Vol.469 アビエイター

2005-10-23 00:47:22 | DVD
 
アビエイター 通常版

松竹

このアイテムの詳細を見る


すべての夢をつかんだ時、いったい何が見えるのだろう。

映画の詳しい情報はこちらからどうぞ

実在したアメリカの大富豪ハワード・ヒューズの
波瀾の半生を描いた伝記ドラマ。

映画監督として、また飛行家としても歴史にその名を残す偉人にして、
ハリウッド女優たちとも華麗な恋愛遍歴を重ねた男が辿る夢とロマンの物語を
巨匠マーティン・スコセッシ監督が絢爛豪華に映像化。

主演は「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオ。


18歳で亡き父の石油掘削機の事業を引き継ぎ大富豪となったハワード・ヒューズ。
1927年、21歳の彼は、その莫大な財産を全て注ぎ込み、
航空アクション映画「地獄の天使」の製作に着手。

30年に同作を完成させると大ヒットを記録し、
ハワードは一躍ハリウッド・セレブの仲間入りを果たす。

やがて、人気女優キャサリン・ヘプバーンと出会い、2人は恋に落ちる。

彼はその後も次々とヒット作を生み出す一方、
航空会社TWAを買収し、自らの操縦で世界最速記録を次々と更新するなど、
大空への夢も実現させていく。

こうして順風満帆な人生を謳歌するハワードだったが…。


---------------------------

「え、実在した人なの?」


長い。
正直どこで終わるのか逆にどきどきしてた。

なんか、
想像してた映画どだいぶ違ってた。
なんかこう、ホリエモンみたいなイメージがあった。

レオ様ってそんな人気か?
今回の役所だと性格俳優ってジャンルになるんだよね?
オスカー狙ってたらしいけど、
演技以前にその年でその顔はどうかと思う。
個人的にはニコラスのが全然いいわ。

謎にみちた私生活を映画化して向こうでは話題を呼んだらしい。
日本でいうところの誰になるんだろう。
叶姉妹の半生を映画化した感じだろうか。
逆にだいたい想像できておもしろくなさげな予感。

タイタニックのイメージが強いけど、
このままだと個人的にレオ様の評価ががた落ちだぜ。

そうだ、
キャッチミーイフユーキャン(略してユーキャン)ってあったな。
これを見て判断しようじゃないか。




忍者TOOLS

2005.03.14
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Vol.468 一風堂(心斎橋店) | トップ | Vol.470 マッチスティック・メン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (ふくちゃん)
2005-10-26 21:36:09
本当にこの作品は長かったですね。僕はいつも家で映画を観る時はサラウンドヘッドホーンを使っているのですが、この作品の最後の辺りでは耳が痛くなりそうでした。ちなみに「ユーキャン」はすごく面白かったですよ。オススメです。こちらからもTBさせてもらいました。また、遊びにきます。
Re: (F)
2005-10-28 01:19:09
>ふくちゃんさん



コメントありがとうございました!



私もヘッドホーン派なんですが、

2時間を超えだすと耳への負担大ですよね。

「ユーキャン」評判いいですね。

近々レンタルしたいと思います。





あわせて読む