Richard's Blog

リチャードの雑記帳

十二ヶ岳

2009-12-20 16:00:43 | ハイキング


R隊の今年を締めくくる納会登山は、恒例の富士山+温泉+ほうとうをセットにした忘年登山で、
富士五湖西湖から十二ヶ岳に登りました。



登山日:  2009年12月19 日(土)
目的地: 十二ヶ岳(じゅうにがたけ)1683m
場 所: 山梨県足和田村

地図はこちら


コース:(1日目)
府中本町駅前 06:50 → (中央道) → 08:14 河口湖IC → 08:40 文化洞トンネル駐車場 08:56 → 10:40 毛無山 → 13:18 十二ヶ岳(昼食) 14:19 → 16:09 浅原バス停 → 16:24 文化洞トンネル駐車場 → 16:50 河口湖畔 民宿旅館 → 17:15 温泉風呂天水 18:15 → 18:25 もみじ亭(夕食・ほうとう)19:10 → (飲料等買い物) → 20:00 民宿旅館 (納会)

(2日目)
民宿旅館 06:40→ 06:55 河口湖産屋ヶ崎(富士山鑑賞)→ 07:33 河口湖IC付近ガスト(朝食)08:25 → 08:44 河口湖IC → (中央道) → 09:53 八王子IC→10:12 府中本町駅前

参加者:6名(洋二さん、大吉さん、小太郎さん、健吉さん、市太郎さん、私)


















02

2台の車に分かれて、それぞれ都内を出発し現地集合としましたが渋滞もなく順調に中央道を走り、
8時40分に西湖東側付近の文化洞トンネル手前の無料駐車場に到着しました。

この日駐車場には我々以外の車は3台ほどしか停まっていませんでした。

駐車場脇が十二ヶ岳登山道の入口となっています。

登山道はトンネルの上を通って行きます。














03
落ち葉が堆積する道を登っていきます。















04

途中休みを挟みながら、けっこう急な直登を続け、10時20分頃、見晴らしの利くところに
差し掛かると、目の前にでっかい富士山がお目見えしました。

左側には河口湖、右側には西湖を従えています。














05

そして10時40分頃、最初のピークである毛無山の山頂に着きました。
直登が続いて途中の休憩が多かったので標準コースタイムよりも多くかかりました。
ここで出会った登山者は1名だけでした。














06
毛無山の標高はちょうど1500mで、見晴らしは良く富士山と富士五湖が望めます。
















07

左は河口湖、右は西湖。
2枚を合成しましたが、あまりうまく合成できていませんね。















08

毛無山山頂での記念撮影はセルフタイマーでしたが、逆光でうまく撮れませんでした。















09
この日の天気は抜群の快晴に恵まれ富士山も気持ちよく雄大な姿を見せてくれました。
















10
毛無山から十二ヶ岳までは、文字通り12の大小のピークが続き、それぞれのピークに標識があります。

写真はそれぞれのピークに立っている標識前での写真で、前半の一ヶ岳から六ヶ岳まで。
















11
後半の七ヶ岳から十二ヶ岳までの標識の写真。

12個の標識は、うっかりすると見落としそうな場所もありましたが、なんとか全部の写真を
撮ることが出来ました。


















12
毛無山から十二ヶ岳までは11回、下って、登っての繰り返しですが、下りのほとんどは、
鎖場ならぬロープ場があり、ロープがないと下りられないほど急な岩場の下りの連続でした。

















13

こんなに、多くのロープを使っての下りは、これまでで初めての経験です。

ロープは太く、ところどころに滑り止めとして、結びがあります。















14

河口湖を望みます。












15

十一ヶ岳を過ぎて十二ヶ岳に向かう途中、険しい崖をロープで下りたところに、金属製の吊り橋が
ありました。

そばには、一人ずつ渡れと書いてあります。

凍結していたら、怖くて渡れそうもありません。















16

つり橋を渡ると、すぐにまた急な岩場の登りが待っていました。

ここも鎖とロープがありましたが、これ無しには絶対登れないほどの急峻です。
















17

十一の岳を走破して、ようやく十二ヶ岳の山頂に到達しました。
時間は13時18分。
予定ではお昼頃と考えていましたが、ロープでの上り下りは、一人ずつ合間を空けないと危ないので、
それだけ時間がかかりました。














18

十二ヶ岳山頂には二つの祠があります。















19

眼下には西湖、目の前には、富士山が大きく聳えます。

真ん中の隊員は携帯で自分撮りをしていますが、ちょっとおもしろいポーズ?ですね。















20

すばらしい景色を堪能。















21

山頂にいた男性5人グループに写真を撮ってもらいました。

そして、昼食です。













22

14時20分、下山を開始します。

登ってきた道を少し戻り、分岐を桑留尾浜、西湖方面に下りていきます。

下山の道も、最初のうちは急な下りが続き、やはりロープを使って下りる箇所が続きました。












23

途中、暗い樹林が続いた後明るいところに出てくると、西湖が見え始めました。

ガイドコースでは桑留尾バス停に下りるコースですが、駐車場までの距離が少しでも短かくなるように、
それよりもトンネル寄りの地点に下りるコースを取りました。

その道はなぜか通学路と書かれていますが、こんな山道が通学路かと思うとちょっと変な感じです。















24

16時09分、西湖湖畔の車道に下りて来ました。
ここは浅原バス停地点です。

ここから湖畔沿いに駐車場のある文化洞トンネルまで歩きます。

もう陽が沈む時間で、もう少し遅く下りてくると、暗くなって危険です。














25

さっき歩いてきたアップダウンの連続が遠くから見てその勾配がよくわかります。

特に十一ヶ岳から十二ヶ岳への勾配は、やはりすごい高度差があります。

















26

やがてトンネルが見え、トンネルを通り抜けると、朝停めた駐車場です。

16時20分、駐車場に着きました。

今日の山は、先ほども書いたように、アップダウンの連続で、なおかつ、急な勾配で、ロープを使っての
上り下りだったので、結構ハードで、かなり疲れました。

過去にはこれほどのアップダウンの連続は記憶にありません。

最後の締めとして、かなり印象に残る山でした。


(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早朝ゴルフ | トップ | 納会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL