士気の集い

士気の集い講演会の案内ブログ

【講演のお知らせ】織田 邦男先生講演会≪北朝鮮の核保有に如何に備えるか≫~今こそ求められるタブーなき核抑止論議~

2017-10-05 00:51:53 | 講演会のお知らせ

第160回士気の集いは、織田 邦男先生講演会≪北朝鮮の核保有に如何に備えるか≫~今こそ求められるタブーなき核抑止論議~になります。

我が国を始め国際社会による経済制裁を交えた強い反対にも関わらず、度重なる弾道ミサイル発射及び原水爆実験を繰り返し、我が国に対しても核による脅迫を迫る北朝鮮に対し、アメリカといえども軍事的制裁を躊躇せざるをえない状況にあります。軍事的オプションが取れない我が国としては、北朝鮮の核保有を認め米朝平和条約締結という我が国にとっては悪夢といえる事態も想定しながら、アメリカ頼みではない我が国の主体的な戦略を立案し、タブーなき核抑止論議を深化させるべき時を迎えています。
北朝鮮危機の本質は何でしょうか。今後、起こりうる最悪の事態を想定しつつ危機に備える上で、我が国の課題と展望を大いに語ります。

講師 織田 邦男(おりた くにお)先生
■プロフィール 
元・空将1974年、防衛大学校卒業、航空自衛隊入隊、F4戦闘機パイロットなどを経て83年、米国の空軍大学へ留学。90年、第301飛行隊長、92年米スタンフォード大学客員研究員、99年第6航空団司令などを経て、2005年空将、2006年航空支援集団司令官(イラク派遣航空部指揮官)、2009年に航空自衛隊退職。
■活動
JBプレスに定期寄稿。時局を鋭い舌鋒で一刀両断。
「織田邦男著作集(雑誌投稿文等)http://aiminghigh.web.fc2.com/archive.html 」
「テレビ、ラジオで活躍中」

【日 時】  平成29年11月4日(土)14時00分~16時30分(開場:13時45分 )
【会 場】  港勤労福祉会館1階 第一洋室
東京都港区芝5丁目18番2号 電話番号:03-3455-6381
 交通:JR山手線 田町駅西口)徒歩5分、
地下鉄浅草線、三田線 三田駅 A7出口徒歩1分
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/shokokaikan/kinrofukushi/01.html
【参加費】  事前申込:1500円 (事前申込の学生:1000円、高校生以下無料)当日申込:2000円

【懇親会】 17時~19時 参加費:事前申込3500円
                                                当日申込4000円

【申込先】  11月2日(木) 22時までに下記申込フォームに登録してください。
                https://goo.gl/forms/A5qFLXAZKeGjqYTm1
        ★事前申込の無い方の入場は講演5分前とさせて頂きます★

【主 催】  士気の集い  http://blog.goo.ne.jp/morale_meeting

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【講演のお知らせ】木中直幸先生講演会≪テロ攻撃への備えと国民保護≫~CBRNE(シーバーン)対応現場からの警告~

2017-06-10 00:25:20 | 講演会のお知らせ

第159回士気の集いは、木中直幸先生講演会≪テロ攻撃への備えと国民保護≫~CBRNE(シーバーン)対応現場からの警告~になります。

今年4月北朝鮮有事の危険が高まる中、政府より国民保護制度の周知が改めて行われました。自然災害と異なり、有事の際には自衛隊の来援に依存することはできません。しかし責任者であるはずの多くの自治体で、準備不足が判明し問題となっております。また、3年後には東京オリンピックを控え、多様な脅威への対応が急務となっております。警視庁でCBRNE(化学・生物・放射性物質・核 ・爆発物)の脅威と危機管理を歴任した経験者より、国民保護の問題点と民間での対応法について解説します。


講師 木中 直幸(きなか なおゆき)先生
■プロフィール 
昭和27年、東京都生まれ。
都立大島高等学校卒業後、警視庁警察官(地域・警備・機動隊・警備部・総務部・生活安全部)42年間勤務し、定年退職後一般会社「不当要求対策顧問」を5年間、契約満期を機会に退職、現在に至る。警視庁警備部在職中、平成7年の一連のオウム事件から、毒ガス担当としてCBRNE(科学・生物・放射性物質・核・爆発物)の研究を本格的に開始し、現在も継続中。

【日 時】  平成29年7月1日(土)14時00分~16時30分(開場:13時50分 )
【会 場】 港勤労福祉会館1階 第一洋室
東京都港区芝5丁目18番2号 電話番号:03-3455-6381
 交通:JR山手線 田町駅西口)徒歩5分、
地下鉄浅草線、三田線 三田駅 A7出口徒歩1分
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/shokokaikan/kinrofukushi/01.html
【参加費】 事前申込
 一般 1500円
 学生 1000円
 高校生以下無料
当日申込
 一律 2000円
【懇親会】 17時~19時
参加費
 事前申込 3500円
 当日申込 4000円
【申込先】  6月29日(木) 21時までに下記申込フォームに登録してください。
 https://goo.gl/FYNOAg

★事前申込の無い方の入場は講演5分前とさせて頂きます★
【主 催】 士気の集い  http://blog.goo.ne.jp/morale_meeting

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【講演のお知らせ】上田篤盛先生講演会≪来るべき日中戦争とインテリジェンス≫~対日インテリジェンス戦争への備えはあるか?~

2017-03-25 16:16:19 | 講演会のお知らせ

第158回士気の集いは、上田篤盛先生講演会≪来るべき日中戦争とインテリジェンス≫~対日インテリジェンス戦争への備えはあるか?~になります。

30年間にわたり自衛隊・防衛省の情報第一線で勤務した元情報分析官が、インテリジェンスの視点から中国の国家戦略をひも解き、それに基づいて展開される対日インテリジェンス戦争の実態を明らかにします。

講師 上田 篤盛(うえだ あつもり)先生

■プロフィール 
1960年広島県生まれ。元防衛省情報分析官。防衛大学校(国際関係論)卒業後、1984年に陸上自衛隊に入隊。87年に陸上自衛隊調査学校の語学課程に入校以降、情報関係職に従事。92年から95年にかけて在バングラデシュ日本国大使館において警備官として勤務し、危機管理、邦人安全対策などを担当。帰国後、調査学校教官をへて戦略情報課程および総合情報課程を履修。その後、防衛省情報分析官および陸上自衛隊情報教官などとして勤務。2015年定年退官。現在、軍事アナリストとして活躍。
著作:『中国が仕掛けるインテリジェンス戦争』
    『戦略的インテリジェンス入門』
『中国戦略“悪”の教科書 『兵法三十六計』で読み解く対日工作』
特記:メルマガ「軍事情報」で「情報史と女性」を連載中(毎週火曜日に配信)
   月刊『WiLL』3月号 総力特集 「米中もし戦わば」
   「兵法三十六計で読み解く中国の戦略」インタビュー記事掲載
【日 時】  平成29年4月15日(土)14時00分~16時30分(開場:13時50分 )
【会 場】 アカデミー湯島 学習室
      東京都文京区湯島2‐28‐14 電話番号:03(3811)0741
      交通:丸ノ内線・都営大江戸線本郷三丁目 徒歩10分、千代田線湯島駅(出口3) 徒歩7分
http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1992
【参加費】 事前申込
      一般 1500円 学生 1000円 高校生以下無料
      当日申込
      一律 2000円
【懇親会】 講演会場近傍にて17時~19時
      事前申込 3500円
      当日申込 4000円
【申込先】  4月13日(木) 22時までに下記申込フォームに登録してください。
      https://goo.gl/forms/V2505ehx24HCpLsb2  
     ★事前申込の無い方の入場は講演5分前とさせて頂きます★
     ★会場で著書販売いたします★

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【講演のお知らせ】江崎道朗先生講演会≪大統領選後の日米関係≫~日米同盟の行方と中国への姿勢~

2016-11-07 23:16:12 | 講演会のお知らせ

第157回士気の集いは、江崎道朗先生講演会≪大統領選後の日米関係≫~日米同盟の行方と中国への姿勢~になります。

 国内では経済格差や人種問題、財政赤字に苦しみ、国際的には中東でのシリア内戦やイスラム国との関与、新覇権国・中国の台頭、ロシアとの軋轢等と複雑な問題に囲まれており、国際的な相対的国力低下傾向にある超大国アメリカ。新大統領の元でどこに向かい、日米関係はどう左右されるのか。
 また、中国の覇権主義にどのように対峙するのか。新大統領を選ぶに至った米国社会の底流を分析しつつ、今後の日米同盟の展望を大いに語ります。  

講師 江崎 道朗(えざき みちお)先生

■プロフィール 
1962年、東京都生まれ。
九州大学卒業後、月刊誌編集、団体職員、国会議員政策スタッフを務め、安全保障、インテリジェンス、近現代史研究に従事。現在、評論家。
2014年5月号から『正論』に「SEIRON時評」を連載中。
著書に『アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄』(祥伝社新書)、『マスコミが報じないトランプ台頭の秘密』(青林堂)ほか多数。


【日 時】  平成28年12月17日(土)14時00分~16時30分(開場:13時50分 )

【会 場】 アカデミー音羽 多目的ホール
      東京都文京区大塚5丁目40−15電話番号: 03-5976-1290
      交通:東京メトロ丸ノ内線 護国寺駅
      http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1993
  
【参加費】 事前申込
      一般 1500円
      学生 1000円
      高校生以下無料
      当日申込
      一律 2000円

【懇親会】 17時~19時
      参加費
      事前申込 3500円
      当日申込 4000円

【申込先】  12月15日(木) 22時までに下記申込フォームに登録してください。
       https://goo.gl/forms/k4DOmutB8zUccGDC3
               ★事前申込の無い方の入場は講演5分前とさせて頂きます★

【主 催】 士気の集い  http://blog.goo.ne.jp/morale_meeting
      代表 山田健司

【次回講演】 未定

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【講演のお知らせ】里見脩先生講演会≪情報戦 プロパガンダの歴史と概要≫~なぜ日本人は情報に疎いのか~

2016-09-02 19:19:37 | 講演会のお知らせ

第156回士気の集いは、里見 脩先生講演会≪情報戦 プロパガンダの歴史と概要≫~なぜ日本人は情報に疎いのか~になります。

 米国のVOA放送、中国の新華社通信の報道のように、各国は国益確保のため、政府声明、国際報道等を通じ世界に向けて不断の情報発信を続けています。このような活動では、各国の国益確保という明確な目的があるため、客観報道に留まらず自国に有利な国際世論形勢等を計るためのプロパガンダが用いられます。
 第二次大戦開戦前夜、我が国にとって不利な国際情勢が形勢された一つの要因として、このプロパガンダを用いた国際的な情報戦での敗北という点が考えられます。
本講演では、プロパガンダとは何か?という基礎的な概念の説明に始まり、その歴史について日中戦争期の事例を交えて説明するとともに、現代における我が国を取り巻くプロパガンダの現状、そして、戦前・戦後ともなぜ日本人は情報に疎いのか、なぜ情報戦で敗北するのかという点について掘り下げ、そのための一つの処方箋について語ります。

講師 里見 脩(さとみ しゅう)先生

■プロフィール 
1948年福島県生。東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得満期退学。博士(社会情報学)。大妻女子大学文学部教授。

■主要著作] 
『新聞統合―戦時期におけるメディアと国家』(勁草書房、2011年)、
「同盟通信社の戦時報道体制」(『帝国日本の学知』、岩波書店2010年)
『姿なき敵』―プロパガンダの研究(イプシロン出版、2005年)
など。

【日 時】 平成28年10月1日(土)14時10分~16時30分(開場:13時55分 )

【会 場】 文京区シビックセンター内 区民会議室(障害者会館)3階A+B 
           〒112-0003   文京区春日1-16-21 電話番号:03-5803-1100
           交通:東京メトロ南北線・丸の内線「後楽園駅」徒歩1分、都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分、都営バス「春日駅前」徒歩1分、JR総武線「水道橋駅」徒歩8分
           http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html
  
【参加費】 事前申込:1,500円 (事前申込の学生:1,000円、高校生以下無料)
            当日申込:2,000円

【懇親会】17時~19時 参加費:事前申込3,500円
                                          当日申込4,000円
    
【申込先】 9月29日(木) 22時までに下記申込フォームに登録してください。
        https://goo.gl/forms/hwaIOHB1JWG1zvAV2
        ★事前申込の無い方の入場は講演5分前とさせて頂きます★

【主 催】 士気の集い  http://blog.goo.ne.jp/morale_meeting
        代表 山田健司

コメント
この記事をはてなブックマークに追加