NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会 公式ブログ

八王子市認定 滝山観光おもてなしボランティアガイド団体「ウジテラーズ」滝山城跡の下草刈りを毎月実施しています

動画 2017年2月19日 滝山城跡下草刈り 「出丸」三段目の曲輪「ここは滝山公園」

2017-02-19 22:22:00 | 下草刈り日誌
【作業場所】
「出丸」周辺・本丸から三段目の曲輪

【会員参加者】
尾熊、中田、北原、下山、原田、金子(健)、長嶺、鈴木(F)、増子、
谷津(1号)、谷津(2号)、奥村、鈴木(M)、大久保、橋本、中野(16名)

【お手入れボランティアさん】
4名

「中ノ丸」に集合しました。
前回の下草刈り1月と比較すると寒さも少しやわらいだようです。
その陽気のせいか今日は20名もの人たちが集まりました。
人数が多くなると互いに接近して作業することが多くなるので
朝礼時に事故がないよう安全確認をしました。


ところで「滝山城跡」は「滝山公園」であって「滝山城址公園」ではないのです。
それはただの名称であり、たいした事ではないように思えますが
実は「公園」なのか「城址公園」であるのか
この位置づけがとても重要。
「城址公園」でないが故に問題がある。

あっ、この話これ以上はやめときます。

滝山城から多摩川を望む(本丸から)
この景色、いつ見ても気分爽快になります、特に天気のいい日は。


準備体操も終えて作業場所「出丸」に移動しました。
本丸直下、二段目の曲輪から本丸方面。
現在「出丸」周辺はこのようにとても綺麗な状態です。


今回の作業場所はここ、本丸から三段目の曲輪です(少し下草を刈った状態)。


この場所は篠竹におおわれ上からも下からも殆ど見えませんでした。
正面は二段目の曲輪方面、


でも、滝山城の雑兵どもが修復しました。「素晴らしいでしょ、この眺め」


その曲輪を二段目の曲輪から見おろすと・・・結構広いです。


ここは二つの竪堀を連結する横堀。


ここに問題あり!数年間横たわっていた倒木を撤去しました。
やろうと思えばとっくにできたのに何故今までやらなかった?


奇麗になった滝山公園を見るのは最高


「出丸」周辺いいです。3月も引き続きこの辺りを徹底的にやりますよ!


作業の様子は動画でご覧ください。
活動における下草刈りや樹木の間伐は、自然環境に配慮しながら
城址としての景観回復・維持、訪れた人が気持ちよく散策できるような城址公園に
するために実施しています。


2017年2月19日の活動【視聴時間 7:04】


2017年1月29日の活動【視聴時間 7:53】


2017年1月15日の活動【視聴時間 10:34】


2016年12月18日の活動【視聴時間 6:25】

2016年11月20日の活動【視聴時間 10:39】


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滝山城跡下草刈りボランティアさん募集! 毎月第3日曜日 東京都八王子市

2017-02-14 22:24:00 | News
≪城のお手入れ in 滝山城跡 東京都八王子市≫ 滝山城跡の景観回復と維持

わたくしたちNPO法人滝山城跡群・自然と歴史を守る会は
毎月第3日曜日の 9:30~15:00 に、滝山城跡の「堀」、「土塁」、「曲輪」など城の遺構がよく見えるように下草刈りを行っています。
そのお手入れを手伝って頂ける"滝山城跡 お手入れボランティアさん"を募集しています。

多くのご参加お待ちしてます 

下草刈りの経験なくても大丈夫です!
ボランティア参加は年齢・性別問いません。
滝山城に興味ある方、城マニア・城ガール、歴女の皆さん、
健康のためにカラダを動かしたいアナタも参加してみませんか!

参加者は地元の八王子市民だけではありません。
八王子市周辺の市・都内23区からも参加しています。
歴史や城に興味がなくても大丈夫ですよ。
山仕事が好きな方も是非ご参加ください。

参加ご希望の方は、ホームページ “ よみがえる滝山城 “ の
「お問い合わせ」ページ画面
のフォームに必要事項と、
“ 件名 ”の欄に「お手入れボランティア参加希望」と入力して送信してください
折り返し担当者からご連絡いたします。

「参加しようか迷っている方は予約無しで当日急に来て頂いてもOKです

鎌など山の道具は会で用意していますので手ぶらで参加できます
 昼食のお弁当は各自でお持ちください。
服装は山での作業に適したそれなりの服装でお願いします。
事前にご質問などありましたら、お申し込み時または
当ブログのコメントから遠慮なくご質問ください。

山の作業に適した服装とは?
長袖・長ズボン、丈夫な靴、手袋(皮製や内側がゴムの手袋が好ましい)、
帽子、(作業内容により)ヘルメット、目を保護するゴーグルなど


NPO法人というと堅苦しイメージをお持ちになるかもしれませんが、
楽しく活動していますのでお気軽にご参加ください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年1月29日 滝山城跡下草刈り 「本丸・出丸から滝集落への通路」いいね!枡形虎口

2017-01-30 20:00:00 | 下草刈り日誌
【会員参加者】
中田、北原、原田、長嶺、鈴木、増子、中野(7名)

【お手入れボランティアさん】
2名

【作業場所】
本丸・出丸から滝集落への虎口

日曜日が5週ある月は、第5日曜日も滝山城跡の下草刈りを実施しています。
なので今回もまた滝山城にやってきました。
参加者が少ないのは残念。
しかし作業は、はかどりました。

今回の作業場所はここです。
正面は「出丸」、手前が「本丸」。この堀切の間を右に入ったところです。
「出丸」の形状がくっきりと分かります。


左「出丸」、右「本丸」。
その間から中に入ると・・・


かなりの高低差があることに気づきます。ここから「滝集落」への通路があります。


今回の作業はこのあたりの下草刈りと廃木の片付けです。

虎口部分に無造作に竹などの間伐された木が置かれ、
その形状が見えなくなってしまっています、これは残念 黄色矢印部分


これらの廃木を右の方に移動しました。ご覧のように虎口がはっきりと見えます。
次は赤矢印のところ。草でよく見えませんが・・・


・・・このように、ここは本丸から土塁が続いています。


その土塁の上から虎口部分を見おろしてみました。
赤線は土塁、
黄線は通路、
いいね!枡形虎口。
右が滝集落方面です。


「滝集落への通路・枡形虎口」
滝山城跡に来て出丸まで来る人は少ないようですが、
ここまで入る人は更に少ない。
薄暗い場所なので入るのがちょっと薄気味悪いかもしれませんが、
滝山城跡に来たときは、ここも見逃さないようにしてくださいね


作業の様子は動画でご覧ください。
活動における下草刈りや樹木の間伐は、自然環境に配慮しながら
城址としての景観回復・維持、訪れた人が気持ちよく散策できるような城址公園に
するために実施しています。


2017年1月29日の活動【視聴時間 7:53】


2017年1月15日の活動【視聴時間 10:34】


2016年12月18日の活動【視聴時間 6:25】

2016年11月20日の活動【視聴時間 10:39】


2016年10月16日の活動【視聴時間 11:47】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動画 2017年1月15日 滝山城跡下草刈り「出丸」周辺 こんな人たちが活動しています(^_-)-☆

2017-01-21 18:20:00 | 下草刈り日誌
2017年1月15日の定例活動 下草刈りは「出丸」周辺で作業を実施しました。
滝山城跡に訪れて「出丸」まで見に行かない人もいるようですが、
それはではモッタイない。
「出丸」周辺では城の巧みなナワバリを見ることができます。
現在、下草刈りを行ったばかりなので遺構が見やすくなっています。
「出丸」は「本丸」にある金毘羅神社の裏から行くことができます。

小寒から大寒 厳しい寒さの時季
じっとしていると寒いですが動けば体は温まりました。
作業中は寒さを感じません。
黙々と作業する人もいれば、
おしゃべりしながらの人もいる。
笑い声が聞こえる。
安全第一、怪我がなければOK!
何が彼らを動かすのだろう、活動の原動力は何?

作業後キレイになったのを見ると達成感ありますね

作業の様子を撮影した動画です。
2017年1月15日の活動【視聴時間 10:34】

活動における下草刈りや樹木の間伐は、自然環境に配慮しながら
城址としての景観回復・維持、訪れた人が気持ちよく散策できるような城址公園に
するために実施しています。


2016年12月18日の活動【視聴時間 6:25】

2016年11月20日の活動【視聴時間 10:39】


2016年10月16日の活動【視聴時間 11:47】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年1月15日 滝山城跡下草刈り 「出丸」周辺が見ごろです!まだ見てない人、是非見に来てくださいね

2017-01-15 22:00:00 | 下草刈り日誌
【会員参加者】
西山、中田、原田、金子(健)、長嶺、下山、
奥村、鈴木(一)、橋本、谷津、高橋、生源寺、
矢島、増子、谷津、鈴木、中野(17名)

【お手入れボランティアさん】
1名

【作業場所】
出丸周辺

久しぶりの「出丸」周辺での作業でした。
冬ということもあり、
それほど草は茂っていませんでした。
また、参加人数も多く
広範囲に渡り作業することができました。

「出丸」周辺がキレイな状態です、今が見ごろですよ。

昨年8月 高尾山のふもとで開催された
「TAKAO 599 祭り」で大好評だった
ウジテラーズの甲冑試着コーナー。
その時は大人用の甲冑しかなかったのですが
会員有志が子供が着用できる
ミニサイズの甲冑を数体製作しました。
これはその一部です。

親子で甲冑を着て記念撮影ができます。


楽しんで頂けることでしょう


さて、こちらは今日の作業成果です。

1.出丸 作業前


1.出丸 作業後


2.出丸 脇の曲輪 作業前


2.出丸 脇の曲輪 作業後


3.壁部分 作業前


3.壁部分 作業後


4.壁部分 反対側から 作業前


4.壁部分 反対側から 作業後


5.「本丸」金毘羅神社の下部 作業前


5.「本丸」金毘羅神社の下部 作業後


6.「本丸」直下部分もキレイになりました


作業成果、いかがでしょうか。
二本の竪堀が連結する横堀は
キレイな状態でしたので
この部分は作業しませんでした。

夏頃にはまた草が伸びてしまうので
その前に「出丸」周辺をみにきてくださいね

今月1月29日(日曜日)も下草刈りがあります
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動画 2016年12月18日 滝山城跡下草刈り 今まで見えなかった場所、仕上がりました!

2016-12-26 21:30:00 | 下草刈り日誌
【会員参加者】
西山、尾熊、中田、原田、金子(健)、長嶺、
下山、北原、奥村、鈴木、中野(11名)

【お手入れボランティアさん】
9名

【作業場所】
無名の曲輪・東側
ここです、丸印の場所


今年最後の下草刈りとなりました。
いつものように千畳敷に集合。
滝山城はすっかり冬の景色でした。


前回までに整備した場所です。草が枯れて遺構がはっきりと見えます。
これでとりあえず来年の3月頃まではよく見えるでしょう。
遺構観察はこの季節がいいですね。
左端は、「二の丸」の巨大な堀。


今回は引き続き堀の中と
その堀を見下ろす曲輪も刈り払い機でキレイにしました。
【作業前】


【作業後】
草はあまり伸びていませんでしたが、
これでより気持ちよく曲輪の中に移動できます。
上から堀の深さと規模を実感してみてください。


こちらは「三の丸」南側端
奥の篠竹を刈りました。


作業後
写真だとあまり変わらないようにみえますね(-_-;)


この部分は土塁ではなく「曲輪」なのです。
刈ってみないとよく分からないですよね。


「三の丸」から見たところ。
下が堀で、奥が曲輪部分。
本当はもっと奥まで刈りたいのですが
地権のことがあるので
この位でストップ。


今回、多くのボランティアさんに参加していただきました。
おかげさまで「無名の曲輪・東側」部分を仕上げることができました。
数ヶ月前まで全く見えなっかた場所です
お好きな方、是非見にきてください。


来年1月は、「出丸」周辺で作業を実施する予定です。

作業の様子を動画でご覧ください。【視聴時間 6:25】
2016年12月18日の活動

樹木の間伐や下草刈りは、自然環境に配慮しながら
城址としての景観回復・維持、訪れた人が気持ちよく散策できるような城址公園に
するために実施しています。


2016年11月20日の活動【視聴時間 10:39】


2016年10月16日の活動【視聴時間 11:47】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八王子フォトロゲイニング滝山 平成29 年2 月26 日(日)開催 申し込み期限が延長されました

