我が家の地球防衛艦隊

『宇宙戦艦ヤマト』世界における艦艇・航空機の模型と妄想設定を中心にしたページです。2202も追いかけています(^_^)

このブログ『我が家の地球防衛艦隊』について。

2199-12-08 12:00:00 | 雑談など
(注:本記事は本ブログの表紙であり、次以降の記事が最新記事です)


本ブログでは、主に『宇宙戦艦ヤマト』に登場する地球防衛艦隊艦艇の設定を妄想しています。
対象はオリジナル版及びPS/PS2ゲーム版のヤマトであり、『宇宙戦艦ヤマト2199』『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』はどちらかと言えば例外的な扱いとなります(最近ではそちらの方がメインコンテンツ化してきていますがw)。
尚、本ブログに記された各種設定の多くは、公式設定ではありませんので、閲覧にあたっては御注意願います。
現在までに書き溜めた設定は以下の通りです。

 〇ヤマト型(級)宇宙戦艦 前編後編
 〇アンドロメダ級戦略指揮戦艦 前編後編
 〇ハント型フリゲート/ハント級護衛艦(さらば/2護衛艦) 前編後編
 〇オマハ級哨戒巡洋艦(さらば/2パトロール艦) 前編後編
 〇アマギ級宇宙空母/グローリアス級宇宙空母 前編中編・後編(妄想中)
 〇アリゾナ級護衛戦艦
 〇プリンス・オブ・ウェールズ級護衛戦艦
 〇ライオン級護衛戦艦(改プリンス・オブ・ウェールズ級護衛戦艦)
 〇アキヅキ級宇宙駆逐艦(完結編駆逐艦) 前編中編後編
 〇ゼリウド級多層式航宙母艦(ガミラス三段空母)

【番外編】
 〇地球防衛艦隊2199(“ヤマト以前”の地球防衛艦隊の戦い)
 〇続・地球防衛艦隊2199 前編後編
  (“ヤマト帰還まで”の地球防衛艦隊の戦い)
 〇“我が家”世界における各艦艇の戦闘能力指数
 〇“我が家”世界における大型艦の系譜
 〇護衛戦艦小論(ヤマト靴慮遽卆鏨呂辰?)
 〇地球防衛軍の航空機と空母機動部隊

【宇宙戦艦ヤマト2199編】
 〇『宇宙戦艦ヤマト2199』世界における“さらば/2 主力戦艦” 前編後編
 〇ゼルグート級/ドメラーズ契い寮瀋蠅鯡兪曚靴討澆襦
 〇アンドロメダ型宇宙戦艦(宇宙戦艦ヤマト2199版) 前編後編

これからも少しずつ増やしていきたいものです。
また、当ブログでは艦艇設定妄想以外にも、『宇宙戦艦ヤマト2199』『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』を全力応援中です。
最後になりましたが、当ブログの文章・画像の無断転載は原則お断りしています。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙戦艦ヤマト2202公式サイトの更新は来週だそうです。

2016-05-21 23:33:16 | 宇宙戦艦ヤマト2202
そんなツイートが小林さんから発せられていました(^o^)
第一報以降、しばらく新しい情報がありませんでしたが、これでまた盛り上がっていけそうですね♪
第一報発表時に誤情報が出回る程だった、メカ・キャラ・音楽の2199からの順当な引き継ぎについても今度は具体的な発表があるのだと思います。
既に発表されている以外のスタッフの方々からもコメントが発表されるみたいですし。
とにもかくにも更新を楽しみにお待ちしたいと思います♪ヽ( ̄∇ ̄)ノ ランラン♪

今日は家族で買い物に出まして、その際に今週発売された本を三冊ほど買い込んできました。



『キャプテンハーロック 次元航海4巻』
『新仮面ライダーSPIRITS 13巻』
『アルスラーン戦記 15巻』

ですw
『次元航海』については、実際に描いておられる嶋星さんの背後にM御大の気配が濃厚に感じられるので、いつでも撤退できる用意をして毎巻手を出しているのですが・・・・・・嶋星さん、頑張っておられます。
当初は批判も多かったハーロックの風貌についても、3巻くらいから作画が安定してこられましたし、実際作画クオリティーは全編を通して高いです。
にもかかわらず執筆速度もかなりのもので、御大自身がコピーを切り貼りされず(苦笑)、同じくらいのクオリティーで書いておられたとしたら、未だ2巻も発売できていないでしょう(^_^;)
ストーリーは他作品のキャラも豪華に絡めながら着実に進行しています。
以前にも述べました『普通の人が登場しない』という世界は相変わらずですが・・・・・・。

仮面ライダーSPIRITSも『新』になってもう13巻、ここまで来たら、『無印』の巻数を超えるのも時間の問題ですね。
しかしラストはビックリしたなぁ・・・・・・まさか『帰ってきた〇〇』になるとはw
ナックル星人にやられた新マンを思い出しました♪

