タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

ゴルフルールの改正案、タイでは 既にやっている?

2017年03月24日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 タイでゴルフデビューした人は、ルールやマナーがおろそかになりがち。タイ全体が
ゆるやかですが、「紳士のスポーツ」であるゴルフも、その例外ではありません。

ゴルフのルールを司るR&AとUSGA(全米ゴルフ協会)が、19年に施行予定のルール改正を発表。
多くの目的が「ゴルフ規則の近代化」だそうです。しかし、その改正案を覗いて見ると、プレー
時間の短縮に繋がったり、役に立つものも多く、タイ向けの改正案のような気がしますヨ(苦笑)。

 

元々 タイのプレーはゆるやかだから、改正されてもピンと来ないかも ・・・
もうすでに、やっているかも知れない改正案をピックアップしてみます。

* ドロップする時の高さは、肩の高さから地面すれすれの高さでもOK。
* グリーン上のスパイクなど、傷やへこみは おおむめ 修復が可能。
* 旗竿を差したままパットして当たってしまっても、2打罰から無罰に。
* ハザード内でクラブを誤ってソールしても、2打罰から無罪に。

 

* ドロップする際の厳密な場所が大幅に緩和される。
* バンカー内でアンプレヤブルを宣言した場合、2打付加すればバンカー外から打てる。
* グリーン上で誤って自分のボール、マーカーを動かしてしまった場合は1打罰が無罰。
* ボール探しの際、誤って自分のボールを蹴ってしまった場合、1打罰が無罰。

等々、他にもいくつもありますが、これらってタイの人が集まるコンペでは、当たり
前のようにやっているような気がします。 我々日本人も偉そうに言えませんが ・・・

 

もし改正されれば、1984年以来35年ぶりの大幅改正だそうですヨ。これらの規制を緩和しつつ、
これまで34項目あったゴルフ規則は24項目になるそうです。 難解な言い回しや、時代に

そぐわないものは廃止するようです。理不尽でゴルフ規則は合理性のない、ムダに厳しい規則が
撤廃されるといいますから、これからゴルフを始めようという日本の若い人には良いですよネ。

複雑なルールが新しいゴルファーを増やす足かせになっていることもあるでしょうからネ。これらを
変更したり、もっと身近でシンプルなルールにして参加しやすいスポーツしなければいけませんものネ。

 

この改正案は現在、進行途中で今年の8月まで全世界の一般ゴルファーや世界各国のゴルフ協会、
ツアーなどから意見をフィードバックしてもらい、来年の8月頃までに大枠を決めるようです。

そして2019年1月1日からの施工とのことですから、改正案に物申したいという方は、
R&AかUSGAのホームページに提案などできます。 

 「改正案について、タイのゴルフではゴルフ界の先を読んで、すでに
やっていますよ!」 なぁ~て、 書き込んでみましょうかネ。  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイへ来たら ルーフトップバ... | トップ | タイのゴルフ場も そろそろ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。