脳出血2度目◆認知運動療法の記録

2010年、2度目の脳出血。1度目は2001年、重度右片マヒ・軽い失語症。現在両マヒ、聴覚認知障害、体幹不安定。

鏡を見ずに歯磨き

2016-10-14 11:59:16 | 日記
昨日、訪問歯科で先生によんでいただいたメモである。

-----------------------------------------------------
先日、リハビリの先生から、鏡ばかり見て歯を磨くのは賛成できないというお話がありました。リハビリは、マヒしてわからなくなった感覚を取り戻そうとしているので、鏡を見ることは、「見る」ことに集中して、感覚はおろそかになるんですよね。。。今回は鏡を見なかったりして歯石がたまっているかも・・・
鏡を見ながら感覚を感じるのは、できたらうれしいのですが難しいかったですね。特に上の内側・・・

歯に詰まったもの、取れませんでした・・・
父のいる時に挑戦しましたが、フロスがぬけなくなり、ちょっと慌てました。
何度かやってみようと思います。
-----------------------------------------------------

リハビリで、先生が鏡を見るのはどうだろうか、とおっしゃっていたので気になって書いた。
訪問歯科の先生は少し考えて、全く鏡を見てはいけないのだろうか、口に入れる際に歯ブラシの毛先の方向を目で確認するのはどうだろうかとおっしゃった。

現在どのように磨いているかと言えば、訪問歯科の先生がおっしゃるように、歯ブラシが口に入る方向を目で確認して決めている。全く鏡を見ないようにするには、自信がない・・・ある程度きちんと磨かないと、超音波スケーラーの時間が増えそうで怖い。最近は超音波スケーラーは短時間で終わっている。これはキープしたいと思っている。

感覚が戻ったら、歯ブラシを持つ手も器用に動いて、見なくても毛先の方向を決めることができそうだが・・・今はできないため、歯ブラシを回転させて口にどういれようか、目で見ている。口に入れた後は
歯に毛先が当たっている感覚を感じながら、できるところまで歯ブラシを動かす。

歯磨きはこういう現状だが、リハビリとしてはいいものか、先生に相談したいと思った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発声に体力が要る | トップ | 私が聞いた声とは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL