ひねもす まったり…

ぼんやりしてても、頭の中では色々考えてるのです。
そんな頭の中をちょっと覗いていってください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

下呂温泉旅行 <写真多いです>

2007年05月06日 | おでかけ

昨日も書いたように、4月30日・5月1日は『下呂温泉』に行ってきました。

GW中に旅行するなんて、裕福そうに思えますねぇ(笑)。




在来線で京都まで行って、京都から特急「ひだ号」に乗り込み、、、、、

約3時間かけて下呂温泉の駅にたどり着きました。


いやぁ~、電車の中の3時間は長かった!!


北海道では4時間くらい乗ってても平気だったんですけど、やっぱり景色の違いなんでしょうかねぇ?

緑の中を走るわけではなく、在来線って感じで普通に家があり、田んぼがある風景でしたからねぇ・・・







そんなこんなで下呂温泉駅。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



下呂温泉駅





この日、天気はめちゃめちゃ良かったです。

気温も少々暑いくらい。でもまだ桜が楽しめました。



駅近くのぼたん桜



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



ぼたん桜




この日は電車に乗るだけで充分疲れたので、旅館の中と駅付近をウロウロして終わりました。








部屋についてるお風呂



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



お風呂





お宿の名前は ≪水明館≫。


部屋についてるお風呂に入る人なんて、温泉地なんだからあんまりいないだろうに、石造りのお風呂にしてるなんてこだわりなんでしょうかね。


夕食が運ばれてくる前に、ひとっ風呂。。。。と温泉 へGO!





ゆっくり暖まり、の~んびりしていると夕食の時間に。



夕食



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



ご飯







冷酒も頼んでみたり・・・・



冷酒『やんちゃ酒』



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



お酒





辛口の冷酒で美味しかったんですが、この 冷酒のお値段にビックリ! ですよ。


支払いの時に 「ぼったくりや・・・」 としみじみ思ってしまいました。


300ml ビン入りのお酒。

さて、いくらだと思いますか? (← 答えはCMの後!!・・・・ではなく、一番下に)



夕食その2



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



ご飯 飛騨牛







そしてデザート



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



デザート




とりあえずお腹も膨れたし、一服して再び温泉へ。



このホテル、お風呂が3箇所にあるので当然 全部入る! と、決意。




寝る前にもう一度、温泉 につかりましたよ。

あ~、贅沢、贅沢。








そして風呂上りの一杯





↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓





コーヒー牛乳





このコーヒー牛乳、私の求めているやたら甘いコーヒー牛乳じゃなかった。ショック・・・

失意の中 (← おおげさ) 、翌日の観光に備えて就寝。










目が覚めるとそこは、雨の街でした。
あ~あ・・・。


でも観光に出発。

高山に行こうかとも思ったんですが、電車の本数が少ない のでやめました。



駅からちょっと移動したところに『合掌村』というのがあると聞いたので、そこに行く事に。



「白川郷から移築した合掌造りの里」のうたい文句のあるココは、合掌造りの民家をいくつか配置した、やたら広いところでした。





ここでも桜が満開



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



合掌村の桜





こっちは桜だと思っていたら桃でした。



しだれ桃



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



015しだれ桃





やたらと広い村内をテクテク歩くのですが、雨が降っていたので足場が少々悪かったですね。


けれど、山にモヤがかかってて幻想的で、時の流れがいっそうゆったりしたものに思われました。



ただ、やたら鼻がムズムズ、くしゃみが出ました。

これって、スギのせいだったのかな?



家族杉



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



家族杉




上りも下りもカップルに「写真撮って下さい」と頼まれた場所



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



入村記念





村で一番目を引く ≪ 旧大戸家住宅 ≫



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



035旧大戸家住宅




結局、ここに数時間いただけで、下呂温泉を後にしたのでした。



電車内から飛騨川・・と思われる川



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



040 飛騨川





観光するところはないけれど(笑)、本当にのんびりするだけなら温泉に限りますね。


今度は何処の温泉に行こうかなぁ・・






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



・・・・さて、お待たせしました。冷酒のお値段です。
答えは・・・



1700円!

