NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会 公式ブログ

八王子市認定 滝山観光おもてなしボランティアガイド団体「ウジテラーズ」滝山城跡の下草刈りを毎月実施しています

活動再開!滝山城跡景観維持回復活動 2020/7/19

2020-08-07 21:31:21 | 下草刈り日誌
いつの間にか時が過ぎて今日は立秋、
8月の下草刈りは9日後、
なんかイメージが湧かなく書けないで遅くなってしまいましたが
7月19日に実施した滝山城跡景観回復活動の報告をします。
滝山城跡景観維持回復活動はコロナウィルスのため活動が一時中断になり
このたび4ヶ月ぶりに再開となりました。
長期間草刈りをしていなかったので滝山城は草ボウボウで荒れ放題になっているかと想像していたのですがそうでもなかった・・・
夏になれば毎年こんなもんです。
久しぶりの活動場所は天野坂を登ってすぐ「小宮曲輪」入り口付近です。

参加者はコロナウイルス感染防止対策のためマスクを着用しています。
この先しばらくはマスク着用での活動となりそうです。
ただし、屋外なので人との距離が離れでいればマスク無しでもOKです。
刈り払機の作業では元々お互い近づかないよう距離をあけて作業しています。

さて、それでは下草刈りをしてどう変わったか作業の成果をみてみます。
【小宮曲輪 入口付近】作業前
夏になるといつもこうなります。
虫が苦手な人はこういう草むらに入るの嫌ですよね。

【小宮曲輪入口付近】作業後
これなら虫の心配ないでしょう? しばらくは大丈夫だと思います。

【天野坂・右側 小宮曲輪の土塁】作業前
草が茂っていると右側 小宮曲輪の土塁の形が見えません。

【天野坂・右側 小宮曲輪の土塁】作業後
手前の平らな場所と土塁壁面の草を刈りました。土塁の形がわかります。

【土塁上部】作業前
土塁の上は草でなんだかよくわかりません

【土塁上部】作業後
作業前の写真と反対方向から見たところです、土塁の形が現れました。

【天野坂 横の堀】作業前
遺構説明板の周囲、通路の脇、そして堀のなか、
天野坂を登って行くと一番最初に目に入るところなので
いつもキレイにしておきたい場所です。

【天野坂 横の堀】作業後
あまり変化ないでしょうか?

堀 横の壁面は竹の密度が増していたので少し間伐しました。
上に見える曲輪に行ってみましょう。

曲輪は竹が密になっていますが、下草はほとんど生えていません。

壁面に生える草は落下に注意しながら刈りました。

最後に通路の脇をもう一度丁寧に刈って・・・

写真 真ん中あたりから下の堀を見ると・・・


キレイになった?と思う。

小宮曲輪入り口付近もきれいさっぱり、
右端にある遺構説明板までスムーズに行けます。
コロナウィルス感染者が各地で増加しています。
でも滝山城の下草刈りには関係ありません。
下草刈りは今後も継続、もう中止にはしません(勝手に言ってます)。
8月もやりますよ!
コメント

唖然!6月 滝山城跡 景観維持回復活動(下草刈り)中止

2020-06-19 17:22:20 | ノッチの日記
皆さん、こんにちは。
NPO法人滝山城跡群・自然と歴史を守る会で理事をやってる「ノッチ」です。
6月19日 東京都の休業要請は全面解除、
県をまたぐ移動制限も解禁になりました。
いよいよ以前のような社会活動が再開です。
とは言ってもこれで新型コロナウィルスが
もう大丈夫になったわけではないので
今までしてきたのと変わらぬ感染防止対策をしながらの
社会活動が必要ですよね。
コロナ社会は「自粛から自衛」の流れ。
しかし、会の活動は「自粛から自衛」の流れに乗ることができずに、
自粛のまま6月21日の滝山城跡下草刈りは中止になりました。
滝山城跡は都立公園の一部なので
公園管理者のルールに歩調を合わせるという理由で・・・

