☆西成公園テント村通信‐NiSHinaRiP@rK-TeNTCiTY iNfOs

西成公園の野宿者とそのテント小屋への大阪市やその政策を支持する者達による攻撃との闘いの情報発信ページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

*an update of the OSAKA5

2006-10-12 17:40:29 | Weblog
Thu, 2006-10-12 08:05
*an update of the OSAKA5


 拘束中である西成公園在住の野宿の仲間2名それぞれに対するこう留理由開示が、10月12日午後に大阪地裁1005号法廷などで行われた。また、昨夜、富田林署に拘束されていた野宿者支援活動家が大阪拘置所に移された。



today, 2 comrades of osaka5 hear the "announcement for reasons of the custody" at osaka loKKKal court:

+a homeless comrade living in nishinari park--being confined at hirano polizei office, osaka city.

+a homeless comrade living in nishinari park--being confined at ooyodo polizei office, osaka city.

also, on last night, a homeless liberation activist--being confined at tondabayashi polizei office, tondabayashi city, osaka pref-- was removed to the osaka prison by law authorities. above all, this fact will make some difficult situation of communicating him for his lawyer. however, insults & brutal treating by polizei pigs might be decreased.

anyway, we, the members of homeless liberation movement in osaka, will try to visit following each polizei offices...for encouraging each comrades of osaka5 on afternoon of 17 Oct 2006.(most of us would love to visit each polizei offices on this week, however, unfortunately, we have so many schedules now.):
+ hirano police office(southwest area of JapanRailway's hirano station)
+ ooyodo police office(north area of JR hukushima station)
+ osaka prison(north of JR sakuranomiya station)
+ naniwa police office(ground surface of subway's ebisu station)
+ nishinari police office(south of JR shinimamiya station)
thanx.

la batalo continuos!(*)

squatters/homeless_comrades unite!


コメント   トラックバック (7)
この記事をはてなブックマークに追加

*9.27被弾圧者情報/the infos about the repression27S

2006-10-11 03:05:07 | Weblog
*9.27被弾圧者情報/the infos about the repression27S
Comrades and affinities;

so sorry for our lazy infos! each places confining the arrested 5 comrades of homeless liberation movement are:
*osaka prefectural police Hirano police office--a homeless comrade living in nishinari park
*osaka prefectural police Ouyodo police office--a homeless comrade living in nishinari park
*osaka prefectural police Nishinari police office--a homeless liberation
activist engaging in supporting efforts for the homeless comrades at nishinari park
*osaka prefectural police Naniwa police office--a homeless liberation activist engaging in feeding the free meals at kamagasaki area...etc.
*osaka prefectural police Tondabayashi police office---a homeless liberation activist engaging in organizing the efforts of mutual aid/diffense for the homeless communities/homeless individuals in north area of osaka city.

#情報更新が遅々として進まない状況で申し訳ありません。9.27被弾圧者5名の拘束されている「代用監獄」は以下の通りとのことです。4人については元気だということです。富田林署の1人については詳細は不明ですが、9月27日以前2週間くらいより躁鬱が激しかった事もあり、現在もそういったこともあるのか不安定とのこと。

★大阪「不敬」平野署――西成公園在住の野宿の仲間
★ 同    大淀署――同所  在住の野宿の仲間
★ 同    西成署――野宿者支援活動家
★ 同    浪速署――野宿者支援活動家
★ 同   富田林署――野宿者支援活動家
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

a communique for the reppression to our movement!

2006-10-01 18:08:40 | Weblog
*a communique of a comrade of homeless liberation movement in osaka.

Yesterday, five of our comrades were arrested. It is clear that the motives of the authorities are to crush our movement. We have held two rushed solidarity meetings and have drawn up a letter of protest. Some of the media has been reporting the case based on nothing but slander, so please read the information here. If there are any unclear points, please contact the Kamagasaki Iryou-ren, listed below, or directly to myself, Nakagiri.
With the lure of the world games and political summits, this may be a step towards simultaneous evictions across the city. The possibility that eviction will be thrust upon the squatting and homeless population of Osaka is high.
We respectfully ask for your cooperation in getting this letter of protest to Osaka City and to the prefectural police, as well as in contributions for lawyer and legal fees for our arrested comrades.

Nakagiri Kousuke of the Nagai Comrades organization/Kamagasaki patrol 090-1953-0886 (Some English spoken)

(Please forward the below far and wide)

Letter of Protest

On September 27th at 6 a.m, 4 of our comrades were arrested on warrant by the Osaka prefectural police, and at 9 p.m. the same day another individual was arrested.
Mr. Inagaki of the Kamagasaki regional labor union, two people who live at Nishi-nari park (in southwest Osaka), a comrade who volunteers with the Nishinari park Yorozu consultation tent and a comrade from the Kamagasaki patrol have been arrested. The first four are held on two counts of "violent interference in city affairs" and "violations related to violent activity". Details regarding the arrest of the Kamagasaki patrol comrade are not yet known.
On this same day we organized a "September 27th repression emergency aid meeting", in which we gathered and discussed the situation among squatter/homeless organizations, aid organizations, workers' unions that have fought alongside us, and others. In the emergency aid meeting, we clarified that this latest repression is "part and parcel of the eviction of Nishi-nari park and other parks, and is a pre-meditated attempt to crush the squatters and homeless movement."
We hereby strengthen our conviction to continue to fight together with our squatting and homeless comrades who have combated poverty and eviction in a struggle for survival and the protection of their human dignity. Therefore, we will by no means stand by and permit the actions of Osaka city and the prefectural police, who have laid bear their inhumanity in the pursuit of an obvious attack on this social movement. We will win the return of our five comrades and push our movement forward.
**********
Mr. Inagaki had involved himself in regular police monitoring activities around the Shiomibashi area (Osaka Naniwa-ward) in order to prevent police harassment during Osaka city's regular 'cleaning', which requires squatters to disassemble their huts temporarily to allow city workers to clean the area. During the cleaning on April 27th, Mr. Inagaki protested against a city worker (from the Osaka city construction office) filming people without a permit. This is the city's "violent interference in city affairs" and "violations related to violent activity" and the city's claims that the city worker's wrist was grabbed and that he was punched in the chest have no basis in reality.
Mr. Inagaki has been denouncing the continual violence against workers in Kamagasaki by the Nishi-nari police force for several years. He has recently been actively involved in exposing the Airin hiring hall and had petitioned against Osaka city's placement of eviction placards of tents at Shiomibashi to the Osaka city lawyers guild. This resulted in mediation between the lawyers' guild and the city; in this way the present repression can be seen as retaliatory against the series of struggles that he is involved in.
The other alleged incident happened on June 12th amidst the defense (and offense) against an eviction at Nishi-nari park. A homeless person who had been recently evicted from a neighborhood park was received at Nishi-nari park and a new hut was being built. When he was evicted, Osaka city did not propose an alternative living location and only recommended that the occupant enter the truly hopeless "independence aid center". Workers in Nishi-nari had told this comrade, who had lost his home, "just come to the park, we'll help you". In order to help him survive against these eviction threats and to protect the housing of everyone living at Nishi-nari, the occupants of the park welcomed a new tenant. However, Osaka city came to stop this claiming that "We will not permit the building of a new tent". There was a protest action against the park office workers who had come to deliver "the notices of eviction" (at Osaka city's Yutori to Midori promotions department).

The three people arrested at Nishi-nari park, Mr. Inagaki and the member of the Kamagasaki patrol have been involved in anti-eviction activities for many years. Last summer, as an eviction crisis approached at Nishi-nari park, these comrades fought together against the evictions of Utsubo and Osaka-jo castle park.

**********
At the emergency aid meeting, we saw that Osaka city was once again threatening evictions. For that purpose, these 5 people were arrested in pre-meditated repression. This is not just about Nishi-nari park; next year, the World Championships in Athletics will be held and in 2008 a 'designated administrator policy' will be introduced at Nagai park (privatization). Osaka-jo Castle Park is now a candidate location for the 2008 G8 summit in Japan and the city is trying to advance a synthetic tourist-ization of the whole city at Nakanoshima park; thus the threat of eviction looms.
Osaka city is now progressing its "economic revival" under the name of "administrative reforms". We now feel the powerful will of Osaka city to thoroughly evict squatters and their blue tents, the homeless etc. and to view movements that would support these comrades as "obstructions". We strongly object to the social conditions in which for the "reforms" and "economy" of the rich, homeless people, squatting workers, and the poor generally face eviction.
We will continue to support our arrested comrades and fight poverty and eviction. We hope for your continued attention and assistance.
September 28th, 2006
September 27th repression emergency aid organization
Contact information: NPO Kamagasaki Iryou-ren
(TEL/FAX 06-6647-8278 E-Mail:iryouren@air.ocn.ne.jp)

**********

【A request】
●5 of our arrested comrades are charged with three offenses and at our emergency aid meeting, lawyer and legal fees were insufficient. We have no choice but to humbly request aid from those concerned with the situation.
Donation information
Post office bank account number 00940-5-79726 (Account holder: Kamagaski Iryou Renranku Kaigi)
Please write in the correspondence column 'September 27th repression emergency aid organization'

●We request phone calls and faxes of protest to the following numbers.
Osaka City management office              06-6208-9720 
Osaka City promotions office management section, general affairs 
TEL06-6615-0614 FAX06-6615-0659
Osaka city construction department management section, road policy division
        06-6615-6675
Osaka city citizen department
Consultation division         TEL:06-6208-7333 FAX:06-6206-9999
Osaka prefectural police main department             TEL 06(6943)1234
Nishi-nari police department               06-6648-1234
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

*2 homeless comrades & 3 activists arrested

2006-09-29 03:59:54 | Weblog
*repression to the homeless liberation movement in osaka
by r - rebel_factory Thursday, Sep 28 2006, 7:28am
[email]rebel_factory@riseup.net[/email]
international / repression / prisoners

*2 homeless comrades & 2 activists arrested

24 hour ago, 2 homeless comrades living in nishinari park & 2 homeless liberation activists arrested by osaKKKa-pref POLIZEI in osaka city, japanese islands. POLIZEI insisted on that their charges are violently interrupting some evil PUBLIC WORKs at naniwa park on this april and so on...

*2 homeless comrades & 2 activists arrested
Comrades & affinities;

24 hours ago, 2 homeless comrades living in nishinari park & 2 homeless liberation activists arrested by osaKKKa-pref POLIZEI in osaka city, japanese islands. POLIZEI insisted on that their charges are violently interrupting some evil PUBLIC WORKs at naniwa park on this april and so on... all they did was watching on evil actions by city officers with the tent residents. so, this is a violent suppression by the POLIZEI and its subjects for the homeless liberation movement in osaka. details will come soon... anyway, watch & protest to the fuckin' POLIZEI PIGS of o$aKKKa & fascist osaka city!! any solidarity is needed. thanx. in solidarity.(r)

pS) encouragement message for 4 comrades are welcome! e-mail to: [email]rebel_factory(a)riseup.net[/email]

[url]http://blog.goo.ne.jp/kitakawachi_nojuku/[/url]


*an anarchist activist arrested by osaka polizei!!
by r - rebel_factory Thursday, Sep 28 2006, 7:39am
[email]rebel_factory(a)riseup.net[/email]

protests against the branches of jap officials are needed!
Comrades & Affinities;

last night(21:00?), a homeless liberation activist in osaka was arrested by fuckin' GESTAPO in o$aKKKa as a "swindle suspicion". of course, he is innocent. this is THEIR frame-up as a first step of fatal damage to the homeless liberation movement in osaka.
*Comrade_M was arrested by POLIZEI!

