我が家の地球防衛艦隊

『宇宙戦艦ヤマト』世界における艦艇・航空機の模型と妄想設定を中心にしたページです。2202も追いかけています(^_^)

このブログ『我が家の地球防衛艦隊』について。

2199-12-08 12:00:00 | 雑談など
(注:本記事は本ブログの表紙であり、次以降の記事が最新記事です)


本ブログでは、主に『宇宙戦艦ヤマト』に登場する地球防衛艦隊艦艇の設定を妄想しています。
対象はオリジナル版及びPS/PS2ゲーム版のヤマトであり、『宇宙戦艦ヤマト2199』『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』はどちらかと言えば例外的な扱いとなります(最近ではそちらの方がメインコンテンツ化してきていますがw)。
尚、本ブログに記された各種設定の多くは、公式設定ではありませんので、閲覧にあたっては御注意願います。
現在までに書き溜めた設定は以下の通りです。

 〇ヤマト型(級)宇宙戦艦 前編後編
 〇アンドロメダ級戦略指揮戦艦 前編後編
 〇ハント型フリゲート/ハント級護衛艦(さらば/2護衛艦) 前編後編
 〇オマハ級哨戒巡洋艦(さらば/2パトロール艦) 前編後編
 〇アマギ級宇宙空母/グローリアス級宇宙空母 前編中編・後編(妄想中)
 〇アリゾナ級護衛戦艦
 〇プリンス・オブ・ウェールズ級護衛戦艦
 〇ライオン級護衛戦艦(改プリンス・オブ・ウェールズ級護衛戦艦)
 〇アキヅキ級宇宙駆逐艦(完結編駆逐艦) 前編中編後編
 〇ゼリウド級多層式航宙母艦(ガミラス三段空母)

【番外編】
 〇地球防衛艦隊2199(“ヤマト以前”の地球防衛艦隊の戦い)
 〇続・地球防衛艦隊2199 前編後編
  (“ヤマト帰還まで”の地球防衛艦隊の戦い)
 〇“我が家”世界における各艦艇の戦闘能力指数
 〇“我が家”世界における大型艦の系譜
 〇護衛戦艦小論(ヤマトⅢの護衛戦艦って?)
 〇地球防衛軍の航空機と空母機動部隊

【宇宙戦艦ヤマト2199編】
 〇『宇宙戦艦ヤマト2199』世界における“さらば/2 主力戦艦” 前編後編
 〇ゼルグート級/ドメラーズⅢ世の設定を妄想してみる。
 〇アンドロメダ型宇宙戦艦(宇宙戦艦ヤマト2199版) 前編後編

2199編の設定妄想については、いずれも2202の制作発表前に書いたもので、2202公式設定とは一切関連はありませんので御注意下さい。
また、当ブログでは艦艇設定妄想以外にも、『宇宙戦艦ヤマト2199』『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』を全力応援中です。
最後になりましたが、当ブログの文章・画像の無断転載は原則お断りしています。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

関係者試写会とか1/1000アンドロメダ2202とか

2017-01-18 18:17:17 | 宇宙戦艦ヤマト2202


1月16日に、2月25日から公開予定の宇宙戦艦ヤマト2202第一章『嚆矢編』の関係者試写会が開催されたそうです。
その日の夜から翌日にかけて、ツイッターのTLがかなり賑っていましたが、参加された方々からの評価は上々のようですね。
皆さん、ネタバレは慎重に避けておられましたが、2月6日の一般試写会以降はネタバレの情報も漏れてくると思いますので、新鮮な気持ちで新作を楽しみたいという方は御注意いただいた方が良いと思います。
私自身、あれこれ事前に想像はしていても実際の物語は自分の目で確かめたいので、本ブログでの本編を視聴した上でのネタバレ感想は、コメント欄を含め3月4日(2月25日の公開一週間後)からとします。

ネタバレ開始は公開一週間後からというのは2199の時からのウチのパターンなので、古株のお客さんはよく御存知とは思いますが、最近では新しいお客さんも増えておられますので、念のため書きました。
どうか皆さま、ご協力をお願いしますm(__)m

さてさて、1/1000アンドロメダ2199(仮)も追加情報が出てきましたね。
未だ(仮)ながら、商品名は『AAA-1 アンドロメダ ムービーエフェクトVer.(仮)』、お値段は税込で\12.960.-。
発売予定は本年3月とのことで、思ったより早いっ!!

