能登半島

能登半島の観光、イベント・グルメ情報や季節の話題など旬の能登を発信中!!自宅周辺の金沢北部・河北のグルメ情報も。

海王丸パーク

2016-07-23 | 

所用で射水市(新湊)へ行ったついでに、時間があったので「海王丸パーク」に立ち寄ってきました



海王丸が係留されている対岸の岸壁
平成25年より伏木海上保安部に配属された海上保安庁の巡視船PL04「やひこ」が係留されています。

以前ここには、富山県の海洋実習船雄山丸が係留されていたようですが、学校の統廃合や経費の問題があってどうやら売却され、現在は練習船若潮丸が学生の実習に使われているとのことで、同じ富山新港ですが少し離れた場所に係留されています。



巡視船やひこ(PL04)は、富山・石川・新潟・長野の各県を管轄する海上保安庁第9管区海上保安本部の伏木海上保安部(富山県高岡市)に所属する1000トン型巡視船(おじか型巡視船 (2代目))で、1995年竣工。
当初は「さつま」の船名で鹿児島などの海域を担当する第10管区海上保安本部で活躍していましたが、その後、第9管区海上保安本部へ転属し、その際に船名を「やひこ」に改めたそうです。
2013年4月に伏木海上保安部へ転属され、現在の係留地は富山県射水市の海王丸パークとなっています。



「巡視船やひこ」から見た海王丸。

「巡視船やひこ」の諸元

排水量 総トン数: 1,268トン 満載排水量: 2,006トン
主要寸法 91.5mx11.0mx6.4m(全長、全幅、深さ)
主機械 ディーゼル×2基、2軸推進
馬力 7,000PS
速力 20kt
航続距離 3,044海里
兵装 エリコンKD 35mm機関砲×1門・JM61 20mm多銃身機関砲×1門
ヘリコプター甲板および給油設備
搭載艇 7m型高速警備救難艇×1隻・7.5m型潜水支援艇×1隻
定員 34名



「巡視船やひこ」の船尾から見た海王丸。
この日は夏休み期間には入っていますが、平日のせいか人出はまばら…
釣り客と散歩のひとが数組いるだけで、のんびり散策できました。



海王丸と新湊大橋。









海王丸から見た巡視船「やひこ」と「新湊大橋」のアプローチ部分。



少し足を伸ばして新湊大橋のそばまで行ってみました

新湊大橋(しんみなとおおはし)は、富山県射水市の富山新港に架かる日本海側最大級の2層構造の斜張橋で、上層の車道部分が2012年9月、下層の自転車歩行者道は2013年6月に開通しました。
上層の車道600mは2車線の自動車専用道で、下層には長さ480m、ガラスで覆われた全天候型の「あいの風プロムナード」と名づけられた自転車歩行者道が設けられていて、自転車歩行者道へは地上からエレベーターで移動します。
「あいの風プロムナード」からは隣接する海王丸パークをはじめ日本海や立山連峰、能登半島も一望できます。
※強風(風速25m以上)などの悪天候時には通行止めとなるので注意してください。

A型の主塔の高さは127m
桁下空間(海面からの高さ)は47m。



東西のアプローチ道路は、東側が1,650m、西側は1,350m。



海面から47m…
エレベーターはガラス張りで外の景色が良く見えますが、高いところが苦手な私にはとっては…
下手な観覧車に乗るより迫力満点です。



下の方に見えるテトラポットが豆粒みたいに小さく見えます。
気のせいか風が吹いたりするたびに、少し揺れているような…
足がすくみます…



自転車道&歩道(上は車道)
歩いて渡る高校生の姿を見かけたので、通学・通勤などにも使われているようです。
通路には数多くの防犯カメラが設置されていて夜の通行も可能なようです。



新湊大橋の見学を終え下に降りてくると目の前を、赤色の小さな電車が通過。
この電車は万葉線新湊港線・越ノ潟駅(こしのかたえき/富山県射水市堀岡新明神)から高岡方面に出発したばかりの路面電車(このあたりは専用の軌道)のようです。
※赤色のボディの電車は万葉線の路面電車MLRV1000形 アイトラムのようです。



ここまで来たら万葉線新湊港線・越ノ潟駅も気になるので寄ってみることに
越ノ潟駅の隣には富山港新湊地区(富山新港)を渡る県営の渡し船、富山県営渡船(越ノ潟フェリー)の発着場があるそうで気になります

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加