感染者数が日に日に増加していたとき、
感染拡大防止のために公園利用の自粛ルールが告示されました。
しかし、それは感染が日々拡大していた頃のもの。
社会活動が再開した今もそれを100%適用する必要はないはずです。
下草刈りに参加したことある方はよく分かると思いますが、
下草刈りなんて他の社会活動に比べたらコロナ感染リスクは極めて低いですよ。
公園管理者から活動中止を求められているのでなければ、
求められたとしても公園管理者に積極的に活動再開の働きかけをして
下草刈り再開すればいいのにと思う。
「第二波を抑えなければ・・・」という声があったけど、
滝山城の下草刈りが原因で第二波は起きません。
やれないのか、やりたくないのか・・・
下草刈りに参加したくない人は参加しなければいい、
やれる人だけでやればいいのです。
自分は一人でも草刈りします。

なんか会の方針を批判するような事を書きましたが
自分は早期再開希望者であり、
会員約70名のなかでも少数派かもしれません。
少なくても理事のなかではそうみたいです。
民主的な多数決で物事を決めるとき少数派は弱いのです。

でもなんで自分はむきになって早期再開を希望しているんだろう?
滝山城が好きだから?
せっかく滝山城に訪れた皆さんに堀や土塁を見てほしいから・・・かな?

「できない理由を考えるのではなく、できるようになる方法を考えよう」
なんかこれ社訓みたいなセリフ。
7月こそ再開できるといいのですが・・・
梅雨 6月21日 日曜日 天気は雨かもしれないけどね。
コメント

「笛継観音」武蔵名勝図絵

2020-06-17 11:33:20 | ノッチの日記
Tokyo Star Radio FM77.5MHz(八王子エフエム)で放送されている
「八王子とんとん昔語り」
そのなか水曜日放送「笛の彦兵衛」の話は
滝山城主 北條氏照にかかわる話です。
この昔話は「武蔵名勝図絵」で知りました、小宮領の項「笛継観音」です。
物語の最後は、八王子城落城の話なのでちょっぴり物悲しいですが
登場人物の「笛彦兵衛」のことを微笑ましく愛着を感じています。
短い物語のなか、想像力を豊にし情景を思い浮かべることができました。



コメント

本「八王子のむかしばなし」

2020-06-14 20:53:29 | ノッチの日記
「八王子とんとん昔語り」という番組が、
Tokyo Star Radio FM77.5MHz(八王子エフエム)
6月の月曜日から金曜日、
17時から17時10分まで放送されていますが(6月、7月2回にわたって放送)
それで思い出した!
そういえば八王子の昔話の絵本をだいぶ前に買って
ほとんど読まずにそのまましまい込んで忘れてしまっている。
・・・あったあった・・・
全30話、ちょっとなかを覗いてみると、
高月のお城や大石氏の名も登場、
滝山城にも関係あることありそうで興味がわいてきた!

八王子市内各地の昔話です。
物語本文はここで紹介するわけにいかないのでごめんなさい。


30年以上前に発行された本ですが
八王子市の図書館にはあるのでしょうか???

コメント

ラジオ番組紹介 「八王子とんとん昔語り」 Tokyo Star Radio FM 77.5MHz

2020-05-31 21:05:51 | News
ラジオは聴きますか?
Tokyo Star Radio FM77.5MHz(八王子エフエム)
「八王子とんとん昔語り」という番組が、
6月の月曜日から金曜日、17時から17時10分まで放送されます。
パーソナリティは「高尾山とんとんむかし語り部の会」。

6月は八王子城が落城した月ということで
八王子城にまつわる話が放送されるようです。
金曜日(6月5日、12日、19日、26日)は、「北条氏照伝・その1」
滝山城・八王子城主 北条氏照公の生涯を、
八王子文化財審議会副会長の加藤哲氏が寄稿、解き明かす
興味深いお話です。
6月、7月2回にわたって放送とのことです。

その他の曜日、
月曜日「御主殿の滝、赤まんま供養」、
火曜日「おちゃめ地蔵とランドセル地蔵」、
水曜日「笛の彦兵衛」、
木曜日「峠の赤い花」、
そして金曜日が「北條氏照伝・その1」

放送は、八王子市と日野市の全域、あきる野市と福生市と昭島市の一部で聴くことができます。
また、パソコンやスマートフォンでも聞くことができます。聴き方はTokyo Star RadioのHPを参照ください。


コメント

滝山城 滝山公園駐車場の閉鎖等利用制限措置 5月7日以降も継続

2020-05-05 20:10:23 | News
  新型コロナウイルス感染症の東京都の緊急事態措置期間が延長されたため、
5月6日までとしていた駐車場の閉鎖等、滝山公園内施設の利用制限措置は、
2020年5月7日(木)からも当面の間継続されます。
  NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会の、滝山城跡景観維持・回復活動(下草刈り)も2020年9月まで活動休止になりました。
ただし、状況が好転するようでしたら、景観維持・回復活動(下草刈り)は、
6月? 7月? 8月になるかもしれませんが早めに再開する予定です。 


コメント

滝山城跡 臨時案内所開設中止・駐車場も閉鎖

2020-04-20 10:11:30 | News
5月3日、4日、5日に開設するため準備をすすめていた「滝山城跡 臨時案内所の開設」と「甲冑試着会」は、新型コロナウイルス緊急事態宣言が発令されていますので開設を中止します。また、滝山観光駐車場も5月6日まで閉鎖されています。

コメント

不要不急の外出は控えよ!滝山城跡 下草刈り 4月活動中止

2020-04-08 17:55:37 | News
4月19日に予定していた滝山城跡 景観維持・回復活動(下草刈り)は中止です。
「4月8日 17:15 東京都で新たに1日最多144人がコロナ感染と報道がありました。今の状況から抜け出す事ができる日が来たら活動再開します。」
それまでは不要不急の外出は控えます。

コメント

滝山城跡 下草刈り3月は中止です

2020-03-13 11:50:48 | News
毎月第3日曜日の定例活動、
今月は15日に予定していた滝山城跡の下草刈り(景観維持・回復活動)は中止です。
理由は言うまでもありません。
ボランティアで参加ご検討していた皆さん、
落ち着いたらよろしくお願いします。
コメント

3月1日開催予定「続日本百名城 滝山城の歴史と魅力」は中止になりました

2020-02-24 20:22:35 | News
3月1日開催予定の「続日本百名城 滝山城の歴史と魅力」は中止になりました。
中止の理由は新型コロナウイルス感染拡大防止のためです。
コメント

滝山城跡 景観維持・回復活動 ボランティア参加者募集! 2月16日(日曜日)

2020-02-12 13:24:34 | News
今月の作業は、3月1日に開催するイベント「続日本100名城 滝山城の歴史と魅力」のプログラム、滝山城散策コースの整備です。約200名の参加者の皆様に、遺構を良い状態で見学して頂きたいので一生懸命草刈りします 😉 

・日  時:2020年2月16日(日曜日) 9時30分~15時
      中ノ丸に9時30分までに集合(雨天中止)
・活動場所:「中ノ丸」トイレ裏堀周辺、「二ノ丸」角馬出周辺
・活動内容:下草刈り及び刈った草や木などを片付ける作業

【3月1日のイベントの参加者募集は終了しています】




NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会は、
毎月第3日曜日の9時30分から15時迄、
会の定例活動として滝山城跡内を場所を変えながら
下草刈りなどの景観維持・回復作業を実施しています。
その活動に参加していただけるボランティアスタッフを募集しています!

どんな事をするのかというと、、、
「堀」、「土塁」、「曲輪」など城の遺構がよく見えるように
下草を刈ったり枯れ木を伐ったり、
城跡を散策・見学しやすいように
散策路にある通行の妨げになる木や枝などを片付けたりなど、
城跡の景観維持・回復のための作業です。

下草刈りなどの経験なくても大丈夫です!
年齢・性別は問いません。
中学生から定年退職後の方まで
幅広い年齢層の参加実績があります。
参加者は地元八王子市在住の方に限らず
周辺の市町村、都内23区、他県からも参加されています。
ヘルメットや作業用の道具類は会で用意していますので手ぶらで参加できます
 昼食のお弁当は各自でお持ちください。

 参加ご希望の方は下記事項ご一読のうえお申し込みください。

 本会(NPO法人 滝山城跡群・自然と歴史を守る会)では、
国指定史跡・続日本100名城「滝山城跡」の遺構の景観回復と
景観維持のために、毎月下草刈りなどの定例活動を行っています。
 ボランティアで下草刈りなどの活動や体験活動を希望する方は、
「ボランティア活動(体験活動)申込書」を必ず前日までに、
 郵送、ファックスかメールなどでお送りください
前日まで、ご連絡がなくて来られた場合は、お受けできないことがあります。
なお、中学生以上18歳未満の方の参加は、保護者の同意が必要です。
又は、保護者と一緒に活動参加お願いします。
  
【定例活動日】
原則 毎月第3日曜日 午前9時30分から午後3時まで
雨天の場合は、第4日曜日に延期か中止。
集合場所は、その都度お知らせします。
ヘルメットや作業用の道具類は、本会が用意します。

【服装】
長袖のシャツ、長ズボン、底の丈夫な靴(軽登山靴、安全靴など)、帽子、
手袋(軍手、皮手袋、作業用ゴム手袋など)など。
夏の時期に、黒い服装だとハチに攻撃されやすいので、
シャツやズボンはなるべく白いものを着用してください。

【持ち物など】
昼食、飲み物、タオル、着替え、敷物、健康保険証などを持参ださい。
飲み物は、ご自分の必要な量を持ってきてください。
また、夏期には、蚊などがいますので、虫よけスプレーや
痒み止めを持参すると良いです。
    
【ボランティア保険】
ボランティア保険(傷害保険・賠償責任保険)になるべく加入してきてください。
市区町村の社会福祉協議会が扱ってます。年間保険料は300円から。保険期間は、
申込日の翌日から翌年の3月末まで。日本国内の活動が対象で、自宅を出てから帰宅
までの間も保険の対象です。

【ボランティア活動の申し込み方法】
参加ご希望の方は、

「ボランティア活動(体験活動)申込書(PDFファイル形式)」
「ボランティア活動(体験活動)申込書(Wordファイル形式)」

どちらかの形式の申込書に必要事項を記入または入力して
記載の宛先にFAXで送るか
メールに添付して送ってください
折り返し担当者からご連絡いたします。
楽しく活動していますので気軽にご参加ください!
コメント

2020/1/19 滝山城跡景観維持・回復活動「お屋敷跡」 出ました!季節限定 畝状の堀

2020-01-22 19:17:01 | 下草刈り日誌
1月19日に実施した滝山城跡景観維持・回復活動の報告をします。
9時30分 中ノ丸集合、水溜まりには氷が張っていました。
今回の参加者は14名、多いような少ないような!?
昨年11月と12月は寒さのためか参加者極少でした😢 

活動場所は「お屋敷跡」。
引き続き整備してきた「お屋敷跡」での作業は今回で終了です。
写真は「大馬出」から見た「二ノ丸」方面。

それでは、「いつものように活動の成果をA地点からD地点に分けてみてみましょう」というところなのですが、先月の作業である程度仕上がっていたので、作業前後を写真で比べてもあまり変化はわかりません。
作業内容としては樹木が混み合った部分の間伐とその片付けです。
ブルーシートが敷かれているところは「仕切り土塁」の上になります。
【A地点 作業前】

