oyazi ヘロヘロ日記

フリークライミングとバックカントリースキーの記録

横前倉山 20173/26 もうひと花隊(K尾さん A木さん Oyazi)

2017-03-27 | 山スキー

おじさん達は新天地を求めて小谷村までやって来ました。糸魚川から小谷温泉交差点を右折して北野に向かって山道を走っていきます。民家はあるのに人の気配がありません。

北野部落除雪終了点が登山口です。昨日のトレースが残っていました。今日も元気に登って行きます。しかし鞍部を乗越し南股沢に入った所で読図に失敗し沢を少し下ってしまいリカバリーの為ルンゼを詰め尾根に乗り上げる羽目になってしまった。尾根に乗った後は上に向かって行くだけです。ブナの森が綺麗でした。5時間ほどで山頂に到着です。そそくさとシールを剥がし回り込んで広大な東斜面に入ります。今日もパウダーをいただきました。少し標高を落とすと雪も重くなってきましたがロッカーファット板はまだまだ走ってくれます。細板のK尾さんは板が潜ってしまい苦労していました。前日のトレースにうまく乗れ帰りは南股沢に入ることができ迷うことなく帰る事が出来ました。

初めての場所に来るのは久し振りです。緊張感やら不安もありますがやはり嬉しいものです。帰りの車の中で板の話になりファット板はやっぱ良いとの事でK尾さん新板購入と相成りました。さすがおすすめ上手のA木さんです。

A木画伯のコマ漫画です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大崩山 北東尾根 2017 3/18 もうひと花隊 (M村さん A木さん わさびさん Oyazi)

2017-03-19 | 山スキー

オジサン達の快進撃が止まりません。今回は平湯温泉まで遠征してきました。

平湯キャンプ場を出発する、先行パーティーも大崩山です。1504mの尾根に乗り樹林帯のなかを上って行きます。振り返ると笠ヶ岳が樹間からカッコ良く見えてます。もなかみぎの雪ですが登行には問題ありません。標高を上げて行くと穂高連峰が白く輝いています。先行パーティーがラッセルしてくれたので3時間位で山頂です。

山頂から猫岳に移動しスカイラインの方に向かって一本目を滑ります。谷はやはり今回もパウダーでした。道路のガードレールに板を少しガリちゃいましたがそれもご愛嬌です。1時間かけ登り返して2本目です。レジェンドM村が谷にドロップイン、Oyaziも後を追います。傾斜がありますが美味し斜面ですしかし後続が来ません先の打合せとは一つ前の谷に入った様です。登り返しかと思ったのですがトラバースで尾根に乗り上げること出来て行のトレースに合流そこに滑りこんできた2人と再び出会うこと出来ました。ハーフパイプをガンガン滑って行きます。上り返しの尾根に乗るがシールを張ることもなくすんなりと登り返すことが出来た。そして少しもなかぎみの雪もパウダーに戻っていて林間も楽しく滑ること出来ました。さすがに標高を落とすとガリ雪ですが、レジェンドM村 A木師匠達はまだまだ突っ込んで行く、凄いOyaziは腰が引けます。

今回もパウダーを味わう事が出来ました。今シーズンは週末に天気に恵まれ毎回楽しく山行が出来る。

 A木画伯のコマ漫画です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野谷荘司白谷 2017 3/12 もうひと花隊 (M村さん A木さん わさびさん Oyazi)

2017-03-13 | 山スキー


 

オジサンたちは今週も白川郷にやって来ました今回は野谷荘司白谷です。週半ばで寒気が入り山はすっかりリセットされていました。

朝日を背に受け、白く輝く山に向かって登っていきます。さすが人気の山ですトレースがしっかり付いていてぺースが上がります。オジサンたちは今週も元気一杯だあ。

しっかり野谷荘司山頂も踏みドロップポイントに移動する。まだ今日は誰も谷に入っていない美味しそうな斜面が広がっています。Oyaziが一番で入りました上質のパウダーどこまでも落ちて行きたい気持ちです。他のオジサンたちも次々とドロップイン雪煙を上げておちて来ます。そして誰が言ったのか途中でのぼりかえしてもう一度滑ろうと。シールを貼り直し稜線を目指して登ってきいます。登り切り稜線で休憩タイム、クルミ谷のジャパラスカな風景を見ながらのラーメンタイムです。2度目のドロップイン思い思いに滑って行きます。さすがに標高が落ちると雪も重くなってきてデブリもでてきました。林道はジェットコースターあっという間に車の所に戻って来ました。時間も早かったので久々に温泉につかって帰りました。

さて来週は何処へ行きましょうか、オジサンたちはまだまだ頑張りますよ!

A木画伯のコマ漫画です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弓が洞右又 2017 3/5  もう1花隊 (A木 さん、わさびさん、 Oyazi)& マッハ

2017-03-07 | 山スキー

今週もおやじたちは白川郷にやって来ました。2年ぶりにマッハも参戦です。

いつもの林道を詰め二俣に到着です。谷が割れているので尾根を高巻きして谷に入ります。天気が良く谷は照り返しと無風状態でとても暑いです。この暑さと足の痛さでペースがいまいち上がらずA木さんに先行されますがOyaziも何とか意地を見せ稜線まじかで追いつきました。

稜線を少し移動して目星を付けた谷にドロップイン、北斜面には熟成された新雪が残っています。マッハが地形に当て込んで高速ターンで吹っ飛んで行く、さすがです! 一花隊もそれぞれ北面斜面のパウダーを拾い、楽しみながら滑ってい行きます。標高を落とすと今度はザラメ雪を楽しむ事ができた一日で二度おいしい満足です。帰りは右岸側を滑り込み雪切れもなく国道まで出る事が出来ました。

今週も楽しく滑ることが出来た。これから後半戦気を引き締め事故なく乗り切ろと思う。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シッタカ谷20172/26 A木さん 、源ちゃん夫妻、O橋さん、S田さん、わさびさん、Oyazi

2017-03-03 | 山スキー

2度目のシッタカ谷前回と違いパウダーを頂くことができました。

スーパー朝イチで家をでたのでヘッデンスタートです。ガリ雪の上に新雪がのりシールがスリップして上り難い早々にアイゼン装着です。日が昇ると周りの山々がとてもきれいです。途中でF山岳会の新人S田さんにトラブル発生、ご無事で何よりでした。

3時間ほどで三角点に到着一番乗りです。全員がそろった所で谷にドロップインちょっと底付きがするがパウダーが気持ち好いです。ノドを過ぎたあたりからデブリが出てきたが側面のきれいな斜面を拾いながら滑って行きます。一区切りつた所でテーブルを作りラーメンタイムゆったりとした時を楽しむ。雪も重くなってきてが最後まで滑ることができ車の所にピンポイントで滑り込めた。

スキー靴を新調したのだが踵のとこが合わずとても痛かった、シェル出しをしなければならないかな。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加