NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会 公式ブログ

八王子市認定 滝山観光おもてなしボランティアガイド団体「ウジテラーズ」滝山城跡の下草刈りを毎月実施しています

2018年7月15日 滝山城跡景観維持作業「これでよし!」

2018-07-15 23:05:00 | 下草刈り日誌
ここ八王子市も35℃を超えそうな暑さのなか
滝山城跡の下草刈りを実施しました。
今回は多くの高校生や大学生がボランティアで参加しました。
暑いのによく来てくれたね


主な作業場所は本丸から一段下の腰曲輪と出丸
ボランティアさんは刈りこみバサミを使用して下草刈りをしました。


作業手順:横一列に並び前に進みながら刈って行く


刈りこみバサミをカチカチと開いては閉じの繰り返し
明日は両腕が筋肉痛でしょう?


30分に1回休憩を取りながらの作業
1時間程でもうこんなに刈れました


午前の作業終了、刈りこみバサミだけだも
ここまでキレイに刈ることができます。


作業の感想は?
「やってみたらオモシロかった」
「達成感あり」
どんな事でも達成感を感じることでがきるのっていいですよね


作業後は自分で使った道具の手入れもしてもらいます
土などの汚れを落とし錆止めを施します
昼食後、学生さんたちはガイドの案内で滝山城跡の見学をしました。


午後からは刈り払い機で仕上げ


暑い、この場所は風が流れず、湿度が高い。
そんなに動いてないのに呼吸が早い、頭フラフラ、なんか気分悪い。
そんなんで1時間もたずに14時終了。


これが今日の作業成果。
猛暑のなか急病人や怪我人も無く無事終了しました。
広範囲はできませんでしたが、「これでよし」とします。

今回は事前申し込みの学生さん22名と
当時参加の高校生2名もありました。
皆さん、今日は本当にお疲れさまでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滝山城跡 景観維持・回復作業 ボランティアスタッフ募集! 7月15日(日曜日)東京都八王子市

2018-07-08 21:37:00 | News
・日  時:2018年7月15日(日曜日) 9時30分~15時
      中ノ丸に9時30分までに集合
・作業場所:出丸周辺
・作業内容:下草刈り及び廃木や枝などを片付ける作業

暑いなかでの作業です。
飲料水は多めに用意した方がいいです。
作業はスポーツと同等の運動量、
熱中症に注意してください。
前日の飲酒はほどほどに!
体調を整えたうえで参加願います。
蚊が発生しているので刺されたくない人は防虫対策をしてください。

ここが作業場所の「出丸」(先月6月3日撮影)


「出丸」脇にある曲輪、ここでは刈り払い機が活躍します


「出丸」を降ったところも作業範囲


この辺では枯れ木などの片付け作業かな?


二つの竪堀が連結する横堀、ここは草があまりない


NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会は、
毎月第3日曜日の9時30分から15時迄、
滝山城跡の下草刈りなどを定例活動として実施しています。
その景観維持・回復作業に参加していただけるボランティアスタッフを募集しています!

どんな事をするのかというと、、、
「堀」、「土塁」、「曲輪」など城の遺構がよく見えるように
雑草を刈ったり枯れ木を伐ったり、
城跡を散策・見学しやすいように
散策路にある通行の妨げになる木や枝などを片付けたりなど、
城跡の景観維持・回復のための作業です。

下草刈りなどの経験なくても大丈夫です!
年齢・性別は問いません。
中学生から定年退職後の方まで
幅広い年齢層の参加実績があります。
参加者は地元八王子市在住の方に限らず
周辺の市町村、都内23区、他県からも参加されています。
鎌などの道具は会で用意していますので手ぶらで参加できます
 昼食のお弁当は各自でお持ちください。


【ボランティア活動の申し込み方法】
参加ご希望の方は、ホームページ よみがえる滝山城 の
ボランティア活動(体験活動)の受け入れページ画面の本文をお読みいただき、
ページ画面下部にある

「ボランティア活動(体験活動)申込書(PDFファイル形式)」
「ボランティア活動(体験活動)申込書(Wordファイル形式)」

どちらかの形式の申込書に必要事項を記入または入力して
記載の宛先にFAXで送るか
メールに添付して送ってください
折り返し担当者からご連絡いたします。
前日までに申し込みができなくて参加する場合は、
「申込書」を当日持参するか、
当日「申込書」に記入していただきます。


NPO法人というと堅苦しイメージをお持ちになるかもしれませんが、
楽しく活動していますので気軽にご参加ください!


滝山城跡は「山」です。
山林での作業に適した服装でお願いします。
山林での作業に適した服装とは?
長袖・長ズボン、丈夫な靴、帽子、
手袋(皮製や手のひら部分がゴム製のもの)、
目を保護するゴーグルなど。
夏は防虫対策が必要です。
ヘルメット着用での作業になります、ヘルメットは会で用意しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年6月17日 滝山城跡景観維持作業「核心部分はここだ」

2018-06-17 21:38:00 | 下草刈り日誌
2018年6月17日 滝山城跡景観維持作業を実施しました。

今回いつになく参加人数が多いのは
大学生が団体(たぶん14名位)でボランティアで参加したからです。
これだけの人数を一度に受け入れたのは初めてです。
人数が多く一か所でまとまっての作業は難しいので
4グループに分かれて
小宮曲輪周辺でそれぞれ作業を実施しました。
分かれて作業したので作業報告をできるのは
自分が作業した場所のみになります。

ということで、
作業報告場所はここ、大手口を登ってすぐ通路の脇にある堀のなか。
【作業開始時】


【作業後】
エンジン付きの刈り払い機なしでも手鎌だけでこれだけできました。


通路脇の草も刈りました。
下草刈りは初めてという大学生たちも
だんだん鎌の扱いに慣れてきたようです。
【作業中】


【作業後】
奥の方まできれいになりました。


遺構説明板の周囲はいつもきれいにしておきたいものです。


奥上方、小宮曲輪の土塁は他のグループが下草刈り済みで
土塁のラインがハッキリと見えるようになりました。


集合場所の小宮曲輪入口付近の下草も刈られました。


午前の作業はここまで、昼食は千畳敷で。


午後から大学生たちはガイド役の案内で滝山城跡の散策にでかけました。


ちょっと険しいところを歩いたりもしました。


我々は作業を再開、
今回の作業、この場所が核心部分。
小宮曲輪堀の中間あたりにある土橋。
そこから小宮曲輪虎口に通じる
消滅してしまいそうなイヌバシリをハッキリさせること。
正面を登って小宮曲輪に入るのではありません。
左の方に進み虎口に入ります。


足で土を踏み固めて通路をハッキリさせています。


正面の窪んだところが虎口


この写真見て、「あっ、あそこね!」と分かる人は
滝山城跡を歩きこんでる人ですね。


そして最後に堀の中の一部分ですが片付けをしました。
【作業前】


【作業後】

若い人はパワーがありますね、
初めての下草刈りでも動きがスピーディーだから作業がはかどる。
来月も学生さんが団体でボランティア参加予定です。
嬉しい悲鳴
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年5月20日 滝山城跡景観維持作業「 小宮曲輪の堀は滝山城跡の新名所になるか?」

2018-05-20 21:50:00 | 下草刈り日誌

快晴の爽やかな日曜日の朝、
滝山城跡の景観整備にやって来ました。
9時に滝山観光駐車場に到着。
もうすでに数台の車がありました。
随分早くから来ているなと
そのナンバープレートを見ると
「つくば」、「伊豆」、「宮城」のナンバー。
えっ、まさか? 続日本百名城の効果?
やっぱりそうだ、
車に乗り込むその人の手に続日本百名城のスタンプ帳が!
それにしても帰るの早くない?もう少し滝山城を楽しんだらいいのに・・・
次どこかの城に行くのかな?

さて、今回作業したのは、
小宮曲輪の堀、図の赤丸部分です。
小宮曲輪の堀での作業は、
図の上の方から下へ移動しながら継続して実施してきました。
あともう少しで堀の出口です。


本日の作業成果
【作業前】作業開始時は、散乱した廃木などで堀の中はメチャクチャ


【作業後】散乱した廃木はなくなり、
斜面の刈れた竹も取り除かれ美しい竹林となりました。


** 竹林整備の作業手順 **
切岸斜面の茶色くなった枯れた竹を伐る。


伐った竹を堀に落とす。
作業中は堀底に伐った竹が一旦並びます。


切り倒した竹には細い枝がたくさん付いているので
一本一本枝切鋏で切り落とします。
これが面倒、
でもやらないと集積場所にまとめた時にキレイに片付かない。


竹以外の枯れ木も伐ります。
放置しておくと頭上から落ちてくる危険があります。


これも集積場所へまとめる。


一日この作業の繰り返しです。
最後にクマ手で通路を造るように地をならして仕上げ。


ここは次回以降作業予定の場所です。
いよいよ堀の出口が見えてきました。
残すはここだけ、あともう少し!


これは今回作業した反対側、景観が維持されています。


更にその奥も景観が維持されています。
美しい竹林だと思いませんか?
滝山城跡 小宮曲輪堀の竹林は、五千本桜に継ぐ新名所

今日の作業中に堀を歩いている登城者をみかけませんでした。
滝山城跡に来ても小宮曲輪の堀を歩く人は少ないようだ。
事前に縄張りをチェックしておかないと遺構を見逃すこともあるだろうし、
堀底を歩いて楽しいのは中世城郭マニアだけなのかもしれない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年4月22日 滝山城跡下草刈り「 小宮曲輪の堀 終わらず」

2018-04-22 23:24:00 | 下草刈り日誌
2018年4月22日、滝山城跡で景観回復作業を実施しまた。
今回は、お城ファンならご存知、
「城びと」様、「かみゆ」様に参加・協力していただきました。

中ノ丸から多摩川を望む。
初夏のように暑い朝の始まりでした。
この景色を見ながらウグイスのさえずりが聞こえています。


8時30分登城!中ノ丸に到着。集合は9時30分ですが早く来ました。


目的はこれ、「続日本100名城」のスタンプです。
スタンプは「中ノ丸」でおせますよ。


お~、認定証が貼ってあるんですね


さて、9時30分には参加者の人たちが小宮曲輪入口に集まりました。
作業場所・作業内容について伝達、準備運動を実施。
その後小宮曲輪の堀に移動しました。


それでは、
まず先に作業成果を報告します。
作業後はこうなりました。
ゴミひとつない堀、
そして青々とした美しい竹林


やり残してしまった所は


やり残してしまいましたがそれでも、たくさんのヘルメット軍団のおかげで作業がはかどりました。


どんな作業をしたかというと、、、
枯れて茶色くなった竹を伐る


伐った竹の後片付けをする


重い物を運ぶときは協力しあう


散乱した枝を片付ける


その結果・・・奇麗になりました

予想していたより作業に時間がかかりました。
まだ小宮曲輪の堀が完全に奇麗になっていません。
あと数回続ける必要がありそうです。
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第53回 滝山城跡桜まつり 4月7日(土) 10時~15時

2018-04-05 12:49:37 | News
滝山城跡桜まつりが4月7日(土曜日)に開催されます。
桜の花はまだ散ってないかな?
天気心配ですが、小雨決行です。

様々な催し物があります。
NPO 法人滝山城跡群・自然と歴史を守る会は、
滝山城跡ミニ見学ツアーと
甲冑試着(甲冑を着て写真を撮りませんか!)を実施します。
甲冑試着会は、どこでやっても大好評です。
どちらも予約不要。
会場にお越しの際は是非お立ち寄りください。

【ミニ見学ツアー】
・13時30分から~14時30分まで
・コース 中の丸~二の丸東・馬出~大馬出~二の丸南・
     馬出~二の丸西・角馬出~本丸南・桝形虎口~
     本丸~本丸東・桝形虎口~引橋~中の丸
・会 場 中の丸 本会テント前にお集まりください
・参加費 無 料

【甲冑試着会(甲冑を着て「滝山城・甲冑隊」と写真を撮りませんか!)】
・13時30分から~14時30分まで
・会 場 中の丸(本会テント前)
・参加費 無 料

高尾山の麓、高尾599で開催した甲冑試着会では
試着待ちの人たちで行列ができました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年3月18日 滝山城跡下草刈り 小宮曲輪の堀「きれいさっぱり」

2018-03-18 22:31:00 | 下草刈り日誌
2018年3月18日 日曜日
もう寒くはありませんでしたが
春をまだ100%感じることができない日、
会員13名とボランティアさん2名で
定例活動 滝山城跡の下草刈りを実施しました。

小宮曲輪の入口付近から千畳敷方面の景色。
まだ木々が芽吹いていないので千畳敷まで見通しがききます。


今回の作業は継続して作業している小宮曲輪の堀です。
まだ手入れをしていない部分の小宮曲輪の堀は
倒木や散乱した枯れ木などで雑然としています。
今回の作業は下草刈りというより、これらの片付けでした。


作業前の作戦会議。
木や枝を片付けるときに遺構が隠れないように、
景観をなるべく損なわないように、
どこにまとめて片付けるかも重要です。


杭を打って片付けた木をまとめる集積場所を造ります。


そこに枯れ木や枝などを運びます。


倒れている木の枝をはらい
なるべく小さくしてから片付けるようにします。


斜面にある茶色くなった枯れた竹を間伐しています。


急な斜面に張り付いての作業。
斜面途中にある枯木を下に落とします。
気を付けて作業しないと下まで滑り落ちます。


足元が悪い斜面で
竹の間を縫うようにして間伐した竹を運びます。
竹は見た目より重く運ぶのが大変なんです。


作業が終わってみると
「きれいさっぱり」でした。


しかし、
反対方向を振り返って見ると、、、
片付けていないところは
荒れています。
ここも次回以降またやります。

今回はTwitter「滝山城の雑兵」がフォローさせていただいている
JCastleさんに参加していただきました。
嬉ししい 
いつも参加していただきありがとうございます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年2月18日 滝山城跡下草刈り「 小宮曲輪の堀・ 上からも下からも」

2018-02-18 21:35:00 | 下草刈り日誌
2018年2月18日 定例活動の滝山城跡下草刈りを
小宮曲輪の堀・土橋周辺で実施しました。
この辺りは竹が多く、
堀底の竹は歩きやすいように伐りますが、
斜面は伐りすぎると崩落を招く恐れがありますし、
この竹林の雰囲気がいいので
なるべく竹を残すように整備していきます。

今回は会員14名とボランティアさん2名で作業しました。


【作業前】小宮曲輪、堀にかかる土橋の上部周辺 


【作業後】 下の堀が見えるようになりました


これなんですが・・・
小宮曲輪から堀の方に出っ張り、少し高くなった部分があります


堀底から見上げて、人が立っている場所がその部分


そして堀の外側にある土塁の一部分が、
小宮曲輪の出っ張りにむけて張り出しています。


左の矢印が小宮曲輪の出っ張り部分、
右の矢印が土塁部分の出っ張り。
さて、お互いに向き合ったこの二つの出っ張りは
何か関係があるのでしょうか


作業の様子1
小宮曲輪の堀、
堀底や斜面に散乱していた枯れ木も片付け
歩きやすくなってきました


作業の様子2
急斜面での作業はちょっと危険
バランス崩して転がり落ちないように注意


作業の様子3
こちらも急斜面での作業
会員紹介
滝山城のレジェンド


出っ張り部分を見上げて
今日の作業成果に満足、
まだ部分的ですが上からも下からも良く見えるようになりました。

作業成果に満足ですが、まだまだ続きがあります。
興味ある方、一緒に作業しませんか

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滝山城跡 下草刈りボランティアさん募集!毎月第3日曜日 東京都八王子市(参加申し込み方法が変わりました)

2018-02-01 23:00:00 | News
NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会は
毎月第3日曜日の9時30分から15時迄、
滝山城跡の下草刈りを定例活動として実施しています。
その下草刈りに参加していただけるボランティアさんを募集しています!

