大塚実の取材日記

記事で書ききれなかったことなどを補足していこうと思ってます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はやぶさブリーフィング5月(速報版)

2011年05月16日 17時01分56秒 | 宇宙
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5月16日、小惑星探査機「はやぶさ」のキュレーション作業について、約2カ月ぶりとなる定例ブリーフィングを開催した。出席者は向井利典・JAXA技術参与と上野宗孝・JAXA/ISASミッション機器系グループ副グループ長。いつものように取材メモを添付する。



ーーーー
向井

2カ月ぶり
ヒューストンの会議では
会場は満員
関心が高く
発表も好評だったと聞いている

たまたまだが
その日の昼間に大震災
大変な騒ぎに

大震災が発生して
キュレーション作業に大きな影響が出た

相模原のキュレーション設備に
特段の被害はなかった
そこで保管しているサンプルも全て無事

一方大学や研究機関
特に東北大・茨城大・高エネ研などの設備には
かなりの被害が出た
そこで保管されていたサンプルも
全て無事
不幸中の幸いだった

3月中 相模原キャンパスは計画停電
その前に全部電源を落として
停電後に復帰する作業
落とすのに何時間もかかって
必要最小限にとどめて
サンプルの保全を最優先
定常的なキュレーション作業は中断していた

そうこうしている間に
非定常 一部ピックアップはやっていた

4月になって計画停電が解除
装置を順次定常状態に戻して
定常的なキュレーション作業を再開した
現在はほぼ定常的な作業になっている

具体的にはピックアップをして
岩石質かどうか電子顕微鏡で調べる作業をやっている

これまでに約30個が回収されている
その9割くらいが岩石質
1割が人工的
確率が前より増えたのは作業者の目が肥えた

その30個のうちの一部
それまで未分配だった研究所に配布して
分析をしてもらっている

今後はNASAに分配、国際AOU
ある程度数を確保する必要がある
まだ30個 非常に少ないので
それを増やしていかないといけない

いまのところ回収はA室の自由落下法で採集したものから

これからB室のサンプルも回収しないと
いつからかは未定

これまでの状況はそんなところ

今月26日に幕張メッセ
日本地球惑星科学連合
サンプルの分析結果から得られた結果や
今後の期待や
サンプルリターンから期待されるサイエンスなどに
発表するセッションを用意する

ーーーーーーーーー
質疑応答

Q 毎日新聞
科学連合のセッション
有機化合物
何が分かっているのか

あと同位体とか

A 向井
まだ初期分析の途中
有機化合物

前の発表以上のことは聞いていない

私も中身については聞いてないが
推測では酸素の同位対比を中心に分析しているのでは

地球外物質の同定の重要な根拠

Q 同位体の比率から
何が分かるのか

A 隕石の種類によって決まるのでそういうこと
年代の推定も出来る
年代はそれだけでは決まらないので
素性とか

まだ分析しているところなので

Q 地球上のものではないというのがまず重要で…

A 分析装置の感度の問題もある
酸素はメジャーな原子なので
それは非常に重要な結果がでるのではと
想像している

Q NVS
今後の分析スケジュール
遅延はあるのか

A 少なくとも中止になることはない
遅れが出ることはある

もともと初期分析は夏までという
話をしていたがそれは大幅に遅れるだろう
どれくらいとは言えないが

夏場は計画停電はないことになっているが
相模原キャンパスは結構節電しないといけない
JAXA全体で

もし計画停電があるとこれも大幅に
遅れることになるだろう
なくても遅れるが

Q 時事
ヒューストンでの発表から
大きく前進したものは

A なかなか難しい質問だが
11番目か12番目までは
ヒューストンでも発表されたもの
それ以降が新しいもの

17番目初期分析にも参加してもらっている
NASAの研究者 Zolensky氏
スターダストのキュレーター

NASAのやり方と比較して
講演してもらう予定
4月の時点ではこれないかもと

あとははやぶさ2の展望とか

Q ニッポン放送
サンプルは無事ということだったが
揺れでどこかにいったとか
マッピングでは

A JAXAではなかった
大学でも多分無事
保管されたものに変化はなかったと

Q 震度いくつでも大丈夫な環境にあったわけではない?

A 運が良かったと思う
そもそも微粒子は重力よりも静電気の方が
影響が大きい

Q 東京新聞
炭素物質と有機物
11番と12番
これはいずれもヒューストンで発表済みか

A そう

Q 有機化合物は見つかっていないのか

A ヒューストンではそうだった

Q 炭素質物質はどうか

A 初期分析で配分した中にはなかった

Q そういうことの報告なのか

A 発表の中身までは聞いていない

大人の超合金 小惑星探査機 はやぶさ (初回特典付き)
クリエーター情報なし
バンダイ


小惑星探査機「はやぶさ」の超技術 (ブルーバックス)
クリエーター情報なし
講談社
ジャンル:
宇宙開発
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第2回 宇宙関係 タスクフォー... | トップ | サーバー移転のお知らせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。