宮沢接骨院

「南信州中川村」宮沢接骨院 院長発!快適生活情報発信♪

平成30年1月 ひとりごと

2018-01-01 08:44:54 | ひとりごと
新年あけましておめでとうございます。いよいよ2018年がスタートしました。「一年の計は元旦にあり」ということわざもあるように、元旦の朝には気持ちを新たにして一年の目標や計画を立てたいものです。そして、一年の始まりには、新しい手帳を用意するという方も多いと思います。今はスマホアプリなどでデジタルでの管理もできますが、「手帳術」や「ノート術」などの言葉の通り、手帳やノートなどの紙を使ったアナログでの管理も未だ根強い人気があるそうです。手帳を取り出してペンで書く、というのは手間がかかるように思いますが、メリットもたくさんあります。例えば、◆自分で考えて書くことで予定が記憶に残りやすい ◆字だけでなく絵を描いたり、色分けを工夫することで分かりやすく管理できる ◆いつまでも残すことができ、いつでも読み返すことができる ◆スケジュールの管理能力が上がる ◆仕事の内容やその日あったことが忘れにくくなる など。以上のようなことは、手書きだからこその利点があると言えそうです。また、今は様々な種類の手帳が販売されていて、毎年、自分に合ったものを選ぶのも楽しみですよね。まずサイズは、◆小ぶりのカバンが多いならコンパクトで薄いもの ◆予定以外も書き込みたいなら大きめ がおすすめです。機能性では、◆家族のスケジュールも管理できる ◆家計簿も一緒につけられる ◆日記をつけられる など多種多様です。さらにデザイン面では、◆伝統のブランド ◆お気に入りのデザインや色 ◆人気キャラクターもの など、決めるのに苦労するほど種類が豊富です。手帳は面倒に思えて使っていない、いつも長続きしないという方も、一度手帳売り場をのぞいてみてはいかがでしょうか?お気に入りの一冊なら、毎日のスケジュール管理も楽しくなると思います。それでは、今年も皆様と共に健康に過ごせますよう宜しくお願いいたします。


今年も綺麗な初日の出が見られました。皆様良い年になりますように… 元旦(月)   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月 ひとりごと 其ノ弐

2017-12-19 17:04:40 | ひとりごと
※年末年始連休のお知らせ
 
12月  30日(土)  午前診療 午後休診
     31日(日)  休診
 1月  1日(月)  休診
     2日(火)  休診
     3日(水)  休診
     4日(木)  午前診療 午後休診

他は平常通り診療いたします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月 ひとりごと

2017-12-01 08:31:36 | ひとりごと
こんにちは、本格的な冬になり、夜空を見上げると星がキレイに見える季節になりました。実は今月末、宇宙に関する大きなイベントが予定されているのをご存知でしょうか?12月28日に日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO(はくと)」が、ロボットの月面探査車(ローバー)を打ち上げる予定になっているのです。これは、Googleがスポンサーとなっている月面探査の国際賞金レースに参加するためのもので、ローバーの名前を公募したことでも話題となりました。その名前はというと「SORATO(そらと)」。月の白ウサギ(白兎)をイメージして名付けられたチーム名「HAKUTO」と共に親しみを感じるものとなっています。さて、月面のレースでは、次の3つの目標を達成しなければならないそうです。1つ目は「ローバーを搭載した月着陸船をロケットで打ち上げること」、2つ目は「月面に降り立ったローバーを着陸地点から500メートル以上移動させること」、そして3つ目が「高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること」です。つまりこれは、自分たちの力だけで資金を集めて、打ち上げのロケットから、月に着陸する着陸船や月面を探査するローバーを手配したり開発したりする“宇宙開発レース”なのです。応募が開始された2010年当初は世界中から34チームが名乗りを上げましたが、現実的に参加可能と認められて残ったのは「HAKUTO」を含めた5チームのみ。「民間のチームが月面調査を実現できるのだろうか?」と多くの人が思ったかもしれませんが、本当に実現するかもしれないと思うとワクワクしてきますよね!ちなみにこのレースで優勝すると、2000万ドルの賞金が付与されるとか!「HAKUTO」のスローガンは、『「夢みたい」を現実に。』というものだそうです。夢みたいな挑戦を、地球から見守りましょう。最後となりましたが、今年も一年ありがとうございました。来年も皆さまの健康づくりのお手伝いをさせていただきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。


長野県柔道整復師会・南信地区学術講演会が相澤病院の井坪敏郎先生をお招きして行われました。11/26(日)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月 ひとりごと 其ノ弐

2017-11-09 08:06:56 | ひとりごと
11月3日・4日の2日間、大会テーマを「地域のゲートキーパーとしての柔道整復師-安心・安全な柔道整復の提供のために-」として大阪で開催した学術大会は、延べ約2,100名の参加者で盛会のうちに閉会いたしました。11/4(土)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月 ひとりごと

2017-10-31 17:14:13 | ひとりごと
こんにちは、晩秋になりましたが、皆さんいかがお過ごしですか?さて、10月~11月は柿が旬の時季です。柿の実の鮮やかなオレンジ色には、つい目が惹かれてしまいます。柿には「甘柿」と「渋柿」がありますが、“甘柿は渋みのない柿”ではないそうです。実は甘柿にも渋柿と同じくらい、渋みのもとである“シブオール”が含まれているのだとか。では、なぜ甘柿は渋くないのでしょうか。その秘密は、“シブオールが含まれている状態”にあります。シブオールは水に溶けやすいため、食べると唾液に溶けて強い渋みを感じます。 対して甘柿は、シブオールが水に溶けにくい状態で含まれ、口に入れても渋さが感じにくくなっているのです。甘柿をよく見てみると黒い斑点がありますが、これはシブオールが固まった状態です。しかし、渋柿も“渋抜き”をすればおいしく食べられます。渋抜きの方法は、アルコールやお湯につけたり、炭酸ガスを使ったりなどさまざまです。市田柿のように干し柿にするのも有効な手段です。ところが、ときどき渋抜きを行ったあとに加熱すると、渋みが戻ってしまうことがあります。これは、渋抜きの工程で溶けにくくなったシブオールが加熱のはずみで元の溶けやすい状態に戻ってしまうという現象です。もし柿が渋戻りしてしまった時には、牛乳やチーズなどのたんぱく質を含む食品と組み合わせると良いそうです。プリンやジャム、ヨーグルト和えなど、インターネットのレシピサイトにはさまざまなレシピがありますので参考にしてみましょう。柿はビタミンやミネラルが豊富で、疲労回復・風邪の予防の効果が期待できます。生で食べるのはもちろん、加工してデザートとしても楽しめそうです。ただし食べ過ぎると便秘の原因になりますので、量はほどほどにしましょう。旬の食材は栄養価も高いので、普段の食事に取り入れ、寒い季節を元気に過ごしましょう。


台風21号が接近する中、和田峠まで三種混合きのこの塩漬けを買いに行って来ました。
日持ちが良くて、きのこ汁にすると美味しいです。10/21(土)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加