Comrades & Affinities;

last night(21:00?), a homeless liberation activist in osaka was arrested by fuckin' GESTAPO in o$aKKKa as a "swindle suspicion". of course, he is innocent. this is THEIR frame-up as a first step of fatal damage to the homeless liberation movement in osaka. we strongly demand that o$aKKKa POLIZEI must release Comrade_M immediately! and also we strongly demand that POLIZEI must release 4 comrades in osaka immediately!! any solidarity is needed! if you will be able to carry out to do something, protest to the branches of japnese officials, also email as BCCing to: [email]rebel_factory@riseup.net[/email] ...etc. anyway, further updating will come soon...if i will not be arrested by jap gestapo. thanx.
PS) he need tons of protest message to the branches of jap officials. any solidarity action is needed!

[url]http://blog.goo.ne.jp/kitakawachi_nojuku/[/url]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★野宿者のテント・小屋に対する強制撤去反対の署名

2006-02-13 10:00:09 | Weblog
 署名用紙などについては、下記「失野実」連絡先にお問い合わせください。
---------------------------
★野宿者のテント・小屋に対する強制撤去に反対の署名をお願いします!

 1月30日、大阪市は西区・靭公園東園全域内の約20軒と、中央区・大阪城公園内の5軒のテントを、行政代執行により強制撤去しました。そこで野宿を強いられていた人々が住居としてきたテント・小屋などを、こともあろうに手続き開始からわずか3週間足らずで強制的に破壊し、住人をこの厳寒の路上に追い出したのです。

 代執行の当日、当然のなりゆきとして多くの良心的な市民による抗議と抵抗があり、大きく報道されたのは記憶に新しいところですが、残念ながら誤解を招くような報道も見られました。市職員に負傷者が出たことのみ大きく報じられていますが、支援側も救急搬送3名(うち1名は全治1ヶ月の重傷)他軽傷者多数を出しており、1名が逮捕されるほか暴力的な弾圧を受けました。ましてや、追い出された人々を受け入れるために支援者側が用意した他公園のテントなどを当日先回りして撤去、封鎖するなどして、その行き場すら奪うと言う、救命ボートを沈めるような大阪市の非道な行為については、テレビカメラを追い出して公正な報道を妨害しようとした行為同様、ほとんど知られていません。

 元々行政代執行の根拠となる都市公園法に基づく撤去対象は、公園内に張られたテントなどの物件に対するものですが、これらは長年にわたって人が居住してきた「家」であって、単なるモノではありません。それは寒さや襲撃から身を守り、生活用具を保管する生活の本拠であり、仕事の拠点です。強制撤去はそれらを一挙に奪うことを意味します。

 市が代替住居として提示するのは本年中に閉鎖される大阪城一時避難所(シェルター)と自立支援センターのみで、そこにはテントや荷物を放棄した上で、再就職出来なくても最長6ヶ月(自立支援センター)までしか居られず、再入所も出来ずそこを出たら以前より状況が悪くなるというリスク、加えてプライバシーのない粗末な環境など過酷な制約があるにも関わらず、野宿者だからこれで充分、それを拒否するのはわがままだという差別的なまなざしすらあります。

 先般、大阪地裁も居住の事実が認められれば、公園に張られたテントなどにも住所が適用出来、住民票を申請出来るとの判断を示したばかりです。住所は各種の社会的権利の拠り所であり、判決は住所を持たぬ者は「人」扱いされないのはおかしいという、憲法にのっとった誰が見てもむしろ当たり前の判断ですが、公共の場所の占有を認めたものではありません。それが一部の報道など誤認されて批判されているようですが、本質を見誤っています。

 もとより災害時の緊急避難場所でもある公園が、失業など様々な事由による経済的難民たる野宿者の受け入れ先となっている事実の背景には、彼らが私有地を侵害せずに生存するためには、公有地に拠らざるを得ないというやむを得ない理由があり、ひいては野宿に至る水際の段階や、野宿に至った後での救済における行政の無策があります。

 多くの野宿者はテントすら持たず、路上を放浪して暮らしています。この「豊かな」国の大阪と言う大都会で、年間200人以上の人々が路上死を強いられている事実をご存知でしょうか? 公園のテントは一部の人々が自力で築いた「命の砦」です。どこにも行く場所がないゆえの結果なのであり、決して自由気ままに「不法占拠」しているわけではありません。その彼らがここに至ってまた居所を失って路上に放り出されることがどういう結果を招くかは容易に想像出来ますし、それが重大な人権侵害、とりわけ生存権の侵害であることは明白です。

 そもそも行政代執行は法的には最後の手段であり、公的権力の直接行使であって、本来その適用には慎重であって然るべきです。言うまでもなく、ことは住居に関わる問題だけに、人の生死に関わる重大な結果を招く恐れがあります。

 にも関わらず今回の行政代執行には緊急性のある理由が何も示されておりません。大阪市は5月に予定されている「国際バラ会議」や「緑化フェア」などに合わせた整備工事を市内各公園で行っていましたが、それらが緊急避難として公園に居住する人々の生存権を侵害してまで不可欠なものとは到底思われません。また仮に工事を行なうにしても、必要なら公園内でテントを移動するなどしても工事は可能であり、また実際に野宿者側が工事に協力すべく話し合いに応じ、円満に対処してきた経緯もあります。ところが、昨年来、大阪市はそうした話し合いをも一方的に拒否しているばかりでなく、証拠を残す文書での交渉にすら一切応じていないのです。

 今回の強制撤去は、市民の税金を湯水のように使って暴力をふるった結果、ただ野宿者を追い散らしただけで根本的な解決には全くなっていません。片方では再三報道されてきたごとくムダ金を使い、業者との癒着、汚職を繰り返しておきながら、こうして選択肢を奪われた弱者たるひと握りの野宿者を野垂れ死にに追い込もうとする大阪市のやり方は断じて見過ごすことは出来ません。ましてや「差別のない明るい社会」と、人権都市を標榜する大阪において、国際人権規約にも明らかに違反するこの強制追い立てを絶対に許すべきではないと考えます。私たちは法的手段として靱・大阪城両公園の処分取り消しを求めて提訴しています。私たちは大阪市がこの処分を取り消し、今また他公園にもその手を拡げようとしている強制排除というこの恥ずべき行為を直ちにやめるよう強く要求しています。

※本署名活動並びに、本件についての疑問やご質問があれば失業と野宿を考える実行委員会
(〒557-0002大阪市西成区太子2-1-2 特定非営利活動法人・釜ヶ崎医療連絡会議 気付 TEL/FAX06-6647-8278  iryouren@air.ocn.ne.jp)にてお答えいたします。

(以下、署名本文)

大阪市長 關 淳一 殿

【要望】
野宿者の「家」たるテント・小屋等をこれ以上強制撤去しないでください

 大阪市はこれ以上の野宿者の強制排除を直ちにやめてください! 大阪市が多数の職員と多額の税金を投入して1月30日、靱公園、大阪城公園で行った強制撤去は、そこで暮らしていた人々を路上死の危機に追い込み、なかんずく多数の市職員やガードマンらを殺人行政に加担させた愚行でしかありません。

 その結果は野宿者を追い散らしただけで、野宿問題の解決には何の進展もありませんでした。これを正当化し、あるいはまた野宿できそうな余所をフェンスで囲い、置石をし、普通の利用者からも憩いのスペースを奪い、威圧するような「追い出し」に執心する限り、差別感情に歯止めはかからず、陰湿で理不尽な襲撃による犠牲者はあとを絶たず、大阪市の標榜する「差別のない明るい社会」にはほど遠いままです。

 野宿者が差別を受けない権利を持つ同じ市民であることを想起して下さい。彼らは野宿なりに懸命に働き、収入相応の納税も果たし、日々の命をつないでいる隣人です。同じ「人」としてのまなざしで接してみる時、施設収容などの単純かつ間に合わせ的な施策がいかに人道に外れているかも理解出来るはずです。

 国際人権規約にも明らかに違反する人権蹂躙行為である強制追い立てを直ちにやめ、多種多様な選択肢を含む、きめ細かな支援施策の充実と、野宿問題の根本解決を目指して、対話のテーブルにつくことを大阪市に対し強く要求します。

(以下、署名欄)
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

★1.30靭・大阪城の20数戸の小屋と野宿者撤去の暴挙

2006-02-02 11:06:15 | Weblog
 雨も降る心配のあった1月30日、ファシスト行政機構大阪市はその有無を言わせぬ数と凍て付くような暴力でもって笑いながら、たった数十人の野宿者と支援者の合計100人程度からなる丸腰の我々抵抗者を四方八方から囲み、我々の首を真綿でしめるが如く楽しみながら公園から追い出していった。役人どもや警察に指揮された「傭兵」であるガードマン群は、奴らの前面に立たされ、まさに代理戦争を闘わされていた。とはいえ、ガードマンは①積極的に暴力行為を含む職務を遂行する者②やむを得ずやっている者――に大別出来、①は積極的に我々個々人に襲いかかり、②はただただ唯々諾々とスクラムを組んでこちらの「職務を拒否せよ」「いい加減にやれ」という言葉にもうなずいた者もいた。(もちろん、そういった者は指揮官によって後方へ下げられた)750以上対100くらいの対峙。それも全く「非暴力抵抗」の机上の理想を熾烈な闘争現場に当てはめた100人足らずなど赤子の腕を捻り折るほど奴らにとっては簡単なことだ。そんな状況を闘った仲間たちの勇気は、卑劣で何の親切さの欠片もない巨大な暴力の前には何の意味もなかった。奴らの進入ルートにはるべき阻止線すら築かず、闘った愚直なまでの非暴力主義者の闘争の末期は悔しさだけが残るものとなった。感情の残らない冷血な者たちにそんなものが通じるはずがないのだ。確かに精神の崇高さにおいては奴らに勝っただろう、だが、そんなものがこの糞世界で何の意味がある?
 防衛するということ、それは楽しむことなんかではない。奴らに攻撃させないこと、奴らをありとあらゆる方法で無力化すること、そしてハリネズミのように精神と実体を武装して守ることなのだ。「奴らの価値観を受け入れる」という事は精神戦における敗北だという理屈もあるだろう、しかしながら、現実にはそんな理屈をこねても奴らになど通じないという事を知らねばならないのではないか。数時間とはいえ、そんな状況ながら、膠着状況にした頑張りは特筆に価するが。 …いずれにせよ、この日の午後、奴らはにらみ合いの末、報道陣や我々を容赦なく奴らの人垣の後ろに排除して行き、1人の闘争心みなぎる仲間を人知れず逮捕拘束し、抵抗を息苦しくなる圧倒的な実力で終息させた。大阪城については詳細はわからないが、より凄惨な敵の海の中で少数の仲間たちが、数の暴力の前になすすべなく飲み込まれていったことだけは間違いがない。
同じ頃、大阪市は手薄になった西成公園、扇町公園、そしてこの闘争に参加していた西梅田の野宿の仲間のテントなどを、①個別に囲い(西成公園)②靭の仲間の受け入れ先テント群を即日撤去し(扇町公園)③テントを留守中に取り去った(西梅田)――などの暴挙で彩った。1.30の実体は大阪市の野宿者に対する「911」同時テロ攻撃であったのだ。大阪市よ、ポリ公よ、そしてその価値観を共有する一切の者たちよ、お前たちのファシストぶりは全世界に配信された。総てはお前たちが好んでやったことの結果である。恥を繰り返すなら繰り返せ。それらの報いは総てお前たちが責任をもって被るがいい。
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

★大阪市による野宿者30数名とその居住空間への強制撤去に抗議を!

2006-01-15 16:36:28 | Weblog

各位

 こんにちは。
> 私たち「失業と野宿を考える実行委員会」は、大阪で活動する野
>宿者運動団体・支援団体でつくる実行委です。
>
> このたび、大阪市が西区の靱(うつぼ)公園、中央区の大阪城公
>園に居住する野宿者約30名に対し、強制排除を行うための行政代
>執行手続きに着手しました。手続きのスピードが異例に速く、1月
>20~23日ごろには強制排除が行われる見込みです。
>
> 私たちとしましては、この件を大阪市による重大な人権侵害であ
>ると捉え、すでに弁護団・原告団(テントに住む野宿者約17名に
>よる)を結成し、1月11日に大阪市を被告として代執行の中止を
>もとめる訴訟を提起し、同時に仮差止めの申立てを行いました。今
>後予想される強制排除についても、これを阻止するために可能なか
>ぎり努力していく所存です。
>
> つきましては、この問題について多くの方々に関心を寄せていた
>だきたいと思い、ご連絡させていただきました。
>
> ぜひとも、この件について御注目、御支援いただければ幸いです。
>
>
>失業と野宿を考える実行委員会
>
>(釜ヶ崎医療連絡会議、釜ヶ崎炊き出しの会、釜ヶ崎パトロールの
>会、長居公園仲間の会、高齢者特別就労組合準備会、大阪城公園よ
>ろず相談所、西成公園よろず相談所)
>
>連絡先:  06-6647-8278(釜ヶ崎医療連絡会議)
>
>(以下、詳しい経緯と支援の呼びかけです)
>
><みなさんの支援が必要です!>
> 靱公園のすべてのテント(約20軒)、大阪城公園の一部テント
>(約5軒)に住む人々が、大阪市によって強制排除の危機にさらさ
>れています。失業によって野宿を余儀なくされたかれらは、生きん
>がために公園や路上にテントを建て、アルミ缶や雑誌・廃品回収な
>どの仕事で生計を立てながら、隣近所で助け合いつつ自分たちの力
>で生き抜いてきました。そのかれらに対し大阪市は支援の手を差し
>伸べるどころか、「不法占有」の名のもとに、その生活の場である
>テントすらも奪い、この寒空のもと路上へと叩き出そうとしている
>のです。大阪市では例年、すくなくとも200人以上の野宿者が路
>上死を余儀なくされています。これらの死者は、野宿者排除政策=
>殺人行政によって生み出された犠牲者なのです。大阪市の非道な人
>権侵害行為を止めるため、私たちはいま、多くの方々の協力を必要
>としています。
>
><これまでの経緯>
> 数十名の野宿者が暮らす靱公園では、数年前から大阪市により今
>年行われる「世界バラ会議大阪大会(2006年5月11~17日)」
>のための公園整備が進められてきました。これまで工事にさいして
>は、2年半前に結成されたテント村自治会が西部方面公園事務所と
>交渉を持ち、テント移転を含めて話し合いで協力してきました。
>
> しかし昨年より大阪市は態度を変え、10月4日に「11月30
>日までに退去せよ」という内容の文書を配布し、自治会との話し合
>いを拒否して追い出しのためのテント個別訪問を開始しました。
>
> 数次にわたり話し合いを求める抗議行動が行われましたが、市の
>姿勢はかわらず、ついに行政代執行による強制排除手続きが開始さ
>れたのです。
>
> 大阪城公園についても、以前より今年開かれる「全国都市緑化お
>おさかフェア(2006年3月25日~5月28日)」のための整
>備工事と、これを理由とした追い出しが行われてきました。東部方
>面公園事務所はテント移設の提案も拒否し、いっさい話し合いに応
>じないばかりか、訪問した際も入り口を封鎖して当事者・支援者を
>事務所の中に入れず、申し入れ書の受け取りすら拒否する、という
>市職員として考えられない対応を続けてきました。
>
> 追い出しのための個別訪問のなかで、2002年11月11日に
>はテントを新築した仲間に対し職員がカッターナイフを取り出して
>「撤去しろ」と脅した事件(公園事務所は事実を認めたにもかかわ
>らず、市による正式な処分も、本人の謝罪もありませんでした)を
>引き起こし、また2004年10月27日には、テントを建てよう
>とした車イスの仲間を職員らが取り囲み、「死にぞこない」などと
>暴言を浴びせかけ挑発し「傷害事件」を引き起こさせ、逮捕・実刑
>に追い込むといったことも行ってきました。
>
> 昨年から、公園事務所職員による巡回・説得はさらに強化され、
>2005年1月24日にはテント2軒の周りをフェンスでほぼ完全
>に囲むという嫌がらせ・生活妨害を行いました。そして靱公園と同
>様、11月末までの退去を求める文書が配られ、現在にいたります。
>
><行政代執行手続きの開始>
> 両公園で1月5日に公園事務所職員が『弁明機会付与の通知書』
>を各テントに配布しました。1月11日の弁明期限後、1月13日
>に『除却命令』が出されました。1月17日13時の除却期限後、
>おそらくすぐ『戒告処分』が出され、ごく短い期限後に『行政代執
>行令書』の発行→強制排除、という流れになるものと思われます。
>
> 野宿者への行政代執行は全国的には昨年1月24日の名古屋・白
>川公園のテントに対するもの以来です(600名以上の職員・ガー
>ドマンを動員)。大阪においては、テントに関しては2003年1
>2月の天王寺カラオケ屋台村撤去、多くの野宿者が居住するテント
>・荷物に対するものとしては1998年12月の今宮中学前歩道で
>の強制排除以来、はじめての代執行になることが予想されます。
>
> 手続きが開始されてすぐ、靱公園の4名、大阪城公園の2名が原
>告となり、11日に行政代執行手続きの中止を求める訴訟を大阪市
>を相手取って起こしました。同時に、裁判所に仮差止を求める申立
>も行いました。しかし大阪市は翌日に反論書を提出し、13日に裁
>判所は仮差止の申請を却下しました。市はすかさず、同日中に除却
>命令を出しました。
>
> 14日以降、さらに多くの仲間が原告団に加わるとともに(靱公
>園9名、大阪城2名が追加予定)、仮差止却下に対する抗告を行い、
>除却命令に対する執行停止も求めていく予定ですが、このままでは
>裁判を待たずに強制排除が行われてしまうおそれがあります。
>
> 大阪市は、およそ考えられないスピードで手続きを進めており
>(弁護士の話によると、一般の住居に対する代執行の場合などは、
>数ヶ月は猶予があるとのことです)、私たちに時間は、ほとんどあ
>りません。
>
><シェルターはテントの代わりにはならない>
> これまで大阪市は、両公園の野宿の仲間がテントを出て行く代わ
>りの支援策として、大阪城公園シェルター(仮設一時避難所)と自
>立支援センターという「選択肢」を提示しています。
>
> しかし、これらは到底、選択肢などではありません。
>
> 大阪城公園シェルターは3年前に設置された施設です。もともと
>大阪城公園の「適正化」=テント一掃のために構想されたもので、
>同公園にテントを張っている人のみが対象とされました(テントを
>持たない、より厳しい状況に置かれている野宿者は、いくら希望し
>ても入所できないという矛盾)。
>
> しかし、シェルターの居住環境はきわめて劣悪なもので、個人ス
>ペースは1人2畳にも満たず、薄い間仕切りでプライバシーは皆無、
>持ち込める荷物はダンボール数個に制限され、きわめつけは1日たっ
>た白飯1食の食事しか提供されません。結局、アルミ缶集めなどを
