日々是好日・陽だまりの記

政治・経済・社会問題・自然と環境・独断と偏見の記

豊洲市場の処理

2016-09-15 | Weblog



豊洲市場の地下空間は、石原元都知事の談話からのようですが、責任問題の追及や、利権疑惑の追及は、これから本格的に始まるでしょう。しかし現実的な処理は急がねば、市場関係者が混乱するばかりです。①、空間地下に溜まっている水に、有害物質がどの程度含まれているのか、この程度の事は都の水質検査ですぐ答えが出るはずです。②、地下に40センチ程度のコンクリートを打てば、有害物質の浸透が防げるのかを検討し、その結果速やかに工事に入る。③、地下空間部は、上下水道、電気、ガス、通信網の配管専用に使用出来るので、利用価値は十分あります。私ごときが言うまでもなく、当然、小池知事から指令が出ていると思いますが、いずれにしても、現実問題の処理が最優先です。その他にも、市場としての問題が山積しているようであれば、豊洲市場を放棄し、損失覚悟で、運送会社や、通販業者の配送センターとして売却または賃貸すれば需要はあるでしょう。世界的なブランドになっている築地市場を、開業しながら、傷みの酷い部分から順次再構築して行くことも、全く不可能ではない気がするのですが、素人の口出しできる分野ではないのかな。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パラリンピック光の演出で開幕 | トップ | 稲田朋美防衛相のメガネ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL