おみそ

猫のおみそくんの保護から里親さんが見つかるまで

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おみそ天国へ

2009-03-24 01:19:52 | Weblog
みなさん、お久しぶりです。
本当にすっかりご無沙汰してしまいました。

タイトルでもうお気づきかと思いますが、おみそ君は先月、
天国へと旅立ったそうです。
苦しむこともなく、眠るようにひっそり一生を終えたようです。

里親さんのところで中々なつかなかったらしく、いつも隅っこ
のお膳の下に潜って1匹で過ごしていたようです。
ドアを開けっ放しにしても、縁側に出ても、決して外には出な
かったおみそ。余程外での生活が辛かったのでしょう。

そんなおみそも、今年の冬はお膳から出てきて、少しずつ馴れて
きていた矢先のことでした。

そろそろ来て1年になるから、お祝いしようっておみそと約束
していたようです。
あと数日で1年目という時、おみそは一生を終えました。

里親さんは、今度生まれてくるときはまたおうちにおいでと言って、
体を撫でてくれたそうです。

おみそは里親さんによって手厚く葬ってもらい、今は里親さん宅に
お骨と位牌があるそうです。

おみそと初めて会ったあの瞬間は、今でも鮮明に覚えています。
おみそは、晩年をとても幸せだったと、もしそう思ってくれている
のなら、充分です。

おみそのことでいっぱい心配してくれたり、協力してくれた皆さん
にも出会うことができたし、病気でも老猫でも喜んで家族に迎えて
くださる方がいることも知りました。

これまで、本当にありがとう。
そして、おみそ、天国で幸せになーれ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ひさしぶりのブログです。

2008-09-05 00:08:36 | Weblog
みなさん、お久しぶりです。

半年もお留守にしてしまいました。

おみその里親さんが見つかったので、このブログを続けようかどうか迷っていました。

おみそはどうしてるかって?


そりゃあ元気、、、、というか、とんがり君みたいで、相当里親さんの手を焼かせているみたいです。

食欲も相変わらずご健在なようです。

私事になりますが、以前妊娠していたことを書いたと思いますが、実は、今年の6月に赤ちゃんは
天国へと旅立ってしまいました。

悲しいのと受け止めるまでの時間とかありましたが、もう大丈夫です。

当社比3倍の元気で、また頑張ります。

もっと強くなって、もっと人にも動物にも優しくありたいな。

命の大切さをより深く感じることができたことに感謝しています。


さて、今週末、神奈川県動物愛護協会の50周年記念のイベントが横浜市で行われます。

もしよかったら足を運んでみませんか?

http://www2.odn.ne.jp/~kanagawadouai/50year.htm




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新しいオウチ

2008-02-15 20:37:09 | Weblog
ごめんね。体調悪くてここのところダウンしていました...

おみそのこと、どうなったかな~って気にしてブログを見に来て
くださっていた皆さん、お待たせしました。

おみそは無事、新しい里親さんのところへ旅立ちました。

里親さんは、本当にネコ大好きな方で、ご飯も5種類用意して心待ちに
していてくれました。

おみそとの出会いから約2ヵ月半、本当に大変なことも多かったけど、
おみそを保護して、里親さんが見つかるまでが実現できるなんて
思ってみなかった。

私は、おみそと別れる時を幾度と泣く想像して、うるるとしていました。

さあ、いざお別れ。

始まりはこのバスケットの中に入った時、そして今日、このバスケット
から出るときが終わり。

里親さん宅の玄関でバスケットをいよいよ開けます。

ぱかっ

・・・・・・・・。

あれあれあれあれあれあれあれ

ストストストスト

私に背を向け、廊下をすたすたすた。

おいおいおいおいおいおいおいおい
おみそくぅーん;;;

まあ、いっかね あははは;;


里親さんには手土産と当面の食料やトイレ、獣医さんからもらった
薬10日分とこれまでの所見(転医したときに症状を知ってもらうために
獣医さんに書いてもらいました)、ネコミルクやノミ駆除薬等、
沢山買い込んだものを渡しました。

里親さん、とっても良い方でした。引き渡してから1時間くらいして
お電話したところ旦那さんが

「とっても良いネコちゃんをありがとうございました!
 今夜一緒に寝ます!」

と言ってくれました。

新しいおうちでは早速ネコ缶3分の2を平らげ、イビキかいて寝ている
ということでした。

もう、もう、安心です。

おみそ、幸せになってね。君は本当に運の強いネコちゃんだから、今
抱えている病気もきっと好転するよ。
これからは新しいパパとママがおみそのことを守ってくれるよ。

私は、今は出産という一仕事が待っています。


ここからは、私が言いたいこと。既にご存知の皆さんはごめんなさい。


動物と一緒に生活をしようとしている皆さん、ペットショップに行かれる
前に、里親サイト、地域の動物愛護センターをぜひのぞいてみてください。
あなたの欲しがっている種類の動物だっている可能性も高いんですよ。

ペットショップやブリーダー、全てが全てとはいいませんが、悪徳な
ところの場合、売れなかったペット、何度も無理やり出産させられて
もう産めなくなった動物は保健所に連れて行かれたり動物実験として
払い下げられたりしているケースもあるんです。

保健所へ行った動物達は数日間衛生状態の悪い檻に病気の子も一緒に
入れられ、安楽死ではなく、ガス室で苦しみもがきながら殺されるのです。
ガス室で死ねない子猫などは、生きたまま焼却されるのです。
また、保護された動物の中でもなつっこい動物は動物実験として払い下げを
されてしまいます。

自分が殺されるのをわかっていることの恐怖感、この子達は愛情に飢えたまま、
恐怖だけ味わって死んでしまうのです。

こんな中で殺される一歩手前の動物達を救っているボランティアの方
が保護している動物達、この子達をぜひ家族として温かく迎えて
あげて欲しいと思います。

そして、飼い主がいないくても一生懸命外で頑張って生きている動物達に
危害を加えないでください。これは法律で処罰されますよ。
彼らはただ生きているだけです。動物の一種のヒトであるあなたが生きて
いるように、他の動物も生きています。それだけなのです。

どうか、どうか、ヒトも動物もじょうずに共存できる、そんな世の中が
もっと進むといいなと思っています。




コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

感謝したい人

2008-02-07 20:44:25 | Weblog
皆さん、こんばんは。最近体調が悪くてすっかり更新が滞ってしまいました。
気にしてくださっていた方、ごめんなさい。
どうにもつわりがひどくて、仕事とネコ君のお世話とちょっぴり家事をする
だけで精一杯だったりしています。

おみそくんはどうなったかって?



はい、、、、、我が家におります(笑)



そうです。前回の日曜日におみそを連れていくことになっていたのですが、
皆さんもご存知の通り、なぜか日曜だけ大雪という悪天候に見舞われ、
次の日曜ということに。


でもね、土曜日ってまた雪じゃない?
あまりにも路面が凍結してしまったら、また更に延びてしまうワケですよ。
里親さんは東京を超えた県になるので、車じゃないと厳しいのでございます。
日曜日はピーカン(死語)だったらいいな~!

さて、今日は私の里親探しの心強い見方となってくださったmegyuさんについ
て書きます。

出会いは、とあるネコ好きさんの集まるサイトでした。
私はそこに里親募集の記事を掲載するために登録したのです。
で、相談室にもおみそのことを相談したりしました。

おみそを保護した時、家族に反対されていたのです。
里親探しってもっと簡単にみつかるかと思っていた私は、おみそが動物病院に
入院している間に見つかるものだと思っていたのです。

動物を飼っていない子供のいない夫婦、実家暮らしの友達に相談したら、誰か
しらみつかるかと。
登録サイトに登録すれば、問い合わせも来るだろうと。

ところが全く見つからず。

で、家族から寒いうちは家においてもいいが、暖かくなったら外飼いにして
ほしい、家には1匹で充分だからネコ屋敷にして欲しくないと言われた時、
本当にショックでした。
家のこと、ネコのこと、仕事もこなし、文句を言われないように頑張ったら
里親が見つかるまで家にいてもOKという了承をもらえました。

でも、それでもやはりネコを隔離して飼うことはホントに難しく、おみそも
我が家での生活になれるまで大変だったと思います。

私は、先の見えない里親探しに、目の前が暗くなっていました。

そんな折、先日登録したネコサイトであるメッセージが届いたのです。

「家族の同意が得られないのはお辛いですよね。
 病気の成猫の里親探しは本当に本当に大変ですね。
 でもあきらめないでください。
 根気よく、里親さん探しましょう。

 私もブログとショップサイトを持っているので
 リンク協力させていただけませんか?
 ブログや日記でおみそ君のブログ紹介させていただきたいのです。
 小さなサイトですが、少しでも多くの人に見てもらって、
 なんとかご縁をつかみましょう!」

孤独をすごく感じていた私にとって、なんともいえない心強いメッセージでした。
こんなに分が悪い里親探しを一緒にしてくださるなんて!!!!!!!

