フランスに揺られながら DANS LE HAMAC DE FRANCE

フランス的なものから呼び覚まされることを観察するブログ

J'OBSERVE DONC JE SUIS

小さな出会い - ブノワ・デュトゥールトゥル BENOIT DUTEURTRE

2005-06-22 22:31:59 | 海外の作家

仕事が終わってこの暑さの中、冷房のない部屋に帰っても大変である。今日はこの界隈の散策に出た。8時少し前、モンパルナス駅の近くの小さい librairie-papetrie を見つけて、中に入ってみる。先日、Le Point で読んだプルーストの幼馴染が書いた本(« Une saison avec Marcel Proust » par René Peter)があるかどうか、店の人に聞いてみた。女主人はウインドウに展示してあった本を取ってくれた。その時、店の中央に置かれた、本が載ったテーブルの前に座っていた男が、プルーストの専門家ですか、と聞いてきた。全くの趣味でいろいろ読んでいるんですと答え、それから話が始まった。彼は、ブノワ・デュトゥールトゥル (Benoît Duteurtre; 1960-) という作家で、自著にサインをして売っているところだったのだ。本のタイトルは、La petite fille et la cigarette という小説である。すぐに買おうとしたが、荷物の重量オーバーのことを思い出し、私の問題は荷物が重いことで恐らく買えないだろうと言うと、100キロもあるんですか、と返してきた。彼は結構本を出していて、その店で目に付いただけでも次のものがある。

Tout doit disparaître
Le voyage en France (この作品で 2001年の Médicis 賞を受賞している)
Gaieté parisienne
Service clientèle
La Rebelle

彼の作品を読んだことがないので何とも言えないが、タイトルを見るだけだと結構面白そうである。日本に帰ってからネット注文で読んでみたい。彼は、非常に気さくで芸術家を気取るところもなく、笑顔を絶やさず親しみやすい。どこから来たのかと聞くので日本と答えると、自分の作品はすでに10カ国ぐらいで訳されているのだが、まだ日本との取引はないと言っていた。一瞬、自分にそれだけの力があれば訳してみるのも面白いかも、との不遜な思いも過ぎった。もし翻訳関係の方がこのブログを読まれていたら、今がチャンスかもしれない。(上の写真はその時に撮ったもの)

帰りにあたりを歩いていて、モンパルナスに劇場がいくつかあるのを見つける。その中のひとつ、Théâtre de la gaîté Monparnasse (何と訳すのだろうか)で私にとっては見覚えのある作曲家エリク・サティー Erik Satie (1866-1925)の眼鏡が描かれているポスターを見つける。受付の人に聞くと、サティーの手記などをもとに語りやピアノ演奏などがある面白い出し物だ、と言って親指を上に上げた。つられて入ろうとしたが、私のカードがここではうまく機能せず、明日以降の楽しみに取って置くことになった。

ちょっと歩くと、何かに当たるというパリの夜であった。

--------------------------------------
この2日後、サティーの芝居を観る機会が巡ってきた。
エリク・サティー ERIK SATIE (2005-6-25)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FETE DE LA MUSIQUE | トップ | 仕事の発表 - 言葉のニュア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。