NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会 公式ブログ

八王子市認定 滝山観光おもてなしボランティアガイド団体「ウジテラーズ」滝山城跡の下草刈りを毎月実施しています

2018年11月18日 滝山城跡景観回復作業「滑るから気を付けてね!」

2018-11-19 22:11:32 | 下草刈り日誌
毎月第3日曜日は滝山城跡での定例活動日、下草刈りです。
「滝山城は紅葉してるかな?」
と、楽しみに行ってみたのですが紅葉はあまり進んでいません、
11月末から12月初め頃が見ごろでしょうか?
千畳敷からの眺めです。


さて、今回の作業場所は、
・小宮曲輪入口から山の神曲輪に向かうルート
・家臣屋敷跡東側の橋付近から大池堤防~専国谷戸ルート
この二か所を実施しました。

それでは作業報告です。
午前中は二手に分かれて行動。
まずは山の神曲輪に向かうルート、
通路に木々や下草が覆いかぶさる場所30m位の区間を
4名で下草刈りを実施しました。

山の神曲輪に向かうルート(1)
【作業前】
下草が密集して通路に押し寄せています


【作業後】


作業の様子です。
地面の刈った草は熊手て片付けて仕上げます。
さらに樹木の枝打ちをすると見通しがよくなります。


山の神曲輪に向かうルート(2)
【作業前】
ジャングルのようです
(1)から更に進んだ場所です。通路はこの先少し急な下り坂になります。


理事長「こりゃひどい」


【作業後】
奥の方まで見通せます
写真で見るより実際の方がキレイですよ


家臣屋敷跡東側の橋付近から大池堤防~専国谷戸ルート
午後は山の神曲輪ルートの部隊もここに合流しました。
家臣屋敷前から大池に降りるつづら折りの道は
秋になるとススキなどで通路がふさがれてしまいますが
下草刈りをして通路を開きました。
つづら折りの下り坂は大変滑りやすいので
注意してくださいね。
散策イベントの時も大抵誰か転びます。
大声で「気を付けてください、注意してください」と
叫んでいる会員が自ら転んでいるのを見たことがある。
大池堤防上はキレイな踏み跡ができています。


家臣屋敷跡 東端に架かる橋の下 竪堀
【作業前】


【作業後】
ここを登り橋の下をくぐり抜けて
家臣屋敷跡の堀まで行ってみてください。
堀底から見上げる家臣屋敷跡との高低差に驚きます。


専国谷戸ルートは、
滝山城跡散策イベントでよく利用される道です。
作業後は、道幅が広くなり歩きやすくなりました。


専国谷戸から来ると正面に現れる大池に続く竪堀
堀であることがわかるように下草刈りをしました。
【作業前】


【作業後】
堀であることがわかるようになったと思います・・・


大池堤防を狙う櫓台跡
完全にススキに覆われてしまっています。


壁面の一部分を上まで刈り上がりました


その刈り上がった所から大池堤防をみると・・・
通路を狙い撃ちです


櫓台跡 上部が平面であることが分かるようになりました

今回は広範囲を少しずつですが実施することができました。
広範囲・・・というか城の色々なパーツを実施した感じ。
秋冬 見通しがきく山城のシーズン到来!
秋が深まる滝山城跡の紅葉を楽しんではいかがでしょうか
コメント

滝山城跡景観回復作業 参加者募集!11月18日(日曜日)

2018-11-13 19:30:00 | News
・日  時:2018年11月18日(日曜日) 9時30分~15時
      千畳敷に9時30分までに集合(雨天中止)
・作業場所:家臣屋敷跡東側の橋周辺(絶対防衛ライン周辺)
・作業内容:下草刈り及び廃木などを片付ける景観回復作業


NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会は、
毎月第3日曜日の9時30分から15時迄、
滝山城跡の下草刈りなどを定例活動として実施しています。
その景観維持・回復作業に参加していただけるボランティアスタッフを募集しています!

どんな事をするのかというと、、、
「堀」、「土塁」、「曲輪」など城の遺構がよく見えるように
雑草を刈ったり枯れ木を伐ったり、
城跡を散策・見学しやすいように
散策路にある通行の妨げになる木や枝などを片付けたりなど、
城跡の景観維持・回復のための作業です。

下草刈りなどの経験なくても大丈夫です!
年齢・性別は問いません。
中学生から定年退職後の方まで
幅広い年齢層の参加実績があります。
参加者は地元八王子市在住の方に限らず
周辺の市町村、都内23区、他県からも参加されています。
鎌などの道具は会で用意していますので手ぶらで参加できます
 昼食のお弁当は各自でお持ちください。

参加ご希望の方は下記事項ご一読のうえお申し込みください。

 本会(NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会)では、
国指定史跡・続日本100名城「滝山城跡」の遺構の景観回復と
景観維持のために、毎月下草刈りなどの定例活動を行っています。
 ボランティアで下草刈りなどの活動や体験活動を希望する方は、
「ボランティア活動(体験活動)申込書」を必ず前日までに、
郵送、ファックスかメールなどでお送りください

前日まで、ご連絡がなくて来られた場合は、お受けできないことがあります。
なお、中学生以上18歳未満の方の参加は、保護者の同意が必要です。
又は、保護者と一緒に活動参加お願いします。
  
【定例活動日】
原則 毎月第3日曜日 午前9時30分から午後3時まで
雨天の場合は、第4日曜日に延期か中止。
集合場所は、その都度お知らせします。
ヘルメットや作業用の道具類は、本会が用意します。

【服装】
長袖のシャツ、長ズボン、底の丈夫な靴(軽登山靴、安全靴など)、帽子、
手袋(軍手、皮手袋、作業用ゴム手袋など)など。
夏の時期に、黒い服装だとハチに攻撃されやすいので、
シャツやズボンはなるべく白いものを着用してください。

【持ち物など】
昼食、飲み物、タオル、着替え、敷物、健康保険証などを持参ださい。
飲み物は、ご自分の必要な量を持ってきてください。
また、夏期には、蚊などがいますので、虫よけスプレーや
痒み止めを持参すると良いです。
    
【ボランティア保険】
ボランティア保険(傷害保険・賠償責任保険)になるべく加入してきてください。
市区町村の社会福祉協議会が扱ってます。年間保険料は300円から。保険期間は、
申込日の翌日から翌年の3月末まで。日本国内の活動が対象で、自宅を出てから帰宅
までの間も保険の対象です。


【ボランティア活動の申し込み方法】
参加ご希望の方は、
ホームページ よみがえる滝山城 「ボランティア活動の受入」ページにある

「ボランティア活動(体験活動)申込書(PDFファイル形式)」
「ボランティア活動(体験活動)申込書(Wordファイル形式)」

どちらかの形式の申込書に必要事項を記入または入力して
記載の宛先にFAXで送るか
メールに添付して送ってください
折り返し担当者からご連絡いたします。
楽しく活動していますので気軽にご参加ください!


本丸と中ノ丸のあいだに架かる引橋
コメント

都立滝山公園「滝山城跡をたのしもう!歴史と自然の てくてくガイド」11月24日(土)参加費無料

2018-11-05 19:30:00 | News
都立小宮公園サービスセンター主催
「滝山城跡をたのしもう!歴史と自然の てくてくガイド」開催。
豊かな自然に恵まれた都立滝山公園そして今も残る中世山城の遺構。
自然と歴史 両方を一度に楽しめる企画です。参加費無料

滝山公園の魅力は豊かな自然と中世山城の歴史。
今も良好に遺構が保存されており、国史跡や「続日本100名城」にも指定されました。
その歴史と、自然のガイド両方がついて、公園をご案内する贅沢な企画!
滝山公園の魅力をたっぷり堪能できます。
「秋の滝山公園をてくてく歩こう!」

歴史のガイドは、NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会が、
自然のガイドはパークレンジャーが行います。
園内を散策しながら歴史が飛び出すか!?自然が飛び出すか!?

【日 時】 2018年11月24日(土)
     10時~14時 小雨決行・荒天中止
【場 所】 都立滝山公園 [集合場所:滝山観光駐車場]
    (住所:八王子市丹木町3丁目81番地1外)
【アクセス】 JR中央線「八王子」または 京王線「京王八王子」から
       西東京バス(ひよどり山トンネル経由)戸吹行き、
      「滝山城址下」下車 徒歩2分

● 対象年齢 :小学生以上
● 定  員 :先着30名
● 持 ち 物 :お昼ごはん、飲み物、帽子、ミニハイクができる服装や靴など
● 申込方法 :事前申込
 ・電話またはサービスセンター窓口にて受付  
 ※申込締切:平成30年11月23日(金)17:00まで

申込・お問合せ
都立小宮公園サービスセンター
TEL 042-623-1615


主 催 : 都立小宮公園サービスセンター(西武・多摩部の公園パートナーズ)
共 催 : NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会






コメント

元八王子 北条氏照祭り 2018/10/28

2018-10-28 22:52:05 | 活動報告
NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会「ウジテラーズ」が
元八王子 北条氏照祭りに参加しました。
参加は滝山城からだけではありません
北条市の各拠点、
小田原、韮山、鉢形、滝の城、八王子そして滝山から
全体で甲冑隊が300名程度だそうです
「・・・だそうです。」
そうです、私は参加してないのです。
祭りの詳細が分からないのですが、
送ってもらった写真で活動報告させていただきます。


こういう衣装は、ご年配の方が貫禄あって似合うな。
「うん、ヒゲがいいよ」
「甲冑武者やるならヒゲはやさなきゃ、理事長ー」


演舞カッコイイ
手前の人、ホントの昔の人っぽい
後ろの人、槍上に突いて何しとんねん「鳥獲っとんのか」


アイドルみたいな女子高生がいるからみんな楽しそう、
仮面武者は誰だ、誰だ、誰だ~!