>しなければ食っていけず、テントより生活状況が悪化した人も多い
>のです。入所と同時にそれまで住んでいたテントは公園事務所によっ
>てすぐに潰され、入所後に「やっぱり嫌だ」と退所を余儀なくされ
>た人はテントもなく、路上へと文字通り叩き出されることになりま
>す。結局、公園事務所職員の執拗な「説得」にもかかわらず、大阪
>城からの入所者数は全テントの1/3程度に過ぎません。説得に耐
>えかね、公園からの自主退去を余儀なくされた仲間も数知れません。
>
> 今回、西部方面公園事務所は、もともと昨年末で閉鎖される予定
>だった大阪城シェルターの期限を延長して、靱公園の仲間を入所さ
>せようとしています(すでに入所を余儀なくされた仲間も数名いま
>す)。しかし、シェルターの本質的な問題性はなんらかわっていな
>いし、そもそも期限の延長も数ヶ月にすぎないということです。よっ
>て、シェルターへの入所を積極的に望む仲間は、皆無です(大阪城
>も同様です)。
>
> もうひとつの「選択肢」である自立支援センターも、同じような
>ものです。1日3食は出るものの、相部屋生活でプライバシーはな
>く、最長6ヶ月の期限後には退所しなければなりません。自力で仕
>事を見つけることができなければ、野宿に逆戻りです。
>
> これらの施設は、行政が文字通り「排除の受け皿」として用意し
>たものです。入所後の生活に何らの展望もなく、退所後の保障もな
>にもないシェルターは、仲間たちが自分たちの力で築き上げたテン
>ト(仲間同士の相互扶助関係も含めて)の代替策にはなりえないの
>です。
>
><野宿者に仕事を!生活保護の無差別適用を!>
> 失業こそが野宿の最大の原因です。首切り・リストラの進行、非
>正規雇用の増大といった流れのなかで、仕事を失い野宿にまで追い
>やられる人々は今後も増えつづけます。政府・行政がきっちり責任
>を取り、抜本的な失業対策を行わないかぎりは野宿者問題は絶対に
>解決しません。リストラ・非正規化の進行による「雇用なき景気回
>復」という状況のなかで、失業者に「自助努力」を強いることだけ
>では問題は解決しません。野宿者も含めた失業者にたいし、国や地
>方行政が責任を持って仕事を保障することが必要です。
>
> 現在、野宿・日雇労働者の反失業のたたかいの成果として開始さ
>れた「高齢者特別就労事業」が釜ヶ崎で行われ、市内約3000人
>の野宿者が登録しています(55歳以上が登録できる輪番制で、月
>3回程度軽作業の仕事が回ってくる)。その重要性にもかかわらず、
>国は2005年度からこの予算を打ち切り、大阪市も縮小・廃止の
>方向を打ち出しています。
>
> 私たちはむしろ、特別就労事業の大幅な拡大こそが必要であると
>訴えます。
>
> 生活保護の差別的運用も野宿の原因のひとつです。福祉事務所に
>野宿者が相談に行っても「住所がない」ことで門前払いされる例は
>いまだにすくなくありません。「居宅(アパート)での保護を原則
>とする」という生活保護法の条文にもかかわらず、テントや路上か
>ら生活保護を申請しても、病院や施設への入所を経由させられるこ
>とがほとんどです。いっぽうで、病院や施設での保護では人件費な
>ど莫大な経費がかかり、その金は行政から病院・施設の経営団体へ
>と流れている構造があるのです。
>
> 私たちは、施設収容主義ではなく、テントや路上から直接アパー
>トでの生活保護適用を求めます。
>
><居住権は生きるための権利>
> 靱公園・大阪城公園の問題は、けっしていまそこに住んでいる数
>十人の仲間だけの問題ではありません。棄民化政策ともいうべきこ
>の国の流れが止まらないかぎり、失業し路上へと叩きだされる人々
>は増えつづけるばかりです。そうした人々にとって、路上や公園に
>荷物を置いたり、テントを張ったりすることは、生きるための当然
>の権利として認められるべきではないでしょうか(公園は、もとも
>と「避難場所」としての役割もあるのですから)。強制排除が行わ
>れれば、おそらくフェンスの設置と24時間のガードマン巡回が行
>われ、野宿者がそこで生活することは不可能になるでしょう(すで
>に、新築は執拗に妨害されています)。このことは、いま住んでい
>る仲間のみならず、これから野宿に追いやられていくであろう無数
>の人々の生きる権利を奪うことにもなります。
>
> 私たちは、野宿を余儀なくされた仲間がテントや路上で生活する
>ことの権利は、憲法25条の生存権、国際人権規約社会権規約の居
>住権として保障されなければならないと考えます。
>
><そもそも何のための工事なのか>
> 「工事をやるからどいてくれ」というのが大阪市の変わらぬ態度
>ですが、はたしていったい、何のための、誰のための工事なのでしょ
>うか。
>
> 今年の大阪城公園の「緑化フェア」予算9億2300万円、大阪
>城シェルターの運営経費年間2億円(大半が人件費・建物リース費)、
>自立支援センターの年間予算10億円(これも多くは人件費です)
>という数字を目にし、その横で1個1円のアルミ缶を集めてしのい
>でいる野宿の仲間たちの姿を見るとき、何かがおかしいと思わざる
>をえません。
>
> 1月11日、公園事務所の所属部局である大阪市ゆとりとみどり
>振興局の課長と課長代理が造園業者との談合に関与した疑いで逮捕
>されました。汚職や癒着をあらゆる部局で繰り返しておきながら、
>金にまみれた手で野宿の仲間を叩きだそうとする大阪市に、改めて
>怒りがつのります。
>
> 野宿者追い出しに成功すれば、ゆとりとみどり振興局内では業績
>として評価され、昇進への道が開けるようです(実際、そのような
>人事になっていることが確認されています)。
>
> 私たちはもういちど彼らに、「何のための工事なのか?」と問い
>かけたい。
>
> 野宿の仲間から生きるための権利と手段を奪い、路上死に追い込
>んでいくことと、「業績」や「カネ」のどちらが大事なのか、と。
>
> あなたたちが、自分自身の家と家族に対して同じことをされたら、
>どのような気持ちがするのか、と。
>
><靱公園・大阪城公園の仲間を支えてください!>
> このような厳しい状況にもかかわらず、靱・大阪城の仲間たちは
>くじけず、むしろ団結を強めつつあります。5日の代執行手続き開
>始を受け、7日の靱公園での団結もちつき後に緊急寄り合いを持ち、
>11日には梅田や扇町、長居公園や西成公園、釜ヶ崎などから集まっ
>た仲間たちとともに、西部・東部方面公園事務所への連続抗議行動
>をやり抜きました。法律面で強力に支えてくれる弁護団や、各地か
>ら大阪市へすでに抗議の声を寄せてくださった方々も多くいます。
>
> 私たちは、この危機を危機のままにおわらせず、むしろ好機とし
>て仲間同士の結びつきをより強めながら、ともに未来を切りひらい
>ていくべく、最後までたたかっていくことでしょう。
>
> どうか、ご支援を!
>
>
><大阪市へ抗議の集中を!>
>簡単なものでかまいません。「強制排除をやめろ!」と以下へ抗議
>の声を送ってください。
>写しをnagaipark_tentvilla@yahoo.co.jp もしくは06-6374-2233(FAX)まで送っていただけると幸いです。
>
大阪市長 關 淳一(市長室秘書部秘書課宛)
TEL: 06-6208-7231
FAX: 06-6202-6950
〒530-8201 大阪市北区中之島1-3-20

