生存助け合いのネットワーク(生存組合)

貧困は自己責任じゃない。貧乏人は悪くないぞ!
助け合いのための寄り合い、ここにあります。

生存のための注目情報

●さよなら原発3.10(久屋広場)・第五回実行委員会
日時:2/18(日)13:00-
場所:未定(第三回は中生涯学習センターでした)
主催者ページ http://blog.goo.ne.jp/611aichi

●脱原発メッセージキャンドル・プレ企画
日時:2/24(金)18時頃〜
場所:なやばし夜イチ会場にて
http://natsu1yoichi.blog133.fc2.com/

●脱原発大集会3.11(久屋広場)・第三回実行委員会
日時:2月26日(日)13時〜
場所:名古屋中小企業福祉会館(052-221-6721)
http://fukushi-kaikan.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

●第3回ユニオン学校 講師:石原慶太(笹日労) 小島鐵也(氷河世代ユニオン)

2013年06月07日 | イベント情報
●第3回ユニオン学校

日時:6月8日(土)18:30-

場所:中村生涯学習センター

会場カンパ:500円

主催:ユニオン懇談会(090-4235-0662)

一時限目:「ピンハネ許すな!立ち上がった除染労働者」石原慶太さん・笹島日雇労働組合

二時限目:「私のライフワーク・孤立した青年と結び合う」小島鐵也さん・氷河世代ユニオン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貧困問題・緊急・トークジャンボリー

2013年02月16日 | イベント情報
貧困問題・緊急・トークジャンボリー

日時:2月16日土曜日、13時開場13時30分〜17時まで
場所:名古屋司法書士会館(金山駅徒歩5分)3階会議室

生活保護受給者、生活困窮者、支援者および貧困問題に関心のある方らが
とことんトークと交流をする集い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第3回学習会 外国人研修生問題とは〜〜愛知県・一宮からの告発(反貧困ネットあいち)

2013年01月10日 | イベント情報
第3回学習会 外国人研修生問題とは〜〜愛知県・一宮からの告発

日時 2013年1月30日(水) 18時30分〜20時30分
会場 尾張一宮駅ビル「iビル」(アイビル)2階会議室
    (JR尾張一宮駅ないし名鉄一宮駅から東へ歩1分)
主催 反貧困ネットワークあいち
資料 300円(支払いが難しい方は受付でお申し出下さい)

内容
1.一宮からの告発
のわみ相談所代表 三輪憲功氏
2.日弁連の取組みと最新の事例
外国人研修生問題弁護士連絡会共同代表 弁護士 大坂恭子氏
3.東海圏での現状と取組み
愛知県労働組合総連合議長 榑松佐一氏

※ちらし※
https://dl.dropbox.com/u/28637977/flyer130130.pdf
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス台無し街宣・繁華街をコタツで占拠大作戦(本日開催)

2012年12月24日 | イベント情報
クリスマスイブである本日、
名古屋では下記のアクションが予定されています。

●クリスマス台無し街宣・繁華街をコタツで占拠大作戦
日時:2012年12月24日(月)20時頃〜
場所:名古屋栄・バスターミナル〜噴水周辺
呼びかけ:愛救連準備会(@kojimatetsuya , @the_96)
https://twitter.com/Esamani/status/282848681718345730

*思想信条を問わず飛び入り歓迎。ただし和やかによろしく。
*このアクションは「大阪反原発で不当逮捕された仲間を支援しよう」と呼びかけられたアクションに連動して開催されています。
*参加者のニーズにより、当時は不当逮捕の話だけでなく、放射能と食品汚染、がれき受け入れ問題、クリスマス粉砕、野宿者排除などの話もされると思います。
*コタツは街宣後に登場予定。ただし熱源はありません。
*コタツでのメニューは、おでん、ケーキなどを予定しています。
*差し入れ歓迎。