「うわっ、すごい行列」
今日は天気に恵まれてよかったね、
その暑く苦しい恰好で街中を歩いたのね。


仮面武者・・・不気味で怪しい。
真ん中はウチの長老 まだまだ現役です。
仮面武者の正体・・・知っているぞ


無理やり撮ってもらったツーショット写真
甲冑武者はメガネはずして写真撮った方がいいよ。

写真の印象からだけで
いいかげんなコメントしました。
(もちろん冗談まりじですよ)
滝山衆は滝山城跡の下草刈りだけじゃなく
観光イベントにも参加します。
あちこち顔をだしますので
皆さんよろしくお願いします。
コメント

2018年10月21日 滝山城跡景観回復作業は最も過酷な作業場所

2018-10-21 22:18:00 | 下草刈り日誌
滝山城跡の景観維持回復作業を実施しました。
最近は滝山城跡のガイド依頼がめじろ押し。
訪れる皆様が快適に遺構を見学し散策できるように作業しました。
今回の主な作業場所は久しぶりの弁天池跡周辺


弁天池跡を上から見ると、
「やはり・・・」、すごいことになっている。
何が何だかわからない状態。


早速作業開始
ここに弁天島があるのだが・・・


「あった」1時間位の作業で弁天島か浮かび出てきました。


もう一度、上から見てみましょう。
右の方には歩きやすいように通路をつけました。


さて、ここはどこかというと、、、
弁天池の水を堰き止める堤防跡がこの草の奥にあるのです。
ここが滝山城跡で最も過酷な作業場所。
陽当たりがいい = 暑い = 草の成長が良い
さらにここは窪地で風が吹き抜けない、
湿度が高い、斜面の傾斜がきつい。


「それじゃ、やりますか」
「はじめますか」
ちょっとためらいながらも「突っ込め!」


まずは進入路を切り開く
そこから後方支援隊が侵入
斜面も少しづつ刈り上がる。


やっと堤防上にたどり着いた。
左側の斜面はまだ半分もできてない。


昼休みをはさみ、2時間位で仕上がりました。
奥に弁天島が見えます。


この写真だと高度感ありませんが、実際は結構高さあります。


千畳敷の腰曲輪の崩落はどうにかこれ以上の進行は防いでいる状態です。


今週末にガイドを申し込まれて滝山城跡に訪れる皆さん、
ここも案内ルートです。
実際の景観に感動してください。
注意:滝山城跡は都立公園です。
このエリアは立ち入り禁止区域となっています。
NPO法人滝山城跡群・自然と歴史を守る会が実施する
城跡散策イベントなど以外では立ち入ることができません。
コメント

滝山城跡景観回復作業 参加者募集!10月21日(日曜日)

2018-10-17 19:30:00 | News
今回作業する本丸から弁天池にかけてのコースは
本丸直下ということもあり
櫓台跡や沢を挟んで対岸の小宮曲輪へ通じる通路など
堅固で巧みなナワバリを見ることができます。
その他にも弁天池の湧き水を堰き止める堤防、
その脇にある滝山城跡にしては小さめの曲輪にあるコンモリと残る土塁など
色々な遺構が残る面白いエリアです。

・日  時:2018年10月21日(日曜日) 9時30分~15時
      中ノ丸に9時30分までに集合(雨天中止)
・作業場所:本丸から弁天池跡にかけてのコース
・作業内容:下草刈り及び廃木などを片付ける景観回復作業


NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会は、
毎月第3日曜日の9時30分から15時迄、
滝山城跡の下草刈りなどを定例活動として実施しています。
その景観維持・回復作業に参加していただけるボランティアスタッフを募集しています!

どんな事をするのかというと、、、
「堀」、「土塁」、「曲輪」など城の遺構がよく見えるように
雑草を刈ったり枯れ木を伐ったり、
城跡を散策・見学しやすいように
散策路にある通行の妨げになる木や枝などを片付けたりなど、
城跡の景観維持・回復のための作業です。

下草刈りなどの経験なくても大丈夫です!
年齢・性別は問いません。
中学生から定年退職後の方まで
幅広い年齢層の参加実績があります。
参加者は地元八王子市在住の方に限らず
周辺の市町村、都内23区、他県からも参加されています。
鎌などの道具は会で用意していますので手ぶらで参加できます
 昼食のお弁当は各自でお持ちください。

参加ご希望の方は下記事項ご一読のうえお申し込みください。

 本会(NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会)では、
国指定史跡・続日本100名城「滝山城跡」の遺構の景観回復と
景観維持のために、毎月下草刈りなどの定例活動を行っています。
 ボランティアで下草刈りなどの活動や体験活動を希望する方は、
「ボランティア活動(体験活動)申込書」を必ず前日までに、
郵送、ファックスかメールなどでお送りください

前日まで、ご連絡がなくて来られた場合は、お受けできないことがあります。
なお、中学生以上18歳未満の方の参加は、保護者の同意が必要です。
又は、保護者と一緒に活動参加お願いします。
  
【定例活動日】
原則 毎月第3日曜日 午前9時30分から午後3時まで
雨天の場合は、第4日曜日に延期か中止。
集合場所は、その都度お知らせします。
ヘルメットや作業用の道具類は、本会が用意します。