アルスラーン戦記はまだ読んでないんですけど、カバー裏の著者の言葉を見ると、次巻でいよいよ完結のようですね。
当時はまだ角川文庫から発売されていた本作を手に取ったのは小学校高学年の頃でしたから、足かけ三十年かぁ・・・・・・長生きはするもんだw

キャプテン・ハーロック~次元航海~ 4 (チャンピオンREDコミックス)
嶋星光壱 松本零士
秋田書店

新 仮面ライダーSPIRITS(13) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
石ノ森 章太郎
講談社

新 仮面ライダーSPIRITS(13)特装版 (プレミアムKC 月刊少年マガジン)
石ノ森 章太郎
講談社

戦旗不倒 アルスラーン戦記15 (カッパノベルス)
田中 芳樹
光文社
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマトIIIのハーキンス艦を入手♪

2016-05-06 22:02:01 | 宇宙戦艦ヤマト2202


僅か二ヶ月程前に『欲しい!!』と叫んだハーキンス艦が、我ながら驚くほどのタイミングで入手できてしまいました(^_^;)
サイズは14センチ程度とメカコレを一回り大きくした程度ですが、細部までしっかり作り込んでおられるので、この通りアップにしても小サイズを感じさせないです。



ヤマトIIIの劇中では大した活躍を示すことなくグスタフ艦の特攻を受けて呆気なく沈んでしまうハーキンス艦ですが、実は板橋克己氏デザインの中では一番好きな艦なのですよ。
その全長サイズはグスタフ艦と同程度と言われることが多いのですが(公式設定ではありません)、もしその説が正しければ600〜700メートル程の大型艦ということになりますね。

武装は艦首と艦中央上部の大型バルジ内にボラー砲という大口径砲を搭載しており、それ以外にもボラー艦では標準的な格納式固定砲塔六基とミサイル発射管多数を有します。
イマイチ兵装のインパクトに乏しいボラー艦の中ではかなり強武装で、できれば本編でもこれらの武装をフルに活用する場面が観たかったです。



また、デザイン的な特徴を挙げるとすると、やはり艦底部にぶら下がった大型の円盤状構造物でしょうか。
見ようによってはヤマトの第三艦橋やドメラーズの独立戦闘指揮艦が肥大化したもののようにも見えますが、艦隊戦においては百隻・千隻単位の大規模集団戦をモットーにしているであろうボラー連邦軍を思えば、巨大な艦隊指揮管制機構をこの中に有していると考えるのも楽しいです(二次創作でもそうした見解を示されている作品があります)

製作発表されたばかりの『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の主敵はガトランティスなのは確かですが、第三勢力としてボラー連邦が登場してくれたりすると嬉しいですね。
これはツイッターで他の方からコメントいただいたネタなのですが、ガトランティスの科学奴隷にボラー人が登場したりなんてのも想像力がかき立てられて楽しいかもしれません(^o^)
うん、そんな形ならダークホースとしてデザリアム人が登場するのもアリかもw



最後に2199メカコレのデウスーラII世と並べてみました。
デウスーラの全長は12センチほどで設定サイズは638メートルですから、もし両艦が同一スケールだとした場合は750メートルくらいで、ゼルグート級より少し大型の艦って感じですね。
うん、それくらいなら、天の川銀河に冠たる大国家の旗艦級艦艇にもピッタリな気がします(^o^)



はてさて、遂に念願だったハーキンス艦を手に入れたことでもありますし・・・・・・四月以降書く時間が中々取れなくって開店休業だった『十三月動乱』も、そろそろ復活しないと(^_^;)

実はこのGW中に念願叶って手に入れたものがもう一つありまして、そちらはまた次の機会に♪(^o^)


宇宙戦艦ヤマト2199 艦艇精密機械画集 HYPER MECHANICAL DETAIL ARTWORKS 弐
宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
マッグガーデン

宇宙戦艦ヤマト2199 (8) (カドカワコミックス・エース)
西崎 義展,結城 信輝,宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会
KADOKAWA/角川書店

宇宙戦艦ヤマト2199(8)<宇宙戦艦ヤマト2199> (角川コミックス・エース)
西崎 義展,結城 信輝,宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会
KADOKAWA / 角川書店
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙戦艦ヤマト2199 艦艇精密機械画集 弐とか2202愛の戦士たちとか

2016-05-01 00:36:12 | 宇宙戦艦ヤマト2202


連休中のいいタイミングで入手することができました♪艦艇精密機械画集の第二弾です!!
今回も第一弾に引き続き、ディテールUPされたメカイラストを存分に堪能することができます(^o^)

第一弾ではヤマトのカットが多かったですが、本書では2199本編のガミラス艦と『星巡る方舟』のメカが中心となっています。
アニメ本編だけでは、背景が宇宙空間であることによる彩度上の制約もあって、せっかく作画されたメカディテールが伝わりにくい部分もあると思いますが、本書では白背景で明度も上げて描かれているということもあって、一本一本の線や彩色まで余すことなく伝わってきます。
1ページ毎に『ここはこんな風になっていたのか!!』という驚きに見舞われることは確実ですw
特にデウスーラII世は、作中で艦がアップになったのが次元回廊などの通常の宇宙空間とは色彩の異なる場所が多かっただけに、特にその印象が強いですね。