どんな事をするのかというと、、、
「堀」、「土塁」、「曲輪」など城の遺構がよく見えるように
雑草を刈ったり枯れ木を伐ったり、
城跡を散策・見学しやすいように
散策路にある通行の妨げになる木や枝などを片付けたりなど、
城跡の景観維持・回復のための作業です。

下草刈りの経験なくても大丈夫です!
年齢・性別は問いません。
中学生から定年退職後の方まで
幅広い年齢層の参加実績があります。
参加者は地元八王子市在住の方に限らず
周辺の市町村、都内23区、他県からも参加されています。
鎌などの道具は会で用意していますので手ぶらで参加できます
 昼食のお弁当は各自でお持ちください。


【ボランティア活動の申し込み方法】
参加ご希望の方は、ホームページ よみがえる滝山城 の
ボランティア活動(体験活動)の受け入れページ画面の本文をお読みいただき、
ページ画面下部にある

「ボランティア活動(体験活動)申込書(PDFファイル形式)」
「ボランティア活動(体験活動)申込書(Wordファイル形式)」

どちらかの形式の申込書に必要事項を記入または入力して
記載の宛先にFAXで送るか
メールに添付して送ってください
折り返し担当者からご連絡いたします。
前日までに申し込みができなくて参加する場合は、
「申込書」を当日持参するか、
当日「申込書」に記入していただきます。


NPO法人というと堅苦しイメージをお持ちになるかもしれませんが、
楽しく活動していますので気軽にご参加ください!


滝山城跡は「山」です。
山林での作業に適した服装でお願いします。
山林での作業に適した服装とは?
長袖・長ズボン、丈夫な靴、帽子、
手袋(皮製や手のひら部分がゴム製のもの)、
目を保護するゴーグルなど。
夏は防虫対策が必要です。
ヘルメット着用での作業になります、ヘルメットは会で用意しています。

2017年12月の作業には大勢の大学生がボランティアで参加しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滝山城跡下草刈り 小宮曲輪の堀その迫力を体感 2018年1月21日

2018-01-21 21:53:00 | 下草刈り日誌
2018年1月21日 定例活動の滝山城跡の下草刈りを実施しました。
今回もありがたいことにボランティアさん4名が参加されました。
(2回目の参加Aさんと企業で参加の3名様)

作業場所は継続して作業している長大な小宮曲輪の堀、
下図赤矢印の部分、
堀の真ん中あたりにある土橋周辺で作業しました。
緑の丸で囲った部分は継続して作業してきた場所です。


【作業前】上図 緑の丸で囲った方向から見た土橋方面、正面奥に土塁が見えます。


【作業後】あまり変わってないかな?明るくなったと思いますが


【作業前】土橋のすぐ脇から小宮曲輪を見上げたところ


【作業後】右にいる人の後ろがキレイになりました


これは作業の様子
左の男性たちが重い丸太を運んでいます
ちなみに本日参加のボランティアさんです
作業がはかどるのはボランティアさんのおかげです。
感謝です。


正面は土塁です、下草を刈りキレイになりました。


小宮曲輪から堀底を見下ろすと
ものすごい高度感があります。
今までは下がよく見えなかったので
この迫力ある感覚は味わえませんでした。


ハッキリ見えなかった遺構も姿を現しました。
さて、ここには何があったのかな
堀底の凹凸もスゴイ!