もう諦めかけていたのだけど、また頑張れる気がしてきました。

megyuさんの協力は、すぐに芽が出てきました。

ブログのアクセス数はみるみる増え、コメントもつくようになってきました。

孤独じゃない、おみそのことを心配して気にかけてくれている人たちがいる。
そう思うだけで、もうちょっと、もうちょっと頑張ってみようという気持ち
になることができました。

megyuさんは、おみそのバナーも作ってくれ、里親探しの間もメッセージを
送ってくれました。
私より若いのに、本当によくできた方です。

今おみその首輪はmegyuさんのショップから購入したものです。
おみその首には、黄色の可愛い首輪がついているんですよ。

↓はmegyuさんが店長をされているkitten blueです。
キュートでプリミティブなグッズが揃っています。
日記がとにかく面白いので、皆さん一度立ち寄ってみてください


最後に、おみそは、本当に元気になりました!!!!
先日病院に連れて行った時、体重は1キロ増え、血液検査の結果、
悪かった肝臓や腎臓の数値はほぼ正常に。
甲状腺機能亢進症もなし。下痢も食べ物さえ気をつければしなくなりました。
やさぐれ顔も、今ではまんまるお目目になりました。

本当にありがとう~~~!!!




コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

素晴らしい贈り物。

2008-01-28 01:10:33 | Weblog
今回はmegyuさんのことを詳しく書くと宣言していたのですが、
すみません、大きく事態が変わりましたので、この次に絶対
書きます。本当にすみません

あのねあのね、、、

おみその里親さんが決まりそうなのです

私の夫のお母様のサークル仲間で、無類のネコ好きのご夫婦がいらっしゃって、
老ネコの男の子が欲しかったのだそうです。
以前からネコを飼っていたことがあったのですが、天国へ行ってしまった後、
ネコが欲しくて里親会に行ったのですが、制約があるのが煩雑だったので、
諦めていて、どこかからネコちゃんが来ないかしら~なんて思っていたそう
なのです。

正直里親募集のポスターを作ったときのおみその顔、やさぐれていたのですが、
それでも育てたいと言ってくださったそうで、おみそはいつでも受け入れ態勢
OKらしく、ネコグッズをそろえて待機してくださっているそうです。

以前そのおうちで飼われていたネコくんは、毎日カツオをたべ、冬はネコこたつ
などなど、お猫様状態だったそうで、おみそもきっとVIP待遇で迎えられること
でしょう。体も調子悪ければ、病院に連れて行きますよとまだ言ってくださって
いるそうです。

この件を聞いたのは昨日の仕事帰りにとうきゅうに寄ってたところで、
とうきゅうの踊り場で電話していたときから涙がとめどもなく出てきて、
帰り道、嬉しくて嬉しくて涙が止まりませんでした。

こんなことって、こんなことって本当にあるんですね

神様、どうか無事おみそが里親さんに気に入ってもらえて、生涯幸せに温かい
ご家庭で可愛がられて一生を終えられますように、どうかあと少し力をお貸し
ください。

これまで殺伐とした中でギリギリのところで心も体もボロボロだったおみそが、
「ネコ生も案外捨てたもんじゃない。幸せだったニャ~
って思って一生を終えて欲しいなと心から願っているのです。

そしてそして、応援のコメントをくださった皆さん、バナー協力を快諾して
くださった皆さん、そして、この輪を広げてくださったkitten blueの店長の
megyuさん。

進捗あったら、必ずまた報告します

megyuさん、あなたがいなかったら私はとっくにくじけていたし、諦めて
いました。

皆さんにもきっと良いことが起こることと思います。

私も、個人的に本当に良い出来事が起こりました。
(私事ですが、赤ちゃんを授かったんですよ)

↓はmegyuさんが店長をされているkitten blueです。
キュートでプリミティブなグッズが揃っています。
日記がとにかく面白いです


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しかったコト 2007

2008-01-22 23:10:15 | Weblog
おみその里親さんはまだ見つからない。

けど、おみその里親さん探しを通じて起きた心温まる出来事もあった。

今日は、そのことをお礼方々書こうと思う。

まず、去年の冬に張り紙をしていた頃。 すごく寒くて、曇天で、疲れ
果てていて、そんな中で張り紙をすることに協力的だった皆さん、本当
にどうもありがとうございました!!!

