波乱万丈 乳がん転移ライフ!

39歳で乳がん ステージ傾霖痢術後1年経たずに肝臓、骨に転移。そこから始まる長い転移ライフ!

「春、新学年を迎えて」〜しばらくお休みいたします

2015-04-11 13:22:34 | ごあいさつ
☆アッピア夫です。桜もすっかり散ってしまいましたね。最近は桜の開花と散る時期が確実に早まっていることを感じます。私が子供の頃は、卒業式や入学式が終わってから桜が満開を迎えていました。息子がまだ小さい頃は卒業式や入学式の時期がピッタリ桜の満開の時期とタイミングが合っていましたが、今年などは、入学式にはピークは過ぎていましたね。

地球の温暖化が、花の生育や動物の生態にも明らかに影響を及ぼしています。絶妙なバランスの上で成り立っている生態系が変化すると、絶滅危惧種が増える一方、大発生する生物が出てくるなど、予想がつかないことが起こってきます。台風など災害の巨大化や人体への影響なども・・・桜が咲くのは温かくなる前にしっかりと寒冷期を過ごすことも必要なので、温暖化が進むといずれ桜が開花しない可能性もあると聞いたことがありますが、桜が咲かない春なんて想像したくないですよね。

月曜日の朝、私の少し前を手をつないで歩く親子・・・入学式に向かっていると思われるお母さんと小学校に上がりたての女の子・・・の背中をしばらく目で追っていました。息子が小学校に入学した時のことを思い出しながら・・・

アッピアが旅立ってもう1年半になります。その時に小学校4年生であった息子も6年生となり、小学校生活も残り1年となりました。トラブル続きだった5年生と比べ、すごく居心地の良いクラスのようで、本人は楽しくて楽しくて仕方がない様子。今日は「ああ、学校がなくてつまらないな〜」を連発しています。「6年生でもそう思うんだ」「とりあえず落ち着いたクラスで良かった」・・・とにかく最後の小学校生活を目いっぱい楽しんで欲しいです。

新年度となり、私の方は毎年のことながら仕事が忙しくなりました。昨年は、それまでの慣れない生活の疲れや仕事や学校・塾などの忙しさが重なり、会社でセミナーの講師をしている最中にぶっ倒れて病院に運ばれたことを書きましたが、それがちょうどこの時期でした。

この時期は、仕事が忙しくなる上に人事異動などがあり飲み会も増えます。また、学校や塾も親が出席しなければならない行事も増え、仕事との調整も大変になります。昨年の二の舞だけは避けたいので、無理はせず忙しさが落ち着くまでブログをお休みしようと思います。

この乳がんブログも新しい方が増えましたね。積極的に発信される方が増えていることを嬉しく思う反面、それだけ乳がんになる方も増えているのだと思うと複雑な気持ちですが、こうやって皆さんが交流できる場は本当に貴重だと思います。しばらく更新はありませんが、是非このアッピアブログにも時々訪れていただき、病気との向き合い方の参考にしていただければ幸いです。

またいつか登場しますので、その時をお楽しみに・・・最後はアッピアのブログでの最期の言葉で閉めたいと思います。

「必ずや復活するつもりです。いっしょにがんばりましょう。」

2015年4月11日 アッピア夫


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
コメント (2)

「ヘアーウォーズ エピソード2」〜髪の毛を巡る新たな物語

2015-04-03 23:00:26 | アッピア亡き後の日常
☆アッピア夫です。今回は、息子の髪の毛を巡る物語の第2話です。来週から新学年が始まるため、例のごとく嫌がる息子を連れて髪を切りに行きました。前回のやり取りに懲りたのか、今回は割とすんなりと出かけましたが、何となく不機嫌なオーラはありあり・・・

「前髪は眉毛位まで、耳は全部出して、後ろは刈り上げない程度に・・・」いつもの通りに美容師に伝えて、少し遠くから鏡に映る息子の顔をチラチラ見ていると、息子の顔が怖い・・・どの位切られるか以前に、とにかく髪を切られることそのものが嫌で嫌で仕方がない様子。鏡越しにこちらを睨むような険しい表情に、「おお来てる、来てる」と思いつつ、取り敢えず切ってしまえばこっちのもの・・・と思っていると、そこに美容師の火に油を注ぐひと言が・・・

B「少し短くなるけどいいかな?」 (何と、一番言っちゃいかんことを・・・)
★「短くなるのは嫌です」 (だから、余計なことを訊くからだよ・・・)
B「何で?短い方がかっこいいよ!」 (そういうひと言が子供心を毛羽立たせるんだよな・・・)
★「短くしないでください。」 (もう言わんこっちゃない・・・)
B「お父様〜!息子さんが長い方がいいと言っているんですが・・・」 (だから、あなたが言わせたんだろうが・・・)
☆「いいえ、最初にお願いした通りでお願いします。」

不満げな顔をしつつ髪を刈り込まれる息子に、美容師のまたまた余計なひと言が・・・

B「お母さんも『短く切ってさっぱりしておいで』って言うでしょう?」 (・・・こりゃあ止めだー!)
★「お母さんはいないよ。」
B「あらそうなの?それはごめんね。」 (もう息子の顔は、まるで『不満顔』を粘土で造ったような顔に・・・)

髪を切り終えて、不機嫌そうに美容院を出た息子の第一声は・・・「この美容院はウザイ。もうここはやめる。」それから、新聞に入っているチラシの中から美容院のチラシを見つけては、「ねえ、ここはどう?雰囲気良さそうじゃない?」と持ってくるのが日課になった。

この美容院は「キッズカット1000円」なのでずっと来ていたのだが、美容師も店の雰囲気もいまいちなのは確か・・・やれやれまた美容院探しでもするか・・・それにしても美容院って何でこんなにたくさんあるのだろう?自転車でちょっと走るだけでも何軒もの美容院を見かける。どの美容院にするか?・・・よりもなぜこんなにあってもやって行けるのだろう?・・・私の興味は今そちらに向いています。

2015年4月3日 アッピア夫


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
コメント (1)

「息子の珍回答迷回答BEST3」〜学校のテスト整理のついでに

2015-03-27 23:36:29 | アッピア亡き後の日常
☆アッピア夫です。桜も咲き始め、日ごとに暖かくなり、どんどん春めいて来ましたね。姪っ子が4月1日から大学生となるのも感慨深いですが、この1年間クラスで色々とトラブルのあった息子も無事に5年生が終わり、「平和な」春休みを迎えました。

春休みと言えば1年間の学校関係のテストやプリント類の整理・・・ですよね。アッピアが亡くなってから、この学校関係のプリント類の多さを実感することになりましたが、これらを整理する中で、「また1年成長したんだな・・・」ということも実感することになります。

どの位成長したのかは別として、テスト類を片づけながら日々の忙しい生活の中でじっくりと見ていなかった面白い「×回答」を見つけ、一人で楽しんでいます。・・・と言うことで、今回はその中で私が選んだ「息子の珍回答迷回答BEST3」を紹介したいと思います。

【第三位】・・・家庭科テスト ≪針の安全な使い方について≫

Q:針を使わない時には必ず(    )にさし、作業する時には(   )を相手に向けないようにする。
A:針を使わない時には必ず( 針さし )にさし、作業する時には(  )を相手に向けないようにする。

「針が、いつの間に包丁に変身したんだー!」

【第二位】・・・漢字テスト

Q:(ノウコウ)民族の生活
A:( 濃厚 )民族の生活

「濃厚なチーズを作っている民族なの? それとも濃い顔をした民族?」

【第一位】・・・理科 ≪ヒトのたんじょう≫

Q:「たいばん」から「へそのお」を通して、赤ちゃんが母親からもらっているものと、母親にわたしているものは何ですか?
A:母親からもらっているもの⇒( 養分 ) 母親へわたしているもの⇒( 幸せ )

「これには正直、感動しました・・・私なら花マルをあげたい!」

正解は( 不要なもの )ですが、×の下に先生が書き添えていた「そうなんだけどね」という言葉に何ともほのぼのとした気持ちになりました。
これから成長していくことによって、こういう珍回答や迷回答も少なくなっていくのかと思うと少し寂しさも感じる春休みです・・・

2015年3月27日 アッピア夫


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
コメント (2)

「料理って奥が深いわ・・・」〜自炊デビューした息子のひと言

2015-03-20 23:45:07 | アッピア亡き後の日常
☆アッピア夫です。今日は息子の学校の卒業式でした。今年は5年生として式に参加しましたが、来年は主役の最終学年。何とも感慨深いものです・・・

ところで、26日からの春休みを前に、今週の火曜日で給食はあえなく終了。毎回のことながら、給食がなくなるとお昼の用意・・・日によっては塾用の夜のお弁当と二つ分を用意しないといけないため、朝が忙しくなるのは当然のことながら、それぞれのメニューを考えたり、そのための食材も忘れずに買っておかないといけないなど、頭も忙しくなります。

去年の春休みは、まだアッピア亡き後の諸々の忙しさも続いていた中で、食事作りなどの疲れも出たのか、仕事でセミナーの講師をやっている最中に気が遠くなってぶっ倒れ、救急車で病院に担ぎ込まれる事態に・・・ブログでもコメントを頂いていましたし、多くの方から「数ヶ月経って少し落ち着いた頃にどっと疲れが出るから気をつけてね。」と言われていましたが、正にその通りとなりました。

火曜日の夜に、「明日のお昼は何を食べたい?」と訊いたところ、息子から「俺、自分で作ってみたい・・・作らせて!」との申し出あり。これまでは、火を使わせることに抵抗があり一人で料理はさせていなかったのですが、「お願いだからやらせて・・・」との強いダメ押しあり。結局、息子にとっては、生まれて初めての自炊に挑戦させることとなりました。火の取り扱いだけはうるさい位に約束をさせ、まずは一緒に作った事があるチャーハンから始めることに・・・

結局、この3日間で息子が自分で作ったのが次のメニュー

<水曜日>チャーハン
<木曜日>肉野菜炒め
<今日>回鍋肉

当然のことながらいずれも無難な炒め料理・・・肉野菜炒めと回鍋肉は全く初めてながら、アッピアが結婚前に使っていた「お料理一年生」「お料理二年生」の本を見ながら、調味はそれさえ加えればOKなもので初挑戦。いずれも本人としては満足のいく出来だったようで、ご満悦・・・私としては、作ったものは食べてなくなっているので、当然その出来の確認しようがないのですが・・・

☆「どう難しかった?」
★「全然・・・俺、料理の楽しさを知ったよ・・・」
☆(・・・ってまだ3回だし・・・)「料理ってやってみると結構楽しいだろ!」
★「俺、春休みのお昼は全部自分で作るよ。」
☆(おお、そう来たか・・・)「じゃあ来週のメニューを一緒に考えようか?」

それから、しばらく「あれを作りたい」「それはちょっと無理だよ」などの話が続き・・・

★「いやあ・・・料理って奥が深いわ!」・・・のひと言
☆(・・・って、だからまだ3回だって・・・)

最後に息子の本音がチラリ・・・

★「料理が出来る男ってもてるんでしょ?」
☆(やっぱりそこだったか・・・)「その通り!今時料理出来ない男は結婚も出来ないからね。」
★「じゃあこれから色々な料理に挑戦してかっこいい男になる。」

まあ目的が何であれ、息子が料理作りの戦力になってくれれば言うことはない。これからお手伝いをさせるためのキーワードは「もてる男」に決定・・・

2015年3月20日 アッピア夫


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
コメント (1)

「自由と放任」「個人主義と無関心」〜川崎の事件で考えさせられたこと

2015-03-14 01:48:41 | 最近考えること
☆アッピア夫です。地元の川崎で痛ましい殺害事件が起きましたが、自分自身も10代の子育ての真っただ中にあり、子育てと言う観点から色々と考えさせられました。

最近は、子育てだけではなく、職場、学校、地域、家庭など社会の様々な場所において、「自由」と「個人主義」が蔓延っていると感じますが、その反面、「過敏」「過干渉」なことも目にします。そう言う意味ではいびつに二極化していると言えるのでしょうか?