市長室への意見フォーム
http://www.city.osaka.jp/shichoshitsu/iken/index.html

>西部方面公園事務所
>TEL:06-6441-6748 FAX:06-6441-6797
>〒550-0004 西区靱本町2-1-4
>
>東部方面公園事務所
>TEL:06-6941-1144 FAX:06-6943-6877
>〒540-0002 中央区大阪城3-11
>
>ゆとりとみどり振興局総務部管理課
>TEL:06-6615-0643 
>
>ゆとりとみどり振興局への意見フォーム
>http://www.city.osaka.jp/yutoritomidori/request/index.html

★海外抗議先アドレス
CHICAGO
City of Osaka, Chicago Office

c/o JETRO Chicago
401 North Michigan Avenue, Suite 660
Chicago, Illinois
60611 USA
Tel: 1-(312)832-6002
Fax: 1-(312)832-6066
info@osakacity.org
http://www.osakacity.org/office/contactus.aspx

DUSSELDORF
City of Osaka, Dusseldorf Office

c/o JETRO Dusseldorf
Konigsallee 58
40212 Dusseldorf
Germany
Tel: 49-(211)1360241
Fax: 49-(211)326411
SINGAPORE
City of Osaka, Singapore Office

5 Shenton Way
#37-01 UIC Building
Singapore 068808
Republic of Singapore
Tel: (65)6220-8588
Fax: (65)6224-9980
webmaster@osakacity.com.sg
PARIS
Bureau de Representation
de la Ville d'Osaka a Paris

29, rue des Pyramides
75001 Paris
France
Tel: 33-(1)4015-9366
Fax: 33-(1)4015-9172
ocparis@netntt.fr

SHANGHAI
City of Osaka, Shanghai Office
Room 407, Shanghai International
Trade Center
2200 Yan An Road West
Shanghai, China
Tel: 86-(21)6275-1982
Fax: 86-(21)6275-1983
webmaster@osakacity-sh.com

★第23回 全国都市緑化おおさかフェア実行委員会事務局へのお問い合わせは…
TEL06-6920-5941 FAX 06-6920-5971

★世界バラ会議大阪大悔へのお問い合わせは…世界バラ会議実行組織事務局
http://www.worldrose-osaka2006.jp/jp/form/index.html
世界バラ会議大阪大会2006の問合せ先は...
Fax:       +81-6-6631-8741
世界バラ会議大阪大会2006実行組織事務局
  TEL 06-6631-8760 FAX 06-6631-8741

以上についての問い合わせ先 大阪市ゆとりとみどり振興局緑化課
 TEL:06-6615-0965
 FAX:06-6615-0989

><1月17日監視行動へ結集を!>
>この日13時の除却期限後、「戒告書」が出される可能性がありま
>す。
>靱・大阪城の仲間たちを支えるために、現地への結集を呼びかけま
>す。
>
><代執行当日、現地へ結集を!>
>おそらく20~23日(土日を除く)以降、代執行が行われる恐れ
>があります。
>テントを守るためにできうるかぎりのことをしたいと考えています。
>当日までに現地への結集を呼びかけます。
>
>
>失業と野宿を考える実行委員会
>06-6647-8278(TEL/FAX)
>kamapat@infoseek.jp (釜ヶ崎パトロールの会アドレス)
>
>大阪市西成区太子2-1-2
>釜ヶ崎医療連絡会議気付
>
>(以上)
コメント   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

★大阪市よ、今すぐ代執行手続きを撤回して、犯罪を真摯に詫びよ!