【A地点 作業後】
地面に片づけられた木の量が増えています。見通しが良くなりました。

【B地点 作業前】
奥に「仕切り土塁」があります。

【B地点 作業後】
作業前と比べると「仕切り土塁」がはっきり見えるようになりスッキリした感じです。

【C地点 作業前】
樹木が混み合っていることと地面に散乱した木が気になります。

【C地点 作業後】
あまりキレイになったように見えませんが、少しは見通しがよくなりました。

「仕切り土塁」です。この呼び名は「お屋敷跡」を二つに分けるようにあるのでこのように呼ぶようになりました。

さて、今回一番変化を遂げたのはD地点です。
 「お屋敷跡」 大池側は樹木に遮られ視界不良です。その樹木の一部分を間伐しました。
【D地点 作業前】

【D地点 作業後】
なぜこの部分の樹木を間伐したかというと次の写真をご覧ください。

この下には堀があります。しかもはっきりした凹凸がある畝状の堀です。この堀を「お屋敷跡」から見えるようにするため樹木を部分的に間伐しました。
ところで、写真には写っていませんが写真のすぐ左から「大池」に向けて土塁が延びているので、それに沿って降れば「大池」に辿り着きます。

それでは、この堀のなかに移動します。
「お屋敷跡」から降りようとしたのですが、かなりの急降下になるので刈り払機を肩に下げたままでは危ないので、遠回りで面倒だったのですが「大池」まで降りてから竪堀を登りました。
写真上部 木々の間の明るい部分が「お屋敷跡」です。

竪堀は一見簡単に登れそうですが上部は傾斜がきつく大変滑りやすいです。畝を見に行くときは滑って転んで汚れてもかまわない服装でチャレンジしてください😁 

竪堀を登った場所からみた「お屋敷跡」【作業前】
作業前と書きましたが既に間伐が始まった状態です。

【作業後】上から下を見降ろせる視野が確保できました。

【作業前】
ここに堀があることは下草を刈らないとよくわかりません。

【作業後】
出ました!下草を刈った時だけ現れる季節限定 畝状の堀。
せっかく刈ったのですが、夏にはまた元通り薮になっているかもしれません。この冬から春が見学するチャンスです。

滝山城跡の堀のなかでも、畝状になっているのがはっきりとわかる堀は他になく貴重な遺構です。

この畝状の堀を近くで見る場合は、先ほどの竪堀を登るか「お屋敷跡」から直下降しますが、どちらも難所です。直下降は危険です。登ることはどうにかできますが、普段活動で傾斜のきつい斜面に慣れた人達でも途中で身動きがとれなくなりそうになりました(下の写真:このあと登りきりました)。
「お屋敷跡」からも見えますので無理はしないようお願いします。

このようなかたちで「お屋敷跡」の整備は終わりました。
特に派手な遺構はありませんが時間があったら訪れてみてください。
以上、活動報告でした。

あっ、それと重要なことがありました。
滝山城の大手口は「天野坂」or「鍛冶谷戸」どっちだ論争
「鍛冶谷戸」はここ「お屋敷跡」方面のことです。
どっちだ? 
迷っていたのですが「お屋敷跡」の整備を終えて自分の答えはでました・・・
皆さんはどのように考えていらっしゃるでしょうか?

オマケの記事です。
「大馬出」から何が見えるでしょうか? 写真中央➡

富士山が見えます、富士山見えるとテンション上がるのは自分だけでしょうか?

そしてもう一枚「中ノ丸」から多摩川方面、写真中央ずーっと遠くの方

浅間山が見えました。

浅間山 山頂にて

コメント

イベント告知「続日本100名城 滝山城の歴史と魅力」 令和2年3月1日(日)参加者募集!

2019-12-31 23:30:00 | News
【募集は締め切りました】
「続日本100名城 滝山城の歴史と魅力」
 滝山観光まちおこし実行委員会が主催するイベントのご案内です。
実行委員会は、八王子市産業振興部観光課、八王子市加住地区町会・自治会連合会、八王子市加住地区住民協議会、滝山城跡文化協会、NPO法人滝山城跡群・自然と歴史を守る会など計12団体で構成されています。