●関連動画
関西弾圧連帯アクション・愛救援
http://www.youtube.com/watch?v=D7Hw0ACFE3w&list=PLs9VLjFg_TZGeBEmHU3FTb9MLc8t62v6I
脱原発・反弾圧・反排除緊急アピールin 名古屋:Esaman氏1
http://youtu.be/2Np9-fkT_4Y
脱原発・反弾圧・反排除緊急アピールin名古屋:Esaman氏2
http://youtu.be/wPjOq8SIQ6c
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関電支社を訪問した市民が「建造物侵入」容疑「運動つぶし」が目的か(週間金曜日記事・Esamanさんより)

2012年12月18日 | 連帯情報
Esamanさんから名古屋での弾圧を警戒してほしいとの情報がありました。

***

名古屋のEsamanです。
各地で脱原発アクションに対しての弾圧が行われていますが、
名古屋でも下記のような動きがあります。

現在のところ、警察からの弾圧対象
(具体的には、不当な出頭要請と身辺への過剰な捜査)
となった、当該の木村穣氏の冷静で的確な対応と、
事態を重視した中谷弁護士や自由法曹団愛知の有志の弁護士のみなさんの迅速な対応
(記事にある取調同行のほかに、警察に抗議文を送ったり記者会見をした)
により、警察の動きはけん制されており、
具体的な逮捕者が出るような話ではないようですが、
警察側は運動に対して、引き続き弾圧の隙をうかがってると考えるられるので、
おおくのみなさんの注目をお願いします。

近々、救援会(まだ誰か逮捕されていないので救援準備会?)からの応援要請が出る予定です。

*記事中の「興味本位で関電に訪問」は、事実とはやや異なると思います。

***

週間金曜日 2012.12.7(923号)

金曜アンテナ

◆関電支社を訪問した市民が「建造物侵入」容疑
「運動つぶし」が目的か

 関西電力大飯原子力発電所の再稼働に反対する抗議行動に「不当な圧力」が加
わっている。

 関電東海支社(愛知県名古屋市)を訪問しただけの市民二人が「建造物侵入」
の容疑で一〇月二九日以降、何度も愛知県警東警察署から出頭要請を受けていた
ことが明らかになった。この「訪問」は五月二五日の出来事であり、捜査の必要
性も含め疑問の声が巻き起こっている。

 関電東海支社前では東京の首相官邸前での行動に呼応し、今年五月から毎週金
曜日夕刻に市民による抗議が繰り広げられている。

 五月二五日に抗議行動の様子を見にきた木村穣さん(非参加者)は興味本位で
関電支社を訪問しようと同支社が入居するビルに入ろうとした。警備員に用件を
聞かれ、木村さんは「受付に用事がある」と言って、関電株主(祖父から譲受し
た五〇〇株を所有)だと告げると警備員は引き下がった(担当弁護士によれば警
察は「制止を振り切った」との見方)。Aさん(抗議行動に参加する女性)と支
社のある階まで行くと受付は閉鎖。職員から閉店していると告げられた木村さん
は、トイレを借りたのち、Aさんと退去した。

 一方で、被害届を提出した関電グループ企業、関西電力不動産東海支店の担当
者は「当社としてはビルを安全に管理する責任ある。二人は当社の規定に違反
する行為があった。今後は入ってほしくないので(時間がだいぶ経過したが)被
害届を出した」と言う。

 事件後、五カ月以上もたって捜査が始まったのは実に奇異なことだ。担当の東
署警備課長も現場に居合わせたというが「現行犯逮捕」は行なわれなかった。そ
もそも、株主の一人が会社を訪問しただけで「建造物侵入」としている点など異
常さが際立つ。

 一〇月五日に関電本店前で起きた不当逮捕事件と同様に「運動つぶし」の意図
が濃厚だ。

(竹内一晴・ライター)


***
この記事に関しては下記にも関連記事があります。

脱原発運動を弾圧する公安警察に対して、抗議する
(街の弁護士日記 守山法律事務所)
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2012/11/post-4291.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「子どもの貧困ネットワークあいち」結成記念講演会