2006-01-12 20:30:33 | Weblog
 犯罪者であるお前ら「ゆとりとみどり振興局」に、野宿者個々人を各公園などから排除し、「行政代執行を行うぞ」と脅すような資格は全く無い! 今すぐ、靭公園・大阪城公園における「代執行対象」とされた個々人への執行手続きを停止し、これまでの野宿者個々人に対する集団による脅し、住居破壊、生活破壊、生きる希望を失わせた数々の行状、撤去荷物の無断廃棄や換金をも含めて謝罪せよ! 誰が許しても、我らは決してお前らを許しはしない! お前らの前にはばら色など存在しない、あるのは茨の道だ。 ちなみに日東植栽の元社長・小林は2003年の平野ごみ焼却場汚職でも逮捕され、時効で不起訴になり罪を逃れた糞野郎だ。このごみ焼却場は建設にあたり、周辺の大和川にいた少なくない野宿者を追い出したという経緯を持つ。

【2006年1月12日】nikkeiより。
①大阪市官製談合、逮捕の造園業者が30年前から仕切り役
 大阪市の業務委託を巡る官製談合事件で、大阪市浪速区の造園業者が、約30年前から談合の“仕切り役”として業者間の受注調整や市側との交渉を担当していたことが11日、関係者の話で分かった。大阪地検特捜部は市課長や造園業者ら4人を競売入札妨害容疑で逮捕、長年にわたる官製談合の実態解明を進めている。

 逮捕されたのは、市側が大阪市ゆとりとみどり振興局庶務課長、藤野孝之(52)と課長代理、飯田浩教(42)の2容疑者で、業者側が日東植栽元社長の小林一雄(68)と現社長の葛目博昭(59)の2容疑者。

 関係者によると、日東植栽が加盟していた業界団体は1960年代後半の設立で、二十数社の造園業者が加盟している。市の一部の植栽工事などでは、団体の加盟社だけで入札するのが慣習になっており、同社が入札前に各社に具体的な応札金額を指示するなどし、談合を成立させていた。同社が市側と業者選定などについて折衝することもあったとされる。

 小林容疑者は03年に大阪市のごみ焼却施設を巡る汚職事件で逮捕された。時効成立のため不起訴となったが、その後も市や業界に影響力を持ち続けたといい、ある業界関係者は「日東植栽が入札に参加する場合、無条件でその意向に従う会社もあった」と話す。
--------------------------
②業者選定、課長ら承諾 談合常態化か 大阪市入札妨害

2006年01月12日(yomiuriより)

 大阪市ゆとりとみどり振興局発注事業をめぐる競売入札妨害事件で、同局庶務課長の藤野孝之容疑者(52)らが、部下の同局調達係長だった向井優被告(51)=休職、競売入札妨害罪で公判中=から業者が談合しやすいように指名業者の選定案を作成するとの報告を受け、了承していたことが大阪地検特捜部の調べでわかった。特捜部は、同局で意中の業者に受注させる「官製談合」が常態化していたことを裏付ける事実と判断。不正行為が始まった時期や件数について調べている。

 調べでは、向井被告は昨年4月上旬、同局が発注した「西部方面街路樹維持管理業務委託」の指名競争入札で、造園会社「阪南造園」(大阪市西成区)側の依頼を受け、同社がほかの業者と談合しやすいような指名業者選定案を作ったとして逮捕、起訴された。

 向井被告はこの事件で、阪南造園の役員(競売入札妨害罪などで公判中)に対して「指名から外してほしい業者は」と尋ね、意向にほぼ沿う形で選定案を作成していたとされている。

 同選定案の作成経緯について特捜部が調べたところ、向井被告はこの役員が名前を挙げた複数の業者を指名からはずすことを藤野容疑者と庶務課長代理の飯田浩教容疑者(42)に報告し、承諾を得ていたことが判明した。選定案作成後、役員は入札参加予定業者に「今回はうちにとらせてください」と談合を申し込み、受注に成功したという。

 藤野、飯田両容疑者は04年4月~05年5月に計27件の指名競争入札で、大阪府同和建設協会(大阪市)所属の12社が確実に受注できるような指名業者選定案を作成したとして逮捕された。
コメント   トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加

*aiming point of OUR ENEMY! WERWOLFs, NO THANX!

2006-01-06 16:10:17 | Weblog
Comrades & Affinities;

a few days ago, osaKKKa city authorities showed a part of their fuckin' schemes of eviction from Utsubo park! each of homeless comrades living in this park were showed their selfish document by park officers, or their selfish document were thrown into the huts/tents of homeless comrades by park officers. this is a "beautification" process of their circus(=world rose convention 2006) like the NAZIS DID. YA BASTA! HUMAN-DIGNITY NOT CIRCUS!
please send the protests now, and support our hard struggle!(also BCC to: nagaipark_tentvilla@yahoo.co.jp)
now is a time to burn out all tyranny!! no pasaran!!! in solidarity.

http://www.city.osaka.jp/yutoritomidori/request/index.html


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

*their schemes are working on our back ground!

2006-01-06 12:17:44 | Weblog
Comrades & affinities;

saluton from osaka. this winter is so cold(about 0 degree) in public spaces that we do live.(parks, roadsides, riversides...) by the way, in nishinari park & other parks, osaKKKa city authorities set their fuckin' schemes. so, we must defend our lives & communities! no to any man-traps! no to asylums like the jails! NAZI-POLITIKS of osaKKKa city authorities, NO THANX!
support our struggle, and smash their fuckin' schemes now! in solidarity.
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加