お値段的には大台越えとなりましたが、それでも1/1000ドメラーズⅢ世と同価格ですし、ドメラーズに比べれば少し小ぶり(444mm)とはいえ、電飾(LED)と効果音(SE)のギミック搭載であれば、許容範囲かと。
また、本キットは『ムービーエフェクトVer.』と名付けられていますので、場合によってはLEDとSEユニットをオミットした別バージョンが将来発売される可能性もあるかな、という気もします。
特に2202本編に登場するアンドロメダ型には別カラーリングの同型艦も存在するようですので、カラバリの通常版が発売される可能性もある・・・・・・かも(願望)
ま、その為にはまずこのバージョンのアンドロメダがポンポンと飛ぶように売れなければならないと思いますので、皆さん一家に一個の精神で買っちゃいましょうw
発売が三月からであれば、まもなく予約も開始されるんじゃないでしょうか。

あと、資料を見ると『リトラクタブル兵装は開閉選択式で再現』とあります。
万が一、ストーリーに係るネタバレだと困るので、念のため伏字にしますが――波動砲後方のダクト部(準備稿ではアイボリーに塗られていた箇所)が開閉するか、スライドするかして、何らかの武器が出てくるようです。
これは何だろう?画像を見てもはっきり分かりません。副砲?まさか・・・・・・物質転送機じゃないだろうな・・・・・・?
でもガミラスとは同盟を結んでいるし、この技術は既にガトランティスにも漏れた後(火焔直撃砲)なので、それも有りか?

――以上、伏字でお送りしましたw

ディスプレイ用の艦載機としては、これまでの予告通りコスモタイガーⅡが付属するようですね(写真では四機が確認できます)。
30秒PVでも往年と変わらない姿を(しかも金田パースで!)披露してくれたコスモタイガーⅡですが、ファルコンのような菱形断面ではなく通常の丸断面となっているのは、ファルコンが形状ステルスなのに対して、CTⅡはアクティブステルス故とのことです。
完全に想像ですけど、あの主翼付け根の黒い部分にアクティブステルスの秘密があったりするのかなぁ・・・・・・。
そういえば、2199のコスモゼロの設定にも当初、コスモファルコン編隊のステルス制御用アンテナを翼端と機首に装備しているというものがありました。
2199劇中で本設定の使用が明示されたことはありませんが(もしかすると、メ2号作戦時に使用されていたのかもしれませんが)、あるいは同様のアンテナをコスモ・タイガーⅡも機首や翼端に装備していたりのかもしれませんね。

そして更に、2202版の地球艦隊セットも同じ3月に発売されるそうです。
2199の時に発売された1/1000国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊セットのカラーバリエーションのようで、ゆうなぎとゆうなぎカラーに準拠した村雨型(厳密には村雨改型かもしれませんが)と磯風型の三艦構成です。
村雨型については、艦底部の連装主砲はオミットしてるのかな?
艦名には『INTREPID』とありますが・・・・・・イントレピッド、艦長はハスミ大佐だったりして?w
磯風型は艦名はなく、『Torpedo boat』という表記です。
今のところは磯風型が2202に登場するかの情報はありませんが、伏撃が十八番の近海防御用高速雷撃艇としてでも再登場して欲しいですね。
こちらのお値段は、2199の時から変わらず3,240円とのことです。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

アンドロメダの波動砲(宇宙戦艦ヤマト2202)

2017-01-14 00:56:25 | 宇宙戦艦ヤマト2202


さてさて、第一章の公開までいよいよ一ヶ月余りとなり、30秒版PVの公開や会報誌がワクワク感をいい感じで高めてくれていますね(^o^)
そんな週末の夜、外はこの冬最強の寒波だそうなのでコタツに入ってヌクヌクとしながら、あれこれ想像してみたいと思いますw