2012年12月12日 | イベント情報
「子どもの貧困ネットワークあいち」結成記念講演会
教育における格差と貧困〜奨学金問題から考える

日時:2012年12月13日(木)午後7時〜9時
場所:中京大学(八事) 0(ゼロ)号館6階0602教室

内容:「子どもの貧困ネットワークあいち」は、近年深刻化する
子どもの貧困に焦点をあてて、実態の理解・学習・政策提言を目的に
結成の準備を進めている市民ネットワークです。
設立総会とともに連続勉強会(保育所、児童相談所、児童館、小中高等学校、
若者サポートステーション等のテーマを予定)の第一弾として、今般、
講演会を企画しました。ぜひご参加ください。

1.講演 大内裕和 氏(中京大学国際教養学部教授)
2.質疑応答
3.意見交換、会場発言

主催:子どもの貧困ネットワークあいち
参加費:無料
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 「貧困の拡がりではなく社会保障の充実を!12.1緊急市民集会」

2012年11月25日 | 主催・共催イベント情報
 「貧困の拡がりではなく社会保障の充実を!12.1緊急市民集会」

  マスメディアで報道されているように、現在、生活保護基準の切下げが断行され
る可能性が高い状況にあります。生活保護に関するいわゆる「バッシング報道」によ
り不正受給問題(濫給)ばかりが取り上げられ、それが生活保護予算削減の動きの背
景となる一方、生活保護利用者は強い不安の中で生活しています。また、不正受給防
止や暴力行為排除に向けた助言を理由に、警察官退職者を嘱託員として福祉事務所に
配置することが取り沙汰され、名古屋市では、来年度に4区の福祉事務所への配置を
目標に具体的な検討がなされています。
しかし、生活保護基準の切下げは、生活保護基準だけでなく、最低賃金、就学援助、
国民健康保険の保険料や一部負担金の減免基準、地方税の非課税基準など税制や社会
保障制度のあらゆる分野に連動しており、一部の人たちだけでなく多くの市民生活に
影響を及ぼします。私どもは、市民生活に貧困が拡がることを防ぐには社会保障制度
の充実こそが必要だと考えています。 また、私どもは、不正受給防止や暴力行為排
除の背景としては、生活保護利用者が急増する中で、査察指導員や現業員(CW)の
増員が追いついていないこと、社会福祉法が、現業員(CW)として専門家の配置を
求めているにもかかわらず、専門家の配置がきわめて少なく、違法な状態が続いてい
ることにこそ問題があると考えており、専門的な知識を有する査察指導員や現業員の
増員が必要だと考えています。
そこで、このような生活保護、さらには社会保障制度全般をめぐる喫緊の情勢を踏ま
えて、私どもは、生活保護の削減に焦点をあてて、貧困の拡がりではなく社会保障制
度の充実を求める緊急市民集会を、以下の開催することを企画しました。     
 ぜひご参加下さい。
 
「貧困の拡がりではなく社会保障の充実を12.1緊急市民集会」
−生活保護の削減で市民の暮らしはダメになる−

【日 時】2012年12月1日(土)午後1時15分〜4時半
【場 所】中村区役所講堂(地下鉄桜通線「中村区役所」2番出口北20m徒歩すぐ)
【内 容】

1基調講演:吉永純氏(花園大学教授)
\験菠欷遒亮他
△わめて不十分な社会保障の実情、
J欷邊霆狎擇蟆爾欧市民生活に及ぼす影響について、など

2市民の暮らしの実態
各方面から市民の暮らしの実態の訴え。
(国民健康保険・介護保険、就学援助、最低賃金、国民年金、生活保護など)

3今、福祉事務所の実情は
@福祉事務所の現場から
@「反貧困ネットワークあいち」から

4 保護基準切下げに反対する団体からの報告

5 アピール文提案・採択

【参加費】無料

【主催】反貧困ネットワークあいち(名古屋法律事務所:電 話 052-451-7746)

【賛同団体】(2012年11月21日現在)愛知県社会保障推進協議会、愛知県生活と
健康を守る会連合会、愛知県民主医療機関連合会、ささしま共生会、ささしまサポー
トセンター、自治労名古屋市労働組合、生活保障支援ボランティアの会、東海生活保
護利用支援ネットワーク、東海地域ホームレス・生活保護研究会、豊橋派遣村実行委
員会、名古屋市職員労働組合、名古屋市立高等学校教員組合、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Queer+s1周年記念パーティー。CNN継続、虹パレ実現、この一年は長かった?!

