■□■ Office2010(Word2010 Excel2010)を楽々使おう! ■□■

パソコン教室講師からのワンポイントアドバイス
これでワード2010 エクセル2010はらくらく使える!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

線の書き方(Wordの図形)

2006-06-14 12:35:36 | ★Word
Wordで赤くて太い破線を描きたいとします。
パソコンの図形は、一度で目的のものを描こうと思ってはだめで、一度書いた基本の図形(黒くて細い線で塗りつぶしが白)をあれこれと変更していきます。

▼Word 2007「線の描き方」
Word2007では、「ツールバー」が「タブとリボン」という仕組みに変わっています。まず「挿入」タブをクリックして、図形を選んで挿入します。もう「描画キャンバス」は出てきません。


図形を選択した時に「図形描画ツールバー」の代わりに「描画ツール」が出てきます。
「線の色」ではなく「図形の枠線」というボタンから色を変えます。(たくさんの色が使えるようになっています)
線の色を変え・・・


線の太さを変え・・・


線の種類を変えます。


オートシェイプの種類も、扱える色数もずいぶん増えたのですね!

<参考>
▼Word 2003「線の描き方」
以前は一本の黒い線を描くところからはじまりました。
画面に図形描画ツールバーを出しておきます。通常はWord画面の下方に出ます。その中から「直線」ボタンをクリックし、白い用紙の上でドラッグします。
まっすぐ引きたい場合は、Shiftキーを押しながら・・・。


線の色を変え・・・


線の太さを変え・・・


線の種類を変えます。


というように、図形描画ツールバーのボタンを順番にクリックしていました。


目次はこちら



ジャンル:
ウェブログ
キーワード
ツールバー オートシェイプ
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 関数の入り口 | トップ | Wordの表示タブ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。