今日のお代は、PVでも豪快にぶっ放されているアンドロメダの波動砲についてです。
ラストカットの凶悪そうな姿に痺れるような思いをした方も多いと思います(^_^)

この波動砲、オリジナル版(旧作)と同じく“拡散”波動砲なのでしょうか?
アンドロメダの登場が予告されて以来、実はその点が最も気になっていました。
初めてアンドロメダのビジュアルが発表された際のキャプションには『波動砲』とありましたが、『拡散』という文字がどこにもなかったものですから。
ただ、昨今の小林誠さんのツイートや、最新の会報誌にははっきりと『拡散波動砲』という記述がありましたので、最早間違いないでしょう。

ここで気になる点は二つ。
一つは地球・イスカンダル和親条約の存在、そしてもう一つは『波動砲が宇宙を引き裂く(危険性がある)』点です。
条約については過去にも記事にしたことがあるので(三年以上前の記事の為、今読み返すと色々と“痛い”ですがw)、今回は二つ目の『宇宙を引き裂く』点に注目してみたいと思います。

2199世界の波動砲は、カラビ-ヤウ空間に折り畳まれている余剰次元を展開することでマイクロブラックホールを形成し、そのホーキング輻射が――と説明されている訳ですが、その使用には『宇宙が引き裂かれる』危険性があるとユリーシャ・イスカンダルが指摘しています。
その指摘に対して、真田さんも『気づかなかった』と吐露していますので、その指摘は的を射ており、何より重要なのは『真田が波動砲の使用は危険性をはらんでいる』と理解したことでしょう。

では、『宇宙が引き裂かれる』とはどんな状態なのでしょうか?
折り畳まれていた次元の展開がバランスを失って、膨大なエネルギーが発散されたりするのかな?と思ってみたり(多分間違ってるw)。
まぁ、居直ってしまいますが、私の物理や科学の知識では『宇宙が引き裂かれた』状態がどのようなものかははっきりとは分りませんが、とにかく空間環境に劇的な(致命的と言っても良いのかもしれません)影響を及ぼすのでしょう。

考え過ぎかもしれませんが、この波動砲の理論も当初は波動コアと同じく続編製作に対する歯止めとして決定されたんじゃないかなぁと思ったりもします。
ヤマト単独の発射でも宇宙を引き裂く危険性のある超兵器を、白色彗星相手に艦隊単位で一斉発射なんかした日には、太陽系そのものが吹き飛んでしまいそうですものね(^_^;)

さて、2202公式サイトのキャラ紹介によると、真田さんは『波動砲艦隊構想』を巡って古代と対立していたようです。
あくまで私の感覚ですが、古代が波動砲の使用に積極的になるとは思えないので、『波動砲艦隊』に対して反対の立場に立っていると思います。
それと対立した訳ですから、真田さんは『波動砲艦隊』を推進する立場に立っていると考えるのはそれほど飛躍した想像ではないでしょう。
でも、真田さんは2199年当時のヤマトの波動砲が『宇宙が引き裂いてしまう危険性がある』というユリーシャの指摘が正であると認めています。
そんな彼が『波動砲艦隊』を是とし、封印されたヤマトの波動砲からも砲栓を取り去って再就役させるのであれば、ユリーシャの指摘を解消する方策をちゃんと用意していると思うんです。
『拡散波動砲』もその一つ――宇宙を引き裂かない波動砲――なんじゃないかと。
いやー、原理とかは全く想像もつかいですけどねw
また、ヤマトの波動砲も『宇宙を引き裂かない』2199とは異なる波動砲(まさかの『新波動砲』か?w)になっていると思います。
考えようによっては、そうした新型波動砲が開発されたとすれば、地・イ和親条約には抵触しない『別の波動砲』として条約の抜け道としても利用できるかもしれませんね。

