水に降る雪

おもに宝塚、そして日々のこと

ハリー(正塚晴彦)《訂正》

2016-10-12 | 宝塚
初日だからハリー(正塚晴彦)と稲葉っち(稲葉太地)に会えないかな、などという思いつきで
雪組「私立探偵ケイレブ・ハント/Greatest HITS!」に行って来たわけですが、残念二人ともロビーにはいませんでした
でも1階後方席で並んで観劇していたそうです

ハリーの大劇場オリジナルの新作は、6年ぶり前回の月組「ルパン」は原作アリでしたので。
《訂正》’12年に星組の「ダンサ・セレナータ」があったので、4年ぶりですね。すっかり忘れてました
    一応観たんですが、あんまり記憶がないです

なんかもの凄く懐かしい感じがしました「ああ、これこれ」みたいな
舞台セットはおそろしくシンプル。役が少なくて、コロスが踊ってて、照明が暗くて、大劇場向きとは到底言えない
場面転換に、沢山の盆とセリがひっきりなしに動いて幕を使わない、暗転もそんなに多くない、
上から見てて、この舞台機構を使うのが好きだから、宝塚を辞めなかったのかな、なんてことさえ考えてしまいました

少し前にスカステで、100周年運動会をやってましたが、ハリーは椅子取りゲームに出てましたね
いかにも「しゃーないな」って顔してました確か90周年の運動会の時も、出てましたね。
椅子取りゲームは、運動会に関わってない演出家が出る、って決まってるんでしょうか
ちょっと悪ぶってても、「出て下さい」って言われたら、素直に出るところが、なんか可笑しいです
歌劇の座談会の写真にも、手でハートを作って映ってましたし(歌劇のおねーさん強そうですもんね


ハリーのお芝居は、宝塚の中でも特異だなと思います。
ドラマチックな恋愛は無いし、王子様もお姫様もまず出てこない。ケレン味が無く、大芝居でもなく、
割と普通の人たちの(美男美女が普通かどうかはともかく)日常が描かれていて、
人生のほろ苦さが滲み出ているといって強いメッセージ性があるわけでも無い
これ、舞台が現代の日本だったら、ホントやめて、タカラヅカじゃないし、って言われそう
舞台が海外だから、ギリギリ宝塚なのかもしれない
日本だったら、普通に銃器を出すわけにはいかないしね
でも、なんでもアリの宝塚だから、やっぱりハリーには居て欲しいなぁ他にこんな作品書く人いないし
連続してハリー、ってのはイヤかもしれないけど

絶好調の頃に戻ったとは言えないかもしれないけど、「ケイレブ・ハント」結構好きです。
珍しく初日に観たので、こなれてきたら、もっと良くなる気がしますし。

初宝塚の人が見たら、「これが宝塚?」って、びっくりするでしょうが
ベルばらを見てハマる人もいれば、ハリーの作品でハマる人も…いるかもしれない
そこは運ですね
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケイレブ・ハント/GHとり... | トップ | ケイレブ・ハント »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。