【服装】
長袖のシャツ、長ズボン、底の丈夫な靴(軽登山靴、安全靴など)、帽子、
手袋(軍手、皮手袋、作業用ゴム手袋など)など。
夏の時期に、黒い服装だとハチに攻撃されやすいので、
シャツやズボンはなるべく白いものを着用してください。

【持ち物など】
昼食、飲み物、タオル、着替え、敷物、健康保険証などを持参ださい。
飲み物は、ご自分の必要な量を持ってきてください。
また、夏期には、蚊などがいますので、虫よけスプレーや
痒み止めを持参すると良いです。
    
【ボランティア保険】
ボランティア保険(傷害保険・賠償責任保険)になるべく加入してきてください。
市区町村の社会福祉協議会が扱ってます。年間保険料は300円から。保険期間は、
申込日の翌日から翌年の3月末まで。日本国内の活動が対象で、自宅を出てから帰宅
までの間も保険の対象です。


【ボランティア活動の申し込み方法】
参加ご希望の方は、
ホームページ よみがえる滝山城 「ボランティア活動の受入」ページにある

「ボランティア活動(体験活動)申込書(PDFファイル形式)」
「ボランティア活動(体験活動)申込書(Wordファイル形式)」

どちらかの形式の申込書に必要事項を記入または入力して
記載の宛先にFAXで送るか
メールに添付して送ってください
折り返し担当者からご連絡いたします。
楽しく活動していますので気軽にご参加ください!


AR滝山城跡アプリの画像「角馬出」
コメント

高月城築城560年記念 滝山二城(高月城・滝山城)めぐり開催 平成30年11月4日(日)

2018-10-01 21:58:00 | News
「高月城築城560年記念 滝山二城(高月城・滝山城)めぐり」を開催します。

・日  時:平成30年11月4日(日)
      9時30分~15時(受付は9時から。小雨決行、荒天中止)
・コ ー ス:滝山観光駐車場~大手口~滝山城・中の丸(昼食)~搦め手口~円通寺~
      高月城~高月集会所(解散)
      * 解散後は、バス停「高月集会所前」から、西東京バスに
        乗車(途中乗り換え)し八王子駅方面に帰れます。
・講  師:中田正光さん(中世城郭研究家)
・ガ イ ド:八王子市認定ガイド「滝山城・ウジテラーズ」
・集合場所:滝山観光駐車場(滝山街道・丹木町3丁目交差点角、
      バス停「滝山城址下」前)

・アクセス:◎京王八王子駅の4番バス乗場(8時43分、9時3分発)、
       又は、JR八王子駅北口の12番バス乗場(その2分後)から西東京バスの
       「戸吹行き(ひよどり山トンネル経由)」などに乗車して
       「滝山城址下」下車。乗車時間約19分、運賃310円。
      ◎駐車場は台数に限りがありますので、なるべく公共交通機関等を
       ご利用ください。
・参 加 費:500円(資料代)
・定  員:30名(応募者が多数の場合は抽選)
・服  装:動きやすい服装、帽子、軍手、軽登山靴など。
・持  物:昼食、飲み物、雨具、健康保険証など。
・申し込み:往復はがきに、「滝山二城めぐり」、氏名(フリガナ)、住所、年齢、
      電話番号を、返信面に宛名を書いて、
      〒192-0902 八王子市上野町109‐21 八木正範宛に、
      10月22日(月)必着で送ってください。(はがき1枚で1名)

 「高月城」は、大石氏系図によると長禄2年(西暦1458年)に大石顕重が築いて、移り住んできたと記述があります。北に向かって舌状に張り出した地形と、それを取り巻くように流れる秋川を利用し、鎌倉道と秋川渡河地点を抑えています。本年・西暦2018年は、築城560年になります。
一方、「滝山城」は、大永元年(西暦1521年)に、武蔵守護代の大石定重が築城して、高月城から移ってきたと記録があります。加住丘陵にある滝山城は、南に古甲州道、東に鎌倉道と川越道が通り、北は秋川と多摩川の合流点を望む、水陸の交通の要衝に立地しています。(「戦国八王子の山城歩き」から転用)
今回は、大石氏が築いたと伝わる「高月城と滝山城の滝山二城」をご案内します。

主  催  NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会
〒192-0003 八王子市丹木町2-196-4
電 話 090-4700-6854(尾熊)
ホームページ よみがえる滝山城 http://takiyamajo.com
後  援  八王子市(主管・観光課)
コメント

2018年9月16日 滝山城跡景観回復活動はAR設置場所 ぶっ壊れたら買えばいいじゃん

2018-09-17 21:00:00 | 下草刈り日誌
滝山城跡の景観維持回復活動を実施しました。
作業内容は城内にあるARアプリ設置場所周辺の景観回復です。
全ての設置場所を一日ではできないので
今回は千畳敷と大馬出にある2ヵ所の設置場所周辺を
二手に分かれて作業しました。
それとオマケでプラス1ヵ所も。
どこもしばらくの間作業を実施していなかったので草が伸び放だい、
刈り払い機メインの作業になりました。

9時30分 千畳敷に集合、女性1名がボランティア体験参加しました。


ARアプリの画像です。
千畳敷をARアプリでを見ると建物が現れます。


それでは作業報告です。
角馬出①
アプリ設置場所 作業前:堀とその周辺が草に埋もれてよく見えません。


作業後:堀の形状が分かるようになりました。


ARアプリを起動しました。
建造物の位置はずれているが、兵隊が土橋を渡っているなど城攻めの感じが出てる。


角馬出②
別の角度から 作業前:ここに堀があるの?


作業後:左が千畳敷、堀の両側の高さの違いが分かります。
堀底にいる黒い服の人は身長180cmくらい、
比較的浅い堀だが、こうして見ると
右 二ノ丸側の土塁が結構な高さがある。
この上に塀があったら越えられないね。


角馬出③
千畳敷側から堀を挟んで二の丸方面 作業前:草が遺構を隠している


作業後:奥にある土塁のラインが出ました、この上に塀があるイメージ。


作業後:角馬出の土塁上から千畳敷を見ると、やはりこちら側がだいぶ高い


さて、場所が変わって大馬出
大馬出 作業前:草っぱらです


大馬出 作業後:とにかく広い、やはり草っぱら


大馬出をARアプリで見ると・・・


大馬出ARアプリ:黄色丸は二の丸櫓台跡部分
この部分も下草刈りしましたよ!
滝山城に来たらここに立ってみてください。土橋を狙い撃ちできます。


大馬出ARアプリの映像:映し出される物が実際とずれているがイメージは沸きますね。


二ノ丸櫓台から土橋へ横矢攻撃だ 土橋が手前に弯曲している


二ノ丸の巨大な堀は、手入れしてないので全体像が見えない状態


ARアプリ設置場所ではありませんが、二ノ丸 南馬出の下草刈りもしました。


作業前:おまけで二ノ丸の堀を映し出すARアプリ設置場所の周囲も下草刈りしました。


作業後:奥に見える明るい平坦地は南馬出

以上作業報告でした。
現在、角馬出・堀をとてもキレイな状態で見ることができます。

もうひとつ報告があります
刈り払い機が1台ぶっ壊れました
どうしたら柄が折れるのよ???


刈り払い機が1台減ると作業効率落ちるよ~
これ一番古いやつ、
もう十分使ったでしょ。
修理すると言わないでおくれ、新しいの買ってください。

コメント

滝山城跡景観回復作業(ARアプリ設置場所) 参加者募集!9月16日(日曜日)

2018-09-09 09:52:00 | News
・日  時:2018年9月16日(日曜日) 9時30分~15時
      千畳敷に9時30分までに集合
・作業場所:某テレビ局の番組取材が入るので
     「AR滝山城跡」アプリ各設置場所周辺の予定
・作業内容:下草刈り及び廃木などを片付ける景観回復作業


NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会は、
毎月第3日曜日の9時30分から15時迄、
滝山城跡の下草刈りなどを定例活動として実施しています。
その景観維持・回復作業に参加していただけるボランティアスタッフを募集しています!

どんな事をするのかというと、、、
「堀」、「土塁」、「曲輪」など城の遺構がよく見えるように
雑草を刈ったり枯れ木を伐ったり、
城跡を散策・見学しやすいように
散策路にある通行の妨げになる木や枝などを片付けたりなど、
城跡の景観維持・回復のための作業です。

下草刈りなどの経験なくても大丈夫です!
年齢・性別は問いません。
中学生から定年退職後の方まで
幅広い年齢層の参加実績があります。
参加者は地元八王子市在住の方に限らず
周辺の市町村、都内23区、他県からも参加されています。
鎌などの道具は会で用意していますので手ぶらで参加できます
 昼食のお弁当は各自でお持ちください。

参加ご希望の方は下記事項ご一読のうえお申し込みください。

 本会(NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会)では、
国指定史跡・続日本100名城「滝山城跡」の遺構の景観回復と
景観維持のために、毎月下草刈りなどの定例活動を行っています。
 ボランティアで下草刈りなどの活動や体験活動を希望する方は、
「ボランティア活動(体験活動)申込書」を必ず前日までに、
郵送、ファックスかメールなどでお送りください

前日まで、ご連絡がなくて来られた場合は、お受けできないことがあります。
なお、中学生以上18歳未満の方の参加は、保護者の同意が必要です。
又は、保護者と一緒に活動参加お願いします。
  
【定例活動日】
原則 毎月第3日曜日 午前9時30分から午後3時まで
雨天の場合は、第4日曜日に延期か中止。
集合場所は、その都度お知らせします。
ヘルメットや作業用の道具類は、本会が用意します。

【服装】
長袖のシャツ、長ズボン、底の丈夫な靴(軽登山靴、安全靴など)、帽子、
手袋(軍手、皮手袋、作業用ゴム手袋など)など。
夏の時期に、黒い服装だとハチに攻撃されやすいので、
シャツやズボンはなるべく白いものを着用してください。

