peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

一関市大東町摺沢のサルビア・レウカンサ 2016年10月29日(土)

2016年10月29日 | 植物図鑑

2016年10月29日(土)、一関市大東町摺沢一関市立大東図書館の道路を挟んだ斜め向かい側にある民家の庭に数株植栽されているサルビア・レウカンサ(アメジストセージ、メキシカンブッシュセージ)が、赤紫色の花を沢山咲かせていました。

 サルビア・レウカンサ シソ科 サルビア(アキギリ)属 Salvia leucantha

別名:アメジストセージ、メキシカンセージ。中央アメリカ原産の半耐寒性宿根草。草丈:50~200㎝。花序高:10~20㎝。開花期:9~12月。

特徴:短日性で秋に開花。萼紫色のビロード状で、花弁紫か白色。育て方:日なたと水はけのよい用土を好む。水切れに弱いので天候に応じて水やりが必要。6月に切り戻すと草丈低く開花。寒さに弱いが南関東以西で庭植えできる。[講談社発行「花を調べる花を使う・四季の花色大図鑑」より]

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一関市立大東図書館「文学の... | トップ | 一関市大東町渋民婦人会文化... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物図鑑」カテゴリの最新記事