ここは土橋の上です、正面は小宮曲輪。
左が継続して作業してきた方、
右が滝山城跡に来たことある方はご存知竹藪の堀です


竹藪の堀の作業を少し実施したところで本日は終了となりました。
2月はこの辺りで作業の予定です。

特に夏場は入り込む気にならなかった小宮曲輪の堀が
見違えるようになりました。
その迫力を堀の底から、上から・・・体感してみてくださいね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年12月17日 滝山城跡下草刈り 新たな散策路

2017-12-17 20:16:00 | 下草刈り日誌
今日は2017年最後の滝山城跡の下草刈りを実施しました。
今回は会員以外に
いつものボランティアさんのほかに
大学生ボランティアさん11名も参加。
少し強い風が吹く小宮曲輪の入口で朝礼、
自己紹介をしたのち道具も持って作業現場に移動しました。

作業場所は継続して作業している
小宮曲輪の堀です。
山ノ神曲輪方面に向かいます。


作業現場に到着
ここら辺は前回までの作業でキレイになっています。


反対側から見てもご覧の通りキレイです。


作業風景
大学生たちの動きがいいこと
素早く枝などを片付けていきます。


本日の作業成果(一部分)
【作業前】


【作業後】
上の作業前の写真と撮影位置が少しずれていますが
画像真ん中より右の二又の木が目印です。


上から見るとこんなです。
絶景!
陽が差し込み明るくなりました。

誰でも歩ける滝山城跡の新しい散策路がもうすぐ完成です。
滝山城跡に来たときは
大手口から小宮曲輪 竹藪の堀の更に奥へ行ってみてくださいね
堀底が凹凸波打っています。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年11月26日 滝山城跡下草刈り「あの絶景ポンイントが危機」・作業成果報告

2017-11-26 21:01:00 | 下草刈り日誌
NPO法人滝山城跡群・自然と歴史を守る会の定例活動
滝山城跡の下草刈りを実施しました。
作業場所は小宮曲輪北の薄暗く気味悪い
歩いていると何か不安になる先端部分。
まだ完全に奇麗になったわけではありませんが
継続して作業しているので
以前と比べたら歩きやすくなり
薄暗く気味悪い印象は減りました。
今日の作業成果をご覧ください。

【作業前】
小宮曲輪の斜面は雑木で見通しが悪く
通路となる堀底には枯れ木や剪定した枝などが散乱しています。


【作業後】
斜面の雑木を剪定し、
堀底の散乱物を片付け通路を確保しました。


【作業後・反対側から】
だいぶ明るくなりました。
今後、誰でも歩けるような散策路になることを期待しています。


もうひとつお知らせすることがあります。
「大変残念なことが起きてしまいました」
千畳敷から弁天池跡に向かっての見事な腰曲輪、
その一部が下の写真のように崩落してしまいました。


こちらは以前撮影した同じ場所です。
写真中央の辺りが崩落した部分です。


弁天池跡には崩落箇所から土砂が流れ込んでいます。
このままでは崩落が上部にまで及んでしまいそうです。
滝山城の絶景ポイントが危機!
誰かなんとかしてください。

現在、弁天池跡は土砂流出にて危険なため「立ち入り禁止」となっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お城EXPO 2017(12月22日、23日、24日)

2017-10-31 23:17:00 | News

お城好きの皆さん 昨年の「お城EXPO2016」に行きましたか?
行けなかった人たち・・・
今年もあります「お城EXPO 2017」
パワーアップした内容が盛りだくさん。
できることなら3日間とも行きたいところ
城好きのクリスマスはこれで決まりだ!


