色と香りのハルモニア

カラー&アロマ(色と香りと心のトーン別館)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

色が匂う。

2008-09-05 14:35:01 | Weblog
「匂う」とは、良い香りがすることをいいます。
くさい場合は、「臭う」(笑)と書きますので、
あくまで良い香りが、「匂う」です。
でもこの言葉は、例えば「紫が匂うよう…」と、
色彩を表現する際に使うことがあります。
「匂う」を辞書で引いても、
「色が美しく照りはえる」とあり、
「にほふ」は本来、色彩の美しさをいう言葉だったそうです。



先日、「日本文化を彩る香の文化史~四季とともに暮らしを楽しむ~」という講演会に行ってきました。
講師は畑正高さん、あの香老舗 「松栄堂 」の社長で、
五感のバランスの再構築こそが、現代人にとって大切だと考えていらっしゃる方です。
ですので話の内容も、「香」だけではなく「色」にまで広がり、
とても興味深く面白いものでした。

その中でも特に印象深かったのが、「匂う」の語源の話です。
「匂う」とは、にほふ…丹穂生だったそうです。
丹とは赤色、朱色のことですが、
この赤色が地面から穂のように生えている、その様を「にほふ」と表現したそうです。
この赤色は鉱物である硫化水銀、つまり辰砂のこと。
辰砂をネット上で調べてみると、灰白色の石にキラキラと輝く、辰砂の映像が見られました。
これが硫化水銀…?人工の朱である硫化水銀とは色が異なります。




大地に煌めく、赤い辰砂。
まさしく「にほふ」ように赤く美しく、透明な宝石のようです。

この辰砂は、古墳の内壁や石棺の彩色や壁画に使用されていたそうで、
魏志倭人伝にも、倭人は朱で身体に化粧していると、記されています。
古代人にとって赤は、特別な意味を持つ大切な色だったのですね。

日本人は、花や美人を「匂うように美しい」と表現します。
「色香」という言葉からもみられるよう、
色と香りを同時に受け止める、感覚を持っています。
西洋のように嗅覚と視覚を、スッパリと切り離して考えなかったのです。

だからこそ生まれた言葉「にほふ」。
いい言葉だなぁ…と、あらためて思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月の秋色。 | トップ | 島津先生講演会「情報として... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
にほふ (リカ)
2008-09-06 15:43:43
「にほふ」 
まろやかで、はんなりとした響きの良い言葉ですね

「匂うように美しい」
当たり前のように使っていましたが、日本人特有の感覚だったんですね。

色々なフレグランスを香る度に花弁の色や
香り全体像のイメージに「色」を自然と思い浮かべます。
誰もがすること思っていましたが日本人だからこそ・・・と思うと誇らしい感覚ですね




にほふ (うさみ)
2008-09-06 19:44:14
「にほふ」、語源を伺うと素敵な言葉ですね。
いい匂いには「香り」、あまりよくないほうを「匂い」と呼んでしまうのを改めなきゃ、と思いました。
Unknown (ねこなで)
2008-09-07 01:32:21
「匂う」の語源がこんな美しい赤だったなんて!
日本人って見えないものから感じる力、また見えるものからイメージする力が本来とても強いのだと思います。
何も考えずに日々過ごしていると鈍ってしまいそうだけれど、こういう感覚大事にしたいですよね。
>リカさんへ (マナ)
2008-09-08 22:32:02
「にほふ」とひらがなで書くと、ますますいい感じですよね。

日本人だからこそといえば、
色っぽいとか、色恋沙汰とか、男女の「情」の意味に、
「色」をあてがうのも、日本人独特の感性らしいですよ。
日本人の感覚って、素敵です♪
>うさみさんへ (マナ)
2008-09-08 22:37:20
そうなんです、
私も「匂い」というとあまり良い方には感じていなくて。
でも「にほふ」というと、いきなり素敵!(笑)
もともと色を表現する言葉だったなんて、
カラーコーディネーターの立場からみても、魅力的な言葉です。
>ねこなでさんへ (マナ)
2008-09-08 22:42:20
ホント、日本人の繊細な感覚には、誇らしい気持ちにさえなります。
秋に移り変わる、この頃の空気感の気持ち良さ。
色や香りの些細な変化…。
日々、そういったことを感じる、そういったこと、
たしかに大切にしたいですね(^ ^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL