Take It Easy ~パパールの雑記帳 別館~

身近な自然を感性で切り撮ります

Lightroom4レビュー  部分的な補正に段階フィルターを活用

2012年04月06日 | RAW現像・レタッチ
桜の写真ばかりでは飽きるのでAdobe Photoshop Lightroom 4のレビューをアップ。
Lightroomの特徴としてRAW現像時に部分的な補正を行えます。
レタッチではないので画像の劣化が少なく、何度でもやり直せます。
Lightroomの部分補正ツールは2つ。
「補正ブラシ」と「段階フィルター」ですが、今回は後者を取り上げます。

段階フィルターでは、その名の通り補正を段階的に(グラデーション状に)適用することができます。
Lightroom4になって、補正項目に色温度・色かぶり補正・シャープ・ノイズ・モアレが追加されました。

今回の素材はE-3+ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影した風景写真。
初期設定での現像写真。


【プリセットの適用】
真っ青に染まった景色に仕上げます。
まず、「プリセット」を使って大まかに色調を変えます。
プリセットはアートフィルターやSILKYPIXのテイスト同様、様々なイメージの写真に一発で仕上げられる「現像パラメータのセット」。

プレビュー画面で適用後の色調を確認出来るので、今回は「ポジプリント調」を選択。


適用後の画像。
補正の前後が比較できます。


【段階フィルターの適用】
水面の映りこみは良い感じの青色ですが、空の色をもっと青くしたいところです。
そこで空だけに段階フィルターを適用します。
ツールパレット内の段階フィルターのアイコン(黄矢印)をクリック。
空の上部から地平線までドラッグ。


画像を見ながらまず色温度を-100まで下げます。
深い青色にするためハイライト、シャドウもマイナス補正。


今回は3つのパラメータ補正を段階フィルターに適用しました。
画面上部から下へ、補正効果が弱くなっています。
最後に画面全体の色かぶりを補正して完成。
ド派手な青い風景となりました(笑)


段階フィルターは複数回適用することが出来ます。
簡単な操作で効果は絶大ですね。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« OM-D E-M5で桜を撮る!岡山城編 | トップ | 岡山後楽園の桜が見頃 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。