また、表紙に使用されているカバーイラストについてのコラムも大変興味深かったです。
何よりこのイラストのヤマトの巨大感には圧倒されますね。
本編後半に登場したドメラーズIII世やデウスーラII、メガルーダのサイズから、いつの間にか『小さい』と思うようになっていたヤマトですが、改めてその巨大さを思い知らされた感じです。
そして、この空中線が波動防壁補助システムというアイデアも凄いよなぁ。
さすがに公式設定ではないのかもしれませんが、単なるビジュアル的な“見映え”ではなく、システムとしての必然性を示されるとワクワクしていますね(^o^)



とにもかくにも、本書は是非書籍で手に取っていただきたいです。
アマゾンにもかなり大きめのプレビュー画像も掲載されていますが、大判のページに高精度で印刷されたイラストの質感には到底及びませんので。

宇宙戦艦ヤマト2199 艦艇精密機械画集 HYPER MECHANICAL DETAIL ARTWORKS 弐
宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
マッグガーデン

尚、予想通り本書に2199続編(宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち)についての言及はありませんでした。
巻末の西井さんのコメントに『本書の出版により、これまでの私と宇宙戦艦ヤマトとの係りは幕を下ろします』とありますが、この表現だけでは西井さんが2202にも係られるのかも分りませんね。
続編といえば、4月29日の小林誠さんのツイートに2202の音楽も“2代目”が係られるというツイートがありました。
先日示唆されていたメカ・キャラの担当の件も含めて、2199の路線が順当に引き継がれることは間違いなさそうですね(^o^)
また、公式での発表はGW連休が明けてからになるようです。

そして、電撃ホビーWebでSOY-YA!!さんによる精密機械画集のディテールを再現した1/1000ドメラーズIII世のモデリング連載が開始されました♪ヽ(^◇^*)/ ワーイ
今回はその第一弾ということで各部のディテールアップが解説されています。
彩度を抑え気味の塗装もディーテールアップ箇所を引き立ててカッコいいですね!!(≧∇≦)キャ♪
一週間後の第二回連載では、スクラッチで作成された着陸脚が公開されるそうですので、こちらも楽しみです♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』小林誠さんのツイートから

2016-04-28 22:36:06 | 宇宙戦艦ヤマト2202
現在、小林誠さんのツイッターで以下の文言が固定ツイートされています。

-----------------------------------------
祝福されぬ旅立ち。
己を呪いながら全てを無に還す最強の敵。
あまりにも早い復興の闇。
そして、祈り。
そして、愛。

ヤマト22φ2
愛の戦士たち

※以上、原文のまま
-----------------------------------------

あれこれ妄想してしまうキーワードがてんこ盛りです(^o^)
『最強の敵』ってのは色々と思い浮かびますけど、『己を呪う』とは・・・・・・?
以前から、白色彗星が存在するとすれば、それははシャンブロウと同じくアケーリアスの遺産じゃないかと想像していました。
“伝播船”たるシャンブロウに対して、芽吹いた“種”が他の“種”を支配したり殲滅したりするような存在になり果てた際の『リセット(殲滅)装置』なんじゃないかと。
であれば、『無に還す』という表現にも合致しそうな気がします。
ただ、それだけでは『己を呪う』理由の説明にはなりませんね(^_^;)
ガトランティス人がそれを拾ったり収奪したものなら、己を呪ったりすることはないと思うので、可能性があるとすればガトランティス人がその“守番”や“管理者”とされている場合でしょうか、ガミラス人が超空間ネットワークの管理者であったように。
『君たちは、はねっ返り種族が出た時の虐殺・殲滅装置ね』なんて役割を生まれながらに与えられていたら、それこそ自らの運命や創造主を呪ってしまうかもしれません。

あと、同じく小林さんのツイートでは、結城さんからキャラ絵が届いたとか、メカデザインが2199と同じく玉盛さんと石津さんであるとか、第一話の演出を2199第一話と同じく榎本さんが担当される等といったワクワクする新作情報が定期的に流れてきます。
できれば、こうした情報が早く公式でも発表されるといいなぁと思いますね。
期待と同時に御心配されている方も多いですし。

最後に、『2202』が『22φ2』となっているのは・・・・・・やっぱり理由がありそうですね?w
宇宙戦艦ヤマト2199 艦艇精密機械画集 HYPER MECHANICAL DETAIL ARTWORKS 弐
宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
マッグガーデン

宇宙戦艦ヤマト2199 (8) (カドカワコミックス・エース)
西崎 義展,結城 信輝,宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会
KADOKAWA/角川書店

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加