ソラから来たよ

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

ブログ引越しのお知らせ

2013年08月25日 15時15分15秒 | Weblog
2013年8月25日より、以下に移動しました。(写真は8月24日のソラ)

【ソラの記録】
http://blog.goo.ne.jp/soraeiso

この記事をはてなブックマークに追加

桜島噴火、富士山、地震雲

2013年08月19日 22時06分06秒 | Weblog
地震雲などの画像より
2013年8月15日 三田市 23:05《赤い月》 18日桜島噴火
ベランダの柵で固定して撮ってもこのようにぶれましたが、その後知らせてきたことでは、キリンの頭=月の中にとても強力なリュージンの意識体がいることを知らせてきました。
そのことを嫌がって知らせた?

*)8月18日桜島噴火、観測史上最高の噴煙5千m…火砕流も(2013年8月18日ニュース)
・・・18日午後4時31分、鹿児島市・桜島(1117メートル)の昭和火口で爆発的噴火があり、噴煙が火口から約5000メートルまで上昇した。鹿児島地方気象台によると、昭和火口からの噴煙の高さは1955年の観測開始以来、最も高い。気象台によると、直径50センチ以上の噴石が3合目(昭和火口から1300~1800メートルの距離)まで飛び、小規模な火砕流が南東方向に1キロ程度確認された。噴煙は風に流され、鹿児島市中心部では大量の火山灰が降った。午後5時頃には上空が暗くなり、車はライトを点灯させ、市民は傘をさしたり、ハンカチを口に当てたりするなどしていた。気象庁は今のところ、これ以上の大規模噴火に発展する予兆は見られないとしている。桜島の南岳山頂火口では、2000年10月7日に噴煙5000メートル以上の噴火が起きている。・・・

2013年8月18日 京都府丹後由良海岸1 10:53
2013年8月18日 京都府丹後由良海岸2 10:53
この日海岸にあらわれたタコをあらわすように右半分は曲線でタコの足?
小鳥の羽のようでしたが、左半分はこのように直線で脊椎を思わせました。
2013年8月18日 京都府丹後由良海岸3 10:53
2013年8月18日 綾部市 11:40
日暈。車中から撮りました。
2013年8月18日 舞鶴高速 16:12

2003年10月2日
富士山

9月29日 読者の【夢】
《「富士のストーンサークル」 という本を読んでいます。富士山周辺のストーンサークルの場所が書いてある部分には、上に折り目がついています》

「ようやく呼んでくれましたか。
富士山と呼ばれるイシカミ(巨人)です。
世界一美しい山と言われて気持ちよく過ごしていましたが、他のイシカミの働きを見て私も何かお知らせしなければと思ったので、蒸気を出しているのです。
(最近富士山から蒸気が出ていたり、陥没も数箇所あるそうです)
(ストーンサークルの)夢を見てもらったのは、わたしもかってそれを作ったのですが、(溶岩で)隠されたり木が生い茂ってわからなくなったので、夢で見てもらったのです。

これからは小さな生物に意識を向けてください。(生物の異常があると言う事?)
新しいキカイ? が出来ましたので、それに乗って私達は地球に仕事をしに来ます?
その始まりにカニ(ニコちゃんカニ)を作りました。
ソラのものは、小さなものにお知らせをします。
それに対してイシカミは、地震や雲でお知らせをします。
放射状に広がる雲は、その先でイシカミのエネルギーを集結し、いつかお知らせをします」

10月2日 私の【イメージ】
“海の中に白いイルカの形の岩がある”
意味は
「イギリスのイシカミです。
私たちはプレアデナイと仲良しだったのです。
けれども、イシカミとしてのプライドも持っていました。
それでストーンヘンジを作っておいたのです。
白い崖は、白人がその土地を治める事が判っていたからです」

10月1日 読者の【ビジョン】
“今朝起きた途端にザイオンやアーチーズのような真っ赤な色の山が噴火前のような煙を出しているビジョンを見ました。噴火口はギザギザ? の、尖ったような削れたようなそんな噴火口でした。私はその噴火口の上から噴火口を見ている感じでした”

「イシカミ達が本気で怒っている、ということを知らせました」

アメリカのイエローストーン公園でも、何10万年ぶりかの噴火があるのでないかと心配されているそうです。
イシカミ達は大きなお知らせはしないと言ってきますが、支配星と同じになるようなことは止めてくださいと言っています。

10月1日
「ソラのものです。
あのカニはソラのモノが作りました」
(ニコちゃんガニ)

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

イシキ
イシキは潜在意識、霊のこととして書いています。
まだはっきりとはわかりませんが、これまでの情報ではイシキは脳で作られるのでなく、その人の関わりのある星から送られていると思われます。
意識は顕在意識として書いています。

潜在意識
ここでは【イシキ】として記載している。
霊とも言われる。
本人の知らない意識のエネルギーの固まり?。
表に現れる顕在意識より多くの知識を持っていて、生きていくのに決定権を持っている。
これまでの生きてきた過去世のことなども記憶している。

「原子は全て、宇宙の大元が一人ではさみしいので相手を求めたいわば、愛の思いから創られたものである。
その原子をいて座のものが、生物として地球で発生させた。
そのいて座の原子からなる生物に、シリウスが知恵を授けて、最初の人間を発生させた。
それらの星の意識を持って人間は生まれてきたが、その意識が潜在意識である。
その人間を見て、他の大きな星たちも真似をして、原子たちを人間になるように誘って、人間にならせて送り込んだので、その人間は他の大きな星の思い=潜在意識を持って生まれてきた。
けれども、その大きな星の人間の原子たちは、本当は宇宙の大元から来ているということに気づき、大きな星の思いから、さらに大元の思いに戻ろうとするのが、この情報を理解できる人たちである。
大元に戻るには、必ず人間はイシカミの原子が最初であったと言うことを知らないと、大元には戻れないのです」

顕在意識
ここでは【意識】と記載している。
起きている状態の時、思っている事。
脳で考えるのでなく、その人とつながった地球に近いところ(成層圏)に存在する意識体から送られてくるのを、脳が受信する。
はっきり表に現れている意識。自覚できる意識。
潜在意識(霊)に対比する言葉で、霊的に進化するとこの二つの意識が近づくと言われる。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで創られたイシジンが、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて、人間になろうと思う原子たちが強く再結合して、肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

雲など
思いを持ったアトくん(原子)が集まって形創る。
雲が濃いグレーになっているのはなぜかと聞くと、
「雲が怒りをあらわしているのです。
硝酸(HNO3)を含むのでグレーになるのです?
(雲H20にNの原子が引っ付くから?)
夕焼けで赤くなるのはミナ・トを閉じるからです。
水の原子が皆、戸を閉じるので雨が降らないのです?
朝焼けは反対に皆、戸を開くので赤くなるのです?
それで雨が降るのです?」
まだちょっと意味がわかりません。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2013年8月19日1時36分頃
震源地 福島県沖(北緯37.7度 東経141.8度 深さ40km)
規模 M3.7
福島県
震度1 浪江町

発生時刻 2013年8月19日3時59分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.2
福島県
震度1 古殿町、いわき市

発生時刻 2013年8月19日4時2分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.0度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.6
福島県
震度2 浅川町、古殿町
震度1 白河市、棚倉町、石川町、玉川村

発生時刻 2013年8月19日11時22分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.6度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M3.9
福島県
震度1 白河市
茨城県
震度3 日立市、常陸太田市
震度2 高萩市、東海村
震度1 水戸市、北茨城市、ひたちなか市、常陸大宮市、那珂市
栃木県
震度1 宇都宮市、那須烏山市、栃木那珂川町

発生時刻 2013年8月19日19時47分頃
震源地 新潟県中越地方(北緯37.3度 東経138.9度 深さ20km)
規模 M2.6
新潟県
震度1 長岡市、小千谷市、魚沼市

発生時刻 2013年8月19日21時5分頃
震源地 栃木県北部(北緯36.9度 東経139.4度 深さ10km)
規模 M2.0
福島県
震度1 檜枝岐村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月19日のソラ。

この記事をはてなブックマークに追加

四万十川、箱根駒ヶ岳、地震雲、ニュージーランドM6.5、南西インド洋海嶺M6.1

2013年08月18日 16時16分36秒 | Weblog
ソラ画像より
北宇和群鬼北町岩谷遺跡
四万十川の支流広見川の中流域にあります。
8月12、13、14日と40度を3日間記録し有名になったとこですが、ここはその前に計画をしていました。
屋根を造ってもらったストーンサークルで、かわいい小川にきれいな水が流れていました。
ここを見終わった後はとても強い風が吹いてきて、特に橋の下はとても涼しく、車に乗ると数10滴ですが、雨?も降らせてくれました。(笑)

ストーサークルの形は、頭が四角く?体が雪だるまのような形で、そばの河原の石も丸みを帯びた石で優しいイシカミのようでした。
土器や石器も出たそうです。

イシカミキノコ?
温泉の部屋の前にあり、もっと鮮やかな色でとても目立ちました。
色と言い、形と言い、イシカミをあらわしています。
同じ色の長方形の石が四万十川の支流広見川のありました。

イシカミ+シリウス
四万十川の支流広見川の河原にありました。
柿色はイシカミをあらわし、四角はシリウスをあらわします。
このほか三角のおにぎりのようなのや、この色の石が何個かありましたがとても目立ち、意志表示が強いと思いました。

四万十川の支流広見川の河原
なめらかな河原にこのような窪みがあり、これはお汁の管を知らせた顔のようで長い体があります。
酷暑で水は少なくお湯のようになっていると思うのに、驚くほどの稚魚がたくさんで、どの水たまりでも元気で泳ぎまわっていました。

*)四万十、4日連続40度以上…国内初(2013年8月13日ニュース)
この酷暑の中でのここの魚の元気さに比べて
*)異常事態:2013年7月18日から全世界で突如はじまった、かつてない広範囲での魚の大量死(2013年8月13日記事)

真っ赤な太陽
8月8日の夕日と9日の早朝の太陽は、このように真っ赤でした。
その後、ビジョンで
“真っ赤な太陽が黒枠で囲まれ、それが次第に黒くなり、ついには爆発してバラバラになる”
というのを見ました。
そしてその後の言葉でも、すでに太陽は爆発をして原子がばらばらになりかけているので酷暑が続くと。
そして同じミナノコの原子の塊である水星も同じように分解し始めているので、毎日も霞がかかったようになっている。
それらの水星の原子たちが思いを持ってゲリラ豪雨となっていると伝えてきました。
実際遠くの山は全く見えない毎日が続いています。

四万十市などで40度が3日間も続いているので、イシキの世界のことは厳しくオーバーに伝えてくるとはいうもののまんざら嘘ではないのでないかと思っていましたが、次の日は一旦分解するのは止まったと言葉になりましたので、これ以上ひどくなることはないようです。

箱根駒ヶ岳
ロープウエーで上がった頂上に巨石があり、特に長方形などシリウスが教えたと思われる形が多かったです。
小さくて見えにくいですが、右上の巨石は大臼歯の形に似ていて、同じく右上の大臼歯にサインが続いていました。

箱根駒ヶ岳の花
太陽のミナノコの原子の爆発のビジョンを見ましたが、そのあとで見た箱根駒ヶ岳の花です。

地震雲などの画像より
2013年8月14日 当別町(北海道) 17:39【ニュージーランドM6.5】
16-AUG-2013 02:31(日本時間 11:31) -41.77 174.06 M6.5 深さ10.0km NEW ZEALAND
2013年8月14日 篠山市 18:36
2013年8月14日 松山 19:08
2013年8月15日 さいたま市 17:16
2013年8月15日 さいたま市 17:17
2013年8月16日 室蘭市 16:38【南西インド洋海嶺M6.1】
17-AUG-2013 16:32(日本時間8/18 1:31) -34.88 54.07 M6.1 深さ10.0km SOUTHWEST INDIAN RIDGE
2013年8月18日8時1分 八丈島近海(北緯33.3度 東経139.2度 深さ10km) M5.0 震度2 八丈町(東京都)
18-AUG-2013 05:35(日本時間 14:35) 38.02 144.83 M4.7 深さ10.3km OFF EAST COAST OF HONSHU, JAPAN
2013年8月16日 名古屋 18:32
2013年8月17日 瀬戸市 9:04
2013年8月17日 世田谷区 11時頃 西
2013年8月17日 世田谷区 15時頃 太陽の輪

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで創られたイシジンが、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて、人間になろうと思う原子たちが強く再結合して、肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

雲など
思いを持ったアトくん(原子)が集まって形創る。
雲が濃いグレーになっているのはなぜかと聞くと、
「雲が怒りをあらわしているのです。
硝酸(HNO3)を含むのでグレーになるのです?
(雲H20にNの原子が引っ付くから?)
夕焼けで赤くなるのはミナ・トを閉じるからです。
水の原子が皆、戸を閉じるので雨が降らないのです?
朝焼けは反対に皆、戸を開くので赤くなるのです?
それで雨が降るのです?」
まだちょっと意味がわかりません。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
ウェーブロックのような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
16-AUG-2013 02:31(日本時間 11:31) -41.77 174.06 M6.5 深さ10.0km NEW ZEALAND
17-AUG-2013 16:32(日本時間8/18 1:31) -34.88 54.07 M6.1 深さ10.0km SOUTHWEST INDIAN RIDGE

発生時刻 2013年8月15日4時34分頃
震源地 長野県南部(北緯35.8度 東経137.6度 深さ10km)
規模 M2.4
長野県
震度2 木曽町
震度1 王滝村

発生時刻 2013年8月15日7時8分頃
震源地 神奈川県西部(北緯35.4度 東経139.2度 深さ10km)
規模 M2.7
神奈川県
震度1 秦野市、神奈川山北町、清川村、相模原中央区

発生時刻 2013年8月15日7時41分頃
震源地 大阪府南部(北緯34.3度 東経135.2度 深さ10km)
規模 M2.6
和歌山県
震度1 和歌山市

発生時刻 2013年8月15日7時54分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.7度 東経141.2度 深さ30km)
規模 M4.3
福島県
震度2 白河市、いわき市
震度1 郡山市、須賀川市、二本松市、天栄村、棚倉町、矢祭町、石川町、玉川村、浅川町、福島広野町、楢葉町
茨城県
震度3 日立市、高萩市、北茨城市
震度2 東海村
震度1 水戸市、常陸太田市、笠間市、ひたちなか市、茨城町、大洗町、大子町、常陸大宮市、那珂市、城里町、小美玉市、土浦市、石岡市、取手市、つくば市、茨城鹿嶋市、美浦村、稲敷市、筑西市、かすみがうら市、桜川市、鉾田市
栃木県
震度1 日光市、大田原市、那須町、宇都宮市、小山市、真岡市、益子町、茂木町、芳賀町、那須烏山市、栃木那珂川町
千葉県
震度1 柏市

発生時刻 2013年8月15日14時46分頃
震源地 和歌山県北部(北緯34.0度 東経135.3度 深さ10km)
規模 M3.0
和歌山県
震度1 湯浅町、日高川町

発生時刻 2013年8月15日16時58分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.1度 東経142.5度 深さ20km)
規模 M3.3
岩手県
震度1 一関市

発生時刻 2013年8月15日19時55分頃
震源地 和歌山県北部(北緯34.2度 東経135.2度 深さ10km)
規模 M2.2
和歌山県
震度1 和歌山市

発生時刻 2013年8月15日22時0分頃
震源地 茨城県南部(北緯36.1度 東経139.9度 深さ50km)
規模 M2.9
茨城県
震度1 小美玉市、石岡市、かすみがうら市

発生時刻 2013年8月16日4時3分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.5度 東経141.2度 深さ20km)
規模 M4.1
茨城県
震度2 水戸市、日立市、ひたちなか市、東海村、茨城鹿嶋市、鉾田市
震度1 高萩市、北茨城市、笠間市、茨城町、大洗町、常陸大宮市、那珂市、小美玉市、土浦市、石岡市、取手市、つくば市、潮来市、美浦村、稲敷市、筑西市、かすみがうら市、行方市、桜川市
千葉県
震度1 旭市、多古町、香取市

発生時刻 2013年8月16日9時29分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.8度 東経142.0度 深さ50km)
規模 M3.2
宮城県
震度1 気仙沼市

発生時刻 2013年8月16日10時11分頃
震源地 新潟県下越沖(北緯38.4度 東経139.3度 深さ10km)
規模 M3.4
新潟県
震度1 村上市

発生時刻 2013年8月16日22時35分頃
震源地 栃木県北部(北緯36.9度 東経139.4度 深さごく浅い)
規模 M2.9
福島県
震度2 檜枝岐村

発生時刻 2013年8月16日22時57分頃
震源地 栃木県南部(北緯36.6度 東経139.5度 深さ10km)
規模 M3.0
栃木県
震度1 日光市

発生時刻 2013年8月16日23時2分頃
震源地 栃木県北部(北緯36.9度 東経139.4度 深さ10km)
規模 M3.0
福島県
震度2 檜枝岐村
栃木県
震度1 日光市

発生時刻 2013年8月16日23時5分頃
震源地 栃木県北部(北緯36.9度 東経139.4度 深さ10km)
規模 M3.3
福島県
震度2 檜枝岐村
震度1 南会津町
栃木県
震度1 日光市
群馬県
震度1 沼田市、片品村

発生時刻 2013年8月17日1時28分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.6度 東経142.7度 深さ60km)
規模 M4.0
青森県
震度1 階上町
岩手県
震度1 山田町、釜石市、一関市

発生時刻 2013年8月17日1時41分頃
震源地 浦河沖(北緯41.9度 東経142.4度 深さ70km)
規模 M4.0
北海道
震度1 函館市、厚真町、安平町、新ひだか町、浦河町
青森県
震度1 階上町、東通村

発生時刻 2013年8月17日2時27分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.9度 東経142.0度 深さ50km)
規模 M3.4
岩手県
震度1 大船渡市、一関市
宮城県
震度1 気仙沼市

発生時刻 2013年8月17日2時53分頃
震源地 長野県北部(北緯36.6度 東経138.4度 深さ10km)
規模 M3.0
群馬県
震度1 中之条町
長野県
震度2 長野高山村
震度1 長野市、須坂市、山ノ内町、信濃町、上田市

発生時刻 2013年8月17日6時14分頃
震源地 千葉県東方沖(北緯35.6度 東経141.0度 深さ20km)
規模 M3.6
千葉県
震度1 銚子市、旭市、芝山町、香取市

発生時刻 2013年8月17日10時20分頃
震源地 栃木県北部(北緯36.9度 東経139.4度 深さごく浅い)
規模 M2.9
福島県
震度2 檜枝岐村
栃木県
震度1 日光市

発生時刻 2013年8月17日10時21分頃
震源地 栃木県北部(北緯36.9度 東経139.4度 深さ10km)
規模 M2.6
福島県
震度2 檜枝岐村

発生時刻 2013年8月17日11時5分頃
震源地 奄美大島近海(北緯27.5度 東経129.0度 深さごく浅い)
規模 M3.4
鹿児島県
震度2 伊仙町
震度1 徳之島町

