明日のあなたへ(Confusion will be my epitaph)

2009年6月乳がん温存手術、7~8月放射線治療、9月~翌年3月抗がん剤治療、現在無治療。幸せな日常に感謝。

2週間

2014-03-01 | 日記





2月15日 土曜日、母は亡くなりました。




病院からの電話で病院に駆けつけましたが、間に合いませんでした。





ひとりでいると、涙があふれます。 覚悟はしていたはずなのに








もっと長生きさせてやれたのではないか


骨折も防げたのでではないか


肝臓や腎臓が弱っていたのに、もっと早く気付いてやれたのではないか


病院にもっと付き添ってあげられたのではないか


「もう帰っちゃうの?」と淋しそうに言っていたのに…


忙しいからって、また来るねって、ドアを閉めてしまった。







後悔ばかり


普通に仕事に戻り、笑ったり飲んだり食べたり電話したり運転したり歩いたりネットしたり眠ったりお風呂入ったりしてるけど




この2週間、ずっと泣いている




80歳を超えた母を亡くした50歳半ばの子供が、







時間くすりが、なんとかしてくれるのかな
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

私は元気ですが

2014-02-13 | 日記
なんというか…

ログインIDやパスワードを完璧に忘れていました(笑)







1年以上放置していましたね。自分でもびっくりです。



先日、術後4年半の検査(採血のみ!)でした。

主治医との雑談で終わりました。仕事を1日休んで行ったのに。

次回は5年後検査が夏にずれ込みますが、これでひと区切りです。





自分的には元気でなんともないのですが、

母が昨年から入院中で、今はほとんど昏睡状態に陥っています。


はじまりは転んで大腿骨骨折→肝臓、腎臓の機能が悪い→肝硬変?→肝不全 

「何が起きてもおかしくない」と医師からは言われています。



どうにも落ち着かない毎日です。


でも、仕事して、ごはんたべて、お風呂入って、TV見て、お酒飲んで、わらって、 います。


なるべく母に会いに行きたい気持ちと、

様変わりして、こんこんと眠り続ける母を見ていられない気持が入り混じってしまって


いい年齢して、恥ずかしい…



この間まで5人家族だったのに

娘が一人暮らしをはじめ、父が亡くなり、母が入院して

今は夫婦2人になりました。



さみしいものです。

「ご飯のしたくが面倒くさいな~」なんて思っていたのが懐かしいです。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

すべて世はこともなし

2013-01-08 | 日記
6日間の年末年始の休みは『あっ』という間に終わりました。(毎度のことです)

父の49日の法要をいつにする、とか

義父の1周忌が2月にあるね、とか

香典返しとは何を返すのか、とか

紅白の美輪明宏の「ヨイトマケの唄」を観ながら相談する私たち…


雪もそれなりに積り

雪かきもするし、雪道の運転はコワイ

去年と何の変化もないように思えるのだけれどね


でも、確実に違うのは家族が減ってしまったこと。


そんな中、娘と食べた昼食の【牡蠣わっぱめし】(ピンぼけだけど)

牡蠣のまあ立派なこと オドロキ


ごぼうたっぷりで美味でございました。


こういうことで幸せになれることが、幸せってことなのかもしれない


…単純…ともいえる… 笑 


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

来年もよろしくお願いします

2012-12-31 | 日記
今年もあと数分で終わります。

いろいろありましたが(夫と私の父が2人とも亡くなりましたし)

とりあえず、無事に年を越すことができました。



帰省した娘と、ずっと泊りこんでいる姉と

日本酒を飲みすぎました。

紅白を見ながら眠ってしまいました 笑


平和です。

来年も、こうやって平和に過ごしていきたいものです。


お父さんたち、見守っていてね!


そして、こんなブログに来ていただいているみなさん

ありがとうございます。


来年はもうちょっとまめに更新したいです。願望ですが…


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

静かな日々

2012-12-22 | 日記
父の葬儀から2週間が経ちました。


こちらの地方には「日永見舞い」という風習があります。

家族を亡くした身には、葬儀後の喪失感のほうが大きかったりするので

その淋しさを癒すため、ひとりで悲しみにひたることのないように。との理由で

知人やご近所さんが「お菓子」や「うどん」や「みかん」などを差し入れがてらお参りに訪れてくれます。


【家を留守にできない】不自由さもありますが

ありがたい風習です。こういうことを侮ってはいけないな~とつくづく感じます。


60年も連れ添ったつれあいに先立たれたさみしさは、想像できませんが

母は不思議に『あかるいかなしみ』に満たされているようです。


オンナは強いってことでしょうか…


「お父さんがいないとゴハンの用意が簡単だね」なんて言ったりしているのです。


役所や年金の手続きや、もろもろの後片付け

やることは山積みなのだけれど、今は静かな日々が続いているのです。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加