四駒笑劇漫画

コミックBLOG。烏啼天駆の4コマ漫画を公開するサイトです。
マンガ以外にも週末はエッセイやZ級映画評も掲載しています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最も忘れたい映画『だいじょうぶマイフレンド』

2005年04月09日 | 誰も知らないZ級映画評
鳥啼天駆の日本映画史上最も忘れたい最低映画
『だいじょうぶマイフレンド』
1983年
主演 ピーター・フォンダ
監督 村上龍
制作元 キティ・フィルム



 先日、『タイプスリップ グリコ』シリーズの思い出マガジンを買ったら、1983年5月の「ARENA37℃」というミニ雑誌が当たりました。この雑誌はグラビアの多い音楽雑誌で、付録には歌詞付きの別冊が付いていたり、ピンナップが付いていたりしてました。中を読んでいると、小説家の村上龍と広田玲央名の記事が・・・。
広田玲央名「村上さんのために脱いだの。だって銭湯に行った事もないんだから」
村上龍「俺、イヤだっていったらウサギのソファ買ってあげようって思ってたよ」
と噛み合ない内容の記事。そう、これは僕の『日本映画史上最も忘れたい最低映画のワースト3』の内の一本「だいじょうぶマイフレンド」の記事だ!ちなみに他の二本は走る風俗嬢の映画「幻の湖」と史上空前の約130億円の赤字大作「ファイナルファンタジー」。この三本を観た事がある人はコメント下さい。「凄い!」と思います。
特に、この「だいじょうぶマイフレンド」は凄い。何が凄いってストーリーがよくわからないのが凄い。まず最初に断っておきますが監督・脚本は村上龍。村上龍と言えばKYOKO(1996)トパーズ(1992)ラッフルズホテル(1989)限りなく透明に近いブルー(1979)など、次々と自分の小説を映画化、その後、TVまで進出、最も有名な小説家の一人だ。最近では主演妻夫木聡・脚色宮藤官九郎の「69 sixty nine」の原作でも知られている。小説はかなりグロイが面白い。さっき、ストーリーがよくわからないと述べたが小説に一部、その謎解きがあるのは確かだ。しかし映画だけを観た人には謎だらけの映画だろう。
村上龍以外のスタッフはとにかく豪華!!音楽は加藤和彦。他にも清水信之・来生たかお・高中正義・サザンの桑田佳祐、そしてアカデミー音楽賞を受賞した世界の坂本龍一。だから今でも歌ははっきりと覚えている「だいじょうぶマイフレンド~あなたを信じている人がいる~(あとは略)」。そしてゲストがまたまた凄い!武田鉄矢・タモリ・岸部一徳・研ナオコ・小松政夫・高橋幸宏など、今なおギャラの高そうな人ばかり。
そして主演はアメリカの父ヘンリー・フォンダの息子でセクシー女優ジェーン・フォンダの弟。ミスター・イージーライダーといえば・・・そうピーター・フォンダ!!この作品はそんなピーター・フォンダがデイブ・スペクターに見えてしまうぐらい笑えないコメディ映画である。あと、乃生佳之(モニカ役)、広田玲央名(ミミミ役)、渡辺裕之(ハチ役)、根津甚八(ドクター役)が出演している。ちなみにほぼ主演級で出ている乃生佳之は田原俊彦の元バックダンサーで欽ちゃんファミリーの経歴を持つ謎の俳優だ。