【日 時】 令和2年3月1日(日)10時~13時30分~15時
【会 場】 八王子市加住市民センター・体育館及び滝山城跡

【日 程】・10時 開会式
       ・10時15分~10時55分   
           演劇と歴史解説の講演「氏照の滝山城」(監修と出演は、「武者所」)
       ・10時55分 休憩(滝山城の見どころを説明)
       ・11時15分~13時30分
         滝山城跡・中の丸に向けて「滝山城・ガイド散策」開始。
         ガイドは、八王子市認定ガイド「滝山城・ウジテラーズ」(NPO法人
         滝山城跡群・自然と歴史を守る会の会員)。
         中の丸に到着後には、豚汁などを無料提供。
      ・13時30分~15時
        特別プログラム 希望者に八王子市認定ガイド「滝山城・ウジテ
        ラーズ」が「滝山城・城攻めツアー」を実施(八王子市滝山観光駐
        車場で解散予定)。


【募 集】    200名(抽選)
【参加費】    無 料
【申し込み】 往復ハガキに ①滝山城、
                  ②参加者全員の住所、氏名、電話番号、
                  ③特別プログラムへの参加の有無、
                  ④返信面に代表者の住所・氏名を記入して、
                                              令和2年1月17日(金)必着で申し込む
    
              申込先 〒192-8501 八王子市元本郷町3-24-1
        八王子市産業振興部観光課内 
        「滝山観光まちおこし実行委員会事務局」宛

HP(https://www.hachioji-takiyama-event.com/)「続日本100名城 滝山城の歴史と魅力」からも申し込めます。

コメント

2019年12月15日 滝山城跡景観回復・維持活動「お屋敷跡」整備 は2020年1月に完結?

2019-12-19 18:34:57 | 下草刈り日誌
滝山城跡の下草刈りの朝、集合場所の「中ノ丸」に向かう。
その途中、「千畳敷」に入るのがいつものこと。
そして虎口を入ってすぐの所から正面の木を眺める。
この景色が好き、毎月この木を見ていると季節の移り変わりを感じる。

千畳敷 2019年12月15日 まだ紅葉が残る


【千畳敷 季節の移り変わり】
千畳敷 冬

千畳敷 春

千畳敷 夏
下草刈りの活動報告とは関係ないことを書いてしまいましたが
「千畳敷」 四季の景色いかがでしたでしょうか?

今年最後の活動は、継続して作業を実施している「お屋敷跡」です。
作業は着々と進み、景観が少しずつ回復してきました。
この場所「お屋敷跡」で作業を始めた頃は
曲輪全体が下の写真のように視界ゼロの状態でした。
(2019年7月撮影)


【12月15日 作業開始時の様子】
山は冬枯れの時季、木々の葉が落ちて見通しが良いです。

それでは、
「お屋敷跡」のエリアを独自に設定した1~4の地点で作業成果を報告します。
作業内容はいつも通り、下草刈り・樹木の混み合っている部分の間伐・
刈ったあとの篠竹や樹木の片づけなどです。
「お屋敷跡」には曲輪を二つに仕切るような土塁が真ん中あたりにあります。
これを仮に「仕切り土塁」と呼ぶことにします
今回の作業は、曲輪を二つに分ける「仕切り土塁」の
「大馬出」側の方を主に実施しました。
と言うか、時間があればもう片方側ももっとやったのですが・・・


【地点1.作業前】
「大馬出」方向を背にして立っている場所は土塁の上です。
土塁と曲輪の間に細い樹木が密集して視界を遮っています。
また、曲輪には間伐した篠竹や樹木が散乱しています。
歩くとそれに足が引っ掛かりつまづきます。

【地点1.作業後】
密集した木々を間伐、見通しがよくなり曲輪の地面も整理されました。
写真左側は土塁です、曲輪との高低差わかりますでしょうか?
奥にはこの土塁から右に延びる「仕切り土塁」が見えます。


【地点2.作業前】
地点1から奥に進んだ場所で、「仕切り土塁」のすぐ手前です。
地点1と同じように細い樹木が密集して視界を遮ります。

【地点2.作業後】
混み合った樹木が取り除かれスッキリしました、
右方向に延びる「仕切り土塁」がよくわかります。
地点3はここから更に奥です。

「仕切り土塁」の上は平面になっています。
この土塁はどのような目的で使われていたのでしょうか?

