水に降る雪

おもに宝塚、そして日々のこと

ケイレブ・ハント

2016-10-16 | 雪組
昨夜「ケイレブ・ハント/GH」のナウオン初回ランを見ました。
かなとくん(月城かなと)が健気でした
いつもの、かなとくんとはちょっと違ってましたね。
本公演のナウオンに出るのは初めてですが、それが雪組生として最後だなんて
(最後の公演で)「いっぱい勉強して、胸を張って月組に行けるように頑張ります」
きっと、いっぱい泣いたんだろうし、いっぱい泣くんだろうなぁ
頑張れ~、応援してるよ

さて、ケイレブ・ハント2回目を観て来ました。
ネタバレ有ります。









お芝居が深まってました。
正塚芝居ってアドリブは少なくて、言葉のキャッチボールが多いんですが、間が良くなってましたね。
(のぞみちゃん(星南のぞみ)までコラコラ
台詞やアドリブが無くても、間とか表情とか動きとかで、変わるんだなというのを、
事務所メンバーが表現してくれていて、地味に面白くなってます


チギ太くん(早霧せいな)ケイレブと、みゆ(咲妃みゆ)イヴォンヌは大人の関係
痴話ゲンカもしますが、結構ラブラブで、ファンは嬉しいかも?
チギ太くん自身も、ちょっと悔しそうに言ってましたがケイレブの方がイヴォンヌにぞっこんな感じです
ハリーのお芝居で、こういう関係性は珍しいような

だいもんは久しぶりに普通の?青年の役悪役とか、濃い人が多かったので、物足りない人もいるかもしれません
ナウオンでハリー(正塚晴彦)に、“普通”に演れ、と釘を刺されたと言ってましたね
今まで、どんどんねっとり濃くなる役ばかりでしたからね
だいもんジムの恋人は、レイラのぞみちゃん(星南のぞみ)。可愛いけどちょっとアホっぽいというか、幼い感じ?
でもジムは、そんなレイラが好きなのね振り回されて喜んでるみたいでした


ちさとちゃん(縣千)トレバーは存在そのものが面白い
事務所メンバー全員で踊るナンバーを見てると、メンバーの中で明らかにガタイがイイのでこんな役にしたんだろうなぁ
筋肉バカで、武器に慣れてる設定(実際には、まだ慣れてない感じがしてますけどね
使いっ走りですが、用心棒に雇ったの?って感じ。必要ないはずなんですけど
でも頭が弱すぎて、役に立たなそう
舞台の前の方で、チギ太くん(早霧せいな)たちが真面目な話をしてる奥の方で、正面の机に向かっているトレバーが
一生懸命何をしているかというと、書類で紙飛行機を折って、みっくん(真那春人)ダドリーに睨み付けられてました

桃ちゃん(桃花ひな)グレースは元秘書。死んでなくて良かった
家の事情で一度辞めたんですが、また働けないかとやってきて、歓迎されます
きゃびぃ様(早花まこ)コートニー、ダドリー、トレバーとも、いい関係だったんでしょう

みっくんダドリーは、見た目いかにもな経理で、黒縁眼鏡に黒の腕カバーをつけてます。
無駄が嫌いみたいで、堅苦しそうだいもん(望海風斗)ジムや、咲ちゃん(彩風咲菜)カズノのことを、
クリードさん、ハマーさんと呼んで、名前でいいよ、と言われます。
事件解決後だったか、事務所に現れたジムに向かって「ジム」と呼んで、
“言っちゃった”みたいに喜んでるのが、面白かったです。

事務所内の人間関係は、すごくイイ感じにあったかくてほのぼのしてて、そこに現れる電器屋りーしゃ(透真かずき)も加わって、
ほんわかした笑いを生み出してました


がおちゃん(香綾しずる)ナイジェル。おいしいとこを全部持って行っちゃいます
シリアスで、一人だけハードボイルドお笑いに走らない、がおちゃん久しぶりに見ました
謎めいててカッコイイです

翔くん(彩凪翔)ホレイショー刑事と、ひとこくん(永久輝せあ)ライアン刑事。いい感じに違いが出てました。
翔くんは「ローマの休日」のアーヴィングの時も思いましたが、お芝居が自然ですごくイイです。
1年前の「星逢一夜」に比べて、グッと芝居力が上がってますね間に観柳を演ったのが良かったのかしら
刑事コンビはチギ太くんケイレブ達と、いい関係を築いていることもあって、結構出番があって、仲間感がありました。
でも咲ちゃんカズノが、ホレイショーを完全には信用してないのは、単に付き合いの長さなのか、以前に刑事と何かあったのかな


かなとくんマクシミリアン。初日に比べてドスが効いてました
美しくて、人当たりが良さそうなのに裏の顔はホント酷い
ローマでお世話になった、あゆみちゃん(沙月愛奈)に、あんな酷いことをするなんて(違います)
「さすがは俺の惚れた女だ」と言っときながらの、あの冷たい仕打ち。ホントクズ
本当に惚れてたの?そんな気がしただけじゃないの?って思いましたよ

チギ太くんとサシで対決しても、見劣りしないところまで成長したのも、見てて嬉しかったです
でも本来は、もう少し番手が上の人が演る役なんですよね
なので、出番はそんなに多くなくて、書き込みもあまりされてません。ソロ歌も無いですし。
ラストも結構、呆気ないし
敵役のマクシミリアンチームが、もう少しチームとしての存在感が増すと、ラストが盛り上がるのかなぁ、という気がします。

ただこの作品、かなり初めの方で、マクシミリアンの胡散臭さが上がってますから、謎解きを物語のメインと捉えるべきではないのかも。
ちぎみゆと、仲間達の日常と関係性の背景、としての犯罪というか。


これからの雪組の、お芝居の深化に期待です
見ててあんまりイヤな気分にならないのが、ハリーのお芝居のイイ所かな
私的には、かなとくんの悪役が楽しみですし、リピートが辛くないです
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハリー(正塚晴彦)《訂正》 | トップ | FALSTAFF »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。