【持ち物など】
昼食、飲み物、タオル、着替え、敷物、健康保険証などを持参ださい。
飲み物は、ご自分の必要な量を持ってきてください。
また、夏期には、蚊などがいますので、虫よけスプレーや
痒み止めを持参すると良いです。
    
【ボランティア保険】
ボランティア保険(傷害保険・賠償責任保険)になるべく加入してきてください。
市区町村の社会福祉協議会が扱ってます。年間保険料は300円から。保険期間は、
申込日の翌日から翌年の3月末まで。日本国内の活動が対象で、自宅を出てから帰宅
までの間も保険の対象です。


【ボランティア活動の申し込み方法】
参加ご希望の方は、
ホームページ よみがえる滝山城 「ボランティア活動の受入」ページにある

「ボランティア活動(体験活動)申込書(PDFファイル形式)」
「ボランティア活動(体験活動)申込書(Wordファイル形式)」

どちらかの形式の申込書に必要事項を記入または入力して
記載の宛先にFAXで送るか
メールに添付して送ってください
折り返し担当者からご連絡いたします。
楽しく活動していますので気軽にご参加ください!


AR滝山城跡アプリの画像「千畳敷」(アプリの画像です、建造物は実在しません)

コメント

第13回 歴史講演会「武蔵大石氏と滝山城」 2018年10月8日(月・祝)開催

2018-08-31 23:23:00 | News
NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会主催
「第13回歴史講演会」を開催します。

・日  時  平成30年10月8日(月・祝)13時30分~16時
       (受付は13時から)
・講  演  「武蔵大石氏と滝山城~関東の戦乱と大石氏の戦国領主化」
       加藤 哲(あきら)さん(八王子市文化財保護審議会・副会長)
・受 講 料   500円(資料代)
・定  員  100名(当日先着順)
・会  場  東京都八王子市加住市民センター・多目的室(八王子市加住町1-338)
・アクセス  ◎京王八王子駅の4番バス乗り場、または、JR八王子駅北口の
       12番バス乗り場から西東京バス「戸吹行き(ひよどり山トンネル経由)
       などに乗車して、「滝山城址下」で下車し徒歩3分。
       ◎駐車場はありますが、なるべく公共交通機関等をご利用ください。


室町幕府の東国支配機構として設置された鎌倉府は、鎌倉公方とそれを補佐する関東管領上杉氏によって運営されました。上杉本宗家の山内上杉氏は関東管領を歴任し、その重臣が大石氏です。大石氏は主家が武蔵などの守護に就任すると守護代を務め、また、下野足利荘の代官も務めました。そして主家の発展と共に大石氏は勢力を拡大、職務に応じて関東各地に所領を与えられました。
ところが、享徳3年(1454)に起こった享徳の乱以降、鎌倉府体制は崩壊、関東の有力者は関東管領上杉氏の統制を離れ、自力で領域支配を開始して不法侵略を繰り返しました。一円的な領域支配をめざす戦国領主の誕生です。
このような歴史的転換点の中にあって、武蔵守護代だった大石氏はどのように戦国領主へと脱皮し、滝山城を築城したのか、従来の通説を検討しつつ、大石氏と滝山城についてお話ししていただきます。
コメント

「滝山城跡ボランティア・ガイド養成講座」 開講!(申し込み締め切りを9/15迄に延長)

2018-08-30 08:32:00 | News
「滝山城跡ボランティア・ガイド養成講座」を開講します。
ガイド養成講座を受講して、
国指定史跡「続日本100名城・滝山城」の
ボランティア・ガイドになりましょう
第2回目の日程が変更になりました。
申し込み締め切りが9月15日(土)迄に延長となりました。



【募集定員】
  20名程度(原則八王子市民又は近隣市民で、城跡及びガイドに興味のある方)

【講座内容】

・第1回 平成30年 9月26日(水) 13時~16時45分
     よみがえる滝山城(滝山城入門)             中田正光さん

・第2回 平成30年10月 7日(日) 8日(月)13時30分~16時
     武蔵大石氏と滝山城~関東の戦乱と大石氏の戦国領主化~  加藤 哲さん

・第3回 平成30年10月17日(水) 14時~16時30分
     城郭史から見た滝山城                  三池純正さん

・第4回 平成30年11月 7日(水) 10時~15時
     滝山城跡の見学(1)                  中田正光さん

・第5回 平成30年11月21日(水) 10時~15時
     滝山城跡の見学(2)                  中田正光さん

・第6回 平成30年12月 5日(水) 10時~16時
     ガイドの実習                      本会会員

【会  場】
  八王子市加住市民センター・多目的室1(八王子市加住町1-338)
  (会場へのアクセスは、京王八王子駅の4番バス乗場、
  又は、JR八王子駅北口の12番バス乗場から西東京バスの
  「戸吹行き(ひよどり山トンネル経由)」などに乗車して、
  「滝山城址下」で下車し徒歩3分。駐車場はあります。)

