Take It Easy ~パパールの雑記帳 別館~

身近な自然を感性で切り撮ります

雨の彩り3:岡山後楽園

2016年12月09日 | 紅葉
アップしていない紅葉の写真が山積みです^^;

今回は11月27日に雨の岡山後楽園で撮った写真の続報です
(E-M5Ⅱ+M.ZD 40-150mm F2.8 PRO)






緑の葉の重なりを柔らかく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢幻城

2016年12月08日 | α7Ⅱ
昨日は日の出の前に出た霧があっという間に晴れていきました

時間経過を追って
(α7Ⅱ+MC-11+EF70-200mm F4L)


(α7Ⅱ+FE 50mm F1.8)


(α7Ⅱ+FE 16-35mm F4)


α7Ⅱで使える標準ズームレンズが無いので、レンズ交換が忙しかった^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

α7Ⅱ vs E-M5Ⅱ ボケ比較:実践編

2016年12月07日 | α7Ⅱ
以前フルサイズとマイクロフォーサーズ(m4/3)を使用した場合の画角とボケ方の記事をアップしました

今回は実際のフィールドでの撮影画像の比較です
1カットだけの比較ですがイメージは掴めるでしょう

同じ場所から、極力同じ画角になるように撮影

フルサイズ画像
(α7Ⅱ+MC-11+タムロンSP 90mm F2.8 MACRO)


m4/3画像
(E-M5Ⅱ+M.ZD 40-150mm F2.8 PRO)


α7Ⅱが90mmなので、E-M5Ⅱは45mmにするべきですが、ズームレンズなので46mmになってしまった^^;

画角を同じにした場合、m4/3のF2.8で撮った写真のボケ方は、フルサイズのF5.6の画像と同程度になります
2段違うのでボケ方はかなり違いますね

私の場合、4/3やm4/3を使っている期間が長いので、被写体を探す時、自分の目がm4/3のレンズのようになっている(^^)

つまり、花やキノコなどの主役と、背景の木漏れ日や木々を見つけた時に、何mmのレンズを使えば前後がどの程度ボケるかというイメージが頭に浮かびます
でもそのイメージはm4/3のカメラを通したものなんですよね
いざα7Ⅱのファインダーを覗いた時には、この焦点距離・被写界深度のイメージが大きく異なっているので戸惑ってしまいます

イメージ以上にボケているので、少し絞ったり距離を変更することが頻発^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

師走の彩り:京都府立植物園

2016年12月06日 | 紅葉
12月4日は京都府立植物園へ
2時間に満たない撮影でしたが晩秋の紅葉を堪能しました

大小4つの池が絵になりますね
(E-M5Ⅱ+M.ZD 40-150mm F2.8 PRO)




枯れた蓮と紅葉のコラボ


きれいなカエデもありますね


この日はニッコールクラブの撮影会があるらしく、シニアカメラマンの団体が来ていました
集団を避けながら紅葉のポイントを回ってきました(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ももたろうファンタジー MOMOTAROH FANTASY 2016

2016年12月05日 | 夜景
昨晩大阪からの帰りにJR岡山駅の「ももたろうファンタジー MOMOTAROH FANTASY 2016」を激写

小雨が降っていたので、E-M5Ⅱ+M.ZD 40-150mm F2.8 PROの手持ち撮影




ピンクの桃が目立って、中にいる桃太郎一行の影が薄い(^^)


桃はボカすと可愛い


ボケがいっぱいあって時間を忘れました


雨滴が良い感じ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加