2016-12-26 21:00:00 | News
「ふぉとろげいにんぐ?」
フォトロゲイニングとは
地図をもとに、制限時間内にチェックポイントを回り、
見本と同じ写真を撮影して得点を集めるスポーツ。
遠い場所や探しにくい場所ほど高得点が設定され、合計点を競うスポーツ。
「初めて知りました、オリエンテーリングと似てるな」。
※オリエンテーリングは、チェックポイントを順番に回り、
ゴールまでの所要時間を競うスポーツ。

日本で初めてオリエンテーリングが開催されたのは今から50年前の高尾山。
高尾山が“オリエンテーリング日本発祥の地”だったこと、これもまた初めて知りました、

八王子市のホームページ(市長記者会見PDF)によると
国史跡の滝山城跡がある八王子市北部の加住地区で
「八王子フォトロゲイニング滝山」を2017年2月に開催するそうです。
開催にあたっては地域住民と連携し特別ルールを設けるなど、
この地区ならではの楽しみ方を提供するということ。
特別ルール:エリア内に出現する甲冑を身に着けた武士を見つけ、一緒に撮影すると30 点を加点

開催日時:平成29年2月26日(日)午前10時スタート(雨天決行・荒天中止)
実施予定エリア:加住市民センターを含む5 ㎞×7 ㎞程度の市内
チェックポイント 39 か所(総得点1,000 点+ボーナス点)
制限時間 3 時間

参加するには申し込みと参加費用が必要です。
申込期間:2016年11月01日 ~ 2016年12月16日 2017年1月13日まで延長

ところで・・・特別ルールのエリア内に出現する甲冑を身に着けた武士!
それウチら「ウジテラーズ」のこと?


申し込みはこちらからのようです
SPORTS ENTRYホームページ
https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/67901
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『お城EXPO 2016』 国内初の“城”をテーマにした総合イベント 12月23日~25日 ☆彡 クリスマスはこれできまり ☆彡

2016-12-20 10:00:00 | News

国内初の“城”をテーマにした総合イベント『お城EXPO 2016』が
12月23日(金・祝)~25日(日)に開催されます。

城好きの皆さん!☆彡クリスマス☆彡は横浜に集まろう

『お城EXPO 2016』は、城郭文化の振興と発展、城郭を擁する地域の観光振興、そして城郭を擁する地域の方々と、それを支える城好きの方々との交流を目的として開催いたします。城好き必見のお城シアターや全国各地から厳選した城絵図や精巧なお城の模型、浮世絵などの貴重な展示をはじめ、お城をテーマにしたフォトコンテスト、日本100名城に選定されている城郭の観光情報や特産品のコーナーなど、たくさんの企画が予定されています。


【『お城EXPO 2016』概要】
名称  : お城EXPO 2016
開催日時: 2016年12月23日(金・祝)~12月25日(日) 10:00~18:00
      (入城は17:30まで)
開催会場: パシフィコ横浜 会議センター
      (神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
主催  : お城EXPO実行委員会、公益財団法人日本城郭協会、
      株式会社ムラヤマ、株式会社東北新社、パシフィコ横浜
後援  : 経済産業省、観光庁、神奈川県、横浜市、日本政府観光局(JNTO)、
      朝日新聞社、読売新聞社、神奈川新聞社、tvk、
      ヒストリーチャンネル(TM)、一般社団法人日本旅行業協会、
      日本忍者協議会、北条五代観光推進協議会、
      全国山城サミット連絡協議会
協力  : 日本出版販売株式会社、クラブツーリズム

<テーマ展示>
●浮世絵に見る攻城戦展
日本城郭協会が所蔵するお城や武将を舞台にした実物の浮世絵を展示します。

●厳選城絵図&お城模型展示
全国各地から厳選した城絵図と精巧に復元されたお城の模型を展示します。

●日本100名城写真展
日本城郭協会選定の日本100名城の写真の一斉展示を行います。

●熊本城復興支援コーナー
熊本地震で被災した熊本城の復興支援コーナーとして、熊本城の復興の様子等の展示を行います。

●お城シアター
お城に関する厳選された数々の映像を一挙に上映します。

●お城EXPO検定
ここでしか受験できない、城郭検定の特別版。
検定後は、日本城郭協会講師から直接解説が受けられます。
受験をご希望される方は、『お城EXPO検定』ページよりお申し込みください。
料金  : 一般5,500円、中学生以下4,000円(入城料と受験料含む)