私の住んでいる区の行政のみなさん。 結局貼らせてもらうことはでき
なかったのだけど、それでもすごく親身に対応してくれて、結果はどう
あれすごく気持ちよい後味でした。区役所でもだめだったんだけど、キ
チンと理由を話してくれ、頑張ってって言ってくれた。嬉しかった。

郵便局の皆さん、ありがとう。どこも断られなかった。それだけでも励み
です。実は張り紙をお願いするだけでも心臓バクバクな小心者なの。

あまり沢山買い物をすることはないが、ご近所のスーパーMの店長さん、
腕を骨折してたみたいだけど大丈夫かな。とにかく嫌な顔をせず快諾して
くださってありがとう。

うちから歩いて2分位の場所にある小さな文房具やさんのおじいさん。
大変だねえって言ってくれて、癒されました。ここに貼っていいよって
言ってくれて、嬉しかった。

会社のKさん、ママ仲間に聞いてくれてありがとう。会社のMさん、人に
聞いてくれるだけでなく、張り紙まで引き受けてくださって、本当に感動
しました。

おみその入院先のクリニックの看護士Oさん、すごく親身におみその里親
探しのこととか、カラダのこととか一生懸命話をしてくれてありがとう。
あなたのお陰で、お先真っ暗なのが何とかなるかも、と希望が持てました。

・・と、これは去年分のアリガトウ。 今年のアリガトウもまだまだ続きます。
今日はmegyuさんが作ってくれたバナーを貼ります。このmegyuさんは私にとっ
て本当に本当に心強い協力者です。 megyuさんのお話を次回、書こうと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おみそのカラダ

2008-01-17 22:53:03 | Weblog
おみその里親さんを探すにあたり、伝えておかなければならないこと。

それは、おみそは決して完全な健康体ではないということ。

おみそを保護したキッカケはアゴの下のケガ。
病院へ連れて行った当時、おみそのアゴの下にはぱっくりと穴が開いて
いて、そこが化膿していたのだ。

そのケガは塗り薬と飲み薬で治ったのだが、問題はそこだけではなかっ
た。

入院してから1週間後に行われた血液検査でわかったこと。

FeLV(ネコ白血病ウイルス) -
FIV(ネコ免疫不全ウイルス)+

WBC(白血球数)とRBC(赤血球数)、ALT(細胞質内の肝酵素)が基準値超え

入院後に撮ったレントゲンでわかったこと。

下腹がぽっこりしていて、お腹の中に白い影が見える
→FIP(ネコ伝染性腹膜炎)の可能性がある
→エコー検査をすれば原因がわかるかもしれないが、正確な診断は開腹しな
 ければならない

その他、鼻口腔系の粘膜が弱いためか鼻血を出すが、抗生剤を飲めば比較的
抑えられる。

その時点から約2ヶ月弱経過していて、今は入院中より食事の量も水の量も
多くとっているので、血球数や肝臓についての数値は良くなっているのでは
ないかと思います。

そんなわけで、現在は肝臓の薬と抗生剤を1日1回飲んでいます。

血液検査は我が家で少し栄養をつけてから、再度受け、エコーについては
入院していたクリニックでは設備がないため、他のクリニックにいかねば
なりません。

でも、この子、すごく元気なんですよね。
そりゃあ、物心つく前から家ネコだったり、若いネコちゃんのようには
ジャンプとかダダダーってかけまわるようなことはないですけどね。
でも、その分そういう問題は全くないので楽ではあります(笑)。

次に、我が家で過ごし始めてから、気づいたことがあります。

下腹部がぽっこりしている、下痢が続く、涙をぽろぽろこぼす
→FIPの中期症状かもしれない

食欲旺盛、お水をよく飲む、尿の量が多い
→甲状腺亢進症かもしれない

毎日もりもり食べて、すやすや眠るおみそ。
最近はにゃーにゃー鳴いて一生懸命意思表示をするおみそ。
私が部屋にいると足元ですりすりしてきて、私の足を枕にゴロンするおみそ。
抱っこするとぐる~ぐる~と喉をならすおみそ。
保護時より毛艶もよくなって、眼がくりくりしてきたおみそ。


獣医さんのお話によると、あと数年の命かもしれないとのことです。


今の私の家では先住猫のぼくじゅうと隔離しなくてはならず、家族が反対
していることもあり、あまり充分に可愛がってあげることができないのです。

お願いです。このおみその余生を温かく幸せに1匹の室内飼いで愛情を
あたえてくださる里親さんを探しています。

トイレもちゃんとできます。物を壊したりもしません。
とっても謙虚で、とってもいい子なのです。

そんなわけで、おみそは、毎日頑張って生きています。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2007年 おみそ、我が家へ

2008-01-13 15:49:57 | Weblog
昨年12月29日、動物病院からおみそが無事退院いたしました

退院するにあたり、おみその居場所作りをしました。
前日まで仕事だったため、当日はおみそが過ごすことになる私の部屋を大掃除し、事前にネットオークションで落札したペットサークル、ホームセンターで購入した猫トイレ、ペット用の寝床(プロフの写真にうつってるやつです)をセットし、病院へお迎えにいきました。