半端じゃない、ぼったくり加減・・・・



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




∮ Web拍手お返事 ∮


5日に2回いただきました。ありがとうございます。




ランキング     
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽しい時間はあと一日 | トップ | 『双頭の鷲』観てきました »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
正直… (ぱんぴー)
2007-07-03 12:31:25
最近ここにTB貼って下さってる方が多いです。
ありがとうございます。

でも正直なところ、水明館の料理、たいして美味しくないですよ。(←毒を吐くなよ)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

おでかけ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
鷲羽山 下電ホテル (四季倶楽部)
四季倶楽部という存在も名前も知りませんでした。 偶然四季倶楽部という名前を聞きまして、調べさせてもらったところもの凄く格安で宿泊できることを知りましたのでどうしても記事にしたくなりました。
温泉三昧 (翔の快・食・健・遊 どきっ!新発見/日替りグッズ)
今回の放浪の旅は、中国山地に抱かれた山里です。 湯原温泉郷に温泉三昧に行って来ました{/usagi/} {/cherry_red/}まずは湯原温泉{/onsen/}です。 まるで川遊び、裸で川に浸る雰囲気、旭川のダムのふもとに、こんこんと湯が噴出しています。 シンボルは、河原に湧...
下呂温泉(げろおんせん)宿・旅館・ホテル ()
下呂温泉(げろおんせん)岐阜県下呂市(旧国飛騨国)にある温泉です。有馬温泉・草津温泉とならぶ「日本三名泉」の一つでもあります。泉質は、アルカリ性単純温泉 下呂温泉へのアクセスは、鉄道の場合は、Jr高山本線下呂駅からすぐ。自家用車利用は、国道41号利用のこ...
下呂温泉と武家諸法度? (旅行き旅々御邪魔します)
下呂温泉情報<br><br>言わずと知れた下呂温泉であるが<br>なぜ「言わずと知れ」ているのか調べてみると<br>江戸時代までさかのぼる。<br>「武家諸法度」の起草にあたった江戸初期の儒学者<br>林羅山(はやし らざん)が挙げた<br><span style=font-size:x-large>日本三名...
“下呂 温泉 水明館”で厳選したホテルをご紹介! (探索して見つけたナイスなホテル!(岐阜編))
“下呂 温泉 水明館”で厳選したホテルをご紹介! !それは、『下呂温泉 水明館(臨川閣)』飛騨の山懐に抱かれ清流飛騨川に沿って建つ水明館は、名実ともに東海を代表する豪華な温泉リゾート空間。気軽に利用で...
下呂 温泉 水明館 (探索して見つけたナイスなホテル!(岐阜編))
“下呂 温泉 水明館”で厳選したホテルをご紹介! !それは、『下呂温泉 水明館(臨川閣)』飛騨の山懐に抱かれ清流飛騨川に沿って建つ水明館は、名実ともに東海を代表する豪華な温泉リゾート空間。気軽に利用できる「飛泉閣」、全室が温泉内風呂付の「山水閣」、木の...
下呂 温泉 水明館 (検索して見つけた便利な『岐阜県』の宿)
“下呂 温泉 水明館”で厳選した宿泊先をご紹介! !それは、『下呂温泉 水明館(臨川閣)』飛騨の山懐に抱かれ清流飛騨川に沿って建つ水明館は、名実ともに東海を代表する豪華な温泉リゾート空間。気軽に利用できる「飛泉閣」、全室が温泉内風呂付の「山水閣」、木の...
くちこみブログ集(国内旅行): 水明館〔岐阜県〕 by Good↑or Bad↓ (くちこみブログ集(国内旅行)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓)
「水明館〔岐阜県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。