2012年11月20日 | 主催・共催イベント情報
早いもので、Esa&YUKIの拠点、Queer+sも、
来る12月で一周年を迎えます。
(CNN放送はQueer+sがオープンする前から開始してました)
Queer+sでは一周年を記念して周年パーティを企画しています。

いつもの常連のみなさんもも、
しばらく足が遠のいていた人も、
興味があったけど、いままで行く機会や勇気がなかった人も、
この機会にお集まり下さい。

●Queer+s1周年記念パーティー
日時:2012年11月30日(金)-12月2日(日)18:00-
場所:Queer+s
料金:3000円(フリードリンク+1プレート)
http://queer-s.com/

*12月1日はDJ特設ステージ開設(DJ:Reedほか)
*Queer+s営業時間変更のお知らせ
12月5日(水)より、平日は開店時間が19時時に変更いたします。
土曜・日曜は、引き続き18時開店です。



おかげさまでQueer+sも12月2日でオープンから1周年!

LGBTもストレートも、セクシュアリティ関係なく楽しめるミックス・ダイニングバーとして、みなさまに支えられここまでくることができました。

これからも、みなさまに安心してくつろいでいただける場所としてご愛顧いただけますよう日々研鑽いたします。
これからもQueer+sをよろしくお願いいたします。



店主 優希 & 梓
エサマン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

反貧困ネットワークあいち緊急シンポジウム 『緊急企画!どーなってるの生活保護』

2012年07月11日 | 主催・共催イベント情報
反貧困ネットワークあいち緊急シンポジウム

人気お笑い芸人の生活保護受給問題が世間を騒がせて騒がせています。
生活保護を不正受給している人が多いとうニュースもよく聞きます。
「こんなのおかしい!」「このままじゃいかん!」とは思うものの、どこか感情的な報道が目立つような気もします。そもそも生活保護ってどんな制度で、どこに問題があるのでしょうか?
最低限度の生活保障をうたう生活保護うたう生活保護が、私たちにとって大切な制度であることは間違いありません。
『正しい理解』と『冷静な議論』が必要です。
参加費無料で事前申込み不要ですので、皆様ご参加下さい。

                 記
『緊急企画!どーなってるの生活保護』
【日時】 2012年7月22日(日)午後1時30分〜午後4時30分
【場所】 愛知県司法書士会館 2階大会議室
     名古屋市熱田区新尾頭1−12−3
【プログラム】
1.Q&A『どーなってるの!生活保護』
  生活保護をめぐる報道が過熱する中、私たち7月1日に緊急街頭アンケートをおこない、
  市民が生活保護に対している抱いている疑問や意見を集めました。
  当日は、集まった疑問や意見をもとに、生活保護をどのように理解したらよいのか考え
  ます。
2.私たちの声も聞いて!生活保護利用者からの発言
  「生活保護は高すぎる」「生活保護を受けてグータラな生活をしている人ばかり」・・・そん
  な話をよく聞きます。本当にそうなるのでしょうか?
  実際に生活保護を利用している当事者が、リアルな暮らしぶりを、勇気を持って語りま
  す。
【主催】 反貧困ネットワークあいち
【参加費】 無料 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『社会参加としての在日朝鮮人文学―磯貝治良とその文学サークルの活動を通して』

2012年07月11日 | イベント情報
『社会参加としての在日朝鮮人文学―磯貝治良とその文学サークルの活動を通して』

と き 2012年7月22日(日)午後1時〜4時30分(受付開始12時30分)
ところ 名古屋大学留学生センター棟2F CALEフォーラム
内容 講演 磯貝治良「わたしの文学の旅と在日文学のゆくえ」
    コメント 清水良典(文芸評論家・愛知淑徳大学教授)
          黄英治(作家・評論家)
    みんなで討論
〔入場無料〕
主 催 名古屋大学留学生センター(共催・在日朝鮮人作家を読む会)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加