【受講費用】
  原則無料。(一部の資料代、見学の際の交通費などは受講者負担。)

【申し込み方法】
  往復はがきに、「ガイド養成講座」と、
  氏名(フリガナ)、住所、年齢、電話番号、申し込みの動機を、
  返信面に宛名を書いて、
  〒192-0902 八王子市上野町109-21 八木正範 宛に、
  9月15日(土)必着でお申し込みください(はがき1枚で1人)。
  申し込み多数の場合は抽選になります

ガイドや遺構の保存活動をしている
本会(NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会)は、
平成28年4月に八王子市から
「滝山観光おもてなしボランティア・ガイド団体」として認定されました。
ガイドの際には、
八王子市認定ガイド「滝山城・ウジテラーズ」として活動しています。

*****************************
主  催 NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会
〒192-0003 八王子市丹木町2-196-4
電 話 090-4700-6854(尾熊)
ホームページ よみがえる滝山城 http://takiyamajo.com
後  援 八王子市(主管:観光課)
*****************************
コメント

2018年8月19日 滝山城跡景観維持作業「実は・・・」

2018-08-27 19:30:00 | 下草刈り日誌
1週間遅れになってしまいましたが、
滝山城跡景観維持作業の報告です。

今回の作業場所はこの周辺でした。
滝山城跡に訪れたことがあれば
この写真を見れば、どこだかすぐに分かりますよね。
大手口の坂を登った小宮曲輪の堀入口付近です。

おもな作業内容は、地面に散乱した木の片付けと
枯れ木・枯れた竹の除去です。
遺構景観回復のため間伐も少し実施しましたが
切岸部分の青い竹は伐りすぎると
崩れの原因になるので適度な間伐で済ませます。


作業は広範囲ではありませんが作業成果を報告します。

【小宮曲輪堀の入口 作業中】
次の写真と比べてみてください。


【小宮曲輪堀の入口 作業後】
結構直角に曲がっていたのですね。


【土塁の上 作業中】


【土塁の上 作業後】
あまり変わってないかな?少しは明るくなったと思う・・・


【小宮曲輪の切岸 作業中】
枯れた竹の除去と適度な間伐


【小宮曲輪の切岸 作業後】


竹は見た目以上に重いです。
力と気合で「ヨイショッ」と。
実は・・・今だから告白しますが、
6月の作業の時にギックリ腰やりました。
でもそれは、重いものを持ち上げたからではありません。
鉛筆サイズの小枝を前かがみで拾っているときに
腰にブチッと激痛、みっともないので倒れこむのは何とか耐えた。
その後1週間ほど、まともに歩けませんでした。
病院嫌いの私は自然治癒で治るのを待ち、
1ヶ月ほどで良くなりました。


【作業中】
今回も2名の高校生(青い服)がボランティアで参加しました。
地面に散乱した木が多いですね。


【作業後 上から見たところ】
地面がすっかりキレイになりました。
その先に曲輪が見えます。

この曲輪は、滝山城では珍しい半月の形をした曲輪。
この曲輪は大手口の通路のすぐ脇ですが
道を歩いて見上げても下からは見えません。

いつも見ている遺構ですが
そこを整備してみるとその形状がハッキリ現れ
「フムフム」と再認識し、満足している自分でした。
コメント (1)

滝山城跡 景観維持・回復作業ボランティア参加者募集 8月19日(日曜日) 東京都八王子市

2018-08-14 18:01:00 | News
NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会は、
毎月第3日曜日の9時30分から15時迄、
滝山城跡の下草刈りなどを定例活動として実施しています。
その景観維持・回復作業に参加していただけるボランティアスタッフを募集しています!

どんな事をするのかというと、、、
「堀」、「土塁」、「曲輪」など城の遺構がよく見えるように
雑草を刈ったり枯れ木を伐ったり、
城跡を散策・見学しやすいように
散策路にある通行の妨げになる木や枝などを片付けたりなど、
城跡の景観維持・回復のための作業です。

下草刈りなどの経験なくても大丈夫です!
年齢・性別は問いません。
中学生から定年退職後の方まで
幅広い年齢層の参加実績があります。
参加者は地元八王子市在住の方に限らず
周辺の市町村、都内23区、他県からも参加されています。
鎌などの道具は会で用意していますので手ぶらで参加できます
 昼食のお弁当は各自でお持ちください。

・日  時:2018年8月19日(日曜日) 9時30分~15時
      小宮曲輪入口付近に9時30分までに集合
・作業場所:天野坂横の堀
・作業内容:下草刈り及び廃木や枝などを片付ける作業


参加ご希望の方は下記事項ご一読のうえお申し込みください。

 本会(NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会)では、
国指定史跡・続日本100名城「滝山城跡」の遺構の景観回復と
景観維持のために、毎月下草刈りなどの定例活動を行っています。
 ボランティアで下草刈りなどの活動や体験活動を希望する方は、
「ボランティア活動(体験活動)申込書」を必ず前日までに、
郵送、ファックスかメールなどでお送りください

