波乱万丈 乳がん転移ライフ!

39歳で乳がん ステージ傾霖痢術後1年経たずに肝臓、骨に転移。そこから始まる長い転移ライフ!

ドラマ「ラヴソング」にハマる男二人〜福山君にではありません

2016-05-21 00:58:04 | アッピア亡き後の日常
☆アッピア夫です。
今、久々にドラマにハマっています。フジテレビ月9の「ラヴソング」・・・福山ファンは多分観ているであろう「福山雅治」主演のドラマですが、何にハマっているかと言うとヒロインの「藤原さくら」・・・最初は石原さとみが若返ったかと思ったくらい似ている、去年歌手デビューしたばかりでドラマ初出演の20歳の新人シンガーソングライター・・・

私は、ほとんどドラマを観る習慣がないのですが、アッピアは大好きで新しいドラマの始まる時期はいつもウキウキしていましたし、その影響からか息子も大好きです。以前は、アッピアが観ているドラマをチラ見している内に、たまにその面白さに惹かれて私ものめり込んで行くのがパターンでした。今回は、息子が観始めたこのドラマをチラ見している内に、最初は、少しハスキーな声で歌う軽快な主題歌に惹かれ、徐々にドラマの内容に引き込まれて行きました。

吃音という障害を持ちながらも歌が得意の彼女の成長物語と、元プロミュージシャンで今は音楽から離れている(いまだに「君づけ」で呼べる貴重な存在の)福山君が、彼女と出会って再び音楽の世界に引き戻されていくと言う物語。音楽がテーマのドラマでもあり、主題歌の他にもとにかく音楽がいい・・・

主題歌は、作詞・作曲が福山雅治、歌「藤原さくら」の「soup」と言う曲・・・最初は福山君の作った曲とは知らなかったので、それを知った時は純粋に驚きました・・・「こういう曲も書くんだ!」

彼女がライブハウスで始めて歌った曲が「500マイル」と言う曲・・・これは原曲が60年代の(同年代の人は知っているはずの)「ピーター・ポール&マリー」・・・過去にも色々な人がカバーしている名曲。これをドラマの中で聴いた時は鳥肌が立ちました。「久し振りに聴いた!」と言う感激と、「今までのカバーの中で一番いい!」と言う感動・・・

そして、ドラマの中での彼女のデビュー曲となるであろう「好きよ好きよ好きよ」・・・これも福山君の書いた曲で、曲名は少しチャラいのですがなかなかいい曲です。また、彼女の少しハスキーな低めの声は、ささやくような独特の心地よさがあります。

早速、ユーチューブで「藤原さくら」本人の曲も聴いてみたところ、昔夢中になった60年代の匂いがするブルージーな曲がいっぱい・・・ビートルズ的なメロディアスなロック、心地よいフォーク、そして黒人音楽をベースとしたブルースとジャズ・・・様々なジャンルの曲が溢れ、音楽そのものが全盛であった60年代に引き戻され、懐かしい感覚に浸れます。

60年代なんてまだ良く知らない息子もそれぞれいい曲だと思っているようで、音楽は時代を超えるんだな・・・と思いつつ、最近はスマホで海外の音楽を聴き始めている息子に、様々なジャンルの音楽に夢中になった自分の中学〜高校時代がダブって来ます。

☆「お父さんが、これから昔の言い曲をいっぱい教えてあげるよ」
★「昭和の曲は古いからいらない!」
☆「歌謡曲じゃないよ!海外の色んなジャンルの曲だよ・・・」
★「大丈夫!自分で聴きたい曲を聴くから・・・」

どうも余計なお世話だったようで・・・

2016年5月20日 アッピア夫


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ヘアーウォーズ 最終章」〜ついに運命の出会いが・・・

2016-05-13 23:58:38 | アッピア亡き後の日常
☆アッピア夫です。
前回「ヘアーウォーズ エピソード2」と言うタイトルでブログを書いたのが約1年前・・・その直後に、公私のあまりの忙しさに約1年間の「ブログ休暇」をいただきましたが、その1年の間にも美容院を巡る新たな旅は続いておりました。

結局、息子が不満を持っていた美容院はその後すぐに卒業し、キッズカットがある美容院を色々と探して見つけたのが、自転車で10分位のところにある「男性美容師のみで、来客も9割がた男性の、ほぼ男性専門と言っていい美容院」・・・

キッズカット料金は2500円・・・以前は1000円だったことを考えると随分上がりましたが、初めてカットした時の髪型を見て「おぉ・・・!」と思わず声が出てしまった位、今までとは全く違う「今どきな髪型」が新鮮でした。

お店のセンスも美容師の洗練された接客態度も素晴らしく、「顔そりの必要がなければ私が通いたい」と思う程の素敵なお店で、息子も気に入りしばらく通いました。
ただ、ちょっとジャニーズ風の今どきの髪型というのは決してそのままの状態が長続きせず、小学生がワックスやジェルなどを使って整えるはずもなく、1カ月もすると前後やモミあげなど部分部分が長くなって来て、それなりにちょこちょこっと上手く整えないとみっともなくなるんですね。

その上、そのお店は中学生になるといきなり値段も4500円にグレードアップする・・・「別にジャニーズのような髪型にしたい訳ではないし・・・」とまたまた他を探すことに・・・

今度は、アッピアがよく行っていたチェーン店に行ってみるも、チェーン店は来客の数が多く予約も取りづらい。しかも女の人だらけ・・・そこにオヤジと小学生の男子がポツンといるのはどうも落ち着かない・・・しかもたくさんの女の人がカットしている風景って、皆長い髪をダラ〜と垂らしてうつむき加減なため、ちょっとホラーな感じ・・・まるでスーパーの女性下着売り場に紛れ込んだように、どうも居心地が悪いこと悪いこと・・・

そして今度はそれを教訓に、「居心地の良さ」を優先に探した結果、自転車で5分位のところに、去年10月にオープンしたばかりの小さな美容院を見つけました。そこは、店長と若い女性スタッフ2名だけのこじんまりとしたお店で、お店を作るところからの親しみやすいブログ記事に共感し、自分たちで手作りするナチュラルでセンスの良い小物装飾などの写真にも興味を覚え、まるで昔から知っている友人がやっているような親しみを感じて行ってみました。

そうしたところ、そのお店のオーナーである店長は、現在私たちが住んでいるマンションの元住人であったことや、店長とスタッフ2名は息子の通っている(行ったのは2月なので、当時は通う予定の・・・ですが)中学校の隣にある美容専門学校の教師と生徒と言う関係だったらしく、共通点の多さに話が盛り上がる中、息子もちょっとお姉さん的にざっくばらんに話してくれる美容師に自然と馴染み、地味すぎず懲りすぎずの自然な髪型も気に入った様子・・・

2000円であった小学生カットは中学生からは3000円となりましたが、息子は「絶対にこの美容師がいい!」と大絶賛し、私もいつもコーヒーをいただきながら、友人の家に行ったような感覚で気軽に話せるその雰囲気が心地よく、二人とも「よし、ここだな!」となりました。・・・こう言うまるで用意されていたような出会いってあるんですよね。

これで髪の毛を巡る戦いも終焉を迎え、ついに平和が訪れましたとさ。めでたしめでたし・・・

2016年5月13日 アッピア夫


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日に「ボイストレーニング」〜一応プレゼントなのですが・・・

2016-05-08 00:34:29 | アッピア亡き後の日常
☆アッピア夫です。
5月2日が息子の13歳の誕生日でした。いつもゴールデンウィークに誕生日を迎えるので、アッピアが健在の時は旅先でお祝いをしたり、旅先から戻ってから少し遅れてお祝いをすることが多かったのですが、アッピアがいなくなってからは旅行にも行けないまま・・・
・・・取りあえず美味しい料理を食べながらプレゼントの相談。

いつもは年が明けたら早くも「プレゼントは何にしようか?」と本人が考え始め、決まったら「なぜそれがいいのか?」と言う根回しが始まるのですが、
今年はスマホを手に入れて満足し切っていることもあり、特に決まらないまま誕生日を迎えることに・・・

