四季・彩

NaturePhotoGalleryのサブコンテンツです。

雪の余呉湖畔

2017年12月11日 | 風景写真

Data
 SONY DSC-W5
 ProgramAE ISO100 C-PL
 WB:太陽光
 撮影地:滋賀県長浜市(旧余呉町)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の湖岸

2017年11月26日 | 風景写真

Data
 SONY DSC-W5
 ProgramAE ISO100 C-PL
 WB:太陽光
 撮影地:滋賀県マキノ町


まだ11月ですが、冬ですね・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蛇足ですが・・・

2017年11月22日 | Others
今日のニュース番組で出演者が「温暖化が進むと冬も寒くなるらしいですね」と言っていて、こう言う俗説めいた事をよく聞きますが、根拠は何なの?と言いたくなります。要は、なぜ寒くなるのか分からない→地球温暖化は間違い無い→夏が暑いと冬は寒くなる、と言う温暖化が大前提で何の根拠も無く「多分そうじゃ無いの?」って程度の事でしょう。世間話をする程度ならともかく、メディアでそう言う無責任な事を言って欲しくは無いですね。

私だって20年以上前は温暖化肯定派で、産業革命以降氷河は後退しているし、二酸化炭素濃度は上がり続け、南極や北極でも黒い塵が観測されて、同時に汚染も酷い事になっている!なぜ温暖化に世間は無関心なのか?と思っていました。その後、温暖化ガスによる地球温暖化が騒がれ出して教科書にも載る様になり、やっぱり本当だったかと思っていたんですが、まさかの大嘘だったとはね。

改めて太陽の黒点数を見てみると、1900年代中盤以降太陽活動が活発になって、地球規模で見たらちょっと気温が上がっただけ。黒点数が200個を越える様な活動状況だと温度が上がる方向に行くのかなと思います。

「温暖化が進むと寒暖の差が拡大する」と言うのであれば、そのメカニズムをきちんと説明して欲しいですね。これは推測ですが、洋上に浮かぶ孤島の様な条件下の国、内陸奥深くにある国では、寒暖差の拡大なんて感じてないんじゃ無いですかねぇ。洋上にポツンと浮かんでいる様な国は、暖められた海水温の影響で「温暖化している」と感じているでしょうし、内陸奥深くの国では「え?寒くなってますよ」と思っているんじゃないかと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

温暖化は?

2017年11月17日 | Others
気象庁が「今年の冬の気温は平年並み」と言う予報を発表した時、「嘘つくんじゃねぇ、コノヤロー」と正直思いましたが、やっぱりこれまでに無く寒くなるのが早いですね。これは私の予想を超えています。去年が2012年以降の冬に比べたら暖かかったので(それでも寒いですが)、去年よりは寒いんじゃ無いかなぁと思ってました。

気温が高い方向にずれると「温暖化の影響ですね!」(ドヤァ!)と言う、独自意見を述べる事が出来ない気象予報士、今の様に気温が低い方向へずれるとその事に関して全くノーコメントなのはどう言う事ですか?気象って科学的根拠に基づいた解説があって然るべきだと思うんですが、暑くなったら「温暖化」、寒くなったらその事に触れないなんて、「温暖化ガスによる地球温暖化」が最早宗教と化している証拠ですよ。

そもそも、二酸化炭素が原因で地球温暖化が進んでいるのなら、これまでに無い寒さの冬が続くってのはおかしいでしょ?たまに例外があったとしても、二酸化炭素濃度が下がっていない以上、どんどん暖かくなっていないと論理破綻しますよね。加えて日本と言う、非常に分かりやすい立地条件?の国に住んでいるんですから、「夏は今までの温暖化で暖められた海水温の影響で暑く、冬は寒冷化の影響が早く出る大陸の空気の影響で寒い」と正しく解説出来るはずなのにね。欧州の白人様が決めた温暖化理論を金科玉条の如く有り難がるのはいかがなものか。日本人はいち早く「太陽活動低下による寒冷化の危機」を、世界に対して警鐘を鳴らすくらいで無いとダメでしょう。

その太陽活動(黒点数)ですが、最近はずっとゼロが並ぶ状況で、本当に氷河期が来るんじゃ無いかと疑いたくなります。
http://swc.nict.go.jp/circle27/sunspot.html
特に2016年中盤から黒点ゼロが目立ち、今年はゼロの日数の占める割合がかなり増加しています。太陽フレアが発生した前後以外に赤や黄色の表示はありませんしね。


たまたま少ない年に当たっていると言えなくもありませんが、太陽活動が活発な時は11年周期で黒点数が増減していましたが、活動が低下すると13年周期になるらしいですね。画像は最近の黒点数ですが、2001年前後のピークでも、活発だった1900年中盤に比べれば半分程度、直近のピーク2012年ではそのまた半分。11年周期、13年周期でも今年は底を打つ年では無いはずなんですが、現状の黒点数を見ていると、まだ下がりそうで危機を感じます。

ここからは予測ですが、最近増加している大雨による災害は、太陽活動低下による大陸上の大気の寒冷化+なかなか冷めない海水温との温度差拡大が原因で、黒点数が底を打った2~3年後に特に大きな災害が起こっていると考えると、2011年以降の紀伊半島の大雨や鬼怒川の氾濫はタイミングがピッタリ。と言う事は、2016年に黒点ゼロの日がかなりあって大気が冷えている事が考えられるので、大雨はもとより、雹、竜巻、ダウンバーストと言った気象現象の増加が予測出来ますね。

さぁ、気象庁と私、どちらが当たるかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年10月11日 | 風景写真

Data
 SONY DSC-W5
 ProgramAE ISO100 C-PL Tri-Pod (明るさをソフトで調整)
 WB:太陽光
 撮影地:岐阜県高山市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

解体中の神子畑選鉱場

2017年09月26日 | Others


写真は解体工事中の明延鉱山神子畑選鉱場(兵庫県朝来市)の写真で、撮ったはずなのに行方不明になってしまい、探していた物を発見しました。
(2004年6月撮影)

今思えば、解体前の写真を撮っておけば良かったなと。

で、今の廃墟ブームが起こってからホームページとかが出来たりしていますが、解体する前に何とか遺産と銘打ってテーマパーク化すれば面白かったのにね。この写真を撮った時も「あぁ、もったいない事をする」と思って撮ったので、客を呼ぶ努力をすれば商売になったと思うんですけどねぇ・・・。

神子畑選鉱場跡
http://mikobata.com/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蕎麦畑

2017年09月16日 | 風景写真

Data
 SONY DSC-W5
 1/320sec. AE ISO100 C-PL
 WB:太陽光
 撮影地:奈良県天理市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の砥峰高原

2017年09月01日 | 風景写真

Data
 SONY DSC-W5
 1/50sec. AE ISO100 C-PL Tri-Pod
 WB:太陽光
 撮影地:兵庫県神河町(砥峰高原)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木を見て森を見ず

2017年08月22日 | Others
昨日も気象予報士が「近年80mm/h以上の豪雨年間発生数が増えています」と、発生件数を平均したと思われる赤線を示して、それが右肩上りになっているので「ほら、温暖化と豪雨の発生はリンクしていますよね」(ドヤァ!)と言っていましたが、豪雨が発生するピークの年前後に何が起こっていたか、心当たりがあったので調べてみました。

調整しましたが横軸がちょっとだけずれているのはご勘弁を。
(画像クリックで拡大)

上は気象庁発表の前述のグラフ、下は太陽黒点の増減を示した図で、基本的に太陽黒点が増えると(=太陽の活動が活発化)地球の気温は上昇、反対に減ると下降する(どちらも主に内陸部で)としたら、太陽の黒点が減って内陸部の気温が低下、つまり日本の気候で言うと寒気が強くなったら豪雨が増えていると読み解けませんか?

結局は温暖化に比例して豪雨が赤線の様に増えている訳では無く、太陽活動の活発化、不活化に従う作用として大気の温度が変化、温度変化の少ない海洋に暖められた大気と、大陸の大気との温度差が拡大する時期(=太陽が不活発)に豪雨が降っていると思うのですが、いかがでしょう(タイムラグはあり)。今は太陽活動が低下し続けているので、大気はどんどん冷えて豪雨や雹、雷と言った気象現象が増えていると思います。

前々から思っていましたが、気象予報士は地球しか見ていませんね。地上の事しか目を配っていないので、空の上で起こっている事に考察が足りないと思います。だから言う事が二酸化炭素で温暖化が大前提のデタラメになってしまう訳で、予報士じゃなくてペテン師になってます。

正に「木を見て森を見ず」、地球と言う惑星の気象現象を分析したいのであれば、それを取り巻くもっと大きな存在にも目を向けないと、永遠に予報なんて当たらないと思いますよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHKはアホですか?

2017年08月11日 | Others
今日13時のNHKニュースを見ていたら、NOAA(アメリカ海洋大気庁)の発表で、過去最も気温が高かった一昨年を2016年は0.1℃上回ったらしい。まぁ、海水温が上がってますから、気温が上がるのは当たり前ですわな。しかも観測点が都市近傍(と言う事は海にも近い)が多いと言う話もあり、都市化の影響もあるんじゃないの?

問題はここからで、「気温上昇で北極と南極の氷が溶けて、30年前より8cmも海面が上がった」と。あのね、北極の氷は海水に浮いてるの。水に浮かべた氷が溶けても水位は変わらんだろ!おまけに南極大陸の平均気温は南緯69°の昭和基地でも-10℃、極に近付いたら-50℃以下なんですが、仮に5℃上がったら氷が溶けるんですか?むしろ海からの水蒸気が増え、南極に降る雪の量が増加、押し出された凍った雪が海にドボーンって落ちてるだけじゃないの?8cmの海面上昇だって、海水温が上がった膨張分だろ。どこの氷が溶けたら海水面が上がるほどの量になるんだ。加えて、いつツバルは水没するんだ?

もうね、こんな中学で習う様な科学の内容も理解出来ないなんてアホでしょ。

アメリカがアンチトランプで流すニュースを、「おっ、二酸化炭素温暖化説の強力な後押し♪」と思って喜んでニュースにする、NHKはアホですか?

今後も継続して太陽活動は低下すると予測されていて、地球は寒冷化に舵を切っている正にその時だと思いますが、たかが人類の活動ぐらいで地球の気象をコントロール出来ると言う思考そのものが人類の驕りでは無いかとも思えますね。

こんな動画も参考に。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

審査通過

2017年08月09日 | StockPhoto:冬
○手水鉢

Data
 Canon EOS-1N
 Canon EF70-200mm F2.8L USM
 1.6sec. AE -2/3EV RVP C-PL Tri-Pod
 撮影地:福井県小浜市(明通寺)
 スキャナー/解像度:Canon CanoScan 8600F/4800dpi
 StockPhoto用調整値(DPP):色ノイズ緩和レベル(2)


紆余曲折を経て、imagenaviで復活

知人に「寺院も撮ってみたら?」と言われて、冬の撮影ついでに福井県にある「明通寺」に
立ち寄ってみましたが、結局手元に残ったのはこの手水鉢の写真だけでした。

柄杓がプラスチック製なのがイマイチです。


Winter027
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

imagenavi開店

2017年08月01日 | imagenavi
写真の審査にもっと時間が掛かると思っていましたが、爆速審査で本日全審査通過作品が揃って開店となりました。「7~8割通れば上出来」と思っていましたが、100%審査通過したのにはビックリ。長辺2950ピクセル以下、コンデジやスマホで撮った物は不可となっているので、一部出せない物があってちょっと残念。

逆に売れなかったらこちらが申し訳無い様な気も・・・。

そして、また、ブログのアップデート地獄が待っている訳ですが、imagenaviはマイページから販売ページへのリンクが無く、ポートフォリオから写真を探さなければならなくて大変!まぁ、売れてくれれば苦労も報われるんですが・・・。

○ポートフォリオURL
http://imagenavi.jp/search/search.asp?kw=*set:imagenavi_RF:0%20*rf%20creator:934
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頑張って審査申請中

2017年07月29日 | imagenavi
審査申請中のimagenavi、他のサイトとアップロード、審査申請の手順が若干違っていて、1セット100点までアップロード出来て、この1セットのタイトルやタグ等必要事項の入力~審査申請をしないと次の1セットをアップロード出来ないシステムになってます。まぁ、出品点数に制限は無いので、特に困る事はありません。

驚いたのがアップロード速度で、今まではTAGSTOCKの20Mbps(だったかな?)が最速でしたが、imagenaviは空いている時なら何と80Mbps前後出ます。メッチャ速いです!爆速です!容量2GB超のアップロード容量でも数分で終わってしまうので、無駄な待ち時間が無くて良いです。ただ、サムネイルの生成にそれなりの時間は掛かるので、アップロード終了、即、審査申請作業とはいかないのがちょっと残念。iStockは2Mbps、「未払い画像」で数Mbps、ちょっと速いと思った123RFでも10Mbpsですから、時間を有効に使えます。余談ですが、「未払い画像」のアップロード中に表示されるGIFアニメが、Windowsのファイルコピーなのに失笑。これ、サーバーに使っているOSの画面じゃないの?

審査申請時に表示されるメッセージでは「販売開始まで2~3週間」と書かれていたので、「8月に入ってからかな」と思っていましたが、2営業日以内に販売開始されていてビックリしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

imagenaviに採用されました

2017年07月26日 | imagenavi
正直、AFLOchiとForYourImagesは前々から「もうダメだな」と思っていて、代替サイトを色々探していたんですが、旅行会社運営の「ちゃんとしたストックフォト」サイトには「主観が入りすぎ」(個人的には褒め言葉)と言われて却下。


どうかなと思った「未払い画像」(仮)と言うサイトは、「クオリティチェックの為5点提出せよ」と言うので、審査基準をチェックする為にフィルム原稿3点とデジタル原稿2点を送付しましたが、例によってフィルム原稿には「ブレ、ボケがある!」(↑画像)と言われ、おまけに審査員にエスパーさんが居るらしく、5点見ただけで「類似画像はいっぱいあるから要らん」と。ほぉ~、5点見ただけで私の原稿が類似画像ばかりだと見抜けるんですね!「未払い画像」すげー!・・・「風景なんて売れないし、審査するだけ面倒だから要らん」とハッキリ言ったらどうだ。更に「再審査を受けたいなら3ヶ月後な」とまぁ、何とも大上段な態度にブチ切れて止めました。取得したアカウントも即刻削除。

そんなこんなで、もっとまともなサイトは無いものかと探していて見付けたのが「imagenavi」。著者還元率も30%と高目ですし、ダメ元で審査申請。他のサイトでは画像を送付するのが一般的ですが、imagenaviはストックフォトサイトや自分で作ったWeb上のポートフォリオが必要。まぁ、申請者が自分で選んだ限定的な画像だけで判断するよりは合理的でしょうね。私はiStockのポートフォリオで申請しました。

風景は無理そうかなと思って半ば諦めていましたが、5営業日経過後に採用通知が届きました。ここから身分証明書を送付して正式登録完了となりました。

今度こそちゃんと売れて欲しいな・・・。(-人-)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おいおい・・・

2017年07月25日 | TAGSTOCK-ForYourImages
余談ですが、14日20時にForYourImagesからこんなメールが来ていました。

 このお知らせはforyourimages.comにクリエイター登録、
 またはエントリーいただいた皆さまへ配信しています。


いやいや、もうアカウント削除してるし!画像も全部消えてるし!

「ええ~!」と思ってメールに記載されていたメルマガ解除のリンクをクリックしてWebサイトのボタンをポチッとやりましたが、ホンマにアカウント削除されてるんか?加えて無効アカウントでアクセスしてWebサイトでエラーが出ないのもおかしいやろ。

あかんで、こんなサイト・・・。( ̄- ̄;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加