●城めぐり観光情報ゾーン
お城めぐりに役立つ、お城のとっておき情報や周辺観光情報などを発信します。
お城のゆるキャラも大集合。

●城下町 特産・名産品即売会
お城にまつわるご当地商品や地域の特産物、お城EXPO限定グッズ等を販売します。

●お城EXPOフォトコンテスト
お城をテーマにしたフォトコンテストを開催し、応募作品の展示と優秀作品の表彰を行います。
2016年10月22日(土)に『お城EXPO 2016』WEBページにて受付を開始予定。
詳しくは、WEBページをご覧ください。

●ワークショップ
写真や模型などお城のさまざまな楽しみ方を、気軽に参加できるワークショップで紹介します。



<厳選プログラム>
お城のスペシャリストたちが登壇するここでしか聞けない貴重な講演会・フォーラム・トークショーなどの厳選プログラム。12月24日(土)に開催するトークショーでは、春風亭昇太さんにご参加いただき、城郭考古学を専門とする考古学者の千田嘉博さん、城郭ライターの萩原さちこさんとともに、お城について熱く語っていただきます。
※これらのプログラムへのご参加をご希望される方は、プレミアム入城券をお買い求めください。

●12月23日(金・祝)
11:00~11:50  講演会「加藤清正の戦いと城」 小和田哲男
13:00~13:50  講演会「天守と櫓について」 三浦正幸
14:10~15:00  講演会「石垣と土塁について」 加藤理文
15:30~17:30  フォーラム「熊本城の過去・現在・未来」
        小和田哲男、三浦正幸、加藤理文、
        鶴嶋俊彦(熊本城調査研究センター)、
        コーディネーター萩原さちこ

●12月24日(土)
11:00~12:30  トークショー「山城の魅力を語る!」
        千田嘉博、春風亭昇太、萩原さちこ
13:30~14:20  講演会「秀吉の小田原攻めの意義と背景」 黒田基樹
15:00~17:00  フォーラム「小田原攻めの実態に迫る」
        小和田哲男、諏訪間順、伊東潤、コーディネーター黒田基樹

●12月25日(日)
11:00~11:50  トークショー「城を極める!城で遊ぶ!I」
        二宮博志、畠中和久、萩原さちこ
13:00~13:50  トークショー「信長が登用した穴太衆とその石垣」
        粟田純徳(穴太衆末裔)、萩原さちこ
14:10~15:00  講演会「江戸城の石垣と石丁場」 萩原さちこ
15:20~16:10  講演会「真田三代の城と真田丸」 平山優
16:30~16:55  トークショー「城を極める!城で遊ぶ!II」
        香川元太郎、萩原さちこ
17:05~17:30  トークショー「城を極める!城で遊ぶ!III」
        坂本昇治、萩原さちこ

・『お城EXPO 2016』実行委員会委員長
公益財団法人日本城郭協会 理事長 小和田哲男
講演会/シンポジウムにて登壇予定

・城郭ライター
編集者 萩原さちこ
城好きのための講演会/シンポジウムをプロデュース

最新リリース情報はこちらです
https://www.atpress.ne.jp/news/114415


※ 掲載文章・バナー等は主催者様承認のうえ使用しています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

動画 2016年11月20日 滝山城跡下草刈り 「遺構確認と信濃曲輪からのビューポイント」

2016-11-24 18:45:00 | 下草刈り日誌
2016年11月20日に実施した、滝山城跡下草刈り活動の動画です
作業した場所は、千畳敷の通路を挟んだ反対側にある
無名の曲輪・東側にある堀です。
数ヵ月前までは全く何も見えなかった場所ですが
整備したことにより新たな遺構が確認できました。
また、信濃曲輪からは滝山合戦のとき武田信玄が陣を張ったという
「拝島大師」が望めるビューポイントを作りました。
堀の中や堀の上から撮影してまいす。
また人物にもフォーカスして撮影しました。
こんな人たちが活動しているんだ、
こんなことをやっているんだと
その場の雰囲気や臨場感が伝わるでしょうか?
よろしかったらご覧ください。
興味が湧いたら毎月第3日曜日に実施している
下草刈り活動に参加してみませんか?
NPO法人の正会員も募集しています。
「滝山城跡の保存と活用に貢献してみようという方」
よろしくお願いします。
お問い合わせは、ホームページ “ よみがえる滝山城 “ の「お問い合わせ」ページ画面まで