で・・・・・・最初はそこまで想像して納得したのですが、もう一個捻くれた想像が頭に浮かびました。

『俺たちは宇宙を引き裂いちゃうかもしれない超兵器をしこたま持ってるよ~♪』
『もし攻め込んできたら、これで太陽系ごと死なば諸共しちゃうからね~♪』
『そんなことされたら、侵略のコスパ的に合わないでしょ?だからウチは諦めて他に行っちゃいなよ』

――てな、完全抑止力艦隊ってのもアリかな?と。
もちろんこの場合の波動砲は『宇宙を引き裂く』可能性を有したままですし、地球市民はもちろん殆どの軍人に対しても満を持して建設された新艦隊が“ダイナミック自爆”艦隊である事は厳重に伏せる必要があるでしょう。
とはいえ、実際に全てを消し飛ばしてしまうような一斉射撃は最後の切り札で、数発程度はブラフを兼ねて普通に発射するでしょうけどね。
まぁ本当に思いつきのバカげた想像ですが、ガミラスやガトランティスに比べれば地球の国力なんて微々たるものでしょうから、そんな極論もあながち非現実的じゃないかもなぁ~と思ったりもしています。

何らオチのないダラダラグダグダな記事になってしまいましたが、そうした設定面をどのように構築されているのかも含めて、第一章の公開が今から待ち遠しいですね(^o^)
コメント (28)
この記事をはてなブックマークに追加

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』30秒版本予告が公開!!

2017-01-07 00:43:16 | 宇宙戦艦ヤマト2202
さて、本日(あ、もう昨日か)は朝から日テレ系の情報番組『ZIP!』で2202の情報発信があり、更に夜には30秒版PVの公開がありました♪
テレビの方はテレサ役に決定された神田沙也加さんが主のニュースでしたので、そちらは詳しい方に御説明をお願いするとして(笑)、ウチはいつも通りメカネタを中心に30秒版PVの雑感をダラダラと書いていきたいと思いますw



・メダルーサ級もばっちり登場するんですね。
 背景には細長い岩塊みたいなのが沢山見えます。
 ここが『第8ガミラシア』と呼ばれる宙域なのでしょうか。
・ゼルグート級の前の“盾”ですが、三枚で構成されてますね。
 この盾は、重力アンカーか何かで固定されているのかな?
・火焔直撃砲の威力は、盾がぶち抜かれた後のゼルグート級の吹き飛ばされ方からすると
 『方舟』の時よりも大幅にアップしているように思えます。
 既にガミラスは『方舟』の時に遭遇した火焔直撃砲のデータを持っているでしょうから
 それに対抗して持ち込んだ盾とゼルグート級の防御力は、データ上は十分抗堪し得るもの
 だったと思うんです。
 それが容易に“抜かれた”となると、火焔直撃砲の威力そのものが大幅にアップ
 しているんじゃないかと想像しました。
・撃沈されるキリシマ改型ですが艦名は『SUGARLOAF』。
 沖縄戦での『シュガーローフの戦い』からの命名かな?
・15秒PVにもあった蒼い二本のビーム光は、やっぱりアンドロメダの連装“拡散”波動砲
 だったみたいですね。
 以前、小林さんのツイートにも“拡散波動砲”とありましたし、本日届いたヤマトクルー会報誌
 にもそうあったのでほぼ間違いないと思います。
・佐渡先生のはんてん、良いですねぇ~♪
・島君、やっと生存を確認w
・月をバックに突っ込んでくるコスモタイガーⅡは合計6機。
 伝説の金田パースが復活ですねw
 デザインは殆ど全くオリジナル版コスモタイガーⅡのまま。
 機首(8門)はもちろん、主翼上(10門)の機銃数までそのまんまw
 分厚い胴体もステルス性の欠片もない円断面の機首もそのまんまww
 このデザインは・・・・・・技術的にはコスモファルコンより退化しているような?
 いやまぁ、菱形断面の形状ステルスなんて、23世紀には製造工程を複雑化させるだけで、
 性能上のメリットは無いと言われてしまえばそれまでだけど。
 せっかくPS版っていう良いお手本があるのになぁ・・・・・・。
・島と真田さんと古代が視ているのは、白色彗星のデータとかでしょうか。
・古代とキーマンが会話している場所はどこだろう?
 月に招待するって言うんだから、まだ月じゃないよね?
・『安全第一』と書かれた一〇〇式空偵と並航するコスモタイガーⅠ。
 多分この空偵が以前小林さんのツイートで見た『民間偽装機』なんだろうな。
 一方のコスモタイガーⅠですが、この重武装(大質量)でロールを打ったら、重力の小さい
 月面でも主翼や胴体が折れそうな気が(もちろん冗談ですw)
 よく見ると、ビームカノンの砲身には復活篇のコスモパルサー風の四文字の漢字が
 書かれてますね(何て書かれてるかはギリギリ読み取れませんでしたが)。
 また、画面が切り替わる直前、主翼上部の箱型ランチャーがパージされています。
 正面からに画面が切り替わった時には、コスモタイガーⅠはロール後だからか、背面飛行に
 なってますね。
 それなのに、コクピットだけは回転してないんだよなぁ。
 どうやら、コクピット部分だけ独立してグルグル回転できるみたいです。
 その後、二機の後方で次々に弾ける光球は、コスモタイガーⅠがパージしたランチャーから
 フレアか何かが放出されたのかも。
 となると、コスモタイガーⅠは空偵の離脱を援護しているのか?
 タイガーⅠに乗っているのは、月に単身赴任中の加藤だったりしてw
・サーベラーさんもお元気そうですね。
・凶悪そうなアンドロメダがラストカット。
 オリジナル版では艦橋砲だった部分の下側が仄かに光ってるんですけど、ここは第二艦橋に
 なったのかな。
 個人的には寧ろその方が好みなんですがw

