福石みんのニュース備忘録

福井市民の福石みんが集めたニュース備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原発再稼働をめぐり国と県で"すれ違い" 政府の場当たり的対応に県側は不信感

2012年04月04日 03時00分00秒 | 原発関連
再稼働協議、県と国にずれ 結論先送り、安全基準示されず 原発 福井のニュース :福井新聞 (2012年4月4日午前7時22分)  定期検査で停止している原発の安全性確保をめぐり、福井県は昨年3月に東京電力福島第1原発事故が起きた直後から、福島の知見を反映した暫定的な安全基準の提示をはじめ、さまざまな対策の実施や方針の明確化を国に要請してきた。政府が再稼働の条件としたストレステスト(安全評価)1次 . . . 本文を読む

もんじゅ再開に根本原因の分析と対策を保安院が指示 原子力機構の再発防止策は妥当判断

2012年04月03日 00時00分00秒 | 原発関連
もんじゅ事故、再発防止策は妥当 保安院、根本原因分析指示も 原発 福井のニュース :福井新聞 (2012年4月3日午前7時10分)  経済産業省原子力安全・保安院は2日、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で炉内中継装置が原子炉容器内に落下したトラブルについて、日本原子力研究開発機構が報告した再発防止策を妥当とする一方、装置の設計や落下時の容器内への影響に関する評価が不十分だとして、根本原因の . . . 本文を読む

原発の地元はどこまで? 範囲拡大の動きに立地の敦賀市長はけん制の発言

2012年04月02日 02時00分00秒 | 原発関連
再稼働に必要な地元了解、範囲は? 敦賀市長、経産相と異なる認識 原発 福井のニュース :福井新聞 (2012年4月2日午後9時19分)  関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に関連して、政府が理解を求めるべき「地元」の範囲が大きな焦点になってきた。枝野幸男経済産業相は2日、京都、滋賀両府県知事の理解が前提との認識を表明。これに対し全国原子力発電所所在市町村協議会(全原協)会長の河 . . . 本文を読む

国際環境NGOグリーンピース、原発の「地元」に異論の調査結果を発表

2012年03月31日 03時00分00秒 | 原発関連
いしだ壱成さんも福井で脱原発訴え グリーンピース会見に同席 原発 福井のニュース :福井新聞  (2012年3月31日午前7時13分)  環境保護団体のグリーンピース・ジャパンが30日、福井市内のホテルで会見した=写真。福島県内での住民意識調査の結果、原発の運転に対して同意、拒否できる「地元」の範囲は立地市町村のみに限定すべきでないとする回答が9割以上を占めたと発表。福井県の関西電力大飯原発3、 . . . 本文を読む

原発停止による雇用悪化、ハローワーク敦賀・小浜で計8件の窮状を訴える声

2012年03月31日 02時00分00秒 | 原発関連
原発停止で雇用状況「厳しい」 福井労働局 立地地元で相談相次ぐ 原発 福井のニュース :福井新聞 (2012年3月31日午前7時24分)  福井労働局は30日、原発の長期停止に伴う雇用環境悪化を受けて今月5日開設した特別相談窓口の相談状況を公表した。従来の窓口も含め相談件数は福井県敦賀、小浜の両ハローワークで計8件で「雇用維持が図れない」「新しい就職先を探したい」など窮状を訴える声が相次いだ。島 . . . 本文を読む

大飯原発周辺の活断層についての関電評価、保安院が「妥当」の判断

2012年03月31日 01時00分00秒 | 原発関連
大飯原発再稼働、断層連動性が焦点 福井県原子力安全専門委が審議 原発 福井のニュース :福井新聞 (2012年3月31日午前7時00分)  福井県の原子力安全専門委員会が30日、県庁で開かれた。関西電力大飯原発3、4号機の再稼働をめぐり焦点の一つとなっている周辺の活断層の連動性などを審議した。委員は、安全性を重視した観点で評価するのは当然とする一方、連動の可能性について科学的な根拠を示しながら国 . . . 本文を読む

原電、周辺断層の再評価に 保安院の指摘受け

2012年03月31日 00時00分00秒 | 原発関連
保安院、断層連動考慮し再評価を 県内3電力事業者に求める 原発 福井のニュース :福井新聞 (2012年3月31日午前7時05分)  日本原電敦賀原発の敷地内を通る浦底断層と周辺の活断層について経済産業省原子力安全・保安院は、連動性を考慮する必要があると判断し、再評価を行うよう福井県内の3電力事業者に求めたと30日の県原子力安全専門委員会で報告した。原電などは連動した場合の地震動を評価する方針。 . . . 本文を読む

