-1 


2本目

GK      恩田

DF 末吉 佐々木 阿南 平山

MF   濱野  福井(一)

   山口  福井(悠) 杉村

FW      廣瀬

福井悠太の2得点で2-1


おまけの3本目(20分)

GK      恩田

DF 福井(一)谷口 阿南 佐々木

     濱野   山口

   福井(悠)    杉村

FW   廣瀬  北川

福井(悠)の得点で1-0

1本目は大学生のパワーとスピードに正直後手後手にまわり

失点しないのが精いっぱいでしたが

2本目からは相手に慣れたのか春日井のカウンターが決まり始め

おされながらも危なげなしという感じ

特に昨年あまり見られなかった連動性を感じました

選手各々が自分のプレーに課題をもって取り組んでいるようでした

ベテラン勢の安定感は言わずもがな

チーム得点王の平山をSBで使うオプションも試してみました

あとはブランクはあるものの後藤雄平選手の対人の強さパスのセンスは

新たな春日井クラブのカタチを予感させます

この時期大学生相手にこれだけやれたのは

選手各々が危機感を感じているからと

藤井新監督が常に声をかけてケアしていたからと感じました

前回も書きましたが不動のSBであった深谷選手がいなくなったのは

確かに残念ですが新たなオプションが出来たのも確かです

次週は守山CFCさんとです・・

写真はインスタグラムでご覧ください。


 



 


この記事をはてなブックマークに追加

2018選手情報①

2018-02-04 12:31:06 | GO!GO!春日井クラブ

2018春日井クラブ選手情報です

いよいよ新シーズンが2月25日(愛知県サッカー選手権)から始まります

しかしこの大会は基本的には2018シーズンの登録選手となります

なので他チームからの移籍選手は追加登録の必要がありますし

他チームでの出場の場合は春日井クラブでの登録を抹消する必要があります

まず愛知県サッカー選手権に出場追加選手をお知らせ致します


後藤 雄平選手(1989年生まれ)グランパスユース⇒中京大学

本来は2018シーズンを一緒に戦ってくれる予定でしたが仕事やコンデションの関係で

実現しませんでした

この選手権から出場の予定です(すでに練習には合流しています)


藤井 清正(監督兼選手)

プレーイングマネジャーとして登録予定

あと大いきのが7安藤 武蔵選手の復帰

ここ2シーズンある困難な資格取得の為チームから離れていましたが

目的を果たし昨年12月よりチーム合流しています

他に

村口 秀太郎選手 東海学園大学⇒デッツオーラ島根

安達 敬雄選手 東海学園大学⇒デッツオーラ島根

村口選手、安達選手は5月までの予定

 

以上が愛知県サッカー選手権新規登録予定となります

 

春日井クラブ抹消選手のお知らせ

4深谷 郁夫(名古屋サッカークラブ移籍)

 

4月からのリーグ戦ついては

1GK 金 康太(ケガの為当初は登録なし GKコーチ登録あり)

3DF 阿南 隼 (地元の水戸での就職の為登録なし)

FW13 竹之内ヒロユキ(昨年7月より仕事の関係でチームを離れている)

MF22 成田 陽介(仕事の関係で選手登録はなし)

MF23 窪田 達哉(昨年夏に静岡のチームへ移籍済)

DF25 小川 真司(ケガの為当初の登録はなし コーチ登録予定)

 

春日井クラブ不動のサイドバック4深谷郁夫選手の移籍が大きいですが

人材はそろっているのでレベルの高い競争が生まれればと思います。

あとはDF陣がやや手薄なので今後の補強が必要と感じています

 

特にCBとFW

FWは前線からプレスをしっかりかけて頑張ってくれる選手を必要としています

リーグ戦は4月8日から始まる予定ですが

FW、CB、GKを若干名募集します

東海社会人サッカーリーグ昇格を一緒に目指してくれる方是非お願いします。

まずは水曜日の練習に参加してください

(登録については監督、コーチが決定致します)