僅か三十秒でも色々と見どころ満載のPVでした。
一昨日も記事にした新メカのコスモタイガーⅠですが、その後、より鮮明な画像を入手しました。
グラスカプセル状のキャノピーで、それが独立して回転するとは斬新ですね。
機体背面に前脚や主脚の扉があるので、着陸や駐機時には上下逆さまになるようです。
なるほど、それなら下向きの巨大な垂直尾翼も邪魔にならない。
なんでもこのコスモタイガーⅠは、武装・機体共に大きすぎて艦載機コンペでコスモタイガーⅡに敗れた機体という設定があるそうです。

あと、小林誠さん曰く、古代君が乗艦している『ゆうなぎ』ですが、公式HPの『駆逐艦』というのは間違いで、正しくは『金剛改型宇宙戦艦』なんだとか。
近々、公式HPに修正が入るのかもしれませんね。

まだ今日届いた会報誌のこととかも書きたいのですが、もう書き疲れてしまったので、今日はここまでにしたいと思いますm(__)m

あーーー、結局今日も皆さんからいただいたコメントへのレスも、ぐらっとさんへのメールの返事も書けなかった・・・・・・☆ヽ(o_ _)oポテッ
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

コスモタイガーⅠの印象

2017-01-05 23:05:15 | 宇宙戦艦ヤマト2202
新年あけましておめでとうございます。
本ブログも早いもので開設から6年目を迎えました。
その間には公私共に様々な変化があり、更新ペースは年々確実に低下してはおりますが、それでも何とか細く長く続けていく所存ですので、引き続き宜しく御願い申し上げますm(__)m

さて、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』も公開まで遂に2ヶ月を切りましたね。
私も昨年末に、なんばパークスシネマで前売り券を購入してきました。
ええ、もちろんいただきましたとも、オリジナル版『さらば宇宙戦艦ヤマト』をモチーフにした特典ポスター♪

当初は昨年末に配布される予定だったヤマトクルー会報誌は予定が多少遅延しているようです。
1月4日くらいからの発送ということなので、首都圏の早い方はもう受け取ってらっしゃるかもしれませんね。
私はまだですが、できればこの三連休中に届いて欲しいなぁ。

