Richard's Blog

リチャードの雑記帳

槇寄山と笹尾根

2010-01-16 23:36:13 | ハイキング


R隊健康ハイク(RKH)、2010年のスタートは東京都檜原村にある槇寄山と笹尾根を歩きました。

今日のコースはガイドブックの逆コース(仲の平)から登り、途中からショートカットで
同じ場所に戻ってくるコースとしました。

登山日:  2010年1月16 日(土)
目的地: 槇寄山(まきよせやま)1188m
場 所: 東京都檜原村

地図はこちら


コース:
府中本町駅前 06:50 →国立府中IC→(中央道・圏央道)→あきるのIC 07:20 → 08:10数馬の湯(駐車場)08:22 → 08:28 仲の平 → 10:10 西原峠 → 10:19 槇寄山 → 西原峠 →(笹尾根)→ 11:00 数馬分岐 (昼食)12:15→ 仲の平 → 13:14 数馬の湯(駐車場)13:20 → 八王子IC→(中央道)→ 国立府中IC → 14:50 府中本町駅前

参加者:5名(洋二さん、ケーシーさん、大吉さん、健吉さん、私)









02

朝6時50分に府中本町駅前をケーシーさんの車で出発し、中央道・圏央道を経て7時20分に
檜原村にある檜原温泉センター数馬の湯駐車場に着きました。

当初は電車とバスの予定でしたが、バスの本数も少ないので車にしました。















03

この日も気温は低く氷点下で道路の端には雪も残っていました。

準備を整え出発です。















04

数馬の湯から車道をしばらく進み仲の平バス停から左に曲がり槇寄山に向かいます。














05

しばらく歩いた所に兜造り」と呼ばれる茅葺きの合掌造兜造りの家があり、その横にお堂がありました。

脇には説明板が立てられていましたが、昔し洪水が起きた時に建てられたとか。

そのお堂の脇を通って進みます。















06

山道に入るといきなりの雪で、その先もずっと雪道が続きました。

でも新しい雪のようで凍結もなく、やわらかいので、アイゼンなしに進めました。















07

槇寄山手前にある西原峠方面に進みます。

途中、木柱が立っていてそこには「国定忠治が遠見した木」と書かれていました。

その木はどれ?

国定忠治って群馬の方じゃ?

とか、勝手な事を言いながら通り過ぎました。















08

相変わらず雪が続いていましたが、やわらかく、さらさらした感じで歩くと足がズホズボと雪に埋もれてしまいます。

なるべく前の人の足跡を踏みながら進みますが、時々はずれてズボッと足が沈みます。














09

10時10分、コースポイントの西原峠まで来ました。

三頭山方向に行くと槇寄山です。

三頭山と逆方向には高尾山と書かれています。
















10

西原峠から数分で槇寄山に着きました。時間は10時19分。

山頂は少し広くなっているだけで三角点がありベンチもいくつかありましたが、尾根の途中とぃった感じです。


山頂の標識も道標のついでに書いてあるだけです。













11

天気に恵まれ、山頂からは富士山と近隣の山々がきれいに見えました。












12

誰も通らないのでセルフタイマーで記念撮影をしました。













13

槇寄山山頂からの展望です。















14

山頂では少し休んだあと、すぐに先に進みます。

一旦西原峠まで来た道を戻り、西原峠からは笹尾根を笛吹峠(うずしきとうげ)方面に進みました。

そして11時00分、数馬の分岐に着いたので、ここで昼食休憩をとることにしました。

数馬の分岐点は明るく開けたところで、展望も良く、ベンチもいくつかあったので、
誰もいないところで、ゆったりと昼食の準備を始めました。













15

ここからも富士山がきれいに見えていました。

富士をバックに記念撮影をしましたが、なぜか集合写真には富士が写りませんでした。

何でだろう?

角度によって写ったり写らなかったり、カメラの具合?














16

洋二さんが、初めてガスを持参しましたが、(写真左)、かなり小さいガスストーブと専用の燃料ガスで、
皆さん興味津々。こんなガスがあったの?と。

しかし、この寒い中、火力も弱いのかなかなかお湯が沸かずにひとつの燃料ガスがなくなって
しまいました。

途中から私のガス(写真右)を貸してあげて無事お湯が沸きました。














17

12時15分、昼食休憩を終えて下山を開始します。

本来なら笛吹峠まで進みますが、今日は車を置いた場所に戻るために数馬への
ショートカットコースを取りました。

下山道も引き続き雪で覆われていましたが、雪が新しくやわらかいのであまりすべる
こともなく、アイゼンも使わす雪道を踏みながらの下山を楽しめました。














18

昼食休憩した数馬の分岐から1時間弱で出発した仲ノ平まで下りて来ました。

下りて来たところはキャンプ場のようで、かなり古いバンガローや炊事場を通り抜けていきます。

キャンプ場を抜けてから階段を上がって車道に出ます。














19

13時14分、数馬の湯の駐車場まで戻ってきました。

今日のコースはショートカットした短いコースもあり早目に戻って来れました。


ここから車で五日市駅前を通り、圏央道のあきるのICから高速に乗る予定でしたが
ちょっと道を間違えてそのまま八王子まで一般道で行き、八王子インターから中央道にのって
国立府中IC経由で府中本町駅前まで帰りました。



今日の山は予想外の多くの雪がありましたが、まだ踏みつけられておらず、凍結もなく、やわらかい
新雪だったので、滑らずアイゼンも使わず、逆に雪歩きを楽しめました。

今年最初の山行としては、これまであまり経験のない雪の中の山歩きが楽しめ、なかなかのものでした。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜のけやき広場 | トップ | 3D »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
数馬峠 (hanasakuoka)
2015-03-29 15:30:27
こんにちは。

数馬峠~仲の平。
このコースは一度も歩いたことがないので、歩いてみたくなりました

昨日、笹尾根でお会いした方々も、数馬峠から下山して
温泉に入るって。
私は、今年初めての三頭山~大羽根山分岐~浅間尾根登山口でした。
数馬峠 (リチャード)
2015-03-29 20:18:12
hanasakuokaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
5年前の山行なので、詳細は忘れています。
当時の写真やBlog記事で少し思い出しました。
わがハイククラブでは車で出かけることが多いので、車を停めて同じところに戻ってくるコースを選択しています。
電車だと、また違うコースかもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL