我が家の地球防衛艦隊

『宇宙戦艦ヤマト』世界における艦艇・航空機の模型と妄想設定を中心にしたページです。2202も追いかけています(^_^)

このブログ『我が家の地球防衛艦隊』について。

2199-12-08 12:00:00 | 雑談など
(注:本記事は本ブログの表紙であり、次以降の記事が最新記事です)


本ブログでは、主に『宇宙戦艦ヤマト』に登場する地球防衛艦隊艦艇の設定を妄想しています。
対象はオリジナル版及びPS/PS2ゲーム版のヤマトであり、『宇宙戦艦ヤマト2199』『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』はどちらかと言えば例外的な扱いとなります(最近ではそちらの方がメインコンテンツ化してきていますがw)。
尚、本ブログに記された各種設定の多くは、公式設定ではありませんので、閲覧にあたっては御注意願います。
現在までに書き溜めた設定は以下の通りです。

 〇ヤマト型(級)宇宙戦艦 前編後編
 〇アンドロメダ級戦略指揮戦艦 前編後編
 〇ハント型フリゲート/ハント級護衛艦(さらば/2護衛艦) 前編後編
 〇オマハ級哨戒巡洋艦(さらば/2パトロール艦) 前編後編
 〇アマギ級宇宙空母/グローリアス級宇宙空母 前編中編・後編(妄想中)
 〇アリゾナ級護衛戦艦
 〇プリンス・オブ・ウェールズ級護衛戦艦
 〇ライオン級護衛戦艦(改プリンス・オブ・ウェールズ級護衛戦艦)
 〇アキヅキ級宇宙駆逐艦(完結編駆逐艦) 前編中編後編
 〇ゼリウド級多層式航宙母艦(ガミラス三段空母)

【番外編】
 〇地球防衛艦隊2199(“ヤマト以前”の地球防衛艦隊の戦い)
 〇続・地球防衛艦隊2199 前編後編
  (“ヤマト帰還まで”の地球防衛艦隊の戦い)
 〇“我が家”世界における各艦艇の戦闘能力指数
 〇“我が家”世界における大型艦の系譜
 〇護衛戦艦小論(ヤマトⅢの護衛戦艦って?)
 〇地球防衛軍の航空機と空母機動部隊

【宇宙戦艦ヤマト2199編】
 〇『宇宙戦艦ヤマト2199』世界における“さらば/2 主力戦艦” 前編後編
 〇ゼルグート級/ドメラーズⅢ世の設定を妄想してみる。
 〇アンドロメダ型宇宙戦艦(宇宙戦艦ヤマト2199版) 前編後編

これからも少しずつ増やしていきたいものです。
また、当ブログでは艦艇設定妄想以外にも、『宇宙戦艦ヤマト2199』『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』を全力応援中です。
最後になりましたが、当ブログの文章・画像の無断転載は原則お断りしています。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の次なる新情報は???(6/23追記)

2016-06-23 19:18:17 | 宇宙戦艦ヤマト2202
さて、先日の公式HP更新からしばらく間が開きましたが、近日新たな情報公開がありそうです。
まず一つは、ヤマトクルーの会誌が6月末頃に発行・配布されるとのことで、こちらには2202の監督を務められる羽原さんのインタビューや新たなメカデザインが掲載されるようですね。

そしてもう一つは、副監督を務められる小林誠さんのイラスト・造形作品を集成した書籍『ハイパーウェポン2016楽園のロジック』です。
その中に2202について言及されたページもあるそうで、その一部はツイッター上でも既に公開されています。
具体的には、公式HPのトップ画にもなっているティーザービジュアルの前後状況を描いたイメージボードなどですね。
また、『星めぐる方舟の未使用設定』や『方舟本体の別デザイン』、更には方舟の設定作業時に既に2202を考慮していたこと等も語られるそうです。

ハイパーウェポン2016楽園のロジック
小林 誠
大日本絵画


本書の発売は7月22日ということなので、6月末と7月末の新情報はこれらを通じてになりそうですね(^_^)

さて・・・・・話は変りますが、先週の週末、我が家に新たに1/1000『さらば/2』巡洋艦が加わりました♪ヽ(^◇^*)/ ワーイ
以前からずっと探していた『よいこQ』さんの1/1000ガレージキットをこの度ようやく手に入れることができまして(^_^)
とりあえず一枚写真をパシャリ♪



アンドロメダは、あまりオリジナルからデザインが変わらないようですので、主力戦艦や巡洋艦についても同じ路線で是非お願いしたいところです♪(o~ー~)(o_ _)(o~ー~)(o_ _)ウンウン♪
そしてできれば・・・・・・是非!これらの艦が活躍する見せ場も!!m(__)m

【6月23日追記】
宇宙戦艦ヤマト2202公式HPにて新たにキャラクターデザインとして結城信輝さんのお名前がクレジットされました!!
やったー!!ヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪
士官コートまでは予想していましたが、制帽姿の古代って・・・・・・なんか新鮮(^o^)

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

『スーパーロボット大戦V』に宇宙戦艦ヤマト2199が参戦!!

2016-06-05 15:11:03 | 宇宙戦艦ヤマト2199
いやー、これはビックリしました(^^;)
まさかスパロボにヤマトが出演するとはw
最初、てっきり『ネタ』かと思いましたが、どうやら本当みたいです(^_^)



上の公式動画の6:52~7:32くらいまでにヤマトとデストリア級が、8:01~8:12にポルメリア級とメランカ、更に8:27~8:37にコスモゼロとツヴァルケが登場します。
また、CVでも沖田艦長、古代、島、南部が確認できます。

まさかヤマトがスパロボに登場するとは・・・・・・。
たぶん、スーパーロボットたちの母艦として活躍するのだと思いますが、どうせなら戦艦と宇宙戦闘機でロボットどもを一掃してもらいたいくらいですw
ついでに、↓画像のように某アル〇ディア号も登場させていただければ尚ありがたいのですが♪



まだ発売日は未定のようですが、2017年内の発売のようですね(^o^)
また、私はソーシャルゲームが苦手なコンシューマゲーム派なので、PS4とPS-Vitaでの発売というのも嬉しいです。
さすがに今の時点で2199できればコンシューマーゲームでヤマト単独のゲームも発売して欲しいですね。


宇宙戦艦ヤマト2199 (8) (カドカワコミックス・エース)
西崎 義展,結城 信輝,宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会
KADOKAWA/角川書店

宇宙戦艦ヤマト2199 艦艇精密機械画集 HYPER MECHANICAL DETAIL ARTWORKS 弐
宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
マッグガーデン
コメント (27)
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙戦艦ヤマト2202の前に、今一度2199を楽しみ尽くす!!

2016-05-29 21:42:16 | 宇宙戦艦ヤマト2202
という意気込みタップリに電撃ホビーウェブさんでSOY-YA!!さんの作例記事が公開されています♪ヽ(^◇^*)/
直近に発売されました『宇宙戦艦ヤマト2199 艦艇精密機械画集 HYPER MECHANICAL DETAIL ARTWORKS 弐』に準拠する形で1/1000ドメラーズIII世を徹底的にディテールアップされています。



↑SOY-YA!!さんにありがたくも転載の御許可をいただきました比較画像です。
ディテールアップされたドメラーズが左、キットほぼノーマルのデウスーラが右ですが、こうして同部分を比べてみると、情報密度が桁違いなのが分りますね。
電ホビさんのサイトで公開されている艦橋部(独立戦闘指揮艦)も作り込みがハンパなくって、正直、これだけでも欲しいくらいですw

また、今回の作例ではディテールアップのみならず、ドメラーズIIIの印象深いシーンの一つであるバラン鎮守府の停泊バースと、そこに停泊する為の着陸脚も新たに製作されています。
画像にはありませんが、ゲールがドメルを出迎えるタラップまで製作されているという徹底ぶりw



すげぇー、こんな着陸ゴッコしてみたいw
もちろんこのBGMで・・・・・・。



電撃ホビーWebさんの作例を見て改めて思いましたが、やっぱり電飾の情景ジオラマは美しいですね。
特に、艦艇と基地という二つの異なる対象から放たれた光が折り重なって造り上げられる光景は、息を呑むほど美しです(^o^)
以下の電ホビさんの連載記事に画像、製作記録も含めて大ボリュームで紹介されていますので、皆さまも是非是非♪

着陸脚をスクラッチ!〈ドメラーズIII世〉を艦艇精密機械画集のディテールで作る~その1~
着陸脚をスクラッチ!〈ドメラーズIII世〉を艦艇精密機械画集のディテールで作る~その2~
着陸脚をスクラッチ!〈ドメラーズIII世〉を艦艇精密機械画集のディテールで作る~その3~
着陸脚をスクラッチ!〈ドメラーズIII世〉を艦艇精密機械画集のディテールで作る~その4~



SOY-YA!!さんによる製作作例一覧です(しかもその一部!)
これが全部1/1000とは・・・・・・恐るべし!!Σ(・ω・ノ)ノ!
その恐るべき製作ラインナップに更にアノ艦が・・・・・・っ!?



1/1000メダルーサ級殲滅型重戦艦『メガルーダ』
次回作例として、あの複雑巨大な艦のフルスクラッチ製作が発表されました!!ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪
しかも、来年夏のガレージキットイベント申請も目標にしておられるとのことなので(もちろんB社さんからのキット化がなければだと思いますが)、楽しみにお待ちしたいと思います!!

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の製作も発表されましたが、実際の上映や模型展開はもう少し先のことになるでしょう。
それまでは皆でヤマト模型の火を絶やさないように盛り上げていきたいですねぇ~♪(^o^)


1/1000 ゼルグート級一等航宙戦闘艦ドメラーズIII世 (宇宙戦艦ヤマト2199)
バンダイ
バンダイ

宇宙戦艦ヤマト2199 艦艇精密機械画集 HYPER MECHANICAL DETAIL ARTWORKS 弐
宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
マッグガーデン

宇宙戦艦ヤマト2199 艦艇精密機械画集 HYPER MECHANICAL DETAIL ARTWORKS
西崎彰司
マッグガーデン
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』のアンドロメダをじっくり眺める。

2016-05-28 21:37:27 | 宇宙戦艦ヤマト2202


さて、意表を突いていきなり公開されました2202版アンドロメダを、週末を利用してにじっくり眺めてみようと思います。
画像の転載は御法度なので、皆さま公式サイトで公開されている画像を開きながらご覧下さいませ(^_^)
バンダイの1/700キットの旧パッケージでもお馴染みのアングルということもあり、一見オリジナル版そのままにも見えます・・・・・・が、ジロジロと執拗に眺め回して(w)ますと、色々と気がつくこともありまして。

パッと見てまず気がつくのは、第一砲塔より前の艦首部分が少し伸びてスマートになっていて、逆に艦中央部はボリュームアップして逞しさを増していることですね。
1/700キットの旧パッケージアートのアンドロメダは優美な印象を与えるシルエットですが、2202版は艦首部を少し伸長しても尚、ドッシリと力強い印象が強くなっている気がしました。
戦艦とは殴り合い上等の存在ですから、私的には非常にカッコいいリメイクだと思いますね(^o^)

続いて注目しましたのは艦橋とその周辺部です。
もっとパルスレーザー砲塔がゴテゴテと増設されるんじゃないかと思っていましたが、そのまま・・・・・・いや、むしろ舷側部の砲塔が一基減ってます(^_^;)
とはいえ、舷側部にはハッチ状のディテールがしっかり残っているので、昔から噂の格納式なのかもしれませんねw
確かに2199でのヤマト航海時、対空砲座はかなりの割合で損害を受けていましたから、装甲の中に隠して少しでも損害を低減しよう・・・・・・という思想もありかもしれません。



ちなみに、オリジナル版『さらば』『2』でアンドロメダをはじめとするヤマト以外の地球艦艇にパルスレーザー砲塔が少数しか装備されていないのは、セル画アニメ的に『描いて動かすのが大変』といういう理由だったそうですが、2202での艦艇はCGモデリングされるので、全く別の事情があるのでしょう。
あるいは・・・・・・オリジナルの持っていた美しいシルエットをゴテゴテと飾りつけて崩さない為・・・・・・という可能性もありますが。

艦橋そのものですが、第一艦橋の部分がもっと幅増しされるかと思いましたが、ほぼそのままでしたね。
2199ヤマトは第一艦橋の内部スペースを真面目に検討すると、艦サイズを25%増しにしてもスペースが足りないということで、かなりの幅増しが行われました。



↑の画像はオリジナル版ヤマトとアンドロの1/700キットを並べた物ですが、第一艦橋の幅は殆ど変らないことが御理解いただけると思います。
にも係らず、2202アンドロメダでは2199ヤマトのような幅増しが行われていないということは、艦サイズそのものが2199ヤマト以上に大型化されることで、艦橋を幅増しする必要がないということなのかもしれません。
やっぱり400メートル越えか?w

艦橋と言えば、オリジナル版ではヤマトの第二艦橋の部分が『艦橋砲』とされていたと思いますが、ここはどうなるんでしょうね?
正直、私は沖田艦(キリシマ)の時から『艦橋砲』という兵器システムに懐疑的でしたので、ここは普通に第二艦橋で良いと思っていますが。

それら以外、艦全体のディテールを見ていると、PSゲームで宮武さんがリメイクされたアンドロメダの影響も受けている気がしました。
ミサイルハッチと思しき艦底部のモールドは、オリジナル版には無かったと思いますが、PSリメイク版では同じ数・配置で描かれています。

ただ、波動砲口後方の上面・下面に対称に存在する比較的大きめのモールドはこれまでのアンドロメダでは見たことがないものですね。
反対側にも当然同じモールドが存在するでしょうから合計四箇所、何だろう???
無難なところでは作業用装載艇や内火艇の格納庫とかですかね・・・・・・まさかガミラス譲りの物質転送機が出てきたりしたらビックリですがw

以上、とりあえず現時点で気がついたことをツラツラと書いてみました(^o^)


1/700 地球防衛軍旗艦アンドロメダ
バンダイ
バンダイ

宇宙戦艦ヤマト2199 (8) (カドカワコミックス・エース)
西崎 義展,結城 信輝,宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会
KADOKAWA/角川書店

宇宙戦艦ヤマト2199 艦艇精密機械画集 HYPER MECHANICAL DETAIL ARTWORKS 弐
宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
マッグガーデン
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加