あと、既に2202公開予定の劇場では、2202第一章の30秒版PVが公開されていまして、ネットでも近日中・・・・・・と思っていたら、明日(1月6日)日テレ系テレビ番組でヤマトの最新情報が放映されるようです。
たぶん、ここでその30秒版PVも流れるでしょうし、新たなキャストの発表もあるようですよ。
最新情報の放映が予告されているのは、朝番組の『Oha!4 NEWS LIVE』と『ZIP!』とのことです。
う~~~ん、私の住んでる関西はちゃんと放送してくれるだろうか?(^_^;)


注)画像はコスモタイガーⅡのEXモデルです

さて、年明け早々、ネット上でコスモタイガーⅠの設定画を目にしました。
勝手にその画像を転載することもできないので、私が目にした上での印象を以下にまとめてみました。
あくまで『印象』ですから、全然間違ったことを書いている可能性もありますので、予め御了承下さい。

まずはカナードと前進翼、伝説の金田パースを彷彿とさせるちょっとお辞儀した機首、そしてガンダム世界のビームスマートガンみたいな長大で野太い二本のビームカノンが目を惹きますね。
そしてコスモゼロも裸足で逃げ出すくらいに巨大な下向き垂直尾翼。
対照的に上向きの二枚の尾翼は可愛らしいサイズ・・・・・・って、これを水平尾翼と見るか垂直尾翼と見るか悩ましい角度ですが・・・・・・うーん、機首にカナードがあるから、やっぱり垂直尾翼と考える方が妥当でしょうか。
あと、左右斜め下方を向く形で2枚の補助翼(?)を束ねたユニットが機体下部から生えてます(言葉で説明するのが難しいです^^;)。
これは・・・・・ウェポンラック兼用の補助翼ユニットとかかなぁ???

とにかく全部で何枚あるのか分らないくらい(笑)あっちこっちに大小の翼が突き出ていて、それらの上下に所狭しと並べられた多数の箱型ミサイルランチャーと長大なビームカノンからすると、この設定画は対艦攻撃兵装時のもので、プレーンでシンプルな空対空兵装のヴァリエーションも存在するんじゃないかと思ったり。
ただ、カナード以外の翼端には機動用と思しきノズルがそれぞれ設置されているので、こう見えても機動性は意外に高い・・・・・・という設定なのかもしれません。
てか、ノズル噴射に加えて翼そのものが可動することで(AMBACで)機体がクルクル回ったりしても面白いですね。

機動性といえば、双発のメインノズルは流行のベクタードノズルには見えない感じです。
あぁ・・・・・・でもロシア機みたいな感じでノズルが可動するという可能性もありますね。
ロシア機で思い出しましたが、機首からエンジンノズルにかけての機体背面のラインは、これ絶対ロシア人が設計したろ!?と訊ねたくなるくらい曲面が艶めかしいさですw
まさかこのエンジン、コスモゼロ用の主機(彗星五型二号)を双発で搭載していたりして。
その出力余裕を用いて巨大なビームカノンが運用可能になった――とか?(思いつき)
その場合、この機体はかなりの大型機ってことになりますがw

総じての印象は、機首形状と下向きの大型垂直尾翼、翼の上下にずらりと並べられた箱型のランチャー、これらは復活篇のコスモパルサーに繋がるデザインって感じです。

それにしても・・・・・・2199から2202に繋がるこの世界には、既にコスモファルコンとコスモゼロいう戦闘機が存在する訳ですが、コスモタイガーⅠのデザインを見る限り、それらからの派生的な繋がりみたいなものは、正直あまり感じ取れませんでした。
ここに新たにコスモタイガーⅡが加わる訳ですが、そのデザインがオリジナル版とそう違わない場合(Ⅰとは大きく異なる場合)、今度はⅠとⅡの関係性が気になってきますね。

相変わらず全く当たらない予想と取り留めのない印象や妄想ばかりのブログですが、今年もどうぞ宜しく御願い致しますm(__)m
遅れていますグローリアス後編の最終部分については今月中にはなんとか・・・・・・と思ってますので、もう暫く御猶予願いますm(__)m
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加