今季から交代枠も5名となるので出場機会は増えます

希望する方は

氏名、年齢、サッカー歴(中学くらいから)

希望するポジション、アピールポイント

現在の状況(社会人か学生か仕事も探しているのか?)

s4156285@mail.goo.ne.jpまでメールでお問い合わせください。

 

練習環境は良いですよ

やや小さいですが人口芝ナイターグラウンド

時間も水曜日8時30分~2時間みつちりやります

社会人にとっては練習時間も十分確保しています

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

第41回愛知県社会人サッカー選手権日程決まる

2018-01-16 22:34:09 | GO!GO!春日井クラブ

2月18日から始まる愛知県社会人サッカー選手権の日程が

愛知県サッカー協会からアップされました

春日井クラブは一週あとの2月25日に初戦となります

相手チームはWIN FIELDさん

同じ山にはFC刈谷さん

初戦までまだ1か月あるのでまずはフィジカルの強化+αが急務


 


この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年(新体制のお知らせ)

2018-01-04 12:36:03 | GO!GO!春日井クラブ

明けましておめでとうございます。

本年も春日井クラブの活動についてよろしくお願いいたします。

昨年は2000年から守ってきた東海社会人サッカーリーグの

ステージから降格となってしまいました。

この点について応援、ご支援頂いている皆様に起きましてはお詫び申し上げます。


この現状を正しく分析することによって新たなチャレンジに進もうと昨年末から

思考錯誤してまいりました

2017シーズンの結果は

3勝9敗2部 勝点11 総得点24(6位) 総失点64(8位)