入院中に行った血液検査では肝臓の数値があまりよくなかったので肝臓のお薬と、たまに鼻血を出すので抗生剤を処方されました。 1月中旬に再度血液検査を行う予定です。

おみそはバスケットに入れられてやってきました。最初はおとなしかったのに、お隣の患者ネコちゃん(♀)の泣き声を聞いた途端ににゃーにゃーと(笑)

帰路の車の中でもバスケットに入ったままのおみそはおとなしく、ちょっとだけ腹ごしらえにコンビニに寄ったのですが、暴れることもありませんでした。

家に着いて部屋へ連れて行くと、本当に大人しい。そしてすりすりしてくる。

入院中、仕事帰りに面会にいった時、シャーってされたり猫パンチしてきたおみそ。 この状態で家に来たらどうなるんだろう? なんて思っていたんだけどね。

看護士さんも色々となつかせるポイントとかを丁寧に教えてくれた。
けど、、、、 全然そんな心配をよそに甘えてくるおみそがここ(足元)にいた。

それと、心配していた入院&治療費。なんと獣医さんが治療費を抑えるようにしてくださったこともあり、予想していた費用の4分の1 位で済んだ。動物愛護に力を入れてくれている病院を選んで本当によかった

さて、これから始まるおみそとの生活とこれからも続く里親探しの旅はこれからも続きます。 どうか可愛いおみその里親さんになってくださる優しい方、ぜひご連絡ください

ruminastar22@mail.goo.ne.jp(@以下は半角にしてください)。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2008年になりました

2008-01-13 03:27:47 | Weblog
新年あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

さて、そんなわけで昨年末から始まりました「おみその
里親探しの旅」、まだまだ続きます。

今年は写真もバシバシ撮って、どんどんアップして、
ゆくゆくはモデル猫になっちゃったりして、、、という
妄想はそっちにおいておくとして、1日でも早くおみそ君を
可愛がってくださる里親さんが見つかるよう頑張っていきたい
と思います!!

今おみそ君は退院し、私のお部屋で先住猫のぼくじゅうとは
完全隔離で保護しています。

夜は冷えるので、今日湯たんぽを入れてあげました。
さっき寝床を見に行ったら、のぺーっと爆睡していました。
早速写真を撮ってアップしようと思ったんだけど・・・
・・・こんな時に限ってデジカメが見当たらないのだな。
あまりガサゴソしていると起こしてしまうしな~、今夜は諦めます。

前回は後ろ向きな投稿でしたが、心温まることもありました。
そちらもまた書き込んでいこうと思っていますので、どうか
引き続き、おみそ君の里親さんになってくださる優しい方が
いらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。

ruminastar22@mail.goo.ne.jp(@以下は半角でお願いします)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2007年里親探しの旅 その2

2007-12-31 12:43:01 | Weblog
メールであちこちにあたってみる。

きちんと返事をくれる人、返事をくれない人、里親の話を切り出した途端に返事をくれなくなる人、様々。

電話であちこちにあたってみる。

自分は飼えないが、周りに聞いてみてくれると返答してくれた人、里親の話を切り出した途端に急にトーンが下がる人、様々。

会社であちこちにあたってみる。

ポスター貼りに協力してくれる人、本当に周りに聞いてみてくれる人、あ~そうなんだ~と言ってその場を立ち去る人、様々。

ポスターを貼ってもらえるようにあちこちのお店に頼む。

貼れないけどすごく協力的で優しくしてくれる人、快く貼らせてくれる人、そういうものを貼る場所がないという人、目もあわせずしっしってやる人、様々。

あのね、別に飼えないなら飼えないって言ってくれた方が傷つかないんだけどな。
けど、露骨なのは、結構へこむ。

世の中の動物を保護している人達は本当にすごく大変なことだと痛感した。

協力してくれた皆さん、本当に心から感謝します。
この皆さんの話は、また別の回に必ず投稿しますね。

とにかく、退院させるまでの間に何とか探さなきゃ。

もう何時間歩いただろう。何日徹夜しただろう。
ある獣医さんが5000人の人に見てもらえたら1日で見つかると言っていたそうだが、1人では限界。体も悲鳴を上げ、熱を出したりもした。

けど、けど、、見つからない

寒空の中歩き回って、涙が出てきた。
どうしたらいいんだろう。。
気持ちが後ろ向きになる。

でも、この寒い中であの衰弱したおみそを放したら、絶対に死んでしまう。

どなたか、おみそに幸せの手を差し伸べてあげてください。

ご連絡は 
ruminastar22@mail.goo.ne.jp(@以下は半角に直してね)
までお願いします


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加