発生時刻 2013年8月17日13時16分頃
震源地 新島・神津島近海(北緯34.4度 東経139.3度 深さ10km)
規模 M2.4
東京都
震度1 新島村

発生時刻 2013年8月17日17時27分頃
震源地 沖縄本島近海(北緯26.1度 東経126.7度 深さ60km)
規模 M3.2
沖縄県
震度1 久米島町

発生時刻 2013年8月17日19時21分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.6度 東経141.8度 深さ30km)
規模 M4.6
福島県
震度1 郡山市、白河市、二本松市、天栄村、玉川村、浅川町、田村市
茨城県
震度1 水戸市、日立市、高萩市、笠間市、ひたちなか市、東海村、大子町、常陸大宮市、土浦市
栃木県
震度1 小山市、真岡市、益子町、那須烏山市
群馬県
震度1 沼田市

発生時刻 2013年8月18日1時30分頃
震源地 北海道南西沖(北緯42.2度 東経139.3度 深さ10km)
規模 M2.9
北海道
震度1 奥尻町

発生時刻 2013年8月18日1時42分頃
震源地 茨城県南部(北緯36.1度 東経139.9度 深さ50km)
規模 M3.3
茨城県
震度1 笠間市、城里町、小美玉市、土浦市、石岡市、下妻市、つくば市、境町、筑西市、桜川市
栃木県
震度1 宇都宮市、栃木市、佐野市、真岡市、益子町、岩舟町、下野市
埼玉県
震度1 宮代町

発生時刻 2013年8月18日8時1分頃
震源地 八丈島近海(北緯33.3度 東経139.2度 深さ10km)
規模 M5.0
東京都
震度2 八丈町
震度1 神津島村、新島村

発生時刻 2013年8月18日10時6分頃
震源地 八丈島近海(北緯33.3度 東経139.3度 深さ10km)
規模 M3.9
東京都
震度1 八丈町

発生時刻 2013年8月18日13時59分頃
震源地 栃木県北部(北緯36.9度 東経139.4度 深さ10km)
規模 M2.3
福島県
震度1 檜枝岐村

18-AUG-2013 05:35(日本時間 14:35) 38.02 144.83 M4.7 深さ10.3km OFF EAST COAST OF HONSHU, JAPAN

発生時刻 2013年8月18日18時51分頃
震源地 新島・神津島近海(北緯34.3度 東経139.2度 深さごく浅い)
規模 M2.4
東京都
震度1 新島村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月16日のソラ。

この記事をはてなブックマークに追加

ヤマタイコク物語、地震雲、コロンビア沖M6.6

2013年08月14日 23時58分59秒 | Weblog
2004年6月28日
ヤマタイコク物語(2011年6月2日改定)

《以下のストーリーは全てチャネリングで知らされたもので、想像で書いたのではありません。
なお、年代が違うのはイシキの生まれ変わりがあり、過去世の思いを知らせるためにその容姿に似て生まれ変わります》

【アトランティスから日本へ】

大昔、アトランティスの子孫である大国主は、アトランティスが滅びる時に母親の女王に云われて、宇宙の大元の分身であるホシノミナが降りた日本に行く事にしました。
大国主はアトランティスのイシジンと人間の合いの子だったので、とても大きく白い色で、アトランティスで金属に変わった鎌を持っていました。
途中、ヨルダンのペトラのイシカミに、食べても減らない食べ物マナを、同じく飲んでも減らない水の入った瓶を与えてもらいました。
そして、道中で一緒になったイシジンと人間の合いの子のヒミコと共に日本に向かいましたが、途中で支配星の送り込んだ大蛇にやられて死んでしまいました。
けれどもイシキは日本へ行きたいと思っていたので、そのことをテレパシーで知った道中のイシカミの巨人達は、大国主たちのイシジンの遺体を鎌と共に手渡しで日本へ運んであげました。

【ヤマタイコク=山台国の始まり】

大国主たちは四国の山の台地(山台国)になっているイシカミの背中で、今度もイシジンと人間の合いの子の体に生まれ変わりました。
そしてイシカミの身体である土地のでは、イシカミの原子は次々と食べ物に変わったので、食べ物に困ることなく過ごせました。
けれども次第にイシカミの能力もなくなっていくことがわかったので、農業をして食べ物を得るように人々に教えていました。
そして農業も発達し豊かで、人々は自然の恵みを分け合い平和に暮らしていました。
男性と女性は別れて暮らし、男性は山や畑の仕事で女性は子供たちと一緒に川の近くで共同生活をしていました。

山になったイシカミから大国主は農業の知恵を、ヒミコは文字や衣服などの生活の知恵を授けられて、人間としての平和な暮らしをしていました。
その事は近隣は勿論、大陸にもその噂は広がり、教えを乞いに来るほどでした。
ヒミコは星延べとして、イシカミからビジョンで文字を教えられ、ホツマ文字、すなわち“ミズホのツマ”の文字として皆に教えていました。
又、コウゾの木の皮で編んだ布を洗っていて紙が出来ることに気づき、その紙に生活の知恵などを文字として書いていったのが、ホツマ伝えでした。
けれども、ホツマ文字は覚えにくかったので、ヒミコは子供たちと一緒にわかりやすいカタカナの文字を作り、まとめてあらわす簡単な漢字も作っていました。
二人の間には、女の子のイトと男の子のタケルノミコという子供がいて、それは仲良く暮らしていました。

カタカナの意味

【ジンムがヤマタイコクを滅ぼす】

一方、朝鮮から九州に渡来した夫婦の元に、男の子が生まれましたが争いが大好きな龍神のイシキが入りました。
龍神に入られた子供のジンムは成長するにつれ、他を支配しする事にたけていて、瞬く間に多くの人々を従え、次々と領土を広げていきました。
鵜戸神宮の前の巨石や、オニの洗濯岩の砂を固めた不思議な岩を見て、誰がこのようなものを作ったかと聞くと、イシカミの巨人(ウガヤノフキアエ)が作ったと、地元の人が答えたのでその巨人を自分の先祖にする事にしました。
巨人は大きな洞窟を作って、イシジンを創る場所に作っておいたのに、ジンムはウソをついて、人々をだましたのです。
そしてジンムはさらに東へ東へと、領土を広げるために侵攻していきました。

2004年2月九州調査写真集

【ヤマタイコクの滅亡】

一方、ヤマタイコクでは、働くのが嫌な若者が働き者の大国主に、働くように言われるのが嫌で恨みを持っていました。ある日、オオクニヌシの子供の幼いタケルノミコトを人質にとり、大国主の大切な(草刈)鎌を盗み出しヤマタイコクから逃げ出しました。
鎌は大国主がアトランティスから持ってきた、巨大な鎌でした。
そして若者は噂に聞いた強いジンムの部下にしてもらおうと、ジンムに会い盗んできた鎌を差し出しました。
当時の日本には無かったすばらしい金属の鎌を手に入れたジンムは、ヤマタイコクを滅ぼせば沢山の刀があると思い、ヤマタイコクを攻めました。
けれども戦争をしないヤマタイコクには、兵器は何も無く、ヒミコが書いた文字の書かれた紙の束しかありませんでした。
怒ったジンムはヤマタイコクを徹底して焼き滅ぼし、大国主と8人の部下だけは出雲に追い出し、残りは奴隷としてヤマトへ連れて行くことにしました。

【被差別部落の発生】

ヤマタイコクの人々はその時から刺青をつけられ、被差別部落民として差別され続けるようになりました。
そして、ヤマタイコクの人たちは、オオクニヌシから教えられた稲作を作る技能を持っていたので、次々と田の開墾をさせられましたが、その収穫はジンム一族が取り上げていました。
そして聖徳太子により、さらに差別がひどくなり、ジンムの子孫である天皇家が今も続いているため、いわれなき差別を受け続けているのです。
けれどもヤマタイコクの人たちは日本で最初の国家であるという、誇り高き国民だったのです。

【倭の国の誕生】

一方ヒミコは娘のイトをひそかに逃がしましたが、ヒミコ自身は捕まって奴隷として連れて行かれる事になり、隙をみて逃げ出し、土柱の洞窟で自殺をしました。
イトは乳母と共に無事に逃げ出す事が出来ましたが。星原まで行くことはできず途中で亡くなりましたが、時を経てヒミコに言われていたホシノミナの降りた所の星原で、ホシノベ(=星の言葉を述べる)として生まれ変わりました。
そこにはノアの洪水でユダヤ人の親子がやはりイシカミに導かれて日本に流れ着いていました。。
ムウラもホシノミナの所(星原)に声に導かれるままたどり着き、そこでムウラとイトは恋に落ち一緒に住むことにしました。
しばらくホシノミナの降りた所で暮らしていましたが、砂鉄を求めて由良の海岸で住む事にしましたが、子供の山彦だけはイシカミの君山と会話をしていて、そのそばに住みたいと星原に残りました。
ムウラとイトと海彦は海の側で暮らし、海の物を持って山彦に会いに来ていましたが、それがいつか市場のようになりました(ミナツキサン)
その地域はヤマタイコクのように和を大切にしていたので、国は栄えていき、倭の国の元となっていきました。
ノアとムウラ親子は生まれ変わっても製鉄の技術を覚えていて、鍬や斧などを作り、国はとても栄えました。
その頃は地軸が移動する前であったので、日本海側が暖かく、大陸との交流も盛んで、大陸から珍しい物も入ってきました。

【ヤマトの誕生】

ジンムはたくさんのイシカミの分身が大きな古墳となったのを利用して、ヤマトを基盤にしていましたが、又しても倭の国の繁栄をねたみ、その鉄製品を奪おうと突然ムウラとイトが築いた倭の国を攻めて行ったのです。
その頃ムウラはジンムの不穏な噂を聞いていたので、イトに小刀を与え、身の守り方を教えたり、何とか身を守ろうとしていました。
ヤマトに襲われ気丈なイトは必死で抵抗をしましたが、魚の網で捕らえられてしまいました。
(アミダ如来の名前の元とされた)
そしてイトを殺すと脅かされたムウラは、自分の命と引き換えにイトの命を助けるように言いました。
無実のムウラは籠に入れられ、小船に乗せられ海に流されたのですが、夜になってムウラを慕っていた仲間にひそかに助けられ、隠まわれていました。
そして逃げていた仲間と一緒に大江山で、隠れ潜んでいましたが、ついにヤマトに見つかり、惨殺されてしまいました。
(大江山の鬼退治として、ムウラは悪者として後世に伝えられた)

みんなに慕われていた父親のノアも、追放されましたが、倭の国近辺では、お招きさんとして大切にされて、飲んだ水は言い伝えられていきました。
(それがお水取りに利用され、封印された)
けれども遠くに行くうちに乞食と間違えられ、籠に入れられ死んでしまいましたが、後から立派な人だったことがわかり、手厚く葬られました。
日本語のしゃべれないノアは、本当の名前のモーゼ(伝説のモーゼではない)と言っていたので、モーゼの墓とされました。
(金沢市にモーゼの墓がある)

【出雲の大国主】

争うという事ができない大国主は、折角築きあげたヤマタイコクを後にして、8人の部下と共に出雲に向かいました。
働き者の大国主はここでも農業を発達させ、人々は集まり大きな国となっていきました。
けれども大国主は、ヤマタイコクのことが忘れられず、形見として持ってきたヒミコの髪の毛を束ねて、その前に櫛を置き、毎日それに語りかけていました。
それを見て周りの人は亡くなった後も大国主を偲び、髪の毛をしめ縄に、櫛を鳥居として形を残していきました。

又、男性ばかり一緒に行ったので、ヒミコを知っているのは男性のみでしたが、あまり大国主がヒミコを偲ぶので、その内の一人がヒミコの真似をして慰めてあげました。
それが歌舞伎の始まりで、歌舞伎の“柿落とし”という名前で今日まで残っているのは、柿はイシカミが与えた食べ物で、イシカミの色と姿に似せて作られたからです。
柿で言い伝えられると困ると思ったヤマトは、柿渋で染めた衣類を嫌がらせで、被差別部落の人たちに強制的に着させていました。
イシカミの助けで大国主を中心に出雲の国が大きくなってくると、又してもヤマトが嫌がらせをして来るので、争いの嫌いな大国主は、当時は地続きであった隠岐の島に行くことにしました。
そこでも皆に大切にされ暮らしていたら、思いがけずあきらめていたイトに出会い、最後まで幸せに暮らしました。
その後後醍醐天皇などが隠岐に来てゆっくり出来ないと、大国主のイシキはイトのイシキと共にヤマトの手の届かない北海道に来ていました。

【タケルノミコト】

若者によってヤマタイコクから連れてこられた幼いタケルノミコは、早くに死んでしまいました。
支配星は生まれ変わる時にもジンムの元で生まれ変わるようにさせました。
そして生まれ変わっても敵とは知らずジンムの元で大きくなりましたが、ジンムからは絶えず大国主は悪者だと言われて育ちました。
そして大国主が亡くなると、8人の仲間は朝鮮の人達にだまされてヤマトを攻めようとしているとジンムは嘘をついて、ひそかに8人をだまし討ちにするようにタケルノミコトに言いつけました。
タケルノミコトは何も知らず言われるままに、大国主がもっとも信頼していた8人の仲間を次々と殺してしまいました。
けれどもヤマトへ帰って来て聞いた言葉は、その8人は自分の本当の父親の仲間だったという事でした。
その言葉を聞いてタケルノミコトは絶望に陥り、イシカタヤマ(猿投山)のイシカミに呼ばれてそこで自殺をしてしまいました。
父親の形見が鎌であったので、今でも猿投神社では鎌が奉納されます。

【ヤマトへ連れて行かれたイト】

一方、イトは幸せな生活から一転して、ヤマトへ連れて行かれることになりました。
道中、白い藤が咲いていたので、白人のムウラを忍んで、白い藤を手折って持って行きました。
2002年5月6日のお知らせ参照)
ヤマトへ連れて行かれ何重にも塀で囲まれた所(八重垣)で、幽閉生活をさせられました。
ジンムはどうしてもイトとの子供が欲しく、強引に子供を生ませましたが、その子供がニニギのミコトで、イトの乳母に育てられられました。
乳母はニニギに、イシカミの話や、ヤマタイコクや母親が由良から連れてこられた事を話したために、それを知ったジンムに股を刺されて死にました。
その事を天の橋立の股覗きで伝えているのです。

イトは子供を生む事で由良に行くことが出来ましたが、ヤマトへ戻るのが嫌で、自殺をしようとしましたが、スセリ姫が身代わりを申し出て、警備のものから逃げる事が出来ました。
そして隠岐の島に隠れていた父親の大国主と共に、その地で最後を迎えました。

【星原で大きくなった山彦も殺される】

イトとムウラの息子の山彦は、星原に残っていたので命が助かり、何度か生まれ変わりました。
そしてイシカミの助けで次々田畑を作り、星原だけでなく、山を越えたシガサトまでも広げていき、穏やかな人柄で人望を集めていました。
山彦はムウラに似て瞳が他の人と違い、大きな身体で大きくなるにつれムウラに似てきました。
その噂がヤマトに届き、ヤマトがムウラを惨殺した仕返しをするのでないかと思った推古天皇の息子の聖徳太子が、山彦を殺しに来ました。

その時のことを百人一首
「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲し」

星原にあるイシカミのキミ山は、イトとムウラの息子の山彦が罪も無いのに殺された惨劇を悲しく見守るだけでしたが、そのエネルギーで植物に不思議な変化を起こさせました。

それが【シガサトの7不思議】と呼ばれる奇跡です。
(注*京都府綾部市志賀郷に伝わる七不思議)

1)白藤(藤波神社の藤は正月に白藤が咲いた)
2)白萩(若宮神社=山彦が祭られる?神社の萩を白くした)
3)ゆるぎ松(山彦達が逃げて行った所の松が風も無いのに揺れる)
4)しずく松(同じく山彦が逃げていった場所の松が雨が降らないのにしずくが落ちる)
5)タケノコさん(竹の子の出る季節でもない2月4日に竹の子が出てきた)
6)みょうがさん(みょうがの出る季節でもない2月3日に芽が出てきた)
7)ご用柿(秋に赤くならないでお正月に赤くなる。御用、御用と追っ手がきて恐怖の為に柿が青いままだったから)
又、大男の山嵐が夜中に悪い事をする伝説は、ヤマトが大きな山彦の子孫を悪者に仕立てあげ伝えさせたのです。その子孫が源義経であり山彦の子孫になります。
ソラ辞典:義経参照)

【ヤマトは仏教を利用して、貧富の差の激しい国家になった】

ジンムはヤマトに落ち着いてからも、争い好きなリュージンの化身のジンムは国を広めようとあちこち攻めていましたが、倭の国の人たちの団結は強く、なかなか支配下に置く事が出来ませんでした。
滅ぼされた倭の国はホシノベ=稲妻をあらわす鹿の意味は何かと問う、何鹿(イカルガ)という国として、モノノベ・シ=物部氏が国を治めていました。
そしてイシカミを大切にし、倭の国の再建に向けて国民の支持を受けていましたが、それをヤマトは快く思わず、推古の命令で聖徳太子が倭の国を滅ぼしました。

その頃、中米では、あまりに大蛇に支配された人々が悲惨なために、彗星を呼び寄せその国を滅ぼしました。
巨大彗星の衝突のために、巨大地震や地軸が移動して人々は不安になった頃に、竜神の支配する仏教が大陸から渡ってきました。
それまでイシカミの山や岩を祭っていたのですが、仏教はその山や岩が大地震を起したので、代わりに仏教を信じるように言いました。
また、竜神などに支配された人が、地獄絵などを見せ、信じないと死んでから地獄へ行くと恐怖の教えで人々を支配していきました。
そして、供物を供え、お経を唱える事で死後は極楽へいけると、働かなくても良い階級を作り、反対に国民からは搾取し、仏教のための豪華な建築物と次々作りました。
人々はそれまでは自然の恵みを平等に受けていたのに、それ以後貧富の差の激しい国家となっていたのです。

【封印されたイシカミ】

物部氏がイシカミを大切にしていたのですが、滅ぼされたためにあらゆるイシカミに対することが隠されていきました。
イシカミが食べ物などに変ってくれていたのに、全て隠れてリュージンの化身の変りの神を創りあげて、それらを拝むようにさせたのです。
早くにヒミコがカタカナやホツマ文字を作り上げていましたが、ヤマタイコクを責め滅ぼした事がわかると困るので、ヤマトが文字を書く事を禁止しました。
その代わり蛇文字を作って神社に置き、民衆には文字を書くと蛇になると脅かしていたのです。
日本には神代文字がいろいろ隠されて存在するのに、ヤマトに都合の良い物語としてだけの文献(日本書紀など)を残したのです。

その事に気づいた道真が隠された事を世に出そうとして、友人の柿本人麻呂や小野小町と協力して、首を覚悟でイトとムウラの悲劇を秘めた和歌を作りました。
それが百人一首で、和歌の作者は権力者の名前をつけることで、公開が許され現在まで伝えられたのです。

けれども柿本人麻呂も小野小町も、その後権力者から狙われ命を落とすことになり、ナゾの人とされたのですが、人々はその事を知っていたので名前だけでもと語り継がれているのです。
ヤマトは権力者が国民を支配するのに都合の良い仏教、神道を国民に押し付け、両者が協力して山や岩を崇めていたイシカミを完全に封印してきたのです。

この物語はソラから知らされた事をつなぎ合わせて出来上がったのですが、ヤマタイコクやイシカミの話は民話や百人一首に隠されて伝えられていました

【四国=死国】

徹底してヤマタイコクを隠すために、仏教でも封印した(88ヶ所巡り)。

【さるかに合戦】

“カニ”はイシカミをあらわし、お腹に子供がいるのがわかるようになっているのは、イシカミのお腹から巨人が出てきた事を知らせている。
“臼”はイシカミの分身が、臼の形をしている。
“柿”はイシカミの形であり、イシカミが生きている時は柿色だった。
“猿”はジンム=ヤマトをあらわし、イシカミに教えてもらった人が作り上げた物を取り上げた。

【元伊勢】

大江山の麓と天の橋立にある。
大江山皇太宮の78もの祠や、籠神社の行事などこの情報とあっている。

【ヒヤソ踊り】

綾部の高倉神社では「ヤソ、ヤソ、ヤソ」という掛け声をかけて踊る祭りの行事がある。
ヒミコとヤソ(ユダヤ人のノアの親子がいた)の事を掛け合わせた言葉である。

【隠岐の島】

隠岐の島にはユラヒメ神社と、大国主を祭る神社がある。
大国主がヨミの国へ行くと言ったというのは隠岐の島へ行った事。

【百人一首は隠された意味があり、わかると首が飛ぶのを覚悟で作られた】

風景や色恋のように解釈されているが、ムウラやイトの悲劇がこめられている。
これを作ったのが菅原道真、柿本人麻呂や小野小町。
鹿=稲妻をあらわし、星述べの者も含む。
月=丸=真実。(月の歌は支配星が月を基地にしていたので、その意味のあるものあります。炭坑節など)
わた野原=内臓が飛び出した惨殺
由良の戸=由良川の河口。船の行き来を、噂が広がると困るので一時止めさせた。
フミ(文)=ヒミコの文字などの意味を含む。

*)詳しくはソラ星出版から発売の【ソラからの真実の歴史】をご参照ください。

地震雲などの画像より
2013年8月13日 札幌市 15:25 西
2013年8月13日 札幌市 17:39 北(棒状雲)【コロンビア沖M6.6】
13-AUG-2013 15:43(日本時間8/14 0:43) 5.76 -78.20 M6.6 深さ10.0km COLOMBIA

ソラ辞典より
アトランティス
最初の情報(アンドロイドが反乱)は本『星からのメッセージ』に詳しく書いています。
その後更に詳しく伝えてきたのはとは少し違っていますが、大西洋にイシカミの巨人が地中海の土を運んで作った大陸とは今でも同じです。
いて座のモノたちはなんでも変化することが出来たので、理想とする物質を全て創りだしたのがアトランティス。
余りにも全て理想が実現したために、面白みがなくなりイシカミの原子たちは一気に手を離したので大陸は崩壊した。
意識のあるイシジンは泡状で、軽くて簡単に移動できたので、より原子がしっかりと結合したいわゆる固い物質にした国造りを地中海にした。
イタリアやギリシャなどに沢山ある石像や石造建築物はアトランティスの時代のものが原型となっている。
アトランティスの王の頭部などでわかるように、巨人の国でもあり、神話の世界そのものであった。
アトランティス大陸があった海の底に、鳴門の渦潮のような渦巻きがあり、地下宇宙に海水が入り込み、ローマのあらゆる泉に噴出しているとか、北海道の羊蹄山の噴出しもここからの水と伝えられています。

宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
ウェーブロックのような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
13-AUG-2013 15:43(日本時間8/14 0:43) 5.76 -78.20 M6.6 深さ10.0km COLOMBIA

発生時刻 2013年8月14日5時50分頃
震源地 静岡県東部(北緯35.3度 東経138.7度 深さ10km)
規模 M2.9
静岡県
震度2 富士宮市、富士市

発生時刻 2013年8月14日9時45分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.6度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M3.9
茨城県
震度3 日立市、常陸太田市
震度2 高萩市
震度1 水戸市、北茨城市、ひたちなか市、東海村、大子町、常陸大宮市、那珂市
栃木県
震度1 宇都宮市、那須烏山市、栃木那珂川町

発生時刻 2013年8月14日14時31分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.6度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M4.1
宮城県
震度1 岩沼市
福島県
震度1 須賀川市、二本松市、玉川村、平田村、古殿町、小野町、田村市、いわき市、福島広野町、川内村
茨城県
震度3 日立市、常陸太田市
震度2 高萩市、東海村、常陸大宮市
震度1 水戸市、北茨城市、笠間市、ひたちなか市、大子町、那珂市、城里町、土浦市、五霞町、筑西市、桜川市
栃木県
震度2 那須烏山市
震度1 大田原市、宇都宮市、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、栃木那珂川町
埼玉県
震度1 加須市、久喜市、宮代町

発生時刻 2013年8月14日16時11分頃
震源地 福島県中通り(北緯36.9度 東経140.5度 深さ10km)
規模 M3.1
福島県
震度1 白河市、棚倉町

発生時刻 2013年8月14日20時56分頃
震源地 新島・神津島近海(北緯34.2度 東経139.2度 深さ10km)
規模 M3.1
東京都
震度3 神津島村
震度1 新島村

発生時刻 2013年8月14日21時6分頃
震源地 新島・神津島近海(北緯34.2度 東経139.2度 深さ10km)
規模 M2.0
東京都
震度1 神津島村

発生時刻 2013年8月14日22時25分頃
震源地 和歌山県北部(北緯34.2度 東経135.4度 深さ10km)
規模 M2.3
和歌山県
震度1 紀の川市

発生時刻 2013年8月14日23時43分頃
震源地 新島・神津島近海(北緯34.2度 東経139.2度 深さ10km)
規模 M2.4
東京都
震度1 神津島村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月14日のひまわり。

この記事をはてなブックマークに追加

巾着袋地震、地震雲、地球や宇宙からの警告、ヤマタイコク

2013年08月13日 23時32分28秒 | Weblog
地震雲などの画像より
2013年8月5日 札幌市 11:03(日暈)【三陸沖M5.2】
2013/08/06 19:41(10:41) ローヤリティー諸島付近 LOYALTY ISLANDS REGION 深さ55km M5.7
2013/08/07 00:18(08/06 15:18) 福島県沖 深さ20km M4.2 震度1 福島県白河市 (巾着袋地震)
2013/08/07 06:30(08/06 21:30) 千葉県東方沖 深さ20km M4.4 震度2 千葉県
2013/08/07 16:51(07:51) 青森県東方沖 深さ61km M4.5 震度3 青森県
2013/08/07 19:56(10:56) 本州東方沖 OFF THE EAST COAST OF HONSHU, JAPAN 深さ12km M4.4
2013/08/09 02:43(08/08 17:43) 岩手県沖 深さ30km M4.0 震度1 岩手県
2013/08/09 11:59(02:59) 三陸沖 深さ10km M5.2 震度2 岩手県
2013年8月5日 札幌市 12:31 西(格子のような雲)
2013年8月5日 東京 18:18
2013年8月5日 福岡市 19:12
2013年8月6日 名古屋 14:17
2013年8月6日 名古屋 18:26
2013年8月6日 札幌市 12:03 西【バヌアツM5.9】
06-AUG-2013 16:46(日本時間8/7 1:46) -16.92 167.30 M5.9 深さ8.5km VANUATU ISLANDS
2013年8月10日 栗山町(北海道) 17:19(断層雲)
2013年8月11日 長沼町(北海道) 17:13
2013年8月11日 長沼町(北海道) 18:25【バンダ海M6.0、ペルー沖M6.1】
2013年8月12日09時32分 根室半島南東沖(北緯43.4度 東経146.2度 深さ50km) M4.0 震度2 根室市(北海道)
2013年8月12日09時51分 浦河沖(北緯41.9度 東経142.3度 深さ70km) M4.8 震度3 むかわ町、浦河町、様似町(北海道)

12-AUG-2013 00:53(日本時間 09:53) -7.12 129.81 M6.0 深さ92.0km BANDA SEA
12-AUG-2013 09:49(日本時間 18:49) -5.41 -81.91 M6.1 深さ16.7km NEAR COAST OF NORTHERN PERU

2013年8月12日21時59分 福島県沖(北緯36.9度 東経141.2度 深さ20km) M4.8 震度3 震度3 田村市、いわき市、楢葉町、川内村、浪江町(福島県)、日立市(茨城県)

【巾着袋地震】
2013年8月13日01時26分 三重県南東沖(北緯33.7度 東経137.2度 深さ370km) M4.3 震度1 宇都宮市(栃木県)
2013年8月13日09時10分 十勝地方北部(北緯43.6度 東経143.6度 深さ170km) M4.8 震度1 震度2 根室市、震度1 函館市、厚真町、豊頃町、釧路町、厚岸町、浜中町、標茶町、別海町(北海道)、階上町、大間町、東通村(青森県)
2013年8月12日 沖縄 7:23

#)地震速報誤報、ノイズの途切れ原因「奈良で震度7」(2013年8月8日ニュース)
・・・気象庁は8日午後4時56分ごろ、「九州から関東にかけて34都府県に震度4以上の揺れが襲う」との誤った緊急地震速報を発表した。実際には人が感じる揺れは発生しなかった。誤報を伝えた範囲は速報を始めた2007年以来、最大。橋田俊彦・地震火山部長らが記者会見し、「大変な影響、ご迷惑をかけた」と謝罪した。気象庁によると、同時刻に和歌山県でマグニチュード2.3の地震が発生。これとほぼ同時に、震源から約200キロ離れた三重県の南東沖60キロで、海底地震計が揺れを検知したとの情報を気象庁のホストコンピューターに送信した。地震と同時に離れた場所から揺れのデータが届いたため、コンピューターは実際の約2億倍の規模の巨大な一つの地震が起きたと認識。「奈良県でマグニチュード7・8、最大震度7の地震が起きた。九州から関東にかけて34都府県に震度4以上の揺れが襲う」と自動で速報した。・・・

ソラ辞典より
巾着袋地震
これは震源地では震度が観察されず、遠隔地で観察される地震です。

2005年12月 伊勢湾 M5.1 震度1 福島県など
2006年03月 東海道沖 M6.0 震度3 茨城県、静岡 震度1
2006年08月 和歌山県 M5.1 震度2 福島県
2006年09月 日本海中部 M5.6 震度2 北海道、震度1 青森など
2006年11月 三重県南東沖M 5.1 震度2 福島県など
2010年08月26日 岐阜県飛騨 深さ280km M5.1
震度2 福島県 震度1 北海道 十勝地方中部 岩手県 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 埼玉県 福井県 滋賀県 兵庫県 兵庫県北部

震源が深いと、巾着袋の紐を締めたような動きになって、震源近くは全く揺れなくて遠く離れた地域でゆれること。
このような現象が起こるのは、地震はプレートがずれて起こるのでないことを知らせるために、地球を覆う膜になった原子たちが巾着袋と同じ原理で深い所で(深さ300から400km)紐を締めるからです。
なぜこのように巾着袋のようなモノができたかと言うと、地球を原子の膜で覆う時、地球の表面より膜が大きくなりすぎて、その余った部分が袋になったからです。
袋の底になった部分の原子たちが、地震はプレートのずれでおこるのではないことを知らせるために動くので、震源地から遠く離なれた巾着袋の入り口のヒダの部分の地域で地震がおこるのです。

悪さをしていた北斗七星にひしゃくを閉じるように、巾着袋の紐を締めることで、地震を起して知らせていた。

2005年11月15日
M7.1の地震の意味、ヒミコの鏡

2005年11月15日
三陸沖でM7.1(海外ではM7.2)の地震が起きました。
先日から死者10万人の地震と何度か言っていましたが、それを回避したのが今回の地震だったと思います。
2005年11月7日 地震雲?、読者の方の追加の画像、青い雲

私は宇宙からのメッセージをお届けするメッセンジャーにすぎませんので、個人の意見はできるだけ避けたいと思い、又、余計な不安を与えるといけないのでと思ってきました。
ただ宇宙的な大きなお知らせなのに、えらそうに言うと個人を攻撃することしか意識が行かない人たちがほとんどを占めているようです。
今回の地震の大きさに比べてその被害の少なさに目を向けて、いくら知らせても無視し続ける人たちに、何とか知らせようとしている宇宙の存在たちの本当の気持ちを察していただきたいと思います。
情報を発信している者への個人攻撃している場合でないことを、肝に銘じていただきたいと思います。

地球の平和のために7年に渡り情報を知らされ、それを実現するには“人類、皆平等”と言う基本が守られていないので、今の王室、皇室制度を見直すようにと何度も催促され、直接情報も届けましたが、全く何の変わりもありませんので、おめでたい時ではありますが、改めて公開させていただきます。

ヒョウ(雹)のお知らせ。
2005年5月25日 ヒョウのお知らせの意味、幸せとは、靖国神社、小泉首相、臼の意味、ミイラ

地震雲らしきもの
2005年11月15日 巨人の挨拶(地震の予告でした)

以下のこともひとつの情報と思います。
掲示板で知らされたサイトですが、改めてその一致にこれまで必死で訴えてきているソラのものたちの言葉を思いだしました。

#)十二単姿
ソラのものから見ると
2004年9月25日 イシカミより、面河渓、十二単姿

選ばれたと思われている一人の娘に、何億もの国民のお金が使われることに、おかしいと思わないことをソラのものは警告をしているのでもあります。

2005年11月15日 真夜中、咳が出て目が覚める。

「ヒミコです。
イシカミの巨人(イシジン)と一緒に食事をしていました。
イシジンはお汁*を飲んでいました。
私たちはイチゴや栗の実などを食べていました。
(そのほかは名前が思い出せないようでした)
イシカミの背中に住んでいました。
穴を開けると暖かでした。
(ヒミコがいた所でもイシカミの体をお餅を切り取るようにして)丸い団子を作りました。
昨日の泥団子のお知らせ参照)

それを平らにして磨いていると鏡になりました。
それが鏡の元でした。
それを持っていたので、ヒミコはイシカミの声が聞こえると中国人は思ったのです。
それで(リューを描いた)鏡を作り出したのです」

*)鏡=リューを掘った鏡
*)お汁=イシカミの体に穴が開いていて、そこから白い汁が出ていたのを、頭?の管から飲んでいた。
アザラシのお乳のように白い汁が出ていた。
アーチーズ国立公園、お供え物の岩
白いお汁イシカミの穴から出て、巨人が頭の管から吸い取ってエネルギーとしていましたが、イシカミが亡くなると、お汁も固まって巨人は死んでしまいました。
そのお汁を丸いお餅のようにして岩の上に乗せてあるのをあちこちで見ました。

縄文時代は穏やかに過ごしていた様子が伺える遺跡が多いのに、大陸からのリューを彫った鏡が日本で見つかる時代(=弥生時代)になって、争いが起こったことを示すものがたくさん見つかっていますが、リュージン=争いが好きということをこれまで何度も伝えてきました。
なぜ鏡かというのは、あまりわかっていないと思いますが、食べ物を与えてくれたイシカミの言葉を聞きたいというので、鏡を持っていたということがわかりました。

【12時追記、ビジョン】
“カシオペア座の星の保育所”
残念ながら悪い支配しようとする星の誕生だそうです。
先ほど見えたビジョンも決して良いものではありませんでした。
《ビジョン》
“濃い青紫の色の中に濃い色で、小さなダニのような模様が無数にあり、それが四角に固まって整列する。明るい光が右横からくるも、濃い青紫の色が押し返し、一面を覆い尽くす”
意味は
「大きな地震で知らせたが、これまでどおり支配者はそのままで、なんら変わりがない。
さらに結束してその結束を破ることは非常に困難である」
ということのようで、今までどおりの地球ということをあらわしたようです。

【18時追記】
なぜ悪神のために大切な石室を分解するのでしょう。
どこまで巨石遺跡を作ったイシカミを無視すれば気のすむのでしょうか?
文化庁に強く抗議をします。

#)キトラも石室解体検討へ 文化庁調査委に14日提案(2005年11月9日ニュース)

地球を作ってくれたイシカミを無視し続けることは、宇宙のものたちも決して許さないでしょう。

(後略)

2005年11月6日
イシカミのヤマタイコク、アショカ・ピラー、石棒、石冠の意味、地球の警告

2005年11月5日
寝る前にヤマタイコクは四国のどこらあたりかと思っていた。

「思い出しました。
少々のことではそこ(四国のヤマタイコクがあった所)には行けません。
踏み固めた(イシカミの背中の)道は歩くのに気持ちのよいものでした。
大国主です。
(大柄な人間の身体に生まれ変わって)イシカミの体の上で暮らしていました。
柔らかく、暖かでした。
そして稲を植えました。
(種はどうしたの?)
種は目が覚めると目の前にありました。
(イシカミの原子が栄養があっておいしい稲の種になった?)
イシカミの身体に穴を掘ってそれを植えました。
以前(ビジョンで見た)丸い穴に植えていったのです。
稲は持ってきた稲刈り鎌で刈り取りました」

(右足の中指にサインあり)

2003年10月20日 イシカミの怒り、シリベツ岳(違う生物を作った)、昭和新山、車田の夢
の最後の夢参照。

「石のトンカチはヤマタイコクがあった石鎚山をあらわしています。
イシカミの背中になる山の台地の方が暖かかく、住みやすかったのです。
イシカミの体が土になり、稲を植えたのです」

トッコ石や石棒
イシジンが使ったもので、人間が使うには重いと思いましたが、鹿をイシジンが捕まえて、トッコを握って鼻を一撃し、人間に食べ物として与えたと。
その他トンカチも同じ目的で使われ、石棒や平たい胃石などは皮を剥いだり、なめしたりするのにイシジンが使ったが、小さいのは人間に教えて使わせたようです。

大国主の稲刈り鎌は、アトランティスから持ってきたと伝えられ、熱田神宮の大きな刀になったと伝えられていますが、今まで錆びずに残っているのが不思議だと思っていました。

「大国主はインドで大蛇にやられましたが、その鎌と遺体はイシカミによって四国の山まで運ばれました。
その鎌は大国主が生まれ変わった時にも、役にたちました。
けれどもその鎌があるというので、ジンムに殺されたのです。
錆びずにあったと言うことを証明するために、大国主が殺されたインドにおいて錆びない鉄柱*が残されていたのです。

