田舎の小児科医のブログ

田舎でほそぼそと診療している小児科医です。
けが火傷の湿潤療法、ボディソープなどを使わないスキンケア、糖質制限等々

おかゆから始めない離乳食のススメ

2017年01月30日 | こどもの糖質制限




WHO(世界保健機関)は離乳食と言わず、補完食と言っています。
即ち、5-6ヶ月までお乳で足りていたエネルギーと栄養素が、足りなくなりそれを補う食事ということです。
足りない栄養素の一番は鉄です。母乳には鉄分がほとんど無く、生まれたときにお母さんから貰った鉄が薄まっています。


さて補完食とは完全を補う食という意味です。完全とは母乳であり、そのカロリーの半分近くが脂質です。
さらに脂質の半分はバターやラードと同じ飽和脂肪酸です。赤ちゃんは脂食いであり、脂が消化できないなんて全く根拠がありません。



ところが、15年ほど前に出された厚労省の離乳食ガイドにはおかゆ(米)から始めると書いているではありませんか。お米には脂質、タンパク質など体を作るために必要な栄養素は殆どありません。鉄を含めミネラルも殆どありません。それをお粥にするとさらに薄まります。



実際の離乳マニュアルの流れです。完全を補っている食事でしょうか。また、非常めんどくさい 指示になっています。

http://www.asahi.com/msta/articles/ASH5753XKH57UEHF00R.html
リトアニアで赤ちゃんをお生みになった方のwebページです。離乳食のわりと初期の段階から、お肉をしっかり取り入れることが推奨されています。赤ちゃんに不足しがちな鉄分を補う意味も含めてレバー肉、そして特に仔牛やウサギ肉が勧められています。これが世界の普通なんです。



おかだ小児科医院では豚バラ肉をフライパンで焼いて、ペースト状にしスープか出汁で伸ばしたものを食べさせるように指導しています。おかゆに顔を背けていた、赤ちゃんもバクバク食べます。



体重増加不良でみえられた当院の症例です。お母さんが風邪を引いて、内科を受診したところ感冒薬を投薬され「授乳を避けるように」指示されました。体重が減ってきたので市の保健師に相談すると「おかゆを与えるように」言われましたが、このように体重増加はあまり良くなく、当院を受診されました。豚バラペーストを指導したところ、このように見事に体重増加が良好になりました。
その後転居されましたが、数年後、下の子にも同じように離乳食に肉を与え、10ヶ月検診で保健師に褒められ食事内容を訊かれたところ、
「お肉」と嬉しそうに答えたところ
保健師は「ダメヨ赤ちゃんはお肉が消化できないから」といい
母親が「下痢も便秘もしていません。すごく成長発達良好っていわれたじゃないですか」と言っても
保健師は半分怒りながら「でも絶対ダメ~」と言われたそうです。


沖縄の肉食ベビーです。このような食事をしているとこうなります。
このドヤ顔見てください。9ヶ月だそうです。


最近の写真です、1歳11ヶ月になりました。非常に発達発育が良好で、特にメンタルの安定度が高いです。

Facebookの【MECで離乳食】ページです。
おかゆから始めない離乳食で育った赤ちゃん【肉食ベビー」は成長発達が良好です。特にメンタルが安定していると感じます。
10ヶ月検診できくと肉食の子は「人見知りをしにくい」「駄々をこねない」「すぐ泣き止む」ことがおおいです。お母さんも育てやすいと仰っています。
また、食事の支度も楽になったと言われる人が多いです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子どもの糖質制限についての... | トップ | 新春随想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。