2016年11月20日【視聴時間 10:39】

樹木の間伐や下草刈りは、自然環境に配慮しながら
城址としての景観回復・維持、訪れた人が気持ちよく散策できるような城址公園に
するために実施しています。


こちらは2016年10月16日の活動てす。【視聴時間 11:47】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年11月20日 滝山城跡下草刈り 新たな遺構の出現「でっぱり」、絶景じゃ!新たなビューポイント「拝島の森」

2016-11-22 23:49:00 | 下草刈り日誌
毎月の定例活動 滝山城跡の下草刈りを実施しました。
正確にに言うと今回は下草刈りではなく
斜面にある木の間伐です。
間伐することにより見通しがよくなり城の遺構観察がしやすくなります。
作業場所はここ、
無名の曲輪・東側
丸印の場所です。


今月の活動に参加した会員はこの人たち。
西山、尾熊、中田、原田、下山、生源寺、長嶺、鈴木(一)、
北原、金子、戸松、大久保、鈴木、中野(14名)

そして感謝、感謝の
【お手入れボランティアさん】が4名

9時半に千畳敷に集合して今回の作業内容の説明などを確認します。
お手入れボランティアさんには自己紹介していただき、
準備運動をしたら作業場所へ移動。


まずは今回の作業成果を次の2枚の写真で報告します。
作業前:右側の方にご注目を。二の丸・南馬出しから作業前の場所を写しました。


作業後:右側の方にあった木がキレイに片付けられました。
ここで見逃さないようにして頂きたいのは、
右の曲輪からでっぱった箇所があることです。
さて、これはどのような城の遺構なのでしょうか?


無名の曲輪からはこのように見えるようになりました。
中央奥が二の丸・南馬出しです。
下は堀のなかです、それにしても深くて幅広の堀だ。
(堀が深いのはあたりまえか・・・)


作業の様子です

右の背の高いお兄さんはAmericaから参加のJCastleさん。
いろいろ話しができて(日本語で)仲良くなれました。


間伐で伐った木にロープをかけて引きずり降ろしているところ。
枝は左の人がやっているようにパチンパチンと切っていきます。


休憩時に会員のお姉さんから手作りパンのさしいれがありました
これで体力回復だ!


梯子を使って枝打ち、
「危ねーな、無理しなくていいよ」
それにしても堀の規模がすごい
刈ってみるまで分からなかったよ。
二の丸・南側の堀も見ごたえありますが、この堀もそれに劣りません。


切った小枝は堀の中に整列していきます。


他に移動できる場所がないので
見た目が悪くならないようにしています。


急斜面にはりついての作業は足の筋力が必要だ。
運動不足だとふくらはぎがつる。


「でっぱり」部分
今まで見えなかったところが見えるよになりました。
隠していたわけではありませんが今回初公開です、
見にきてください。
そして波打つ堀底を歩いてみてください。


ここも今までよく分からなかった部分。
桝形虎口、右に曲がります。
今はこうして分かりますが正面に茂った草を刈るまで
ハッキリとわかりませんでした。
今までは左に曲がるように通路がつけられていました。
しかし、それでは横矢がかからない、
右に曲がるのが正しい道。
左への道には丸太を置いて通行止めにしました。


作業終了
新規女性会員も最後まで頑張りました。
12月もこの場所で作業予定です。
次回でこの場所を仕上げます。
興味ある方、来月12月18日の下草刈りにご参加ください。


滝山城の秋

大馬出し


二の丸・南側の堀


大池


信濃曲輪


オジサンたちが「オッー、絶景じゃ」と言いながら騒いでいる、何を見ているの?