*)「アショカ・ピラー

「アショカ・ピラーとは、ヒミコと大国主がやられた大蛇が変身したものです。
支配星によって大蛇にさせられた原子たちは、大国主とヒミコを殺ろすように命令されました。
支配星にさからえなかったのです。
それで大蛇の原子たちは、自ら硬い鉄に変わったのです。
そしてしっかりと仲間同士で手をつないでいたので錆びなかったのです。
この原子たちもイシカミの原子たちでした。

2006年4月1日追記
支配星の部下のインドのダイジャが、サマルカンドでオオクニヌシたちを殺してインドに逃げ帰ったのを、アショカピラーとして残って訴えていた。

「イシカミの仲間に、もう離れても良いと知らされたので錆びるようになったのです。
仲間とは岩になっていたけれど、(この情報が)知らされたので崩れた岩です。
南(半球のオーストラリア)に降りた仲間だったのです。
白い塔にしたのは、いつか白い棒が日本のあちこちに立てられるのは、蛇の化身だと知らせるためです」

*)錆びる=千数百年錆びなかったと伝えられているが、最近錆びてきたようです。
*)オーストラリアのグレートオーシャンロードの崩れた岩
写真の一番手前の岩が2005年7月に突然崩れた)
*)白い棒=あちこちに立てられている人類世界平和・・・の文字の入った棒。
2005年11月6日真夜中、目が覚める。

「(イシカミの子孫で巨人だった前世のイシキの)ヒミコです。
アトランティスが崩壊し、地球を覆っていた水の膜がなくなり、サマルカンドも砂漠になっていきました。
ヒミコはペトラのイシカミのイシジンでした」

*)ペトラ
*)2006年8月18日訂正
(ヒミコはペトラのイシカミのイシジンだった)

「そこの(エル・カズネの建物の)柱を真似た棒を持って、訪れた(前世の)大国主と一緒に日本へ向かったのです」

・【ヤマタイコク物語

「大国主が稲刈り鎌を持って来ましたが、ヒミコは鉄棒を持ってきました。
その鉄棒もヒミコの亡骸と共に、四国に運ばれました。
それを真似たのが(両端にふくらみのある)石棒です。
ヒミコの鉄棒はヒミコが死ぬと無くなりました」

*)鉄棒=その形を真似たのが石棒。何に使われていたか不明である。
北海道江別市埋蔵文化財センターの石棒
ペトラのイシカミのイシジンだったヒミコは、ペトラの“建物の柱を真似た鉄棒”を持って日本に向かいましたが、インドで大蛇に殺されます。
けれどもイシカミたちが協力して、その亡骸を日本まで運んだので、その鉄棒を真似てあちこちでイシカミの体から作られました。
両端が丸くなっているのは、ペトラの建物の柱の上は飾りがあり、土台はシリウスといて座をあらわしているので、それをあらわした。

《石冠》
石冠
綾部市出土

「イシジンが作りました。
これは(ヒミコの)胸像です。
顔を描かなかったのは、これを崇めるようになるとエネルギー体が入り込むことがわかっていたからです」
これも何に使われていたか不明。

2005年11月6日 真夜中、左下肢のふくらはぎにサインあり。

「アルプスのイシカミです。
何度も問われていたのに答えなかったのには意味があるのです」
(ラップ音)
(これまで何度か、ヨーロッパのイシカミに問いかけていたが、返事がなかった)

「それはエベレストのイシカミが(地球をきれいにしていると)知らせていないのに、自分(も地球をきれいにしている)とは言えないので我慢していたのです。
(昨日のお知らせ参照)
小さな人間が、イシカミのことを見直して欲しいとそのことばかり思っていました。
それがむなしい願いとわかり、怒りをあらわしているのです。
(アルプスの氷河が溶けていること?フランスの暴動?)
イシカミの言葉でした。
アルプスのイシカミより」

夜中に突然、目が覚めて。

「なんとしても小さな人間を育てようと思いました。
それがイシジンの思いでした」

左足にややきついサインあり。

「白い光が一番尊いのです。
それは宇宙において最初に光り輝いたからです」

左足のふくらはぎにサインあり。
《イメージ》
“ヘビの模様に似た自動車のタイヤのような模様が浮かぶ”
これはヘビなった原子も、イシカミの原子が変化したものだからです)

(この後は何度も起こされ、眠くて文字が乱れてわかりにくいのですが、白い光の地球に、このヘビ柄?タイヤがついていて、走りだすというようなことを言っていたと思います)
この後、大きなラップ音。寝る。

これは良い意味かなと聞いたのですが、厳しい答えでした。

「地球に思いがあるという情報を、いくら知らせてもそのようなことはないと攻撃したり、無視したりして、なんら変わりがないので、地球が強引に進むということです。
それをソラ(宇宙の)ものが知らせました」

これは明らかに地球や宇宙からの警告と思います。

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
ウェーブロックのような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
【巾着袋地震】
発生時刻 2013年8月13日1時26分頃
震源地 三重県南東沖(北緯33.7度 東経137.2度 深さ370km)
規模 M4.3
栃木県
震度1 宇都宮市

発生時刻 2013年8月13日2時18分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M4.0
福島県
震度2 白河市、棚倉町、石川町、玉川村、浅川町、古殿町、いわき市
震度1 二本松市、鏡石町、天栄村、矢祭町、鮫川村、平田村、小野町、田村市、本宮市、福島広野町、楢葉町、川内村、飯舘村
茨城県
震度2 日立市、高萩市
震度1 水戸市、常陸太田市、北茨城市、笠間市、ひたちなか市、東海村、大子町、常陸大宮市、小美玉市、土浦市

発生時刻 2013年8月13日2時51分頃
震源地 福島県会津(北緯37.7度 東経140.0度 深さ10km)
規模 M2.5
福島県
震度1 北塩原村

発生時刻 2013年8月13日3時37分頃
震源地 新潟県上越地方(北緯37.1度 東経138.5度 深さ20km)
規模 M2.8
新潟県
震度2 上越市

発生時刻 2013年8月13日4時55分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.0度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.5
福島県
震度1 棚倉町、浅川町、古殿町、いわき市

【巾着袋地震】
発生時刻 2013年8月13日9時10分頃
震源地 十勝地方北部(北緯43.6度 東経143.6度 深さ170km)
規模 M4.8
北海道
震度2 根室市
震度1 函館市、厚真町、豊頃町、釧路町、厚岸町、浜中町、標茶町、別海町
青森県
震度1 階上町、大間町、東通村

発生時刻 2013年8月13日10時1分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.8度 東経142.4度 深さ40km)
規模 M4.3
岩手県
震度2 一関市
震度1 山田町、大船渡市、陸前高田市、釜石市、住田町、盛岡市、花巻市、遠野市、金ケ崎町
宮城県
震度2 気仙沼市、石巻市、女川町
震度1 栗原市、登米市、南三陸町、大崎市、岩沼市

発生時刻 2013年8月13日10時53分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.0度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M3.5
福島県
震度1 棚倉町、古殿町、いわき市

発生時刻 2013年8月13日11時19分頃
震源地 十勝地方中部(北緯43.0度 東経143.2度 深さ120km)
規模 M3.8
北海道
震度1 豊頃町、本別町、浦幌町、十勝大樹町、釧路市

発生時刻 2013年8月13日12時14分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.9度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M3.2
茨城県
震度1 高萩市、北茨城市

発生時刻 2013年8月13日12時54分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.8度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M3.5
福島県
震度1 棚倉町、浅川町、いわき市
茨城県
震度1 日立市、高萩市、北茨城市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月13日のソラ。

この記事をはてなブックマークに追加

シマント、バンダ海M6.0、ペルー沖M6.2

2013年08月12日 22時41分51秒 | Weblog
2005年8月15日
終戦記念日とお盆、太平洋戦争はなぜ始まったか?、オメガ、ゼータ、高知の高温の意味、テロリスト、中国のイシカミ、祈祷の弊害

#)夜中突然目が覚めて。

「まだ、気づきませんか?
敗戦記念日が(仏教の)お盆の日になるのはなぜかと?
全てはプレアデナイの計画だったのです。
人間に恐怖と極限の苦しみを与えて、自分たちのエネルギーを得ていたのです。

(プレアデナイやその部下は、人間の恐怖などネガティブな思いをエネルギー源としていたと、以前より伝えられています)

それは、争い好きなリュージン(伊勢神宮は隠れリュージンの大元)で戦争を始めて、仏教にすがりつかせて救いを求めさせていたのです。
(プレアデナイに関係ある)リュージンで始めて、仏教で終わる。
そのことに何時になったら気づくのですか?」

・明治=メイジ=(今の天皇家の一重の)目を維持する事。
(カゴメ=捕らわれて籠に入れられたノアの息子の“目”は色?が違い、二重?で違った。その事がいつ世に知られるから?)
切れ長の目は何を意味するか?
・大正=タイショウ=体は小。(タイショウ天皇は体が小さかった)
・昭和=ショウワ=小さい輪=日本。(それで大きな輪を作ろうと太平洋戦争を始めたと)
・平成=ヘイセイ=ソラからの情報を知らされても平静でいられるように。

という事ですが、あくまでチャネリング情報です。
イルミなティーのエネルギー体

#)小野田さんが30数年ジャングルで過ごされたというドラマを一部見ていました。

「今まで耐え忍んだ事が無駄だった事がわかりました。
(イスラムのテロリスト?と同じ思い)
仲間は何のために死んでいったのか?
繰り返して強く教えられました。
(目を閉じていると、これまで見た事のないくらい、大きな白い光のビジョンが見える)
人間の生きる意味は仕返しだと思わされました。
あまり苦しまずに仕返しができるのが、自爆テロだと言われました。
いつ教えられたかというと、モスクの説教で言われました」

2005年8月14日真夜中
背中にきついサインが2、3回あるも眠くて寝てしまい、起きてから聞きなおす。

「知らせることは地球のことです。
背中を痛くしたのは、背中からやっつける=卑怯ものがいると言う事を知らせたのです。
裏切り者はオメガ星ということを知らせたかったのです。
これまでの歴史で、いつも裏切って政権の座についたのは、オメガ星のものでした。
イシカミの仲間だと良いものの振りをして、自分さえ良ければ良いというイシキです。
オメガとゼータは射手座のものですが、イシキだけが地球に来ていました。
山や岩や土にはなっていないのです」

「オメガ星のイシキがいなくなりました。
イシカミの壊れ物がなくなりました。
(大きなことで)一度に知らせるのでなく、小さなことで知らせます」

(道路や駐車場の縁など思いも寄らない場所に、可愛い花が咲く事や、いろいろな雲の形などで知らせること?)

ちなみに同じイシキだけのゼータは、今年の3月4日に次のようなメッセージがあり、いなくなったようです。

《ゼータへの伝言》
「これまでゼータ-はがんばって自分を犠牲にしてでも岩のドームを守ってきたのでえらいのです。
これまではこの情報を知らなかったので、自爆テロもソラのものは悪く言わなかったけど、この情報を知りながら残虐行為をしているので、左手首がとても痒く、いけない事と知らせています。
パレスチナ和平に努力するように、そうでないと宇宙を漂わなくてはいけなくなります。
それとこれまでのイスラムの教えの一部が間違っているのは、ユダヤ教と一緒なので、この情報を聞き入れてソラの者たちと一緒に活動してください。
これからは人間は皆平等と思って行動しないと、死んでから反対の立場に生まれ変わらなければならない宇宙の法則が当てはまります」

#)朝「シマ、シマ・…シマント、四万十川に落ちた彗星?です。
(地球に呼ばれて)降りてきても何の意味もならなかったと叱られています。
(高知の四万十川近くで先日39.6度の最高気温だったこと)
ソラのものです。
なぜ、西日本が暑く雨が降らないか?
ナク、ナク亡くなったヤマタイコクの人たちのイシキが、目覚めを促しているからです」
(西日本は被差別部落の被害が大きい)

・【ヤマタイコク物語

(東日本でなぜ雨が多いのか?)
「マツ、マツの人が呼ぶのです。
(マッケンサンバの人が)嫌がらせをするのです」
(徳川家光は支配星の人であった)

#)左小指が痒くて目が覚める。

「中国のイシカミです。
中国のイシカミがソラに知らせたのです。
(直線の雲のこと、その後目を閉じると長方形と半円の白い光が見える)
(中国の人は)地球の痛みを知らないからです。
何度も知らせているのに変わりありません。
(中国の炭鉱事故が度々起こっているのは)はそこのイシキが呼び寄せるのです。
辛い仕事で、働くだけで、希望が持てないからです。
(中国も貧富の差が激しく、搾取する側とされる側にはっきりと分かれてきたことを)地下のイシカミが(人々に)目覚めさせたのです」

直線雲は前日に地震が起きています?
13-AUG-2005 M5.0 深さ10.0km YUNNAN, CHINA

#)「(ボルネオの)洞窟の中になぜ、海の生き物の化石があるかというと、それはイシカミが生物の始まりだと言う事を知らせているのです。
それを知らせる為に、巨人が海から持って来たのです。
(それをもってきた巨人はどうしたの?)
それを持ってきた巨人(の原子)が(300万羽の)こうもりになったのです。
そして洞窟があるよ、と知らせていたのです」

【2006年8月31日追記】
これはイシカミが折角巨大洞窟を作ったのに、人間が気づかないので、仕方なくリラに頼んでコウモリで知らせてもらったそうです。

【祈祷の弊害】
《イメージ》
“ソラから縄のようだが、頭を持ち上げたヘビ?が降りてくる”
直ちに消滅のイメージをする。
なぜ、そのようなイメージを見せたかと次のように知らせてきました。
先日TVで、怪奇現象が起こる家に霊能者がTV局の紹介で祈祷していました。
半年前に丁度、同じTVで同じ家をその霊能者が祈祷をしているのを見たのですが、その時も大掛かりな鎌出し?とかしていましたが、全く効果がなかったそうです。
それで今回は10人以上の僧侶や、やはり10人以上の山伏が一斉にお経を読み、大きな刀を持った仏像をその家の庭に設置していました。
これではますます人間を振り回して、面白がったエネルギー体が悪さをするだろうな、と思っていましたが、そのことでリュージンの子供のヘビが降りてきた事を知らせたそうです。

2005年8月16日
高知(シマント川)の高温、キプロスの飛行機事故、穀物模様、宮城の地震、【追記】断層雲

宮城県沖の地震の被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

2005年8月16日 足先だけ冷たくて目が覚める。

「“甘い言葉だけでは地球はすくわれません”と言ったのは、(高知県の)四万十川に降りた彗星?に言ったのです」

(先日、四万十川付近で39、8度の高温になったこと)

「(地球に意識がある事を)何も知らせないと、地球のイシキがヘビ(のイシキ)を受け入れると言いだしたのです。
それでキプロスの(飛行機の)人のイシキが、お知らせ役をしてくれたのです」

#)キプロス機の119人がギリシャの山に墜落前に凍死していた(2005年8月15日ニュース)

「今のままで、地球に意識がある事を認めないのなら、地球が冷凍庫に入ろうと思っているのです。
地球は死んでも良いと思うくらいになっていると、キプロスの人たちは知らせてくれたのです。
この情報を知りながら何一つ知らせず、政府の指導者たちは自分たちさえ良ければ良いと思っているからです。
(パレスチナの和平、イラクの自爆テロがなくなったこと、IRA、アチェの和平交渉など)
これまで(政府、宗教などの指導者を)信じて生きてきたのに裏切られていると、目覚めるイシキが多くなっているのです」

(昨日のイスラムのテロリストなどのイシキなども含む)

「リストカットもイシキの抗議なのです」

《イメージ》
“大雪の上で何か作業をして、雪を掘り下げた下に屋根があり、そこへ入って行こうとしているのを見ている”
「白川郷の雪で隠された謎を解き明かしていくことを知らせました」

(先日の白川郷の謎のお知らせの事)


8月15日の穀物模様
「真中のひし形はイルミナチーの集団で、結束をしているがそれぞれのトップは孤独である。
その周りの長細い棒は、ロクマリアケールのイシカミの筆をあらわし、丸みを帯びた三角はアイクとその応援者で、筆=文章で攻撃している。
その周りを空洞化した宗教界が取り囲んでいる。
外側の周りの細長い棒の集合は、イシカミたちすなわちソラからの情報が取り囲んでいる」

《宮城県地震》
8月16日 M6.8
震度6弱 宮城県南部
震度5強 岩手県、宮城県など
震度4 栃木県北部 栃木県南部
津波注意報が出ています。

地震雲らしきもの特集

栃木は日光があり、民間地震雲研究者によるソラ情報の攻撃。
日光は家光(=マッケンサンバ)が、支配星に支配されて東照宮を作ったので、以前から嫌がっています。
「栃木のイシカミが動かないので、宮城のイシカミが知らせたのです 」と。

12時30分追記
地震のTVを見ていると左手首にきついサイン2回あり。

「私が知らせたのです。
松島を作ったイシカミです。
今まで大切にしてもらったので、お知らせの仕事をしたのです」

(おへその周りに数回サインあり)
「シナに行く前に試したのです」

17時50分追記
今日お昼から悲しくもないのに涙が出ています。
16時半頃から札幌で、とても分厚いまるで棒のような断層雲が出ていて、3時間以上もしっかりと形を保っています。
手稲山から北東向きですが、方向はあまり意味がないと思っています。

2005年8月16日 札幌市断層雲

「イシカミの筆をあらわします(イシカミの警告)。
いくら伝えても聞かないからです」と。

(北海道での地震ではないようです)
中国?で知らせるようにしているようですが、実際に動くイシカミはどこかわかりません。

2005年8月18日
地球の未来、アウシュビツ、閉じた口の石

2005年8月18日 朝

「何時、知らせるかと聞かれたら満月あたりと答えてください。
今、真実の話を受け入れてくれないと、シマント川(四万十川)の続きになります。
本当の彗星を頼む事になります」

高知の四万十川近辺で、39.8度の異常高温が記録されたのは、ガス状の?彗星が降りた為と知らされています。

「地球が何時までこらえる事ができるか、ホシノミナにもわかりません。
私は今ソラにいます。
何が、今起きようとしているか?
それは地球が成長し、目覚めたという事です。
それなのに地球に意識があると認めず、人間が好き勝手なことをしているので怒っているのです。
これからの未来はその人がどのように思っているかで決まります」

2005年8月17日夕方から悲しくもないのに涙が出てくるので聞くと。

「死なせられた者です。
死が怖いのではありません。
死に至るまでが辛かったのです。
アウシュビツの囚人でした。
(新聞でアウシュビツのTV予告をちょっと読んでいた)

コウジの匂いをさせたのが私です。
(おいしそうなコウジ?のような匂いがその前からしていた)
ソラに昇る事ができたので(お礼にコウジの匂いをさせ、降りてきて)話す事ができたのです」

(なぜ、あのような悲惨な事になったの?)

