大塚実の取材日記

記事で書ききれなかったことなどを補足していこうと思ってます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

H-IIB・F2 打ち上げ後記者会見(第1部) 取材メモ

2011年01月22日 16時56分41秒 | 宇宙
理事長

打ち上げ結果の報告

予定の時刻に打ち上げた
15分13秒後にHTVを軌道に投入

計画通りの打ち上げ
天候も良かった

ありがとうございました


高木大臣

成功して嬉しく思っている
所定の軌道への投入を確認した

尽力いただいた関係者に
敬意とお礼

初めての立ち会い
大変感動的だった

(リリース読み上げ)

あらためてご尽力に感謝


林大臣政務官

H-IIBは2機連続
14機連続成功k
印象づけた

日本が世界に大きな貢献ができることの
確固たる証に

今後
宇宙への貢献
政治からも応援できれば


池上宇宙開発委員長

すばらしい打ち上げだった
感動した

日本のプレゼンス

28日にドッキング
渋滞しているような状態

4つの輸送機がぶら下がっている状況

その中でどうやって荷物を出すか
心配な点もあるが


山川宇宙戦略事務局長

完璧な打ち上げだった

参加した全員に敬意とお祝い

H-IIA/B 95%の成功率
23年度 H-IIAで初の商業衛星
増えることを願っている

3軸姿勢も確立

ISSとドッキング
成功を祈念している


NASAリン・クライン

JAXAが国際的な約束を果たした
お礼を言いたい

科学実験
嬉しく思う


ーーーーーーーーーーー
質疑応答

Q 読売
有人に向けてどうするか
見通しは

A 高木大臣
独自の有人輸送手段は持っていない
取り組みを通して
これまでに技術は蓄積している

きぼうの完成によって
利用する段階

有人宇宙活動は本格的に展開される時代に入っている

ISSの運用を支える重要な輸送機

文科省としても
帰還技術について
回収機能の研究開発
HTV-Rを必要な予算として5,000万円計上した

今後に必要な技術として
取り組んでいく決意

Q 東京新聞
あかつきの失敗の後
どういう気持ちで臨んだか

宇宙の失敗はなぜか連続する
その中で成功したのは

A 理事長
すぐに水平展開
すべてチェック

特別点検をするために特別チームを編成

過去の失敗を活かすように努力している
いまのところうまくいっている
反映できたかなと考えている

ロシアもインドも失敗して大変なとき
連鎖を繰り返さないように
断ち切れてほっとしている

Q 鹿児島テレビ
成功した感想は

A 理事長
私の約束では
H-IIAだけで20回なので
あと○回やらないといけないと

しかし併せて20機
そういう意味ではほっとした

将来の有人のためにはもっと信頼性を上げないと
これからも努力していく

Q 中日新聞
H-IIBロケットの民間移管の見通しは
MHIの仕事ぶりは

A 理事長
共同開発をしてきた
2号機まで成功したので
これを利用したユーザー獲得ができるかどうか
検討しているのでは

大型なので衛星は限られる
マーケットにどう働きかけるかに

いかに信頼性をアピールできるか
そうでないと保険料も高くなる

MHIの営業に早く判断してもらって
早く商売用に活用してもらえると
我々としても開発した意味がある

Q 日経
打ち上げをみて評価
HTVへの期待は

A クライン
信頼性が高い技術だと感銘を受けている
今後もISSへ補給 頼りにしている

パートナーシップ
様々な補給機が必要
能力がそれぞれ違う

HTVは船内・船外両方が可能
これからも支援を

Q 南日本新聞
信頼性はかなり上がったが
問題は衛星の輸送手段
島全体のインフラが
欧米に比べると改善点がある
今後国としてどう取り組むか

A 高木大臣
今回の成功で国民とともに自信を深めた
明日に繋がる大きな事業
種子島のインフラ整備については
JAXAと連携をとって
改善の方向で取り組みを進めたい

A 理事長
JAXAも依頼を出している
大型衛星が到着する飛行機の整備
基地まで運ぶ道路

整備されると
道が開けると思っている

Q いつからという目星は

A 理事長
いまお願いしているところ

Q NHK
物資の回収
有人を視野に入れた検討

NASAからみて
このような技術を獲得することが可能かどうか

A クライン
可能でしょう

パートナーシップを通じて学んだことは
様々なパートナーの

将来の活動
各国の役割
それぞれの能力が活かされる

ー東京へ

Q 読売
種子島のインフラ整備
国として時期は

A 高木大臣
理事長から話があって
地元の理解を得ながら
できることから手を付けていきたい

Q 日経
多額の運用資金
どう成果をだしていくか

アジアへの国際貢献
外交手段として活用
どういう効果が期待できそうか

A 高木大臣
世界に貢献
宇宙の平和利用 できる限りのことをしたい

少なくとも2016年以降も
ISSに参加することが基本

ニーズに応えられるように
これを1つの新たなスタートにしたい

ー筑波

Q 読売
HTVの具体的な状況は

A 広報
技術的な質問は2部で

ー種子島

Q 朝日
日本の宇宙戦略
顔が見えない
戦略本部では何が課題か
今年何がやりたいか

A 山川
2008年に基本法が制定
2009年に計画が

当時想定していた
2500億円

現在は3400億円
23年度 3100億円

年間5,000億円が理想だが
本当は必要だが
現状は厳しくて3000億円強
重点化

現状と5000億円のケースについて考える

体制の見直しも必要
今年中に一定の方針が得られると思う

宇宙を開く 産業を拓く 日本の宇宙産業 Vol.1 (日本の宇宙産業 vol. 1)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
日経BP出版センター


1/72 スペースクラフトシリーズ No.02 HTV (宇宙ステーション補給機)
クリエーター情報なし
青島文化教材社


1/200 スケール H-?B ロケット レジンキットモデル
クリエーター情報なし
YAC
ジャンル:
宇宙開発
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HTV2号機・Y-0ブリーフィング... | トップ | H-IIB・F2 打ち上げ後記者会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。