青い空が大好きな゛bluesky531゛の徒然日記

日常の出来事を日記風に徒然なるままに書いています。

二人の孫からいただいた手紙~3泊4日の東京滞在は終わりました。~

2016-10-15 06:30:00 | 報道・ニュース

■さくらちゃんからの手紙

 

■ひかるくんからの手紙

■東京の朝(東京スカイツリー)

 

  10月7日から10日まで3泊4日の日程で東京へ行ってきた内容を東京日誌として書き込んできました。

 今日は、東京滞在四日目の朝、小学2年生の孫(女の子)と4歳の孫(男の子)からいただいた手紙を書き込んで終わりたいと思います。

  10月10日、仙台に帰る日の朝でしたが、孫二人から心のこもった手紙をいただきました。

  7歳の孫は、小学2年生なので直筆の手紙を、4歳の孫は、娘が代筆した手紙をいただきました。

  小学2年生の孫の手紙は、

  「すごくオカリナじょうずだね。ひかるくんが大きくなったら、いっしょにディズニーランドにいきたいです。こんど、せんだいにあそびにいったら、みちに(の)くこはんこうえんにいきたいです。さくは、早くミッピィにあいたいです。さくは、やさしいじいじが大すきです。さくらより。うらも見てね。えがあるよ。」

  裏には、うさぎ、いぬ、ねこ、ライオンの絵が描いていました。

  4歳の孫の手紙は、

  「ばぁばのおとうさんじいじ。すてきなやさしいじいじ。オカリナすごくじょうずなじいじ。すてきなすてきなじいじ。」

  うさぎの絵が描いていました。

  小学2年生と4歳の孫が書いたオカリナについては、孫へ聴かせたいと思いオカリナを持参し、孫の前で誕生日や童謡などを吹いて聴かせたことからその感想を述べたものでした。

  小学2年生の孫は、弟のひかるくんとディズニーランドへ一緒に行きたいと書いていましたが、以前、家内と二人だけでディズニーランドへ行ったことがあり、そのことを気にかけていたのかと思いました。

  みちのくこはんこうえんにいきたい。という内容は、仙台へ遊びに来た時、仙台から車で約30分のところにある川崎町みちのく湖畔公園のバーベキュー広場でラーメンを作って食べたり、遊んだりした思い出が、また行きたいということになったのではと思いました。

  ミッピィは、我が家の飼い猫で、おやつをあげる時に、「おすわりは!?」というとチョコンと座るし、「ちょうだいは!?」と言うと、右手(右足?)を上げてちょうだいをするし、可愛い猫です。スカイプでも我が家のミッピィを見せていたことから会いたいという表現になったのではと思っていました。

  4歳の孫の手紙を見て、じいじは、思わず涙ぐんでしまいました。

  年齢を重ねると涙線が弱くなるのかと思うほどで素直な孫の気持ちに感動しました。 娘には、本当にひかるくんが言ったのかと聞きなおしましたが、しっかりと言っていたよと話していました。

   「ばぁばのおとうさんじいじ。」は少し違うよと思いながら、東京滞在4日間を良く見ていて表現してくれたものと感心するやら可愛い孫と孫バカぶりを発揮しました。

 二人の手紙に感激し、「ありがとう!!じいじうれしい!!」と言いながら、二人をギュッと抱きしめました。

 頂いたお手紙は、お守りとすることにして免許証ケースにそっとしまいこみました。

  別れ際に、再度、二人をギュッと抱きしめてきましたが、めったに会える孫たちでは無いので寂しく思っています。今度、仙台へ遊びに来た時はありったけの大歓迎をしたいと思いながら帰ってきました。

ジャンル:
我が家
この記事についてブログを書く
« 華麗で熾烈な全日本ダンスス... | トップ | 芸術の秋の作品展~『第16回... »
最近の画像もっと見る