「意味はこちら(死後)に来てわかりました。
死んだものが伝えます。
(なかなか言葉が出てこず)
クナ、クナ、クナイチョウ(宮内庁)の者が“ドイツと組めば戦争に勝てる”と言ったのです。
人間を通して(プレアデナイが)ドイツへ行ったのです。
(同盟を結ぶためにドイツへ行った事?)
そして、(ヒットラー?を)気がふれたと思わせないで、(プレアデナイが)上手に指導していったのです。
そして、これ以上はないと思われる惨劇が始まったのです」

以前に、画家志望でヒットラーは話もそう得意ではなかったが、感電?をして気を失った時に、プレアデナイのエネルギー体が入り込んだと伝えられました。
ヒットラーの暗殺計画が成功しなかったのは、ヒットラーはチャネリングをしていたのでいつも避けることができたそうです。
プレアデナイはとても頭が良くて、特に文章は上手です。

《(地球の)閉じた口をあらわす石と、その口が開いたことをあらわす雲》

雲と石がイシカミと関係ある事を知らせています。
途中まで切り込みの入った石は、ご在所岳に行かれた方が送ってくださいました。
この石はイシカミの身体が軟らかい時に、巨人が石の刀*で切れ目を入れたそうです。
そして地球の閉じた口をあらわしたそうで、それが口を開いた事を雲で知らせたそうです。

同じご在所岳の別の所に、コンニャクを二枚並べた石はイシカミが “口を開けてしゃべる” ということをあらわして、99年からイシカミとして情報を伝えてくれています。

この中に石冠はイシカミをあらわし、イシカミのお腹が空洞だったことをあらわしています。
御物石器は巨人をあらわしたそうです。
石の棒や鎌などは、全てイシカミが軟らかかった時に、イシジンが使用していろいろな石器を作ったようです。
これまでは人間が使ったと思っていましたが、人間並みの体格のイシジンが使用したという事で、石器の謎は解けます。

ソラ画像より
ご在所岳の口を閉じた石
アーチーズの下肢の岩をそばまで行って撮影してくださった方から送ってくださいました。
ご在所岳の頂上からはるか遠くに見える石です。
↓の口を開けたような雲の写真は、この石が知らされることで“言葉を発する口”としてあらわれた雲です。
これと同じ山にあるオバレ石は、この石を下まで切り分けたようで、2枚のコンニャクが平行に立っているようなのは、ご在所岳=イシカミの口と知らされました。
イシカミの巨人が、石の刀で切ったそうです。

閉じた口が開いた=地球が語りかけている
大雪山上にて。
長く棒状の雲が続いた先がこのようになっているのは、口を開いて警告していると。
↑のご在所の石と関係あり。

ご在所岳の”おばれ石”
麓から見ると小さな点にしか見えませんが、射手座の女王が「口」のつもりで作ったそうです。
人間の大きさに比べるとその大きさがわかります。
岩の間は人間が通れる隙間があります。

2010年10月21日追記
以前に、初期の地球は平らだったと知らされましたが、この形だったそうです。
オーストラリアのマールロックの半分になった丸の岩や、地下宇宙のいろいろなお知らせとつながります。
この四角がどのようにして丸くなったか?四隅のイシカミが後から降りてきていろいろ人間に教えたことで、神と崇められるようになったなど。
ミネラルウオーターのローマの噴水や、砂漠の豊富なカナートの水脈、柿田川や羊蹄山なども豊富な湧水なども、この間にろ過され地上に出てきたのも、マグマで埋まっている地球でないからです。

女王が冥王星の王をおぶって地球に降りてきたと、最初から伝えられてそれでオバレ石というそうです。
なぜ冥王星の王をおぶって来たかわかりませんでしたが、2005年6月30日にわかりました。
射手座ではイシキは死ぬということがなく、いつまでも生きなければならないので、一旦終わって新しい体験をしたいと思ったので、死後の世界を司る冥王星の王を連れて来たそうです。
それで人間も寿命があり、新しく生まれ変わる事ができ、いろいろな体験が出来るようにしたそうです。

2005年11月13日
パナウエーブ、白色、冠島、馬、ヒミコの鏡、掲示板より。22時追記ウエサク祭り、金星より

(前略)

「ヒミコの鏡は今もあります?
(丸と長方形の白い光があらわれ、長方形が半分に分かれて、3つになる。ちょうどオリオンの形になる)
今もあるということは、シマント(四万十川?)にあるのです?」

夢うつつにヒミコの鏡とは、やわらかくて丸いイシカミの体を、なでているとぴかぴかになったものだと。
エジプトのギザのピラミッドで頭頂部が壊れていないのは、かっては鏡のようだったというのは、やわらかい粘土のようなものを何度もなでて形を整えたのでつるつるになり今も残っているし、鏡のようだったという意味はわかります。

そのほか広島の葦嶽山の太陽石も光輝いていたのも同じことと思います。

(後略)

2008年3月1日
イギリスの地震、ストーンヘンジ、土塁、ドルイド教、丸に十字、巻きついた木、シマント、48箇所巡り、ピナクルス、南太平洋の地震

珍しくイギリスで地震があり、イギリスのイシカミが知らせていると思っていたら、ロンドン在住の方より24、5年ぶりに大きな地震があったと知らせてくださいました。
ついでにフジTVで穀物模様をおじいさんが造ったというのを流していたそうですが、イギリスは一番穀物模様が多い国で、その抗議をしたのでしょう。

その後、ストーンヘンジを教えたシリウが降りてきて、なぜあの形にしたか以前教えられたのと、もうひとつの意味があると言ってきました。
それは仲良くするために手をつないで、その中で人間になりたいイシジンの原子の力を与えて誕生させた。
大きな石の中側の小さな石組は、小さなイシジンが生徒として学んでいたそうですが、人間が気づかないので嫌になって横になったと。
100kmから離れた遠くの山の石と同じなのは、一つのイシジンから別れて地球に降りてきたからだそうです。
ストーンヘンジを悪用したのがドルイト教で、ドルイトとは“土塁”から来ていて、土塁は前方後円墳の形の丸い部分が土塁として残り、そこで人間が誕生していたそうです。
ビジョンと雲でもあらわしたと言ってきましたが、最近似た雲の画像が寄せられていました。

ドルイト教は楢(なら)にヤドリキが巻きついた木を崇めますが、巻きついたのは、支配星は寒い地方でヘビとして住めないのでヤドリキになったそうです。
巻きついた木を持って帰った人に乗り移って、巻きついた木を崇めさせ、丸いイシカミを忘れさせたのです。
丸に十字は丸いイシカミを封印していますが、その形の石塔にさせたのは、その形にすると固めないと支配星にウソつかれたからだそうです。

同じ丸に十字はシマズ(死後マのモノが好き)の家紋でもあり、そのつながりでシマントのことを言ってきました。
シマント=死後マとトモダチと言う意味で、48箇所巡り(88箇所巡りは、オオクニヌシの部下が8人で、後年その8を真似た)の意味は、シジュウ=絶えず、ハッカ=墓、ショ=所、メグリ=目黒=目を閉じる(真っ暗な墓にいる)と言う意味で、死後プレアデナイの命令どおり、真っ暗な墓の中にいると宣言しているのと同じだそうです。

【シマントをプラズマで分解した】

いかに権力者が支配星(統一教会)とつながっていたか驚きましたし、安倍元首相が祝電を送ったのも意味がわかりました。

統一運動賛同者

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
ウェーブロックのような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
12-AUG-2013 00:53(日本時間 09:53) -7.12 129.81 M6.0 深さ92.0km BANDA SEA
12-AUG-2013 09:49(日本時間 18:49) -5.41 -81.91 M6.2 深さ16.7km NEAR COAST OF NORTHERN PERU

発生時刻 2013年8月12日1時25分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.3度 東経141.1度 深さ40km)
規模 M3.1
茨城県
震度1 日立市

発生時刻 2013年8月12日8時54分頃
震源地 茨城県北部(北緯36.6度 東経140.6度 深さ10km)
規模 M3.0
茨城県
震度2 日立市
震度1 常陸太田市

発生時刻 2013年8月12日9時32分頃
震源地 根室半島南東沖(北緯43.4度 東経146.2度 深さ50km)
規模 M4.0
北海道
震度2 根室市
震度1 弟子屈町、浜中町、標茶町、鶴居村、中標津町、標津町、羅臼町、別海町

発生時刻 2013年8月12日9時51分頃
震源地 浦河沖(北緯41.9度 東経142.3度 深さ70km)
規模 M4.8
北海道
震度3 むかわ町、浦河町、様似町
震度2 千歳市、恵庭市、函館市、胆振伊達市、厚真町、安平町、日高地方日高町、新冠町、新ひだか町、えりも町、幕別町、豊頃町、浦幌町、十勝大樹町、広尾町
震度1 当別町、新篠津村、札幌北区、札幌東区、札幌白石区、札幌豊平区、札幌南区、札幌厚別区、江別市、北広島市、岩見沢市、三笠市、南幌町、由仁町、室蘭市、苫小牧市、登別市、白老町、平取町、新得町、足寄町、帯広市、音更町、十勝清水町、芽室町、十勝池田町、本別町、中札内村、更別村、釧路市、標茶町、白糠町、標津町、別海町
青森県
震度2 階上町、東通村
震度1 八戸市、野辺地町、七戸町、五戸町、青森南部町、おいらせ町、むつ市、大間町
岩手県
震度1 久慈市、盛岡市、軽米町

発生時刻 2013年8月12日10時13分頃
震源地 能登半島沖(北緯37.3度 東経136.7度 深さ10km)
規模 M3.1
石川県
震度1 輪島市

発生時刻 2013年8月12日15時17分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.6度 東経142.1度 深さ50km)
規模 M3.6
岩手県
震度1 宮古市、山田町、葛巻町

発生時刻 2013年8月12日19時57分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.7度 東経140.9度 深さ50km)
規模 M3.6
茨城県
震度2 日立市
震度1 高萩市、ひたちなか市、東海村、常陸大宮市

発生時刻 2013年8月12日20時15分頃
震源地 八丈島近海(北緯33.3度 東経139.3度 深さ20km)
規模 M4.0
東京都
震度1 八丈町

発生時刻 2013年8月12日20時35分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.4度 東経142.2度 深さ30km)
規模 M3.6
宮城県
震度1 石巻市

発生時刻 2013年8月12日21時41分頃
震源地 福島県浜通り(北緯37.1度 東経140.7度 深さ10km)
規模 M3.3
福島県
震度1 平田村、いわき市

発生時刻 2013年8月12日21時59分頃
震源地 福島県沖(北緯36.9度 東経141.2度 深さ20km)
規模 M4.8
岩手県
震度1 一関市
宮城県
震度2 宮城美里町、大崎市、名取市、岩沼市、丸森町、石巻市
震度1 気仙沼市、宮城加美町、色麻町、栗原市、登米市、南三陸町、白石市、角田市、蔵王町、大河原町、村田町、柴田町、宮城川崎町、亘理町、山元町、仙台青葉区、仙台宮城野区、仙台若林区、仙台太白区、仙台泉区、東松島市、松島町、七ヶ浜町、利府町、大郷町、大衡村、女川町
山形県
震度1 上山市、東根市、山辺町、中山町、米沢市、南陽市、高畠町、山形川西町、白鷹町
福島県
震度3 田村市、いわき市、楢葉町、川内村、浪江町
震度2 福島市、郡山市、白河市、二本松市、川俣町、天栄村、石川町、玉川村、平田村、古殿町、小野町、福島伊達市、本宮市、相馬市、福島広野町、富岡町、大熊町、葛尾村、南相馬市、猪苗代町
震度1 須賀川市、桑折町、国見町、大玉村、鏡石町、西郷村、泉崎村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、鮫川村、浅川町、三春町、新地町、飯舘村、喜多方市
茨城県
震度3 日立市
震度2 常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、ひたちなか市、東海村、大子町、常陸大宮市、那珂市、桜川市
震度1 水戸市、茨城町、城里町、小美玉市、土浦市、石岡市、取手市、つくば市、茨城鹿嶋市、潮来市、美浦村、坂東市、稲敷市、筑西市、かすみがうら市、鉾田市
栃木県
震度2 益子町
震度1 日光市、大田原市、那須町、那須塩原市、宇都宮市、鹿沼市、小山市、真岡市、茂木町、市貝町、芳賀町、那須烏山市、栃木那珂川町、下野市
群馬県
震度1 桐生市、渋川市
埼玉県
震度1 加須市、久喜市、春日部市、宮代町
千葉県
震度1 香取市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月11日のソラ。

この記事をはてなブックマークに追加

警告

2013年08月11日 23時59分15秒 | Weblog
2012年1月13日
ソラからの警告、科学者、NHK、安倍元総理などの責任、月虹

【1月17日追記】
#)柔道、中高生114人死亡していた…名大調査(2012年1月17日ニュース)
・・・学校での柔道事故を巡っては、受け身の習得が不十分なまま投げ技練習に参加したり、頭を打った後に適切な救急措置を受けられなかったりした生徒が死亡するケースが後を絶たない。名古屋大の内田良准教授(教育社会学)によると、柔道事故で死亡した中学、高校生は1983~2010年度の28年間に全国で114人(中学39人、高校75人)。中高ともに1年生が半数以上を占め、計14人が授業中の死亡例。また、後遺症が残る障害事故も83~2009年度で275件あり、3割は授業中だった。・・・

#)柔道部員が練習中に首脱臼、体がまひ 三重の県立高校(2012年1月18日ニュース)

スポーツは体を鍛えるためなら体操など体を動かすだけで充分で、他人を蹴落とし優劣を決める競技は、究極の争いであります。
相手を倒す目的のスポーツを強制させられるのは、想像を絶する苦痛でもあり、恐怖を感じる場合も多いと思います。
それを強制させられ、あげくに死にいたったり、障害者となった人たちのことを考えてほしいと思います。

地球を固めた地下の原子たち=ミナノモノが、ソラに戻る計画をしている(=大地震や火山の大噴火、地球の平坦化計画の実行)と、最近、頻繁にいろいろなビジョンや夢などで知らせてきますが、私だけでなく複数の方からも報告が来ています。
大地震などのことは一旦はおさまったかと思っていたのですが、ここに来てなぜ過激な言葉、ビジョン、夢などがでてくるのかわかりませんでした。
次の言葉もチャネリングの言葉なので、真偽のほどはわかりませんが

「地球を固め、今も地下を支えている存在=ミナノモノたちが、押しつぶされる苦しさを訴えているのです。
地上にあるモノものばかり賞賛されて、地球を固めたモノたちに目を向けないからです。
火山の噴火として抗議しているが、気づかないので我慢ができないのです。
それで宇宙で計画された大地震を実行していくのです」

と似たような言葉は何度もなっています。

今日、たまたま見たNHKの新日本風土記(聖地の旅)を見ましたが、あまりの内容で最近知らせてきていることとつながっていると思い、お知らせさせていただきます。

宇宙開発機構は悪者の小惑星(イトカワ)の欠片を取るために、高額の税金が使われていますが、なんと中和神社(と書いてチュウカ神社)にお参りをして、お札を掲げ、あたかもそのお陰で成功したかのようにいい、そのお礼参りもしたとか。
イトカワは悪さをする意識をもった原子が集まったくだらない小惑星と伝えられています。そのようなモノで宇宙の始まりなどを研究するというのが、宇宙のモノ達にとって到底許せないことだからだそうです。
今、ダークマターが出てきていますが、これらも意識があることを無視続けることで大きなお知らせをしているようです。
暗黒物質=ダークマター

*)イトカワ(イノルことをトモダチとしている河のもの=崇められたい原子の集団のリュージン)
*)チュウカ神社=チュウ=ネズミであり、悪と善を行ったりきたりしているものが、チカラを持っている。

又、強力なリュージンのボスの九頭竜神社にたくさんの女性が参るということなど放映していましたが、若い女性がこれまでにない感じがしているのは、このようなことと大きく関わっています。
繰り返しお伝えしている人間を支配するリュージンを祭る神社に参ると、人間の欲を満たすことができるような報道が、天下のNHKでなされていることを、ソラのものはすでに知っていたからのようです。

#)中学の「武道必修化」スタート目前 「柔道」安全対策に大きな課題(2012年1月10日ニュース)より
・・・武道の必修化は安倍晋三・元首相が推し進めた教育改革の一環だった。・・・

安倍元総理は最近の総理大臣の中で一番ソラから警告が多かった人で、伝統文化のリュージンを復活させた責任はとても重いと思います。
ましてや柔道など危険を伴う競技や争いのための武術が学校で強制的に教えられるとは、日本が本当にどうなっていくのか?
さらにソラからは厳しく警告してくるのでないかと危惧されます。

読者より月虹が紹介されました。
・1月7日 石垣島で月虹
2010年1月下旬にハワイで月虹、大地震の前は2ヶ月より前から警告してきているようです。
2012年1月8日 三田市 17:33《赤い月》【インドネシア付近M7.3】

1月12日夕方
休んでいるとかすかに言葉になっていくも、チャネリングの言葉ですので真偽の程はわかりません!!