原子力機構、若狭湾エネ研の年会費を大幅削減 2010年度3150万円から12年度10万円に

2012年03月30日 07時00分00秒 | 原発関連
エネ研へ支出 大幅減 : 福井 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) (2012年3月30日 読売新聞) 年3150万円→10万円 機構が新年度  日本原子力研究開発機構は、2010年度に財団法人・若狭湾エネルギー研究センター(敦賀市)に支出した年会費3150万円を12年度は10万円に減らすことを明らかにした。  機構は同センターを含め、計約8600万円の会費を文部科学省な . . . 本文を読む

平成22年度の電源交付金、過去2番目の215億5300万円

2012年03月30日 05時00分00秒 | 原発関連
県、22年度実績 電源交付金215億5300万円 福井 - MSN産経ニュース 2012.3.30 02:00  ■前年度上回り過去2番目  県がまとめた平成22年度の電源3法交付金の交付額は、前年度を11億6700万円上回り、過去2番目の約215億5300万円となった。関西電力のプルサーマル発電に同意したことに伴う核燃料サイクル交付金、運転開始から30年を超えた原発が立地する道県が対象の原子 . . . 本文を読む

小浜市議会、立地並みの協定見直しを関電に申し入れ

2012年03月30日 03時00分00秒 | 原発関連
小浜市会、安全協定見直し 関電に申し入れ 福井 - MSN産経ニュース 2012.3.30 02:00  小浜市議会は29日、関西電力原子力事業本部(美浜町)に、原発の立地自治体並みに安全協定を見直すよう申し入れを行った。  小浜市は、おおい町の関電大飯原子力発電所から半径20キロ圏内に全市民が入るため、関電に対して今回申し入れした。  同市議会の3月定例議会では、原子力発電所安全対策特別委 . . . 本文を読む

関電が県内3原発で防潮堤の建設着工 完成は2015年度末を予定

2012年03月30日 01時00分00秒 | 原発関連
関電、県内3原発で防潮堤着工 5、6月本格化 原発 福井のニュース :福井新聞 (2012年3月30日午前7時20分)  東京電力福島第1原発事故を受け、関西電力は福井県の美浜、大飯、高浜の3原発で防潮堤と防護壁の建設に着手し、5、6月には工事が本格化する。津波に直接襲われる可能性のある外海側と、津波が回り込みながら到達する内海側で多重的に備える方針で、防潮堤は最大で海抜11・5メートルとなる。 . . . 本文を読む

北陸電・志賀原発にフィルター付きベントを設置

2012年03月29日 10時00分00秒 | 原発関連
北陸電力、志賀原発にフィルター付きベント装置を設置 :日本経済新聞 2012/3/29 0:45  北陸電力は28日、志賀原子力発電所(石川県志賀町)で、仮に核燃料が損傷する重大事故が発生した場合でも放射性物質の大気中への放出を抑える「フィルター付きベント装置」を設置すると発表した。原子炉格納容器からの放射性セシウムの放出量を現行のベント装置の約1千分の1に抑制できる。設置時期は「できるだけ早 . . . 本文を読む

蒸気発生器内の伝熱管にキズ、高浜原発3号機で

2012年03月29日 07時00分00秒 | 原発関連
高浜原発3号機で蒸気発生器の伝熱管に傷 - MSN産経ニュース 2012.3.29 19:28  福井県は29日、定期検査で停止中の関西電力高浜原発3号機(同県高浜町)で、蒸気発生器内の伝熱管1本に傷が見つかったと発表した。環境に影響はない。  3台ある蒸気発生器のうち1台で、約320度の1次冷却水が通る伝熱管3264本のうち1本の入り口部分に長さ3・2ミリの傷が付いていた。  工事の際、伝 . . . 本文を読む

若狭湾の活断層に連動の可能性、原電および原子力機構で再評価の考え

2012年03月29日 04時00分00秒 | 原発関連
原電、影響再計算の意向 : 福井 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) (2012年3月29日 読売新聞) 敦賀半島断層 「連動」指摘 機構も追加検討へ  経済産業省原子力安全・保安院が、関西電力による大飯原発(おおい町)周辺の活断層の連動性の評価を「妥当」と判断した28日、原発6基が集中する敦賀半島(敦賀市、美浜町)周辺の活断層は連動すると指摘され、各電力事業者の対応が求め . . . 本文を読む

原子力委で電源交付金のあり方に対する非難相次ぐ

2012年03月29日 00時00分00秒 | 原発関連
「交付金受けると“悪人”扱い」 策定会議で河瀬市長不満訴え 原発 福井のニュース :福井新聞 (2012年3月29日午後7時34分)  原子力委員会は29日、今後の原子力利用の基本方針を示す原子力政策大綱の策定会議を開き、原発と地域社会の共生について議論した。全国原子力発電所所在市町村協議会長として委員を務める福井県の河瀬一治敦賀市長は、電源三法交付金などを受ける原発立地自治体の立場から「交付金 . . . 本文を読む