穏やかな暮らし

日々の暮らしの中で小さな喜びを共感し合えるって
とても幸せ。
手作りの暮らしを心がけています。

苺大福は人気者

2017年05月15日 | 和菓子


赤ちゃんのほっぺのような感触。
まさに餅肌です。
思わずなでなでしたくなりませんか?w





中身は、菜園で採れた初物の苺を入れました。
職場のスタッフ全員に一個ずつ差し上げました。
「甘さと酸味のバランスが良いね」と褒められちゃいました。
ヤッタ~^^v
年に一度のお楽しみになっているみたいよw
励みになっています。

写真だけでごめんね~~;;
今日もありがとうございました。

次回は、mimiオリジナルドレッシングの予定です。



『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自然界の営み発見🎵 | トップ | 臨時ニュース »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごく美味しそう (仁仁母)
2017-05-15 17:46:03
写真だけなんて、、本当に残念。
採れたて苺を手作り苺大福とは、かなりステキです。
我が家も苺プランタですが、今回は育ち良くて
結構食べられては、いますが苺大福にするなんて
思いつかなかったです。
何でも手作り、すごいですね。
でも、やっぱり手作りが一番でおいしいんですよね。
職場の皆さんがうらやましいです。
おおおお~ (仁仁母さんへ)
2017-05-15 21:06:25
仁仁母さん、お早いおこしで^^
コメントありがとうございます。

ベランダでイチゴを作っていらっしゃるとのこと。
苺は、見て愛しい、食べて嬉しいフルーツです。
楽しみのある暮らしは、心が豊かになりますよね。
もちもちの分部は、白玉粉とお砂糖、お水を入れたボールをレンジで2~3回【加熱しては、かき回す】を繰り返すだけなので簡単ですから、今度息子さんにも作ってあげてみてはいかがでしょう^^。
きっと大喜び間違いなしですぅ^^
自家製酸味 (りょう)
2017-05-15 23:23:53
お餅とダンゴと白玉粉。

んなるほど。

わたしねぇ
和菓子屋さんに売ってはるイチゴ大福のあのモチモチィ
がどうして作られるのかがよく解らへんかったんです。

お餅は冷えると固とうなるし
おだんごはあれほどモチモイィとはせぇへんし。

なるほど、あのやわらかいのは白玉粉やったのですかぁ。
白玉粉ちゅうのはお米の粉ですかいな?。
それとも運動会の玉入れに使う赤玉白玉の白玉を粉にしたやつですかいな?。
これは冗談でっせww

しかし見事に実ったイチゴですねぇ
真っ赤なイチゴの酸味と小豆の甘みがタマランのでしょうな。
今日は一個覚えまひょ (りょうさんへ)
2017-05-17 21:57:09
>運動会の玉入れに使う赤玉白玉の白玉を粉にしたやつですかいな?
それってさ、冗談の中でもかなり上段でっしゃろ~(笑)
おやじギャグは、家で毎日聞かされてるから慣れっこだけど、この手のギャグはおやじを超越していまんな。
ここまで来ると、吹き出しますわ。

そうそう!
モチモチィとした食感は、白玉粉です。
上新粉、だんご粉、白玉粉・・・。
粉の種類も色々あって、私もはっきり
「こういう違いがあります」と言えなかったです。
まるで、いずれが菖蒲かカキツバタのように。
この際なめらかで、モチモチィ触感だけにポイントを絞って、みんなで覚えましょうww

そのモチモチィ触感の白玉粉の正体は!

もち米を精白する。
洗って浸す。
水ごと挽いて、沈殿させる。
粉になるまで乾燥させる。

うわ~~!お百姓さんが1年に108の作業をしたあとに、更にこんなめんどっちー工程があって白玉粉になるなんてー・・・。
今日もまたひとつお利巧になりました。
でも明日には、しっかり忘れてしまっているかも;;;。
ま、いっか来年またお勉強しまひょ。ww
どうもありがとうね~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。