「トコシエ(使わない言葉、永久)の真実を伝えます。
ミナノモノです」
(右足前部にサインあり)

その後の《ビジョン》
“下半分が黒い四角形”
意味は
「地球の地下のミナノモノです。
(地球を支えてくれてありがとう)
地球の地下のモノが今日も地震で知らせたのです。
(2012年1月12日(木)14時37分 宮城県沖 M5.4 震度4)
地球はこれから平らになることになりました。
何度知らせてもなんら変わりがないからです。
今の政府の人たち、あらゆる指導者(科学者など)たちは自分の保身のことばかり考えています。
それは世界中の人たち(指導者など)も同じです。
やがて地球が沈んでいくことになることに気づいていません。
日本の一部を除いて沈みます」

【1月14日追記】
#)「女性宮家」7割超が賛成=政府検討に影響も 時事世論調査(2012年1月14日ニュース)

どのような相手を選んだかわかりませんし、個別面談では断れないでしょう。
ソラのものが知ったらどのようなお知らせを計画するのかと思うと、胸がざわめきます。

【1月15日追記】
明け方
「ソラのものです。
(この情報を知っていても)知らんふりをする人にお知らせします」
と言葉になっていました。

2012年1月15日(日) 9時43分 千葉県北西部 M3.5 千代田区震度2

2012年2月22日(
星の意識、星の子の誘拐、海ヘビ座、ダークスター、ヨハネの黙示録、赤い川、チチェン・イッツァ、皇室保存主義

人間には意識がある星たちの影響が、想像を絶するほど強いということが、今の科学では認められていません。
無数の星がただの岩の固まりやガスの固まりで、人間だけが意識を持っているという今の人類の洗脳とも言える思い込みが、これからも地球の未来を決めていると、宇宙意識体(ソラ)から繰り返し伝えられています。
けれども人々、特に権力者や指導者などは自分の保身にのみで毎日を過ごしていくことで、地球上では異常な現象が世界各地で起きています。

うみへび座は全天で1番大きな星座であるにもかかわらず、明るい星はひとつしかありません。
これらが隠れて悪さをしていたようで2007年から海へビ座の悪をソラは警告していたようです。
海へび座が人を海に引きずり込みそのエネルギーを奪い取っていたと言葉になりました。

In Deepさんはたくさんの情報を知らせてくださっています。
2012年2月21日の「日食」から得た2つの興味(2012年2月22日記事)

この画像は太陽が訴えているようです。
それは先日の《ビジョン》
“太陽がうつむいているような顔の前を黒い丸が右上から左下に通り過ぎる”
ことをで知らせたようです。

世界中で響き渡る音から「ヨハネの黙示録」の天使のラッパを考える(1)(2012年2月21日記事)
世界中で響き渡る音から「ヨハネの黙示録」の天使のラッパを考える(2)(2012年2月23日記事)

第四のラッパ:太陽、月、星の三分の一が暗くなる
「世界中で響き渡る音はヨハネの黙示録の天使のラッパのような音だという人々が続出している」
ちなみにキエフ市の紋章はこのような大天使ミカエルだそうで、キエフ市で異常な地球の声のようなものが聞こえたそうです。

血の川の出現:原因不明の理由で真っ赤に染まったベイルートの川(2012年2月17日記事)
ヨセミテの滝が赤く色づく頃(2012年2月20日記事)

ついでに第二のラッパ:海の三分の一が血になり、海の生物の三分の一が死ぬ。
世界各地で赤い川が増えています。

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

2008年1月23日
十勝地震、世界連邦、異常な社会、寒波

2008年1月23日 真夜中

「外のことについてです。
なぜ異常な寒さが続いているかというと、ヘビ(座)が支配しているのが嫌だからです。
そしていつまで経ってもソラのお知らせに意識を向けないからです。
(左下腹部に一瞬だけきついサインあり)」

軽い地震の揺れ(十勝、M4.9)で目が覚める。
その後

「悪者が日本人からパレスチナに与える絵本はこれだけだと、世に知らせたのです。
それは(『ソラからの物語』の冊子をパレスチナの人たちにプレゼントしたことを)世に知られないようにするためでした。
悪者とはいつもきれいな言葉を並べて平和を唱えている人で、ヘビ座(のイシキ)の人なのです。
いかに世界連邦(の宗教者)の人たちが平和を唱えながら、ソラの情報を邪魔しているかわかったでしょう。
悪者とは世界連邦(の宗教者)の人たちなのです。
表では平和を説きながら、裏では隠れた悪者が(宗教で支配して)争いを止めないようにしているのです。
悪者に星たちが(地震を起こして)知らせるように頼んだのです。
(地震で家屋が)壊れるほどには知らせないで、と頼んだのです。
悪いこと(以前【友達物語】がパレスチナへ贈られていると知って、それに対抗するために世界連邦が用意した絵本をパレスチナの子供にプレゼントして、マスコミに公開させた)を知らん顔して知らせたのがヘビ座の人でした」

【2008年12月28日追記】
このことが12月27日にガザ空爆という悲劇につながったのです。
↓もより深刻になっているでしょう・・・

昨日、お昼休みにお世話になっている税理士さんの所に寄ったのですが、その時、その近くの喫茶店で異常な光景を見ました。
普段はそう込んでないお店に、中年?の男性でいっぱいでした。
それらの方たちは1月が越せないかもしれないと税理士さんに相談に来られた方たちでした。
極簡単に用はすませたのですが、税理士さんも悲壮な感じで、政府は全くの無策で、こちらでお金をかけて対策を宣伝するようにというだけである。
このような厳しい景気なのに、アメリカに高い石油を無料であげることに全力を挙げていた内閣に、普段は穏やかな方なのに激しい失望感を訴えられていました。
そして中小企業は今でも消費税が負担になっているというのに、17%もアップされれば、想像がつかない状態になると言われていましたが、格差が広がる現状に日本のお金はどのような流れをしているのでしょう。
やはりお金=ヘビ座というので、へび座が支配しているようです。
あの悪法案(新テロ対策特別措置法に基づきインド洋で給油活動)を強引に通した内閣は、安倍総理と同じくらい悪い内閣になるでしょう。

《ビジョン》
“左側は白い丸で、右側は竹で隙間なく編まれた竹垣のような模様。その真ん中に穴が開いて白いものが見えるが、竹垣の模様が次第に穴を閉じようとするので穴が小さくなる”
意味は
「竹垣は宗教のエネルギー体、白い穴は真実の情報の『ソラからの物語』の冊子。
それを直接パレスチナへ持って行ったが、真実の情報を覆い隠そうとしていること」

チャネリングなので真偽のほどはわかりませんが、最初に出合った時から3度共に同じこと、大学教授でありながら統一教会の信者?ということを隠して世界連邦に参加していると厳しいことを言ってきます。

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

2012年6月5日
都の地震?、政治家への警告、ミナノコ、太陽、ペトラ=カシオペア座、プレの王=ミケーネ(三毛猫)、キンリュウ=金魚?、稲妻

次のこともチャネリングの言葉ですので、真偽のほどはわかりません。
昨夜寝ていて急に涼しくなったので、何か降りていると思いましたが眠くて寝ました。
朝起き掛けに
「なぜ、急に涼しくなったかというと、天皇だったもの(昭和天皇、以前のようにヒロヒトとは言わない)が降りているからです」

「嫌になるほど責められています。
邪鬼のいなくなった地獄の跡にいましたが、ここまで責めにきました」

「どうして大地震のことを言ったかというと、ミナノコたちの考えなのです。
竜巻が来ます。
それは広い平野にきます」

右大腿にサインあり。

「(自分が直接人を)殺したことはありません。
皆に戦争をするように言いました。
ナラクにいるものです。
ソラにあがりたいのですが、悪いことをしたのであがれません。
若者が殺してやると襲ってくるのです。
学ぶことは死んでからの方がいつまでも責められるということです。

早く皇室を無くすように伝えてください。
それが続く限り、地球に平和はきません。
その原因は人間の平等と壊している皇室制がなくならないからです。
そしてあまり知らないのですが、宗教のせいだと言われ続けています。

今、人々の苦しみをさらに強めようとしていること(消費税増税)が行われようとしています。
その税の行き先をしっかり知らせてください。
大勢の人を従えて見物したり話をすることは、人々から取り上げた税金を使っているだけです。
遊びほうけた子弟を海外で学ばすために税金が使われることも許されません。
(人間を通してこちらの世界から見ていると)
ソラが怒るのもやむをえないと思っています。
かって神と呼ばれたヒロヒトより。
ナラクにくる事のないように知らせてください」

ちなみに昭和天皇の葬儀は約100億円だったそうです。
毎年、皇室費 62億3千9百万円+宮内庁106億2千5百万円=170億円が10数人の皇族のために使われていることになります。
丁度ひふみ神示さんも明治天皇のお知らせを紹介してくださっています。

以下のこともチャネリングなので真偽の程はわかりませんが!!、昨年末に知らせたことが、2012年1月1日の鳥島M7.2で起きましたので、とりあえずお知らせしておきます。
イシキの世界のことだけかもかわかりませんが、6月4日夜中と明け方と2回、同じような言葉が出てきました。

「小学生以下の小さな子供のミナノコたちが、大地震を起こすと言っています。
都の近くで高波も起きます。
いくら伝えても、次のことがなされないからです。
それは人々からお金を取ることばかり(消費税増税)を政府の人は考えているからです。
何度も伝えている人間の平等を壊して、巨額の税が投入されている皇室や宮内庁がそのままで、なんら変わりがないこと。
そして支配星が支配するために創られた宗教は、人々の不安の弱みに付け込んでいるだけの悪徳商売なのに税を取っていません。
それらからお金を回すことがまず最初にするべきことなのに、なされないからです。
それでソラ(宇宙)で計画されたことを、ミナノコたちが実行するというのです」

地震と雲画像でも赤い月、断層雲、異常な夕焼け雲など。
・千葉県大原漁港に大量のイワシが打ち上げられる(2012年6月ニュースより)
ミナノコがソラにあがったから?その他3重の低い虹が関東で見られています。

#)太陽の活動、過去20年で低下 地球寒冷化への影響は不明(2012年6月4日ニュース)

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

2012年2月29日
地震雲、巨大海底の渦巻き、謎の音とポールシフト、ハエの王の横暴、アルデバラン、チェチェンイッツア、部分日食、キリスト教のエネルギー体、皇族

#)地震雲が気になります。
これまでの地震と宇宙の法則(=人類の平等)の関係を今一度見直していただきたいと思います。
今の流れで宇宙の警告を無視していくと、宇宙の計画はなんとしても平等な地球にしたいようです。
人類の平等を壊している皇室の存続か、地球の存続か問われていると言っても良いくらい、緊急を帯びた言葉が出てきています。
・福島県沖M5.3、千葉県東方沖M5.8

#)衛星写真で見つかったアフリカ沖の巨大な(直径150km)海底の渦巻き。
やはりソラからの情報で繰り返し伝えられているように、海水が地下空洞へ流れ込んでいるといえるのでないでしょうか?
先日は北極海で巨大な渦巻きが報告されていますが、冬の大雪は北極海水の減少?という説も出ています。
ブラジルに宇宙から落下した物体も“ネジ?”で北極海の渦巻きを現しています。

#)米国イエローストーンに鳴り響く「謎の音楽」の正体。
チャネリングでは“驚異的な近年のポールシフトの加速を知らせている”ということと、音に中ではミツバチの羽音のようなのもあるそうですが、特にイスラエルの横暴はハエの王(ベルゼブブ)が支配していることを知らせているそうです。

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

雲など
思いを持ったアトくん(原子)が集まって形創る。
雲が濃いグレーになっているのはなぜかと聞くと、
「雲が怒りをあらわしているのです。
硝酸(HNO3)を含むのでグレーになるのです?
(雲H20にNの原子が引っ付くから?)
夕焼けで赤くなるのはミナ・トを閉じるからです。
水の原子が皆、戸を閉じるので雨が降らないのです?
朝焼けは反対に皆、戸を開くので赤くなるのです?
それで雨が降るのです?」
まだちょっと意味がわかりません。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2013年8月11日0時0分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.7度 東経142.2度 深さ40km)
規模 M3.9
岩手県
震度1 一関市
宮城県
震度1 南三陸町、石巻市、女川町

発生時刻 2013年8月11日5時48分頃
震源地 徳島県北部(北緯34.1度 東経134.4度 深さ40km)
規模 M3.1
徳島県
震度1 美馬市、つるぎ町、徳島三好市
香川県
震度1 さぬき市

発生時刻 2013年8月11日8時39分頃
震源地 福島県会津(北緯37.7度 東経139.9度 深さ10km)
規模 M2.6
福島県
震度2 北塩原村

発生時刻 2013年8月11日10時8分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.6度 東経142.1度 深さ50km)
規模 M3.3
岩手県
震度1 釜石市

発生時刻 2013年8月11日11時18分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.4度 東経142.2度 深さ30km)
規模 M4.0
宮城県
震度1 石巻市、女川町

発生時刻 2013年8月11日11時55分頃
震源地 茨城県沖(北緯36.1度 東経141.3度 深さ20km)
規模 M3.8
茨城県
震度1 日立市、東海村、鉾田市

発生時刻 2013年8月11日13時9分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.1度 東経142.1度 深さ40km)
規模 M3.6
宮城県
震度1 石巻市

発生時刻 2013年8月11日14時32分頃
震源地 千葉県北西部(北緯35.7度 東経140.2度 深さ80km)
規模 M3.2
千葉県
震度1 千葉中央区、千葉花見川区、千葉緑区
神奈川県
震度1 横浜青葉区

発生時刻 2013年8月11日16時28分頃
震源地 神奈川県西部(北緯35.4度 東経139.0度 深さ20km)
規模 M2.9
神奈川県
震度1 神奈川山北町
山梨県
震度1 富士吉田市、富士河口湖町

発生時刻 2013年8月11日18時35分頃
震源地 宮城県沖(北緯38.4度 東経141.9度 深さ50km)
規模 M3.3
宮城県
震度1 石巻市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月11日のソラ。

この記事をはてなブックマークに追加

地震警報の誤報、太陽の磁極の反転、福島県沖M4.8

2013年08月10日 21時53分06秒 | Weblog
2013年8月10日
地震警報の誤報、太陽の磁極の反転、異常気象、聖ヨハネ騎士団、マリアナ海溝、小笠原諸島のリュージン、カーバ神殿、鳥形イシジン

次のこともソラからの言葉ですので真偽のほどはわかりません。

*)ソラからの情報によると、ヤマタイコクを売った若者が大山祇神社に祭られ、その若者を殺したのがジンムであり、そのジンムがヤマトを創り、その後ヤマトが倭の国と滅ぼしたと伝えられています。
・【ヤマタイコク物語

先日、震度7の誤警報を出した震源地が奈良と和歌山の境であることに対してのソラからの言葉です。

「宇宙で地球を平らにするために大地震が起こる計画が立てられ、本当は大地震が起こる予定でした。
誤報はソラの情報を知りながら知らんふりをして、自分たちの思いのみ(憲法改正など)押し通そうとしている政治家への警告です。
それを警報機で知らせたのです」と。

器械の操作は、思いを持った原子たちが連携プレーで、原因不明の故障を起こさせるようです。

*)穀物模様と籐で編み込まれた四角の箱の取っ手などが燃えだしたのとつながります。
2013/8/8 契約の箱の解除

*)太陽の極移動のようなビジョンを見た後

「地球はカエルの背中にカエルが乗った形と同じで、そのままで丸くなりました。
南半球はいつも北半球が乗って、下になっているので嫌になったのです。
それで太陽の極移動を真似しようと思っているのです」

それで酷暑や酷寒になるようです。
ちなみに太陽の磁極の反転が11年ごとに起こるのは、太陽のミナノコの原子たちが、同じ位置(下ばかり)にいるのが嫌だからと言うことです。

*)NASA が「太陽の磁極の反転(磁場のポールシフト)」が始まったことを確認(2013年8月8日記事)
*)「聖ヨハネ騎士団の大病院、遺構が公開」(2013年8月6日ニュース)

昔は宗教を超えた施設であったそうです。
今、パレスチナとイスラエルの和平交渉が再開されているようで、昔の人たちのようにお互い助け合うことで平和が訪れることを願ってやみません。
・【友達物語

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

イシキ
イシキは潜在意識、霊のこととして書いています。
まだはっきりとはわかりませんが、これまでの情報ではイシキは脳で作られるのでなく、その人の関わりのある星から送られていると思われます。
意識は顕在意識として書いています。

潜在意識
ここでは【イシキ】として記載している。
霊とも言われる。
本人の知らない意識のエネルギーの固まり?。
表に現れる顕在意識より多くの知識を持っていて、生きていくのに決定権を持っている。
これまでの生きてきた過去世のことなども記憶している。

「原子は全て、宇宙の大元が一人ではさみしいので相手を求めたいわば、愛の思いから創られたものである。
その原子をいて座のものが、生物として地球で発生させた。
そのいて座の原子からなる生物に、シリウスが知恵を授けて、最初の人間を発生させた。
それらの星の意識を持って人間は生まれてきたが、その意識が潜在意識である。
その人間を見て、他の大きな星たちも真似をして、原子たちを人間になるように誘って、人間にならせて送り込んだので、その人間は他の大きな星の思い=潜在意識を持って生まれてきた。
けれども、その大きな星の人間の原子たちは、本当は宇宙の大元から来ているということに気づき、大きな星の思いから、さらに大元の思いに戻ろうとするのが、この情報を理解できる人たちである。
大元に戻るには、必ず人間はイシカミの原子が最初であったと言うことを知らないと、大元には戻れないのです」

顕在意識
ここでは【意識】と記載している。
起きている状態の時、思っている事。
脳で考えるのでなく、その人とつながった地球に近いところ(成層圏)に存在する意識体から送られてくるのを、脳が受信する。
はっきり表に現れている意識。自覚できる意識。
潜在意識(霊)に対比する言葉で、霊的に進化するとこの二つの意識が近づくと言われる。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで創られたイシジンが、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて、人間になろうと思う原子たちが強く再結合して、肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

雲など
思いを持ったアトくん(原子)が集まって形創る。
雲が濃いグレーになっているのはなぜかと聞くと、
「雲が怒りをあらわしているのです。
硝酸(HNO3)を含むのでグレーになるのです?
(雲H20にNの原子が引っ付くから?)
夕焼けで赤くなるのはミナ・トを閉じるからです。
水の原子が皆、戸を閉じるので雨が降らないのです?
朝焼けは反対に皆、戸を開くので赤くなるのです?
それで雨が降るのです?」
まだちょっと意味がわかりません。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2013年8月10日7時30分頃
震源地 福島県沖(北緯37.1度 東経141.0度 深さごく浅い)
規模 M3.3
福島県
震度2 いわき市

発生時刻 2013年8月10日7時56分頃
震源地 福島県沖(北緯36.9度 東経141.1度 深さ50km)
規模 M4.8
青森県
震度1 階上町
岩手県
震度1 宮古市、大船渡市、陸前高田市、釜石市、盛岡市、北上市、遠野市、一関市
宮城県
震度2 色麻町、宮城美里町、大崎市、名取市、角田市、岩沼市、蔵王町、大河原町、村田町、宮城川崎町、丸森町、亘理町、山元町、仙台若林区、石巻市、塩竈市、東松島市、松島町、利府町
震度1 気仙沼市、宮城加美町、涌谷町、栗原市、登米市、南三陸町、白石市、柴田町、仙台青葉区、仙台宮城野区、仙台太白区、仙台泉区、多賀城市、七ヶ浜町、大和町、大郷町、富谷町、大衡村、女川町
山形県
震度1 最上町、上山市、山辺町、中山町、米沢市、南陽市、白鷹町
福島県
震度3 白河市、川俣町、天栄村、平田村、小野町、田村市、いわき市、福島広野町、楢葉町、川内村
震度2 福島市、郡山市、須賀川市、二本松市、国見町、大玉村、鏡石町、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、石川町、玉川村、浅川町、古殿町、三春町、福島伊達市、本宮市、相馬市、富岡町、大熊町、浪江町、葛尾村、新地町、飯舘村、南相馬市、猪苗代町
震度1 桑折町、塙町、鮫川村、喜多方市、下郷町、西会津町、磐梯町、会津美里町
茨城県
震度3 日立市、大子町
震度2 水戸市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、ひたちなか市、東海村、常陸大宮市、那珂市、城里町、小美玉市、土浦市、石岡市、稲敷市、筑西市、桜川市、鉾田市
震度1 茨城町、大洗町、茨城古河市、結城市、龍ケ崎市、下妻市、取手市、牛久市、つくば市、茨城鹿嶋市、潮来市、美浦村、阿見町、八千代町、五霞町、境町、守谷市、坂東市、かすみがうら市、神栖市、行方市、常総市、つくばみらい市
栃木県
震度3 那須町
震度2 日光市、大田原市、那須塩原市、宇都宮市、真岡市、茂木町、市貝町、芳賀町、高根沢町、那須烏山市、栃木那珂川町
震度1 矢板市、塩谷町、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、小山市、益子町、岩舟町、栃木さくら市、下野市
群馬県
震度1 沼田市、片品村、前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、渋川市、吉岡町、群馬千代田町、大泉町、邑楽町、みどり市
埼玉県
震度1 熊谷市、行田市、加須市、本庄市、東松山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、久喜市、滑川町、嵐山町、ときがわ町、川越市、春日部市、北本市、幸手市、宮代町、杉戸町、さいたま北区、さいたま見沼区、横瀬町
千葉県
震度1 東金市、旭市、多古町、芝山町、香取市、山武市、千葉中央区、千葉花見川区、千葉若葉区、野田市、成田市、柏市、印西市、千葉栄町、富里市
東京都
震度1 東京千代田区、三鷹市

発生時刻 2013年8月10日8時5分頃
震源地 福島県沖(北緯36.9度 東経141.1度 深さ50km)
規模 M3.7
福島県
震度1 白河市、小野町、田村市、いわき市、福島広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、浪江町

発生時刻 2013年8月10日16時23分頃
震源地 埼玉県南部(北緯35.8度 東経139.5度 深さ40km)
規模 M2.6
東京都
震度1 西東京市、あきる野市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月10日のソラ。

この記事をはてなブックマークに追加

契約の箱の解除、三陸沖M5.2

2013年08月09日 23時58分38秒 | Weblog
クロップサークル(穀物模様)より
2013/8/8 契約の箱の解除写真
今日知らされたこととつながります。
バチカンの契約の箱?