【地点3.作業前】
地点3は、地点2から更に進んだ「大馬出」の方から見て「お屋敷跡」の
最奥左端です。
写真は「仕切り土塁」の方向を写しています。

【地点3.作業後】
下草を刈っただけで地面の整理ができていませんが
右側の土塁がよくわかるようになりました。
土塁と曲輪の高低差もわりかります。
奥の「仕切り土塁」も見えます。

【地点4.作業前】
「大馬出」の方から見て「お屋敷跡」の最奥右端。
下草は前回の刈り残しがあり、樹木も混み合っています。

【地点4.作業後】
下草を刈り樹木を間伐しましたが、
まだまだ整備できたとは言えない状態です。
地点3と4の更なる整備は次回の活動に繰り越しです。

この日の作業終了後、「大馬出」側から「お屋敷跡」を見たところです。
離れた距離からも奥にある「仕切り土塁」が見えるようになりました。
これで「お屋敷跡」約半分ちょっとです。
残り「仕切り土塁」の向こう側、地点3と4付近は2020年1月に整備します。
あとできればですが、写真左側の樹木を部分的に伐採して
大池方面(信濃屋敷跡・刑部屋敷跡方面)の景色が
見れるようにできたらいいなと考えています。
そして地点3と4の向こう側の「堀切」も
部分的でもいいので樹木を間伐して
「お屋敷跡」の土塁の上から下を覗き込めるようにしたいですね。

「お屋敷跡」の整備は、2020年1月の作業で完結させる予定、
あともう少しです。
ところで、
滝山城の大手口はどっちだ論争「天野坂」or「鍛冶谷戸」?
「お屋敷跡」の整備でこの論争に終止符を打つ答えは出たのかな???

話変わって、ここからは滝山城跡の近況です。
滝山城跡では、現在進行中の東京都の整備事業が
2020年2月まで行われています。
整備された堀は、なかなか見ごたえありますよ!

【三ノ丸 堀】

【三ノ丸 裏側の堀】

【千畳敷 堀】

【二ノ丸  東側堀】
これを見て感激しました!
かつて二ノ丸の堀がこれほど良く見えたことはなかったです。
背の高い樹木が伐採されたので遺構が良く見えます。

【同じく 二ノ丸  東側堀】
上の写真の反対側からです。
このように、すでに整備された箇所があり、遺構がとても見やすくなっています。
遺構を良い状態で見学できるチャンスです
この機会に滝山城跡に足を運んでみてはいかがでしょうか?

【中ノ丸から多摩川方面の景色】
この景色を見るのも千畳敷と同じように毎月楽しみにしています。





コメント

自然と歴史を楽しもう!「北部地区自然体験講座 滝山城跡の自然と歴史探査」11月30日(土)

2019-11-11 17:57:59 | News
このイベントは終了しました、ご参加ありがとうございました。

「北部地区自然体験講座 滝山城跡の自然と歴史探査」は
八王子市在住、在勤、在学の方限定、
秋の滝山城跡で自然と歴史を楽しむ企画です。

・開催日:令和元年11月30日(土)10時から15時
・対 象:八王子市在住、在勤、在学の方
・費 用:無料
・募 集:30名(先着順)
・申し込み:エコひろば(042-656-3054)
・見学コース:
道の駅八王子滝山~谷地川堤防~少林寺入口~古峰ヶ原~東の絶対防御地点~大池~大馬出~中の丸(昼食・トイレ)~本丸~出丸~弁天池~立堀~千畳敷~
専国谷戸~すみれ幼稚園入口~道の駅八王子滝山

主 催:八王子市北部地区環境市民会議
共 催:エコひろば(八王子市環境学習室)
      NPO法人滝山城跡群・自然と歴史を守る会

【本丸と中ノ丸に架かる引橋】

コメント