【『お城EXPO 2017』概要】
名  称:お城EXPO 2017
開 催 日:2017年12月22日(金)~12月24日(日)
開城時間:12月22日(金)13:00~21:00(最終入城 20:30)
     12月23日(土・祝)10:00~18:00(最終入城 17:30)
     12月24日(日)10:00~17:00(最終入城 16:30)
会  場:パシフィコ横浜 会議センター(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
主  催:お城EXPO実行委員会
     (公益財団法人日本城郭協会、株式会社ムラヤマ、株式会社東北新社、パシフィコ横浜)
内  容:●テーマ展示
     日本100名城&続日本100名城写真展、厳選城絵図展、城めぐり観光情報ゾーン、
     エンタメステージ、ワークショップ&セミナー、お城のジオラマ模型展、
     熊本城復興支援コーナー、城下町 物販ブース、お城EXPOフォトコンテスト、
     イベントステージ、お城シアター ほか  
     ●厳選プログラム
     お城のスペシャリストたちが登壇する、ここでしか聞けない貴重な講演会、フォーラム、トークショー
     ※都合により、内容、プログラムは変更になる場合がございます。
U R L:www.shiroexpo.jp
問い合わせ先:「お城EXPO 2017」事務局 TEL:045-662-9522(平日10時~17時)

<厳選プログラム スケジュール>
---------------------------------------------------------------------------------------
■12月22日(金)
A 13:30~14:30 「中世の続日本100名城について」中井均
B 15:00~16:00 「近世の続日本100名城について」加藤理文
C 17:00~18:00 「戦国の城の魅力と見どころ」小和田哲男
D 19:00~20:00 「戦国夜話~前田家の城・細川家の城~」本郷和人
---------------------------------------------------------------------------------------
■12月23日(土)
E 11:00~12:00 「三大名城について考える」春風亭昇太、萩原さちこ
F 12:30~13:30 「江戸始図から見た江戸城」千田嘉博
G 14:30~16:00 「関ケ原合戦における豊臣家の位置」笠谷和比古、小和田哲男、小和田泰経
H 16:30~17:30 「天守の構造と意匠を見直す」三浦正幸
---------------------------------------------------------------------------------------
■12月24日(日)
I 11:00~12:00 「信長の天下戦略と長篠城攻防戦」金子拓
J 12:30~13:30 「武田氏の領国拡大と城郭」平山優
K 14:00~15:00 「城を攻める 城を守る」伊東潤、樋口隆晴
L 15:30~16:30 「北条氏の領国と城」諏訪間順、黒田基樹

チケット情報など詳細はこちらをご覧ください

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滝山三城めぐり開催!2017年11月3日(金)・11月19日(日) 滝山城「続日本100名城」選定記念

2017-09-04 18:06:00 | News
「滝山三城めぐり」を2017年11月3日(金)11月19日(日)に開催します。

今年4月6日「城の日」に
日本城郭協会が発表した「続日本100名城」に
滝山城が選ばれました。
また、3月には八王子市が加住丘陵に連なる
滝山城、高月城、根小屋城を紹介するリーフレット「滝山三城」を
発行しました。
これらを記念して「滝山三城」めぐりを開催します。
イベント詳細、参加申し込み方法は下記をご覧ください。
ホームーページ「よみがえる滝山城」に「歴史講演会」と「滝山三城めぐり」案内PDF版あります


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第12回歴史講演会開催!2017年10月29日(日) 滝山城「続日本100名城」選定記念

2017-09-04 18:04:00 | News
滝山城「続日本100名城」選定記念
第12回歴史講演会を2017年10月29日(日)に開催します。

今春4月6日「城の日」に
公益財団法人日本城郭協会が発表した「続日本100名城」に
滝山城が選ばれました。
これを記念して、日本城郭協会理事長の小和田哲男さんをお招きし、
続日本100名城選定の経過や滝山城の歴史的意義について
お話ししていただきます。
また、峰岸純夫さん(東京都立大学名誉教授)、
中田正光さん(中世城郭研究家)にもお話ししていただきます。

講演会詳細、申し込み方法等は下記をご覧ください。
ホームーページ「よみがえる滝山城」に「歴史講演会」と「滝山三城めぐり」案内PDF版あります


コメント
この記事をはてなブックマークに追加