滝山城跡に眺めのいい新たなビューポイントができました
それは信濃曲輪からの展望です。
本丸、中の丸、山の神曲輪からの展望とは少し違った角度の展望です。
多摩川の対岸、昭島市拝島方面
滝山合戦のときに武田信玄が陣を張った拝島の森(拝島大師)が右の方に見えます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歴史講演会のご案内 平成28年11月23日(水・祝日) 講師:三池純正氏・中田正光氏

2016-11-21 08:20:00 | News
NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会 設立10周年記念
国指定史跡 滝山城跡 指定65周年記念
都立滝山公園開園 30周年記念

連続歴史講演会「戦いの世を生きる」シリーズ
第11回歴史講演会

第1部 大河ドラマ「真田丸」から戦国を見る
講 師  三池 純正 氏(戦国史研究家・作家)
 大河ドラマ「真田丸」で描かれる真田の歴史はどこまで真実か?真田忍者は実在したのか?大坂の陣で真田信繫が築いた真田丸とはどんなものだったのか?
『智謀の一族真田三代』『大坂の陣秀頼と七将の実像』『真田幸村と大坂の陣』の著者が、真田家の歴史や大坂の陣について時間の許す限り語ります。

第2部 合戦の裏に人取りの習俗を追う
講 師  中田 正光 氏(中世城郭研究家)
 華々しい合戦 の裏では常に弱者が犠牲を強いられていた。教科書にもほとんど載らない弱者の立場から、「人取り・拉致・かどわかし」の習俗を眺めてみたい。
・秀吉の小田原攻めの戦場で人身売買 ・朝鮮半島の戦場で人取り ・関ヶ原の戦いで人取りに夢中になる徳川軍と石田三成軍の兵士 ・大坂の陣で敵も味方も人取りに没頭する戦場

どなたでもご参加いただけます (予約不要・当日先着順 受付開始12:40)

日 時:平成28年11月23日(水・祝日) 13:00~16:30 (受付開始12:40)
会 場:八王子市加住市民センター・多目的室(八王子市加住町1-338)
定 員:114名(予約不要、当日先着順)
受講料:500円
連絡先電話:090-4390-7831(西山)
Eメール:nihojyo@yahoo.co.jp
ホームページhttp://takiyamajo.com/


【加住市民センターへの交通のご案内】
京王八王子駅バス停4番乗場または
JR八王子駅北口バス停12番乗場から
西東京バス
[ひよどり山トンネル経由]戸吹行き
[ひよどり山トンネル経由]戸吹スポーツ公園入口行き
[ひよどり山トンネル経由]サマーランド行き
[ひよどり山トンネル経由]秋川駅行き
のいずれかに乗り、「滝山城址下」バス停で下車、徒歩約5分です。
駐車場に限りがありますので、公共交通機関をご利用ください

< 主 催 > :NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会
< 後 援 > :加住地区町会・自治会連合会、滝山城跡文化協会
< 協 力 > :西武・多摩部の公園パートナーズ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滝山城跡下草刈りボランティアさん募集!毎月第3日曜日 東京都八王子市

2016-11-17 21:58:22 | News
≪城のお手入れ in 滝山城跡 東京都八王子市≫ 滝山城跡の景観回復と維持

興味ある方は是非ご参加ください。

わたくしたちNPO法人滝山城跡群・自然と歴史を守る会は
毎月第3日曜日の 9:30~15:00 に、滝山城跡の「堀」、「土塁」、「曲輪」など城の遺構がよく見えるように下草刈りを行っています。
そのお手入れを手伝って頂ける"滝山城跡 お手入れボランティアさん"を募集しています。

多くのご参加お待ちしてます 

下草刈りの経験なくても大丈夫です!
ボランティア参加は年齢・性別問いません。
滝山城に興味ある方、城マニア・城ガール、歴女の皆さん、
健康のためにカラダを動かしたいアナタも参加してみませんか!

参加者は地元の八王子市民だけではありません。
八王子市周辺の市・都内23区からも参加しています。
歴史や城に興味がなくても大丈夫ですよ。
山仕事が好きな方も是非ご参加ください。

参加ご希望の方は、ホームページ “ よみがえる滝山城 “ の
「お問い合わせ」ページ画面
のフォームに必要事項と、
“ 件名 ”の欄に「お手入れボランティア参加希望」と入力して送信してください
折り返し担当者からご連絡いたします。

「参加しようか迷っている方は予約無しで当日急に来て頂いてもOKです

鎌など山の道具は会で用意していますので手ぶらで参加できます
 昼食のお弁当は各自でお持ちください。
服装は山での作業に適したそれなりの服装でお願いします。
事前にご質問などありましたら、お申し込み時または
当ブログのコメントから遠慮なくご質問ください。

山の作業に適した服装とは?
長袖・長ズボン、丈夫な靴、手袋(皮製や内側がゴムの手袋が好ましい)、
帽子、(作業内容により)ヘルメット、目を保護するゴーグルなど


NPO法人というと堅苦しイメージをお持ちになるかもしれませんが、
楽しく活動していますのでお気軽にご参加ください!