☆「自転車買ってあげようか?」
★「自転車はお母さんのでいい・・・」(最近の子はカゴ付自転車がカッコいいようで、結局今はアッピアのに乗っています。私にはそのカッコよさが理解できませんが)
☆「CDで何か欲しいのある?」
★「欲しいのはもう持っているので今はいい。スマホでも聴けるし・・・」
☆「じゃあ部活で使うサッカー用の靴とか・・・」(部活はサッカーに入部の予定)
★「それって絶対必要なものじゃん!まさかそれでお茶を濁すつもり・・・」(最近は言うことが完璧に大人・・・)

・・・と色々と相談していく内に、息子が今一番気になっていることに気づく。

☆「そう言えば、声変わりして高い声がでないんだよね!ボイストレーニングでもやってみる?」
(もう完全に声変わりして高い声が出なくなったので、最近はカラオケに行くのもテンションが低い・・・)
★「それって誕生日プレゼントなの?」
☆「プレゼントって物だけじゃないんだよ。君が今一番嬉しいなと思うものだったら何でもありだよ。」
★「OK、いいよ!交渉成立!」

・・・と言うことで、自転車で5分のところに「ボーカルスクール」を見つけ、まずは無料体験に。そうしたところ本人が気に入り、月1回通うことに・・・
「ボイスレッスン」はなかなか面白いプレゼントだとは思ったものの、月1回の月謝が4500円・・・10か月通ったら45000円・・・
「本当にこれで良かったのだろうか?」ちょっと疑問を感じつつゴールデンウィークが終わります。

2016年5月8日 アッピア夫


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ -->
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「息子の青春を思いつつ・・・」〜吹奏楽部演奏会にて ID:ccf1qi

2016-05-04 00:03:25 | アッピア亡き後の日常
☆アッピア夫です。前回のブログへのお二方のコメントは本当に嬉しかったです。「兄弟のよう」とタイトルコメントをくれた(may)さん・・・同世代で子供も同学年の(ょ)さん・・・我が家の男二人の関係が「兄弟のよう」という表現に実にナットク・・・です。本当にそのような日常です。また同世代で同学年の子育て中の方が読んでいただいているのも感激です。色々と難しい年頃になって来ましたので、一緒に楽しみながら闘って(笑)いきましょう。

今日は、息子と一緒に学校の吹奏楽部の演奏会に行って来ました。特に学校から案内された訳でもなく、学校のHPの案内を見て、まあ通常のよくある部活の発表会だろうと思いながらも、面倒がる息子を引っ張って出かけました。

実は、息子は小学校3年生の時にブラスバンド部の東日本大会に出たことがあります・・・と言ってもブラスバンドそのものをやっていた訳ではありません。ちょうどその年が学校創立140周年に当たり、その記念事業の一環として一人の在校生が作曲し、全校生徒が歌詞と振付に参加した記念曲が出来ました。なかなかいい曲で、CDも配られ今では大切な小学校の思い出になっているのですが、その大会でもその曲が演奏されることになり、大会当日に歌って踊る参加者が募集されました。私とアッピアは、「こんな機会は滅多にない!」と意気込み、息子を煽てて無理やり応募させ大会に参加させただけなのですが・・・

また、アッピアがクラシックを好きだったことや近くに音楽大学もあったため、以前はそのようなコンサートに良く出かけました。ただ、そのアッピアがいなくなってからはクラシック系のコンサートは本当に久し振りだったので、良い機会でもありました。

とにかく、今日のコンサートでまず驚いたのは、あまりにも素晴らしい演奏です。中高合同の部で総勢100人近い部員が演奏するため、音の厚みと広がりが半端ではなく、高校生が中心になるので、当然レベルも高くなります。一般のクラシックコンサートと何ら変わりません。

その上、演奏の進行にストーリーを絡ませ、ちょっとした劇やMCも入るので観ていて飽きないんですね。アッピアに連れて行かれるコンサートはひたすら演奏が続く本格的なクラシックが多かったため、よく途中で寝てしまいましたが。今回のコンサートは演出も素晴らしく、曲もクラシックから映画音楽、ポップスまで変化に富んでいて最後までしっかりと楽しめました。