冒頭のシーンは広田玲央名のヌードで始まったと記憶していたが、パンフを観ると冒頭はダンスシーンがあったらしい。しかし、覚えてなくても話が繋がるのだから関係ないシーンだったのだろう。ただ一つ記憶の片隅にあるのは、ハチ役の渡辺裕之のダンスが忘れたいぐらい下手だった事ぐらいだ。ピーター・フォンダ演じるゴンジー・トロイメライは背広を着てるただの外人のようだが、実は宇宙人でスーパーマンの従兄弟、パワーは人間の20万倍。ある日、インポテンツのように突然、飛べなくなった。これを知ったモニカ、ミミミ、ハチはサイパンまで宇宙人が飛べるようにする為、スーパーマンの母国アメリカでなくサイパンに行く。(この辺がよくわからん)ミミミはモニカとデキてるらしいが、そんな伏線はあまり関係なくダンスシーンが所々に挿入される。しかし、とっても長く辛いダンスシーンに大抵の人がこう思うだろう・・・「トイレ・タイム」。しかし残念な事に、僕は劇場で観たのでトイレにも行けないのである。とにかくドクターの言うには「宇宙人ゴンジー・トロイメライの首筋は人間の10万倍程度なので倒せる!」・・・・(僕は倒せないと思う)・・・・とにかく、そんな事を言ってドアーズ(ミュージシャンではありません。)という悪の組織は宇宙人ゴンジーの誘拐に成功する。宇宙人ゴンジーは昔、パツ金女とヤッた時に射精したら、ピストルより速い精液のせいで、女のアソコから頭をブチ抜いた経験の持ち主で、それ以来、トマトが大嫌いになったらしい(つぶれたトマトとつぶれた女の頭が類似していると言う事らしい)。ただし、トマトジュースは大丈夫(マイフレンド)との事。(その辺りもよくわからん)そこで捕虜になった宇宙人ゴンジーを救うべくモニカ、ミミミは変なダンスの工場を抜けて、どっかの雑貨屋で売ってるトマトをジュースに変えるスプレー(なんのこっちゃ)を持って、手術で洗脳された情けないハチを救い、ドクターのロケット発射台の前にやって来る。しかし、今、そこではゴンジーが処刑されようとしていた。

ゴンジー・トロイメライは言う「最後ニ一発、抜カセロ!」
次のシーンで男根をポロリ、みんなアングリ「デ、デカイ」
しかし、僕たち観客はもっとアングリ「う、うそだろ!クライマックスだぜ・・・」
更なる恐怖が観客を襲う・・・・
ゴンジーが皆の前でしたマスターベージョンの精液がロケットミサイルにピシャッと当たったかと思うと、発射台から煙が・・・そう、彼の精液はピストルの弾より速いのだ!!ドカ~ン!!納得・・・・・・・・するか!
さあ、インポが、いや、超能力がなおったゴンジーは大暴れ!!そして悪党を倒した後はダンスして空に飛んで行って、さいなら~

パンフレットにはマスターベーションの演技が「最高だったよ」と村上龍がコメントしている、さらに「本当にやってくれるとは思わなかった」とも述べている。バブル強し、お金に勝る慰めはミスター・イージーライダーにはなかったのか?その辺りは不明だが、ただ一つ、この映画は伝説を残す事になる。
キティ・フィルム(制作元)では「だいじょうぶマイフレンド」の話だけはするな!』という伝説である。


ちなみにこの映画は2005年4月22日に販売元ジェネオンエンタテインメントからDVDで販売される事になりましたので、皆さんも是非!


明日はお休みです。

このBLOGはコミック・ブログを目指します
月~木はマンガ(コミック)、金・土はエッセイです。日曜日はお休みです。
コメントやTBがあれば、ドンドン入れて下さい!!
人気blogランキングに一票入れてやるという奇特な方はココを!!
コメント (14)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拳銃と父 | トップ | マンガ平均太郎2第三話 スター... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
濃い… (直吉)
2005-04-09 13:43:19
映画はあんまり見ないので、ワースト3のどれも見たことありませんが、ブログを読んだ限りではとても濃い映画のようですね。クラクラしました
Unknown (TenQ)
2005-04-09 18:43:41
幻の湖はおすすめです。