私が子供の頃は、多くの目で「監視」「干渉」されるのが当たり前の時代でした。生まれ育ったのが小さな田舎町ということもありますが、近所の人から郵便屋さん、新聞・牛乳配達の人(当時、牛乳は配達でした)、商店主、駅員さん、お巡りさんに至るまで、町の人は全員顔見知りと言う世界でしたので、何かあれば、正に池に石を投げた時の波紋のようにあっという間に広まります。

前回、学生の頃によく親が学校に呼び出されたことを書きましたが、決して不良だった訳ではなく、(少し)やんちゃだった程度なのですが、とにかく学校で何かしでかすとすぐに家に通報されました。呼び出されないまでも、学校から帰宅するのを、親が玄関で鬼の形相で待ち構えていることもしょっちゅうでした。

中学生となり彼女が出来始めた頃、こっそり一緒に下校したりなどすると、あっという間に話が駆け巡り、近所の情報通のおばちゃんなどからは「○○ちゃんもいい歳になったものねェ・・・」と意味深に言われ、帰宅すると「誰と帰って来たの?」と親からいきなり質問攻撃を受けるのが常でした。家にいても固定電話しかないので、女の子から電話でもかかって来ようものなら、親は耳が顔と同じ位の大きさになっていましたし、当然話の内容は筒抜け・・・町を歩けば人間監視カメラがうようよと言う状態でした。

昔はそう言う中で子供達が育ちましたので、今や絶滅危惧種になっている「ヤンキー」呼ばわりされた不良グループもいるにはいましたが、それ程大したものではなく、ちょっと格好つけてグレている風だけど、皆いいやつ・・・と言う感じでしたね。それが、今は至るところを監視カメラで監視しなければならず、見かけだけではごく普通の人と危険な人の区別もつかず、子育てを含めた家庭のあり方そのものが「自由」となり、社会全体が「個人主義」になりました。

「自由な子育て」と言うと聞こえが良く、「うちは子供の自由にさせています」「『自分で好きなように生きなさい』と言っています」・・・などと言うことが「理解のあるかっこいい親」と思われているように感じますが、本当にそうでしょうか?「自由」には「責任」が伴います。子供に自由を与える前に、まず或る程度の厳しさの中で責任感と自律心を育てるのが先ではないでしょうか?

最近の風潮として、「褒める子育て」が持て囃されていますが、「褒めるだけの子育て」と勘違いしてしまい、「叱る」ことをしない親が増えているということを耳にします。「叱られる」ことに耐性のない子供が大人になったらどうなるのか?ちょっと恐ろしさを感じます。

また、過干渉で、何でも先回りしてやってしまう親に育てられた子供は、転び方も知らず、親のいないところで突然転んだら手をつくことが分からずに顔面を強打するという笑えない話もあります。また、同じマンションに住む高校生位の女の子がいるのですが、その子は毎朝父親と一緒に家を出て、毎晩母親と一緒に帰宅します。この子の将来は一体どうなるのだろう?と本気で心配してしまいます。

まあそのような過干渉の問題はまた別としても、「自由」と言う名の「放任」と、「個人主義」と言う名の「無関心」により最悪の結果を招いたと言える今回の事件・・・家庭や地域のあまりにも希薄な人間関係と、幾多の兆候に気付いていたはずの誰一人として何の行動も起こさなかったという我関せずの世相・・・もっと地域で繋がりましょうよ。災害が起きてから地域の絆と言うのでは寂しすぎます。

2015年3月14日 アッピア夫


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
コメント (1)