宮沢接骨院

「南信州中川村」宮沢接骨院 院長発!快適生活情報発信♪

5月 ひとりごと 其ノ弐

2017-05-05 14:34:29 | ひとりごと
本日5日こどもの日、第10回信州なかがわハーフマラソンが開催されました。全国各地から3563名がエントリーし、新緑の村内を駆け抜けました。救護員として私達上伊那接骨師会会員他、救命士、保健師が救護に当たりました。




参加されたランナーの皆様達から頂く温かい言葉が本当に嬉しいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加
広告を非表示にするには?

5月 ひとりごと

2017-04-30 21:22:10 | ひとりごと
こんにちは、暖かい春の陽気が気持ちのよい5月ですが、花粉症に悩まされている方も多いのではないでしょうか。花粉症は、今では日本の国民病とも言われるほど患者数が増加していて、春は外出を控える方も多いようですね。日中に比べて夜は花粉の飛散量が少なくなると言われていますので、出かけるのは夜がいいかもしれません。そこで、おすすめしたいのが「星空観察」です。特に今年は、ここ数年で最も良い条件で観られる「みずがめ座η(イータ)流星群」に注目が集まっているそうです。みずがめ座流星群は観測できる期間が長いことでも知られ、今年は4月19日から5月28日まで。この期間中は、明かりの少ないところで夜空を眺めるだけでも、流星が観られるかもしれません。ところで星と言えば、JR東日本で運航している「SL銀河」という列車をご存知でしょうか? その名の通り、かつて使われていた「SL(蒸気機関車)」を復元させ、客車を引いて走るというプロジェクトだそうです。この「SL銀河」は、岩手県出身の作家・宮沢賢治の作品“銀河鉄道の夜”をモチーフとしているのだとか。外観は夜空をイメージしたという深い濃紺をベースに、作品に登場する星座や動物が描かれています。内装は大正から昭和をモチーフとしたレトロな作りになっており、ガス灯風の照明やステンドグラスなどの趣向が凝らされているとのこと。また、特徴的なのは車内に設置された小型プラネタリウムで、車内の天井に星空が映し出されるのだとか。他にも宮沢賢治関連のものや、東北ゆかりの品々などが展示されているそうです。
さて5月5日(こどもの日)は今年も「なかがわハーフマラソン」が開催されます。中川村の大きなイベント、今年は第10回目となります。全国から約3500名の選手が参加するそうです。毎年救護員として救急隊員や看護師の皆さんと参加させて頂いておりますが、今年も怪我の無いように中川村の澄んだ空気と輝く新緑を満喫して頂ければ嬉しいです。


この日、春の陽気に誘われお弁当を持って与田切公園に行って来ました。桜も丁度満開。(^^)4/20(木)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月 ひとりごと

2017-04-01 07:12:57 | ひとりごと
こんにちは、4月は暖かい日や気温の低い日など気候の変化が激しく、さらにヒノキ科の花粉が飛散するなど体調管理がなかなか難しい時期です。しかし冬の間に弱ってしまった新陳代謝を活発にし、溜まっていた毒素を排出するのにはとても良い食材、春野菜と山菜が出てくるのもこの時期です。昔から「春は苦味を盛れ」と言われるほど春の食材は苦みが特徴です。特に山菜はアク抜きが面倒だったり、独特の苦みがあるので苦手と言う方もいらっしゃるかもしれませんが近年、その苦み成分が注目されています。例えば、山菜の代表であるフキノトウ。この特有の苦みをもたらす成分は“フキノール酸”と呼ばれ、抗酸化作用の高いポリフェノール類であることが分かっていて、ポリフェノール類は、生活習慣病の原因にもなる「酸化ストレス」を低減させる作用があるとともに、胃腸の働きを促したり、精神的ストレスの改善などにも効果が期待できるそうです。また、山菜や新ごぼうといった春野菜にも、こうしたポリフェノール類が多く含まれています。その他にも、新玉ねぎに含まれる“サポニン”には、脂質の代謝を促進して脂肪の蓄積を防ぐ作用があり、コレステロール値を低下させたり、中性脂肪を安定化させるなどの効果があるそうです。旬の味覚をおいしくいただきながら、不足しがちな食物繊維や抗酸化成分を補えるのはうれしいことですね。ただし、山菜類においては食べ過ぎると、口や胃の粘膜を傷つけたり、下痢を起こすことがありますのでご注意ください。それでは皆様今月も体調管理に努めてどうぞご自愛ください。     


高遠さくらの湯に行く途中に春の高校駅伝の応援。予想通り佐久長聖高校、折り返し地点トップで通過。3/19(日)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月 ひとりごと 其ノ弐

2017-03-06 07:49:30 | ひとりごと
塩尻市文化会館(レザンホール)にて長野県柔道整復師会主催の接骨学会が開催されました。毎年好評を頂いております県民公開講座には相澤病院の相澤孝夫先生を講師にお迎えして「少子高齢化・人口減少社会の到来を迎えた我が国の社会保障」という演題でご講演頂きました。3/5(日)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月 ひとりごと

2017-03-01 07:56:51 | ひとりごと
こんにちは、暖かい日が多くなってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 3月は新年度に向けて、転勤や進学、引っ越しなど環境が変わってしまう方も多いことでしょう。家の長男夫婦も今月村内に自宅を新築し引っ越してくる予定ですが、この時期は引っ越しシーズンで引っ越し作業もなかなか大変なようです。又5月には二人目の孫が生まれる予定で家族も賑やかになりそうです。
ところで、日本では新年を迎えるにあたり、年末に大掃除をするという習慣が古くからありますが、欧米では「スプリング・クリーニング」といって、冬に使った暖房器具などの汚れを落とすために春に大掃除をするのが一般的なのだそうです。春掃除は、単に「気温が高くて掃除しやすいから」ということだけではなく、3月から4月は生活環境が切り替わるタイミングでもあるため、新年度を気持ちよく迎えるための下準備にもなります。くわえて、掃除と一緒に自分や家族の持ち物を見直してみるのにも適したシーズンです。読み終えた雑誌・本、今シーズン着なかった冬物の衣服は、思い切って手放しましょう。特に学生の子供さんのいる家庭なら、教科書・ノート類・持ち帰った作品などは春休みに整理をしておけば、スムーズに新学期をスタートできそうですよね。その際、なかなか捨てられない思い出の品は「写真」に残しておくと処分しやすくなるそうです。こうして身の回りをキレイに整理整頓することが、気持ちの大掃除にもなります。春は新しいことに挑戦したくなる季節ですので、ぜひ春の大掃除に取り組んでみてはいかがでしょうか。


甥の結婚式で息子達と2/19(日)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加