ミミミ (hider)
2005-05-14 00:45:07
「金閣寺まりも」として占い師に。
Unknown (Unknown)
2009-06-28 11:53:25
('仄')パイパイ
Unknown (Unknown)
2010-05-21 12:41:42
わたしもこの映画を映画館で見た記憶がありますが、この映画の封切時期には残念ながらバブルはおきてませんよ
Unknown (骸骨)
2010-09-27 20:30:43
かなり昔、深夜のテレビで片手間に見ました。
結構切ない感じだった気がします。
物理的に脳にリングを埋め込まれた友人はもう元には戻らない廃人だったり、
たしかゴンジーとやらは宇宙人ではなく実は…
Unknown (Unknown)
2011-02-02 23:50:08
映画館で見ました
面白いと思ったわけでもないのに
パンフも買いました
サントラも何故か買いました…
サントラは見開きジャケットでマスターベーションで
ロケット破壊のシーンが内側に描かれていました
懐かしい (タマランチ会長)
2011-05-17 16:34:00
映画館で観ました。 地味に乃生佳之(ファンの間では乃生ちんと呼ばれていた)ファンの小学生でした。
内容から言っても よく小学生一人を、映画館は入れてくれたもんだと思いました。
それぐらい 私には衝撃的な映像がちょいちょい入っている映画でした。
以来 乃生ちんファンをやめました。
ヌード見たさで… (晴雄)
2011-06-14 02:10:30
子供の頃CSの番組紹介か何かで見た広田玲央名のヌードが衝撃的でずっと気になっていたのですが、つい先日古びたレンタルショップで発見、早速借りてきて視聴し、まさに仰るとおりの内容でビックリしました。
「今、この映画見てるのって、世界で俺だけなんだろうなぁ」と思いながらトリップしてました。
予算が掛かっているだけあって、不思議な演出にも退屈せずに見れましたが、1カットしか出てこない武田鉄矢の存在だけは疑問でなりません。
冒頭の、ダンスシーンから広田玲央名のヌードに移るシーンは結構お気に入りです。
Unknown (千葉)
2014-11-11 11:19:31
いまこの映画のダンスのクライマックスを観ている最中です。映画へのガマンの限界で思わず他人の評価を知りたくネット検索。
的確かつ観た者の失望のフラストレーションを一掃させてくれる記事ありがとうございます!
いま画面上ではクリスマスプレゼントを抱えてた主演3人が空から甘い金箔が降ってきて「あまーい」といる最中さす。
Unknown (ulysses)
2014-12-03 15:44:37
3本とも、随分昔に見ました。
『幻~』はビデオ、『FF』はDVDで。

『だいじょうぶ~』は遥か昔に劇場公開時・・・w。
期待でサントラ・レコード、ムック本も持ってました。
いざ、見てみると、ナントイウコトデショウ。

我慢大会がやがて奇妙な快感に変わります。
というわけで、なんか嫌いになれない作品群です。
Unknown (you)
2015-02-15 04:00:03
1983年はむしろ不況だったけどね。
ただ、今と違っていろいろ挑戦は出来た。
Unknown (Unknown)
2015-05-28 08:14:40
ところどころで出演者がドヤ顔で
「だいじょうぶマイフレンド」と言わされてたような気がする。
だいじょぶマイ・フレンド (毒猿)
2016-05-22 10:19:13
僕はピーター・フォンダの35年来の大ファンU+203CU+FE0E しかし、当時はアメリカでの人気に翳りを見せ出演する映画もイマイチで、日本での公開もされなくなっていた。
キャノンボールのカメオ出演とか、日本のポスターには出演スターの1人として紹介されているけどね。実際はハリウッド進出を狙うジャッキー・チェンと絡む暴走族のリーダーで3分ぐらいで倒されて終わり。
日本でも出演映画がビデオ発売のみという時の日本だけだが劇場公開主演映画U+203CU+FE0E
各メディアにも多数取り上げられました。ギャラが1億円~~。当時としたら破格だったのでしょう(≧∇≦)
「徹子の部屋」、「すばらしき仲間」などのテレビ出演や各雑誌でのインタビュー、対談など、映画の宣伝も凄かったU+203CU+FE0E
ピーター・フォンダとサイパンに行こうという旅行企画もありましたね!
僕も中学生だったが劇場に2回観に行き、ビデオも買いましたU+203CU+FE0E
そんな大ファンの僕でさえ、当時から何でこんな映画に出演したのかな~(>_

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『イージー★ライダー』 テレビ東京 バリ・シネ (チャーリー式)
久し振りに観た。吹き替えで観るのは初めてだ。 ワイアットの声を、故・山田康雄さんがやっていて、これが何とも良かった。ビリーはイマイチかな。 デニス・ホッパー大先生、ピーター・フォンダ、ジャック・ニコルソン、皆今は落ち着いたが立派なキ印だった人達。 今観...