2015年の下草刈り活動の様子をスライドショーにしました。
「滝山城跡下草刈り 2015年総決算映像」


「ウジテラーズ」発足記念スライドショー NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年10月16日 滝山城跡下草刈り 「見たことないのが見えたよ」 刈ってみたらでた!再び

2016-10-16 22:00:00 | 下草刈り日誌
【会員参加者】
西山、尾熊、中田、原田、高橋、下山、生源寺、
北原、奥村、橋本、谷津、戸松、大久保、中野(14名)

【お手入れボランティアさん】
7名
最近は親子で参加するボランティアさんが増えてきました。
家族4人で参加のお手入れボランティアさん
一番左はウチの副理事長


【作業場所】
無名の曲輪・東側
ここです、丸印の場所


作業開始
「二の丸側」に向かって刈っていきました。前が全く見えません。


この篠竹をすべて刈りました


だいぶキレイになってきました。正面は「二の丸」方面。
撮影で立っているところは曲輪だそうです。
この曲輪が堀とともに「三の丸」方面に背後へ長く続いています。


左斜面の篠竹も刈りました。
この状態は城の景観が回復したと言えます。


堀も相当埋まっていると思われます、奥に見えるのが今回見えてきた土橋です。
やっぱり刈ってみないと分からないものですね。
動画に中田先生の説明があります。


堀のなかは凹凸があります。何を意味する?


作業終了「二の丸」側から見下す堀底です。
長く幅が広い堀であることがわかりました。
今後「無名の曲輪」からも見下ろせるように整備していきます。
年間事業計画により10月は2回下草刈りを実施することになっています。
10月30日(日曜日)にもう一回この場所で作業をする予定です。



作業の様子を動画でご覧ください。【視聴時間:11:47】
NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会 滝山城跡下草刈り 2016年10月16日


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

イベント告知 「滝山城跡徹底ガイド」 を開催します! 平成28年11月6日(日) 予約不要

2016-10-14 18:00:00 | News
NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会設立10周年記念
国指定史跡 滝山城跡 指定65周年記念


「滝山城跡徹底ガイド」

縄張りを学びながら、滝山城跡を歩く

主 催 NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会

・日 時 平成28年11月6日(日) 10時~15時
※小雨決行、荒天中止

・集合場所 滝山観光駐車場(滝山街道「丹木町三丁目」交差点角、
「滝山城址下」バス停より徒歩1~2分)
・参加方法 事前申込み不要 当日滝山観光駐車場にて9時40分より受付を開始します
・参 加 費 500円(資料代・保険料)
・服 装 等 (服装)動きやすい服装、帽子、軍手、軽登山靴
(持物)昼食、飲み物、雨具、健康保険証


主 催 NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会
電話 090-4390-7831(西山)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滝山城跡の景観回復状況 → 「三の丸」東側の堀底が見やすくなっています

2016-09-20 22:15:00 | News
【滝山城跡の景観回復状況】 
現在、「三の丸」周辺の堀が見やすくなっています。
「三の丸」は、滝山観光駐車場から東に徒歩1分の場所にある
大手口(天野坂)を登った右側です。
この「三の丸」東側にある深い堀底が整備され、
堀底を歩くことができます。
この堀を辿って「二の丸」方面にも行くこともできます。

また、スマホやタブレットで城内10ヶ所で視聴できるARアプリもお楽しみください。

この週末 9月24日と25日、
学びと遊びを同時に満喫できる体験楽習フェスティバル八王子2016
が八王子市内各所で開催されます!

滝山城跡もイベント会場になっていて、
NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会も
2日間 希望される方に滝山城跡の案内をさせて頂いたり
24日(土曜日)には「甲冑を着て記念撮影」などのイベントも
行います。
詳細は前の記事をご覧ください。

お越しになった際は気軽に声をかけてくださいね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加