残留したチーム特に5位、6位との差は勝点2

この数字だけ見ると守備が崩壊がこの結果に繋がる事がわかります。

ここ数年東海のレベルが上がった事は紛れもない事実

大学チームが4 上位リーグを目指すチームも多数あり

練習と言う積み重ねが結果に直結しています

フィジカル、組織的なプレー、分析など・・・

特に守備についてはチームのコンセプト、約束事を踏まえた上で

チーム全体での意識が同じ方向を向いてないといけません


春日井クラブは一昨年からHikari-FCさんのご協力により

市民クラブとしては素晴らしい環境で練習に取り組んでいます

練習内容もコーチを中心にバラエティーに富んだ飽きない内容で取り組んでいます

では何が欠けていたのか

春日井クラブの選手の能力は非常に高く他のチームからも一目置かれています

がチームとしての春日井クラブはこの評価ほど高くはないと感じています

チームとしての相乗効果の表現として1+1が2でなく3や4になるなんで事を言いますが

春日井クラブの現状は1+1が2でしかないと感じています

言うまでもなくサッカーはチームプレーです

攻撃も守備も連動性に欠けたのでは当然の結果です


しかし悲観する必要もありません

クラブ、選手が同じ目的で同じベクトルでピッチに立てば必ず

“強いチーム”にできると信じています


その為に春日井クラブは新体制に移行いたします

監督をクラブOBの藤井清正氏を迎え

安藤隆宏氏を総監督とする事を昨年12月に

安藤氏、藤井氏、礒本主将、飯田と会合を行い決定した事をお知らせ致します。


原則現場(練習、試合)は新監督の藤井が率います

新監督の藤井清正氏は1978年生まれの39歳

春日井クラブでDFとして

18年プレーしキャプテンとして2部で2回優勝を経験した

まさにミスター春日井と呼ぶに相応しい選手でした

サッカー観も素晴らしいものですが

決して大人しいとは言えない時代の春日井クラブのキャプテンとして

クラブを率いてきたキャプテンシーに大いに期待します

また守備の立て直しにも期待いたします


今回総監督として引き続き春日井クラブを支えていただける安藤氏は

中京大学から名古屋サッカークラブでJSLでプレー(愛知県教員

その後愛知県国体チームの指導を経て春日井クラブの監督に就任

春日井クラブを愛知県有数の社会人チームに育て

なんの後ろ盾もない純粋な市民クラブを2000年から昨年まで東海のステージで

戦わせてくれた手腕は高く評価頂いております。

今回県リーグから新たなチャレンジを始めるに於いて

若く情熱のある人物に任せようとの意見が一致しました。

安藤氏は愛知県サッカー界に広く人脈を持ちまだまだ活躍を期待しております。

新体制に移行によりスタッフにも一部変更がございます。


新監督:藤井 清正 

総監督:安藤 隆宏

主将:福井 悠太

副主将:福井 一貴

主務:石田 唯

事務局長:飯田 和樹

コーチ陣は正式に決まり次第お知らせいたします。

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

春日井市サッカー選手権について

2017-12-18 21:20:48 | GO!GO!春日井クラブ

新春の行事として定着した春日井市サッカー選手権の要項がリリースされました

春日井クラブの初戦は14日の第3試合

対戦相手は春日井工業高校

開始時間は13:00~

今大会より開会式がなくなったので

春日井クラブの皆さんは11時30分集合とします

アンダー(シャツ、タイツ)とも緑を用意してください

(別色はダメです)

今度TRMや県選手権で必要になります

手元にない選手の方は割引価格で案内します


この記事をはてなブックマークに追加

第41回愛知県社会人サッカー選手権組合せ

2017-12-17 22:51:03 | GO!GO!春日井クラブ

2018シーズンの始まりを告げる

愛知県社会人サッカー選手権兼全国社会人サッカー選手権愛知県大会の

組合せが17日午後7時から刈谷市内で行われました

今回の大会参加は予選勝ち上がりの2チームを含み29チームで開催

期日は2月18日~4月1日までの予定

FC刈谷、Chukyo univ.FC,東海学園FCの3チームは2回戦から(2月25日)

選手交代は7名登録5名まで出場可能となりました

詳しい日時トーナメント表は後日愛知県サッカー協会からリリースされます

春日井クラブは2月18日 対戦相手はWinFIELDさんです


 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

全国へ羽ばたけ東海の2チーム

2017-10-21 09:59:26 | GO!GO!春日井クラブ

先日 全国社会人サッカー選手権が行われ

東海代表の『鈴鹿アンリミテッドFC』が見事に優勝し全国制覇を成し遂げました。

鈴鹿さんは三重FCランポーレとして東海社会人サッカーリーグに

昇格してきてから良く知るクラブ

スタッフさん、サポーターさんの全国へ・・三重にJリーグをと言う想いも見てきました。

それ故私個人的にも感慨深い今回の優勝です。


私が言わずともですがここは1つの通過点で

今季の大きなミッションは全国地域サッカーチャンピオンズリーグで

勝ち抜きJFLへの昇格ですね


鈴鹿アンリミテッドFCは着実に全国レベルの強豪の実績を積み重ねてきたクラブ

東海社会人サッカーリーグ制覇、天皇杯三重代表としてJリーグクラブとの公式戦でのマッチアップ

全国社会、全国地域CLへの出場の経験値を積んできたクラブ

JFL昇格のチャンスは今までにもあったと思いますが

残念な事にあと一歩のところで昇格を逃してきた悔しさを糧に十分な準備をしてきた事が

今回の大会で発揮できたと感じます。


これまでの経験と蓄積したきた実力を発揮すればJFL昇格はきっと成し遂げてくれるはずです

おめでとうございますはその時まで取っておきます。

 

さらにこの大会で全国地域CL出場権利持ちチームが上位を占めた事により

『FC刈谷』が出場できる事になりました。

FC刈谷は鈴鹿アンリミテッドFCが今季唯一白星を挙げていないチーム

勝点も優勝の鈴鹿アンリミテッドFCが34

FC刈谷が33と僅差

FC刈谷も悲願のJFL復帰を果たすチャンスがあります

FC刈谷も鈴鹿と同じく経験と実績を積み重ねてきた実力者

きっとこのチャンスをモノにしてくれるでしょう

 

ここ数年

東海社会人サッカーリーグのクラブが全国へ羽ばたく機会が多くなり

東海社会人サッカーリーグのレベルの高さを証明してもらい嬉しく思います

今後は東海社会人サッカーリーグ全体の底上げをしなければなりません。

春日井クラブはリーグ本戦では2部7位で降格です

全国地域CLの結果で残留の可能性はあります

東海社会人サッカーリーグに残留したとしても

しかしこれで良しとしては来季も同じ繰り返しとなりますし

リーグの底上げには通じません

鈴鹿アンリミテッドFCやFC刈谷と言う身近にお手本があるので

参考にすべきと思います。

目指すものが違うとか資金とか環境とは言い訳にはできません。

ピッチに立てば同じ条件で勝利を目指す競技者だからです

同じ東海社会人サッカーリーグに所属するクラブとして恥じないクラブとならなくては・・・

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

東海社会人サッカーリーグ降格の日

2017-10-08 21:33:07 | GO!GO!春日井クラブ

10月8日

今シーズンの日程が決まった日に嫌な予感がしました

最終節まで残留争いがもつれ込んだ場合絶対マズイと

それが現実となってしまいました。

朝春日井を7時半に出発

藤枝市民グランドに9時45分につく

今季2回目の藤枝市民グランド

いつ来てもいい雰囲気の会場です

この日のメンバーは

GK          35恩田

DF  15横手  17磯本 3阿南  5福井

MF           26正司

        34濱野    6加藤(巨)

      18末吉        14高塚

FW           8平山

RESERVE:30緒方、12廣瀬、28杉村、33谷口

正GK1金をケガで欠き 不動のSB4深谷を警告累積で欠き

9柴田、25小川もケガ 

集まったのは15名

しかしこのメンバーで勝ちにいくしかない

安藤監督は26正司をリベロ的扱い

早い市役所サッカーに対応すべく守備的布陣

攻撃はつなぐより蹴って8平山の個人技に賭けたというか

このプランしか選択肢はなかった

勝つなら1-0しかない

しかしこのプランは開始4分で泡と消える

絶好調市役所18高橋選手の鋭い飛び出しとコンパクトで強力なキックに反応できす失点

6分:OGと最悪のパターン

さらに18高橋選手に合計6失点

10村松選手に3失点

前半に8、後半に4

合計で12失点と前節に引き続き

大量失点での大敗

東海陥落もやむなし

市役所の攻撃陣はオフサイドギリギリでの飛び出しが絶妙かつシュート能力が高い

正直このパターンはお目にかかったことがない

春日井DF陣が縦に揺さぶられこのスピードについていけない

悔しいとを通り越して

根本的にチームの作り直しが必要と真に考えさせられた試合でした

ただし若い33谷口翔太、28杉村公嘉が躍動してくれたのが来季への望みでした

 

これで第52回東海社会人サッカーリーグは全日程を終了

3勝2分9敗勝点11の7位が決定しまいした。

2000年に東海社会人サッカーリーグに昇格しこれまで降格のピンチはありましたが

なんとか耐えてここまできましたが

とうとう降格の現実がやってきました。

メンバー的には決して他のチームにひけはとらない優秀な人材ですが

チームとして脆かったという表現が正しいと思います。

これまで春日井クラブを応援して下さった皆様へ

この様な結果となり大変申し訳ありませんでした。

 

今後この結果を重く受け止め正しく精査したいと思います。

その上で来季の構成を考えたいと思いますが

まず『競技』であり『アスリート』である以上

走る、闘うを前面に押し出していけるチームへと改革が必要と感じております

今日はここまでにさせていただきます。

最後にこのスコアボードは非常に屈辱ですが

あえて振り返り立ち位置を確認する事でスタートを切りたいと思います。

       


この記事をはてなブックマークに追加