前日まで、ご連絡がなくて来られた場合は、お受けできないことがあります。
なお、中学生以上18歳未満の方の参加は、保護者の同意が必要です。
又は、保護者と一緒に活動参加お願いします。
  
【定例活動日】
原則 毎月第3日曜日 午前9時30分から午後3時まで
雨天の場合は、第4日曜日に延期か中止。
集合場所は、その都度お知らせします。
ヘルメットや作業用の道具類は、本会が用意します。

【服装】
長袖のシャツ、長ズボン、底の丈夫な靴(軽登山靴、安全靴など)、帽子、
手袋(軍手、皮手袋、作業用ゴム手袋など)など。
夏の時期に、黒い服装だとハチに攻撃されやすいので、
シャツやズボンはなるべく白いものを着用してください。

【持ち物など】
昼食、飲み物、タオル、着替え、敷物、健康保険証などを持参ださい。
飲み物は、ご自分の必要な量を持ってきてください。
また、夏期には、蚊などがいますので、虫よけスプレーや
痒み止めを持参すると良いです。
    
【ボランティア保険】
ボランティア保険(傷害保険・賠償責任保険)になるべく加入してきてください。
市区町村の社会福祉協議会が扱ってます。年間保険料は300円から。保険期間は、
申込日の翌日から翌年の3月末まで。日本国内の活動が対象で、自宅を出てから帰宅
までの間も保険の対象です。


【ボランティア活動の申し込み方法】
参加ご希望の方は、
ホームページ よみがえる滝山城 「ボランティア活動の受入」ページにある

「ボランティア活動(体験活動)申込書(PDFファイル形式)」
「ボランティア活動(体験活動)申込書(Wordファイル形式)」

どちらかの形式の申込書に必要事項を記入または入力して
記載の宛先にFAXで送るか
メールに添付して送ってください
折り返し担当者からご連絡いたします。

楽しく活動していますので気軽にご参加ください!

コメント

滝山城跡下草刈りボランティア活動参加申し込みについて

2018-08-09 14:24:00 | News
滝山城が大好きな皆さん
下草刈りボランティア活動参加(体験活動)の申し込み規定が
少しだけ変更になりましたのでお知らせします。
少しだけです・・・
参加ご希望の方は下記事項確認のうえ、お申し込みください。

 本会(NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会)では、
国指定史跡・続日本100名城「滝山城跡」の遺構の景観回復と
景観維持のために、毎月下草刈りなどの定例活動を行っています。
 ボランティアで下草刈りなどの活動や体験活動を希望する方は、
「ボランティア活動(体験活動)申込書」を必ず前日までに、
郵送、ファックスかメールなどでお送りください

前日まで、ご連絡がなくて来られた場合は、お受けできないことがあります。
なお、中学生以上18歳未満の方の参加は、保護者の同意が必要です。
又は、保護者と一緒に活動参加お願いします。
  
【定例活動日】
原則 毎月第3日曜日 午前9時30分から午後3時まで
雨天の場合は、第4日曜日に延期か中止。
集合場所は、その都度お知らせします。
ヘルメットや作業用の道具類は、本会が用意します。

【服装】
長袖のシャツ、長ズボン、底の丈夫な靴(軽登山靴、安全靴など)、帽子、
手袋(軍手、皮手袋、作業用ゴム手袋など)など。
夏の時期に、黒い服装だとハチに攻撃されやすいので、
シャツやズボンはなるべく白いものを着用してください。

【持ち物など】
昼食、飲み物、タオル、着替え、敷物、健康保険証などを持参ださい。
飲み物は、ご自分の必要な量を持ってきてください。
また、夏期には、蚊などがいますので、虫よけスプレーや
痒み止めを持参すると良いです。
    
【ボランティア保険】
ボランティア保険(傷害保険・賠償責任保険)になるべく加入してきてください。
市区町村の社会福祉協議会が扱ってます。年間保険料は300円から。保険期間は、
申込日の翌日から翌年の3月末まで。日本国内の活動が対象で、自宅を出てから帰宅
までの間も保険の対象です。


【ボランティア活動の申し込み方法】
参加ご希望の方は、
ホームページ よみがえる滝山城 「ボランティア活動の受入」ページにある

「ボランティア活動(体験活動)申込書(PDFファイル形式)」
「ボランティア活動(体験活動)申込書(Wordファイル形式)」

どちらかの形式の申込書に必要事項を記入または入力して
記載の宛先にFAXで送るか
メールに添付して送ってください
折り返し担当者からご連絡いたします。

以上です。
堅苦しい感じのお知らせになりましたが
以前と変わらず楽しく活動していますので
参加したことある人も無い人も気軽にご参加ください!

コメント

滝山城跡 7月29日(日曜日) の景観維持回復活動は中止

2018-07-27 18:23:00 | News
【お知らせ】
7月29日(日曜日)は、
滝山城跡の景観維持回復作業(下草刈り)の活動予定でしたが
事情により活動は中止となりましので
お知らせいたします。
コメント