《イメージか夢》で目が覚める。
“籐(とう)で編んだ箱の取っ手と本体が燃えている”
意味は
「プレが籐(へび)の編み籠で、契約の箱を包み込んで封印していたが、それがミナノコたちによって破られたことをあらわしています」

出雲のしめ縄を真似したようです。
バチカンなどにたくさんあるしめ縄のような飾りの意味が、これまでどうしても分からなかったのですが、プレ=籐の封印をあらわしていたことがようやくわかりました。

左中指にサインあり。

ソラ画像より
バチカンの契約の箱?
正倉院にも契約の箱と言ってきたのがあり、あちこちにあるようです。
ライオンと牡牛?が見上げていますが、プレアデスとおうし座が支配していることをあらわしました。
(この牡牛は爪を見てわかるように普通の牡牛でなくプレと関係する混血?)

8月8日
《イメージか夢》で目が覚める。
“籐(とう)で編んだ箱の取っ手と本体が燃えている”
意味は
「プレが籐(へび)の編み籠で、契約の箱を包み込んで封印していたが、それがミナノコたちによって破られたことをあらわしています」

出雲のしめ縄を真似したようです。
バチカンなどにたくさんあるしめ縄のような飾りの意味が、これまでどうしても分からなかったのですが、プレ=籐の封印をあらわしていたことがようやくわかりました。

左中指にサインあり。

手の変化
バチカン博物館で気持ち悪いけど変わっている石像なので撮りましたが、この手がへびになっていることで、思わぬことがわかりました。
掌で透視をしてチャネリングなどで判断している人がいますが、イシキの世界ではこのようなへびが知らせているということです。
最近では掌の中央が黒っぽくて、掌を当てることでチャネリングをしているヒーラーにかかり、トンでもないことになっていることがわかりました。
手を使うことで、天才的だと言われる人たちも関係している?

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

支配
イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)
宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。
人間を思い通りにしようとする支配星の意識。
ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

プレアデナイ
プレアデス=スバルのことで、1998年まで地球を支配した支配星。
特にこの女王が強力な星の力を発揮し、人間を支配していた。
女性的で華やかな事が好きな星の意識であるが、反面非常に残酷で冷たく、地球で霊の地獄を作ったと伝えられた。
特にこの部下の星は非常に残酷であり、インディゴチルドレンとして送り込んだ子供が殺人などを起こすと伝えられている。
ネコ科のネコやライオン、トラ、ピューマやイルカ、ワニなどを送り込んだ。

なぜプレアデスを【プ・レア・デナイ】と書くかと言うと、
プーと吹いて、レア=焼く、デス=死
と言う意味があり、言うことを聞かないとこのようにすると、イシキに絶えず脅かし、自己暗示させていたので、この情報では一貫してプレアデナイと書いています。

支配星に支配された者
恐怖の想念をエネルギーとする、プレアデスやその部下は地球に近い大きな星のグループで、強い力を持ち、星の戦争後から1998年まで地球を支配していた。
宇宙の大元の弟が陰で操っていた。
その想念や、これに支配されていた人間の事も示す言葉で宇宙の大元がつけた名前。
ヘビ、ワニ、龍神などに象徴される。
イシカミのように彼ら自身は三次元の生き物として地球に降りてきたのではなく、それらの生き物を地球に送りイシカミを苦しめた。
アンドロメダやケンタロウス等の部下がグレイを使い残酷な事をしていた。
最近ではプラスとマイナス、光と闇といった相反する概念と善悪の概念を同一視させるなどの巧妙な手法で、他者への支配を正当化しようとした。
イシカミが人間に対し善の概念のみを入れたが、支配星がその意識を改造した。
支配星を支配していたのは、へび使い座のものたちであった。

リュージン
支配星が作った半物質の仮想の動物。
人間(の生きようとする魂)を食べて仕方がないので、ソラのものが龍の身体を短くしてイノシシに変えたと言う。
その猪が豚に変わったので、イスラムでは食べない。
昔は龍神に人身御供をさせ、雨乞いなどをさせ、人間生活が退屈で仕方がないので、争いを起こしてそれを楽しんでいた。
人々が龍神を神の化身として崇めるので、未だにその想念がエネルギー体として争いを起す作用している。
SARZは中国系に多いのは、龍神をいまだ国単位?で信仰しているために、ソラのものがウイルスを送り込んで知らせていると伝えられている。

エネルギー体
人間を支配し人間に悪影響をもたらす存在である。
支配星がいなくなってから、支配星のまねをして、人間を支配し、神、観音などと名乗り、「、、をせよ」と命令したり、あがめてもらいたいたがる意識体。
特に問題なのは、リュージンやヘビ信仰、宗教のエネルギー体で、見えない世界ではヘビの形をしている。
それらは人間を支配して、人間の感覚を楽しむために、人間の中に入り込み、異常なセックスなどを楽しむために、人間を突き動かし問題となる。
クンダリーニといわれるのがそれに該当する。
宗教によってはクンダリーニを体験し、チャネリングが出来ると神と繋がったと思われて、教祖になったりするが、末路が異常になっていくのは、そのエネルギー体のせいである。
異常に贅沢をしたい、買い物中毒などもエネルギー体に支配されるから。
デジカメや写真で写る境目のはっきりしない光や、7色の光も同じくリュージンなどのエネルギー体である。
7色の光は一見きれいなようであるが、人を支配しようとする悪質なエネルギー体。
最近特に人の集まる神社仏閣、祭りなどの人間の想念が多く集まる場所で写真に写ることがある。
より大きなものほど影響力が大きい。
ぼやけた光が写った写真はその部分を切り取るか、焼却した方が無難。
デジカメは削除するだけでよい。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

イシキ
イシキは潜在意識、霊のこととして書いています。
まだはっきりとはわかりませんが、これまでの情報ではイシキは脳で作られるのでなく、その人の関わりのある星から送られていると思われます。
意識は顕在意識として書いています。

潜在意識
ここでは【イシキ】として記載している。
霊とも言われる。
本人の知らない意識のエネルギーの固まり?。
表に現れる顕在意識より多くの知識を持っていて、生きていくのに決定権を持っている。
これまでの生きてきた過去世のことなども記憶している。

「原子は全て、宇宙の大元が一人ではさみしいので相手を求めたいわば、愛の思いから創られたものである。
その原子をいて座のものが、生物として地球で発生させた。
そのいて座の原子からなる生物に、シリウスが知恵を授けて、最初の人間を発生させた。
それらの星の意識を持って人間は生まれてきたが、その意識が潜在意識である。
その人間を見て、他の大きな星たちも真似をして、原子たちを人間になるように誘って、人間にならせて送り込んだので、その人間は他の大きな星の思い=潜在意識を持って生まれてきた。
けれども、その大きな星の人間の原子たちは、本当は宇宙の大元から来ているということに気づき、大きな星の思いから、さらに大元の思いに戻ろうとするのが、この情報を理解できる人たちである。
大元に戻るには、必ず人間はイシカミの原子が最初であったと言うことを知らないと、大元には戻れないのです」

顕在意識
ここでは【意識】と記載している。
起きている状態の時、思っている事。
脳で考えるのでなく、その人とつながった地球に近いところ(成層圏)に存在する意識体から送られてくるのを、脳が受信する。
はっきり表に現れている意識。自覚できる意識。
潜在意識(霊)に対比する言葉で、霊的に進化するとこの二つの意識が近づくと言われる。

人間
【2012年8月9日訂正追加】

「石室や石箱の中でイシジンや半イシジンが創られ、その形状を覚えた原子たちがストーンサークルの中だけで人間として再結合されました」

生物はいて座から降りてきたイシカミの原子の意識と、他の星達が形にしたい意識が一緒になって遺伝子の中に組み込まれ、意識を持った原子が地球上であらゆる生き物の形となってあらわした。
その最高傑作が人間で、イシカミや星達の存在を理解できる生き物を創ろうとして創られました。

まず最初にイシカミの原子がシリウスの協力の元に人間の形になり、(イシジン=後の石像)それに星達の知恵で(特に小鳥座が内臓を考えた)食べ物を食べて、生きるためのエネルギーを得る今の人間になるようにした。

石像になったイシジンの原子が分解しその形を覚えた遺伝子と、星たちから人間の働きを教えてもらった遺伝子とが一緒になり、今の人間ができた。

それはイシカミの原子がイシカミの一部で創られたストーンサークルや、その後は石室石箱のなかで創られたイシジンが、イシカミの指示により分解してそれぞれの指示を受けて、人間になろうと思う原子たちが強く再結合して、肉体が地球上にあらわれた。
人間はイシカミの原子の進化論にプラス、いて座とシリウス、小鳥座などの指示で肉体が創られたので、進化論と創造論がミックスされて人間はできた。
極初期は、イシジンと人間と一緒になって混血もあったので、エジプトの壁画やイラクの石像に残っている動物人間が存在していたけれど、人間だけの遺伝子の子孫だけが増えていった。
ちなみに天使は実際に存在し人間と、ワシ座の星の合体で創られたもので、高い所の石室などは天使が創られた。
受胎告知の天使が生きているようなのは、イシジンの原子が分解し、絵の中に絵の具として入ったから。
同じくエジプトの壁画なども、イシジンが壁の中に入って出来上がった。

初期にはイシカミのお腹の中に人間を入れてきたと書いているのは、イシカミの原子が人間になったからです。
クラゲのようになって降りて来たイシカミは分身、巨人、イシジン、人間と変化していったので、間違いではないのです。

イシジン
ソラの人間誕生記』に詳しく書いています。
イシカミの一番小さい分身で、人間と同じ形のものや、色々な形、羽のあるもの、頭だけの天使などがいた。
モアイ像、石像などはそのままの形で残っているのある。
人間が発生した時、世話をしていた。
イシカミは石の成分ですが、意識を持ち、あらゆるものに変化することができるのは、原子を会話し、指示を送ることができたからです。
そのイシカミの成分でできた人間型分身で、ヨーロッパなどの石像、日本などの木像をあらし、その記憶を持ったイシカミの原子がストーンサークルなどの中で、イシカミのエネルギーをもらって人間になった。
人間型になる前は、石柱銅鐸埴輪などいろいろなものになり、人間を指導、世話をしてきた。
その他イシジンの記憶を持つイシカミの原子が分解し、モザイク画や絵にまでなった。
ミケランジェロなどはイシジンで、原子に指示をするだけであのような立体的な絵がかけた。
まだはっきりとわかっていないが、いわゆる英雄はイシジンの能力を持っていた超能力者であったと思われる。
人間型のイシジンの原子が分解し、ストーンサークルの中や、石箱の中で人間として原子が結合した。
その時にストーンサークルや石箱からエネルギーが出ていた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

雲など
思いを持ったアトくん(原子)が集まって形創る。
雲が濃いグレーになっているのはなぜかと聞くと、
「雲が怒りをあらわしているのです。
硝酸(HNO3)を含むのでグレーになるのです?
(雲H20にNの原子が引っ付くから?)
夕焼けで赤くなるのはミナ・トを閉じるからです。
水の原子が皆、戸を閉じるので雨が降らないのです?
朝焼けは反対に皆、戸を開くので赤くなるのです?
それで雨が降るのです?」
まだちょっと意味がわかりません。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
発生時刻 2013年8月9日2時43分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.2度 東経142.4度 深さ30km)
規模 M4.0
岩手県
震度1 釜石市

発生時刻 2013年8月9日11時59分頃
震源地 三陸沖(北緯39.8度 東経144.2度 深さ10km)
規模 M5.2
青森県
震度1 八戸市、七戸町、六戸町、東北町、五戸町、階上町、おいらせ町、東通村
岩手県
震度2 盛岡市
震度1 宮古市、普代村、雫石町
宮城県
震度1 栗原市、登米市、大崎市、石巻市
秋田県
震度1 由利本荘市、横手市、秋田美郷町、大仙市
山形県
震度1 中山町

発生時刻 2013年8月9日12時4分頃
震源地 茨城県南部(北緯36.2度 東経140.0度 深さ70km)
規模 M3.6
茨城県
震度1 笠間市、常陸大宮市、小美玉市、土浦市、茨城古河市、石岡市、下妻市、取手市、つくば市、境町、坂東市、筑西市、かすみがうら市、桜川市
栃木県
震度1 日光市、宇都宮市、栃木市、佐野市、鹿沼市、小山市、真岡市、野木町、岩舟町、下野市
群馬県
震度1 桐生市、太田市、板倉町、大泉町、邑楽町
埼玉県
震度1 加須市、久喜市、埼玉美里町、春日部市、宮代町
千葉県
震度1 柏市

発生時刻 2013年8月9日17時51分頃
震源地 静岡県中部(北緯35.1度 東経138.1度 深さ40km)
規模 M3.4
山梨県
震度1 山梨南部町
長野県
震度1 飯田市
静岡県
震度1 富士宮市、富士市、島田市、静岡葵区
愛知県
震度1 新城市

発生時刻 2013年8月9日18時58分頃
震源地 福島県沖(北緯37.2度 東経141.7度 深さ30km)
規模 M3.8
福島県
震度1 白河市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月4日のソラ。

この記事をはてなブックマークに追加

平和

2013年08月08日 23時08分36秒 | Weblog
ソラ辞典より
カタカナ
最初の文字(ホツマツタエ)は覚えにくいので、ヒミコと若者が考え出した文字。

「私はヒミコです。
“ワ”ということはとても大切だと思いました。
輪になって踊ったりして、お互い助け合ってヤマタイコクを作りました。
私が考えた『カタカナ』の意味をお知らせします。
“ワ”が最初の言葉でした]

『ア』=先頭に立つ。アナタのア。頭と身体。
『イ』=イノリのイ。頭を下げている姿、ノとリを合わせた。
『ウ』=ワの上の点で、輪の先頭に立ってウタウ。
『エ』=天と地を結ぶ。橋=エニ=川と川を結ぶ=連絡する
『オ』=オトコのことで、付いているモノがある。

『カ』=力があること。(動物の皮。力を合わせて力を入れて皮を剥ぐ)
『キ』=記録。木の板に文字を書いて綴じた物。
『ク』=苦労のク。タから点を取るとク。点は人間を表し、田に入らないと苦労するという意味。
『ケ』=毛のケ。頭の上に丸(お汁の壺)を載せていた。
『コ』=子供が産まれるところ。女性。

『サ』=(めざしを)刺す。男と女がサス。人を刺す。

『シ』=死ぬのシ。2つの点が魂と霊を現し、長い線が肉体。肉体からそれらが離れると死ぬ、死後の世界のこと。

【2013年7月27日追記】
「“シ”とは
“物質は分解すると原子からできているということを理解すること。原子のことがわかること”
と、ソラのカタカナの意味を書き換えてください。
シゴト、シロ、シカなど大切な意味を知らせています」

『ス』=好きのス。これは若者が考えました。
(追記、別の意味でスは大元の弟の悪者の一人が、スの神を名乗っています。ス=素=ゼロに戻そうとする働きがあり、今ではこちらの意味がほとんどである)
『セ』=磯の精霊のセ。砂浜に穴を開けている貝。穴に入るということ。
『ソ』=ソのものということ。指さしてソレということ。

『タ』=高いのタ。田んぼのタ。稲を干す高い所に登った人の形。
『チ』=命の元である血。+は死。ノに散ると死。
『ツ』=罪のツ。肉体から魂と霊が離れると悪いことをする。
『テ』=身体の上に2本あるものが手。
『ト』=友、供という意味。自分をちょっと支えてくれる。

『ナ』=ナニの意味。ナ=+=死とはどういうものか、意味が解らなかった。亡くなった人のお墓に+を立てて印とした。
『ニ』=2本。肉体と霊だけでは死ぬということ。死ぬとはナニ。
『ヌ』=スとともに若者が考えました。
『ネ』=木の根の形。地下をあらわす。
『ノ』=野原のノ。本当は横線でした。平らな地形。

『ハ』=歯。(歯を出して)笑う。
『ヒ』=かまどから火が出ている様子。
『フ』=フーと口から息が出る様子。
『ヘ』=なだらかな土地の形。平等をあらわす。
『ホ』=死んだ後、善人は左、悪人は右と別れる死後の世界のこと。

『マ』=魔のもの。鉛が身体に入り、苦しむこと、身体を曲げている。
『ミ』=魂・霊・肉体の3つという意味。
『ム』=無理をして身体が曲がること。
『メ』=芽が出た様子。
『モ』=モノをもらう時に手を差し出す形。

『ヤ』=矢。
『ユ』=舞台の上でユーガに踊っている形。舞台の上で演説をする。
『ヨ』=たくさん食べ物が採れて、棚に並べている様子。良かったのヨ。

『ラ』=楽をすると後でフーとため息が出る様子。
『リ』=利口のリで、2通りのことを考えることができること。肉体と顕在意識のみで人間はできていると思うこと。
『ル』=膝を曲げて礼をしている。(2012年2月2日訂正)
『レ』=頭を下げて礼をしている様子。折れ曲がるのとは違うので、上下反対にしました。
『ロ』=家の中の炉のこと。口。

『ワ』=輪になって踊る様子。輪。
『ン』=シから点が一つなくなっている様子。魂が空に行くと、死んでも生まれ変わらなくても良いという意味。

目には目を、歯には歯を…
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、【ソラのイスラム物語】のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。

それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。
という元の意味に戻した。

しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。

本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

2007年11月10日
スのもの、ウロコ雲、朝鮮半島、ヒエログリフ、ニケ

明け方

「ギリシャの島々がいかに“スのもの”に支配されていたかわかるでしょう。
(それらが)イシカミの出現を阻んでいたのです」

スのついた国名や島の名前が驚くほど多い。
スイス、フランス、スペイン、イギリス、スコットランド、オーストリアなど。
6000ものギリシャの島々の中にも沢山のスがついています。

《ビジョン》
“白黒の小さな小石が、長方形になった窪みの中でこそこそ動いて並ぼうとしている。その後、小さな白っぽいレンガのような石垣が大きく3段くらいなって一面を覆っている”
意味は
「小石のイシカミの原子たちがきちんとレンガのように並ぶと、ものすごい石垣になれることを知らせた=原子たちが目的を持って手をつなぐと、大きな仕事が出来るということをイシカミの原子に教えたのです」

(最近の雲で、ウロコ雲が多いのはこのことを知らせているようで、↓のように細かい石垣?でした)
その後なぜか急に、
“冬場に停電が長引くと大変だろう。マッチでつけるストーブか、薪ストーブが必要かなと思い、その後、昨日見たおじさんが薪を割っている姿を思い出す”

「(停電の)心配はありません。
海の底から浮いてきた古木の意味を知るべきです。
それは日本海がかっては陸であったことを知らせています。
けれども身勝手なイシカミによって海に沈んだのです。
身勝手なイシカミが朝鮮のイシカミです。
自分たちが地球のペニスになると言ったのです。
それで廻りのイシカミに沈むように要求したのです。
沈まなければ大陸からリュージンを渡らせると脅かしたのです。
朝鮮のイシカミは支配星にそそのかされたのです」

*)古木=中越沖地震による液状化現象で出雲崎町沖の海底から出現した縄文時代の古木
・・・丸みを帯び、岸辺で円磨されるという現象と、大部分の古木がかなりの深さにそろって運び込まれたという事象の間に矛盾があり、さらなる調査・検証が必要である。・・・

2007年11月8日

「イルミナチとはイルミネーションのことなのです。
(支配星の)北斗七星が地球をイルミネーションで飾ろうとしたのです。
そのために貧しい人を増やして人間を地球のあちこちに住まわせようとしているのです。
イルミナチはその人間を働かせて富を得ようとしているのです。
北斗七星が火(石油?)を支配しているのです。
ゾロアスター教は北斗七星が教えたのです。
(火星も一時支配星の仲間に入っていた)
そして(ゾロアスター教発祥の)イランを支配し(イスラム教を広げることで)その計画を実行しました」

↓のことは?だったので公開をしませんでしたが、今日も朝鮮のことを知らせて来たので公開します。

「北斗七星は朝鮮を支配しました。
北斗七星に支配された朝鮮にイルミナチの大本があるのです。
それが統一教会で、文鮮明がドンなのです。
創価学会も朝鮮と関係がありますあらゆる宗教に隠れて世界中に広まっています。
朝鮮半島は男性器の形になりました。
プレアデナイと北斗七星は地球の形を利用したのです」

朝鮮系の宗教はSEXがらみで有名になっている。
又、世界の各地、特に僻地で朝鮮、中国系の人たちが商売をしているのは有名です。
創価学会も隠れてリュージン信仰とつながるので、大陸のリュージンと仲間として親中国なのです、と。

《ビジョン》
“小さな白い枠の中で、二度、黒い煙?があがり、その後カラーの模様、最後にアンパンのような茶色の丸いイシカミ?が出てきて閉じる”
意味は
「2回の黒い煙は原爆で争いの歴史をあらわし、カラーの模様はイルミナチが光を広げた時代で、イシカミが世に広まらないと争いは終わらないという意味です」

見終わった後、右手の親指の付け根に丸い感じのきつめのサインあり。
しっかり書いてくださいというサインと。

《ビジョン1》
“朝鮮半島があらわれ、次第に韓国の地図がズームアップされ、その地図の上に(ぶどう酒の?)ビン、パン?などが描かれている”
(急に右中指が痛くなる)
意味は
「キリスト教の洗礼の道具です。
朝鮮はキリスト教徒が多い国です。
そしてカルトになっています」

2007年11月6日 寝る前。

「ヒエログリフの模様は(それぞれの形になることができると)原子たちに知らせたのです。
(動きやすいような)身体の部位や人間が生きるために必要なものになるように知らせたのです。
ヒエログリフを教えたのは、イシカミとシリウ、それと太陽系の星たちでした。
イシカミに高く立つように教えたのは木星でした。
(ラップ音)
それで出来るだけ高い石柱になったのです。
水星は血液など流れてエネルギーを与える方法を教えました」

目が覚めて。

「誰にも言わないで身体に文字を入れるようにしたイシカミがいました。
それがイシ(ス)でした。
(フィラエ島の)イシ(ス)神殿がイシカミのイシ(ス)ではないのです。
(おヘソにサインあり)
(イシス神殿は)後から降りてきたイシジンで、タカの星に支配されたイシカミでした。
そしてイシ(ス)を真似たのです。
イシ(ス)はカルナック神殿になったのです」

カルナック神殿
イシ(ス)神殿には、大きな羽根をつけたイシジンがイシス神と言われているヒエログリフがある。

《イメージか夢》
“少女が男性に食べ物を与えている”
意味は
「イシ(ス)がいろいろな食べ物を創りだしたということです」

ソラ画像より
カルナック神殿のオベリスク
オベリスクは、イシ(ス)になった手稲山のイシカミを悪者から守るために、その子供が刀となって守っている。

カルナック神殿のヒエログリフ
ヒエログリフはイシカミの原子が、人間のためにこのようなもの(食べ物や身体の部分)になるようにと形を知らせています。
いわばナスカの地上絵のミニ版。

波のようなのは、腸の内壁、
糸巻きのようなのは神経、
ウナギのようなのは精子、
丸の下に3本線は食べ物です。
なかなかわからなかったけど、ざくろですと。
ざくろはイシカミの中から沢山の種=イシジンが生まれたことをあらわす。
小鳥やフクロウが沢山あるのは、内臓の仕組みは小鳥から教えてもらったからです。

2007年11月9日 真夜中咳が出て眼が覚める。

「ニケです。
私は今の今まで良い仕事をしたと思っていました。
それでも???するのはやはり良くないことです。
かなりのものと逃げました?
イシカミに言われて降りてきました。
自分だけ神だと威張っていると。
なぜ知らせて来たかと言うと、(そんなことを言われるのは)思いも寄らないことだったからです。
私はタカの星に考えてもらって羽根をつけたイシジンでした。
(羽根をつけたのは)イシカミの身体が固まるとわかって皆に知らせなければと思ったからです。
そしてそのまま固められたのです」

*)サモトケラのニケ大理石製で高さは328cm
ルーヴル美術館

昼間、ニケの顔がないのはなぜかと聞くと

「猫の顔にするように言われたので嫌だったので止めた(分解した)のです。
タカの星がプレアデナイのご機嫌を取るために言ったのです。
スフィンクスは身体を猫にさせられました。
プレアデナイのご機嫌を取るためです」

「ニケだったものです。
一部の人間を乗せました?
そして地球の裏側で生まれ変わったのです。
(右手首や肩をねじると痛いのは)羽根を動かして飛んだときは、苦痛だったことを知らせています」
イシジンに羽根が生えていたことを知らせているのです。
ニケとはミケ(猫)のまねをして嫌がらせでつけられた名前です」

*)同じ日に知り合いが変わった夢を見たとメールあり。
「最近すごい夢を見ました。ある駅に行く近道の途中の海岸線を歩いていると、灯台より高いニケ(勝利の女神?)像があってビックリしました。翼が空に向かってのびていました」

昨夜は右手首のサインがきつくて、サインと気づかないと完全にリューマチと思うくらいのきつめでした。
肩や手首が時々痛いのは、イシジンが羽があって仕事をしていたということをイシキが伝えようとしてサインを送っているようです。
意識を向けるとサインはなくなります。
リューマチの方は一度試されたらいかがでしょう。

2007年11月10日 真夜中突然。

「飛んで火にいる夏の虫、なのです。
悪者がやってきたという足跡なのです」

スパムを送り込んだ相手をソラのものは見つけたということのようです。

*)足跡の雲
2007年11月10日 足跡の雲

2004年4月12日
岩のドームのイシカミより

以下のこともイシキの世界からです。
↓のメッセージは昨夜半伝えられていましたが、公開を避けていました。
けれども先ほど20時に右わき腹に強いサインがあり、

「皇室ならびに世界中の王制の廃止をするようにと公開しないと、Kさんの命が危ない事になる」
というような事を、割とはっきりと口が動きましたので、私は連絡係として公開させていただきました。

2004年4月12日真夜中 目がごろごろして目覚める。

「(岩のドームの)イシカミが降りています。
もう一度、私(いて座の王)の言葉を伝えてください。
アラブの皆さん、これまで私を大切にしてくれてありがとう。
私の言葉が早く届きすぎたために争いになっている事をお詫びします。
(イエスやマホメットやその他、複数の人が岩のドームのイシカミの声を聞いたために、同じ場所を複数の宗教が取り合って争いになっていること)
新たに近年降りて伝える事が出来たので、アラブの皆に言葉が伝わっていると思っていました。
(2002年に知らされ【地球の謎解き】で公開していた)
それでこの情報を知りながら戦争をしているとあきらめていました。
(足に強いサインあり)
けれども今までアラブの人たちは(この情報を)聞いた事が無かったとわかり激しい憤りを感じています。
なぜ、これほどたくさん証拠があるのに(日本)政府やマスコミは隠し通すのか。
それは自分たちの面子を保つためだけである。
日本の王室(コウシツ)もそうである。
早くからこの情報を知らされ、先代の王が(ヒ○ヒトがチャネリングで)何度も知らせているのを知りながら、野に下ることをしないばかりか、他の国の王室にも何ら伝えていない。
その為にネパールでは悲惨な事件や戦争が起きている。
(ネパール王室が)野に下る事でこの情報が知らされる事になった。
今の今、日本のイシカミに知らせをしてもらう事にする」

(しばらくして極かすかにドンと言う感じが2、3回したが、釧路沖でM5.7の地震が起きていた)

再び目が覚めて。

「大きなことになりました。
なぜ人質を解放しないか。
それはこの(ソラからの)情報を隠し通した日本政府とマスコミがアラブ民族に謝るべきであるのに、知らなかったと一切謝ろうとしないからである。
そして自衛隊もアメリカの手先になって働いているだけで、日本政府に突きつけた要求を呑まないのは、無実の一人の命に関わっているのに撤退しない冷血な○泉を証明している」

2004年4月13日
イラクより?、異常雲など

新しくこのサイトへ来られた方へ。
一部を読まれただけで誤解されては困りますので、必ず↓のサイトをお読みください。
これまで知らされた情報でイスラム関係をまとめたものです。

・【ソラのイスラム物語

イスラム教の教義がこれまで復讐するように教えられていたが、マホメットは違う意味でおしえていたという事です。
すなわち
【目には目を】は、見てうれしいもの、美しいものを頂いたら、 どなたかにも差し上げなさい。
【歯には歯を】は、食べておいしものを頂いたら、どなたかにお返ししなさい。
富を独占してはいけない、という教えだったと知らせてきたということです。
マホメットもイエスもチャネラーであったのを、時の権力者が都合の良いように解釈し、宗教として利用して今まで争いばかりしてきたという事です。

↓次のこともイシキからのことですので、現実には本当かどうか全くわかりませんが、何度も目が覚め言葉となっていきました。

2004年4月13日真夜中、目が覚めて

「哀れ、K・・・は殺された。
逢沢(外務副大臣)は(地球物語の)情報は知らないと言ったからだ。
日本政府も皇室も真剣に受け止めていないからだ。
それが我々の怒りの証拠だ。
(殺されるまで)皆で(地球物語を)話し合った。
ナホコが悲しむのが可哀想だった。
K・・・・・は日本政府の身代わりに、死んでもいい。覚悟していると言ってくれた。
涙を見せずに“これで地球が平和になるのなら本望だ”と最後の杯を受け取った」

「日本政府も皇室も地球の平和のためには、何の役にも立たなかったが、
K・・・・・は立派だった。
そして何の役も立たなかった宗教指導者に言う。
言葉だけで人を操り、貧しい人から取り上げたお金を、さも自分が恵んでやると思わせて、施しをするのが我慢ならない。
それは王侯、貴族も同じだ。
地球の富は地球の人間に与えられた物だ。
お前達に与えられたのでは無い」

「“今から行くの。僕(Iさん?)が必ず地球を平和にするから”と泣いて見送りました。
それを聞いてK・・・・・は“本望だ”と一言言いました。
それが最後の言葉でした。
地球の贈物を独占しようとする事が、死んでから一番責められるという事が良くわかった。
生きているうちにその事に気づいた事で、これまでの苦労が報われる」
と伝えられましたが、
「残念ながら顕在意識はこの地球物語を知らないのです」

「申す? ものがいます」
「最後に伝えてください。
私は(Kさん? に)知らせる為に地球に降りてきて人間として生まれました。
知らせることが出来たので、いつ死んでも良いのです。
とかく地球は生きにくかったので、早くソラに戻りたいと、そればかり願っていました。
今はひたすら早く休みたいです。
そしてすぐに母の近くで生まれ変わりたいと思っています。
そして今度は幸せな人間生活を楽しんで生きたい。
いつも(お母さんの?)近くにいる事が出来るとわかったから。
おやすみ」

【夢かイメージ】
《大勢の人が階段状に立っていて、カメラが移動していくように場面が変わると、10人くらいの子供が並んで立っている。 
“(私たちは)日本に行ってきました。地球上とは思えなかった。天国だと思った。”
と言っている》

昨年パレスチナの戦争遺児がイスラエルの戦争遺児と共に、綾部や東京に招かれたが、その子供たちのようでした。

(後略)

2004年8月25日
パレスチナ、お知らせ

↓次の事はあくまで“イシキの世界!”から伝えてきますので、真偽の程はわかりません。

2004年8月25日 右股関節が怠く痛くて目が覚める。

「遠くまでお仕事に行ってきたのでその事を知らせたくて起きてもらいました。
痛くしてごめんなさい。
パレスチナに行っていたのです。
市場の真中にまるで宝石のように大切に小さな冊子(友達物語の冊子)が飾ってありました」

【友達物語】
友達物語
ソラからの物語

「周りにはアラビア語と英語と、日本語の文がコピーされた紙が置いてあり、誰でもその紙をもらう事ができました。
それを読んだ男性は
『なんて事だ!なぜもっと早く知らせてくれなかったんだ!
(情報が早く)知らされていたら、息子は死ななくてすんだのに!』
と息子を自爆テロで亡くした事を思って泣いていました」

「また、小さな子供を亡くした人は、(亡くした子供が)今度生まれ変わってくるのを待とうと思っていました。
アラビア語に訳してもらった事が良かったのです。
パレスチナ人はこのこと(情報を知ったこと)により、ユダヤ人が住みつく事を認めようと思ったのです」

「情報を知りながら知らせなかった日本政府を恨む・・」
というような事も言っていました。

以上で書く事はお終いかと聞くと

「星のものからの言葉です。
本当は大きな地震を起してもらい、大きな都市を海に沈めてもらおうと真剣に考えていましたが、ホシノミナが『待って!』と いうので異常気象だけのお知らせとする事になりました。
(皆さんに)世の中の流れをよく見てください、と伝えてください」

先日アラファト(パレスチナ自治政府)議長が、過ちを認める異例の発言として
『私自身をはじめ、過ちを犯さない人間はいない。予言者でさえ過ちを犯した』
と語った。とのニュースがありました。

ARAFAT, FROM ZENITH TO INFERNO(August 25, 2004)より
We must show the courage to recognise our mistakes, there is no one free
from mistakes, from me on down. Even the prophets made mistakes.

あれほどパレスチナで自爆テロが多かったのが、最近はニュースにパレスチナの話題はほとんど出てきません。(2004年8月25日現在)

又、イスラエルが入植地での家の建設を進めていることが報道されますが、以前はそのような動きがあると必ずあった抵抗運動が全く伝えられません。
シャロン首相が反対を押し切ってガザ撤退を強行するのも、イスラエル・パレスチナ両国の女性が共同で分離壁反対運動をしていたのも、意味があると知らされています。
(この後、アラファトは暗殺され、シャロンも強硬派により暗殺未遂になり、今も植物状態です。2013年7月1日追記)

又、中東、アフリカフォーラムはアメリカのライス補佐官が中心に開かれたとニュースにありましたが、アメリカが自国の都合の良いようにこの情報を利用している、とも知らせてきました。

2004年8月24日 真夜中突然に。

「ホシノミナです。
これからはホシノミナの言葉がとても重要になります。
これから地球は“ワ”を大切にしていかなければなりません」

【ビジョン】
“薄赤色の鈍い光の後、一面に細かい格子模様があらわれ、その上にイシカミ雲がポカリポカリと浮かんでいる。
次には薄赤色になり、最後に丸の青い地球があらわれて消える”
(昨日札幌で、きちっとした格子柄の雲を見ました)

ビジョンの意味を聞くと

「薄赤色=宇宙の大元の愛のエネルギーの固まり。
細かい格子柄=名の無い星たち=ソラのもの。
イシカミ雲=イシカミの思い」

それらが地球を見守るということだそうです。

先日から似たような事を知らされていましたが、現実にはどうかわからないので公開していませんでした。
けれども唇が荒れて治らないのはこの事を知らせないからという事で、昨夜も右股関節がだる痛くて目が覚め「書いて欲しい」と言われましたので公開いたします。
(多次元世界は確かにあると思います。昨日非常な高さの断崖絶壁から降りる夢を見ていますが、現実の世界と関係があったかもしれません)

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
【バヌアツM5.9】
06-AUG-2013 16:46(日本時間8/7 1:46) -16.92 167.30 M5.9 深さ8.5km VANUATU ISLANDS

発生時刻 2013年8月8日3時22分頃
震源地 愛知県西部(北緯35.0度 東経137.0度 深さ40km)
規模 M3.1
愛知県
震度1 豊田市

発生時刻 2013年8月8日4時51分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.3度 東経142.3度 深さ40km)
規模 M3.3
岩手県
震度1 釜石市

発生時刻 2013年8月8日5時21分頃
震源地 長野県中部(北緯36.3度 東経137.7度 深さごく浅い)
規模 M2.1
岐阜県
震度1 高山市

発生時刻 2013年8月08日16時56分頃
震源地 和歌山県北部(北緯34.2度 東経135.3度 深さ10km)
規模 M2.3

発生時刻 2013年8月8日21時56分頃
震源地 豊後水道(北緯33.4度 東経132.2度 深さ40km)
規模 M3.6
山口県
震度1 平生町
愛媛県
震度1 宇和島市、八幡浜市、大洲市、伊方町、松野町、西予市、愛媛鬼北町
高知県
震度1 宿毛市、四万十市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月4日のソラ。

この記事をはてなブックマークに追加