さらに、その中の15人の高校3年生は今回のコンサートを最後に引退するため、最後にその子達を送り出すための演出があるのですが、これがまた素晴らしく・・・部員も泣きながら演奏・・・私を含め観客も泣きながら・・・最高学年のこれまで部活に打ち込んで来た様々な思いと、家族やOBなど関係者も多い観客の思いが見事に一体化し、震えるような感動と共に素晴らしい締めくくりでした。

自分は吹奏楽部の関係者でもないのに思いっきり感動を貰いつつ、これから部活の始まる息子にも、この学校でたっぷり青春を味わって欲しいと心底思いました・・・出来れば自分ももう一度こんな青春時代に戻りたいと思ったのも事実です。

2016年5月3日 アッピア夫


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「動く卒業アルバム」〜小学校卒業の最高の贈り物

2016-04-28 23:58:30 | アッピア亡き後の日常
☆アッピア夫です。息子が小学校を卒業してもう1カ月を過ぎたと言うのに、私も息子もまだ卒業気分が抜け切れない状態が続いています。

その理由は色々とあります・・・6年1組と言うクラスが本当にいいクラスだったこと、担任のF先生がこれまでの担任の先生の中で断トツの素晴らしい先生だったことなど・・・しかし一番の理由は、そのF先生からもらった素晴らしい贈り物である「動く卒業アルバム」にあります。

「動く卒業アルバム」と言うのは私が勝手にそう呼んでいるだけなのですが、6年生のクラス1年間の様々な写真がBGMと共に編集されたDVDのことです。時間はたっぷり1時間・・・卒業式の時の写真も含まれているので、忙しい合間を縫って一生懸命卒業式後に仕上げてくれたようです。卒業式から1週間後の先生方の離退任式の時にもらって来たのですが、学校としてではなくF先生個人としての贈り物なので、生徒を思うその気持ちに頭が下がります。

このDVDは1年間のイベントや授業風景の写真がBGMに乗って次から次へと流れて行くのですが、一番気に入っているのは、6年生になりたての頃の写真と卒業式の時の写真がBefore/After的に一人一人対比されて映る場面・・・クラスみんなのそれぞれの成長と変化が何度見ても飽きないんですね。

私がボーイスカウトと言う組織に関わっていて楽しいと思うことは数多く、語り出すと切りがないのですが、その中でも上位に来るのは、自分の子供だけではなく、幼稚園生や小学校低学年だった幼い子供たちがどんどん成長していくのを見守って行けることですね。甥っ子や姪っ子がうじゃうじゃいるような感じでしょうか。子供たちの成長を見て「自分も成長しなきゃ・・・」って前向きな気持ちになれるところがいいんですね。

ところで、写真と共に流れるBGM、これがまたいい・・・F先生は「いきものがかり」のファンなのか「いきものがかり」の曲を中心に歌詞やメロディの良い曲が、これをより素晴らしいものにしています。

数多く使われている「いきものがかり」の曲の中でもDVDの最初に流れるのが、ユーキャンのCMにも使われていた「ワンゴール」と言う曲で、私も息子も大好きな曲です。息子はこのDVDの影響もあり、毎朝の電車の中でこの曲を聴きながら中学校に通学しています。

「いきものがかり」がデビュー10周年記念として発売した「超いきものばかり」と言う3枚組のベストCDも発売してすぐに買いましたが、「ワンゴール」と言う曲は残念ながら入っていないので、余計にこのDVDを象徴する曲としてイメージされています。

因みに、私は4年前から神奈川県の厚木市で勤務していますが、元々メンバーの出身が厚木や海老名で、小田急線沿線で路上ライブをやっていたこともあり、電車の接近を知らせるメロディが「本厚木駅」が「YELL」、「海老名駅」が「SAKURA」・・・いずれも「いきものがかり」の曲が流れます。

シンプルでポップな前向きで明るい曲の多い「いきものがかり」は好きなグループの一つです。息子は「ワンゴール」を聴きながら、私は「YELL」のメロディを聴きながら・・・「いきものがかり」で朝が始まり、「SEKAI NO OWARI」で夜が終わる・・・そんな毎日です。

2016年4月28日 アッピア夫


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加