レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

東京バンドワゴン~下町大家族物語 第1話

2013年10月12日 22時20分29秒 | 2013年ドラマ

「下町大家族物語!~四世代の力!愛の歌声で奇跡を!」

内容
その日、堀田青(亀梨和也)は、酔っ払って交番に保護されていた。
偶然、そこにいた女子大生・槙野すずみ(多部未華子)にまで絡み始め。。。

翌朝、若干2日酔い気味で、朝食をとる青。
そしてすずみが落としていった本を見て。。。

一方、青の実家。。。古書店の店主で祖父・勘一(平泉成)は
本棚に見たことの無い2冊の百科事典がある事に気づく。

その晩、勘一は、家族に百科事典のことを尋ねるが、みんな知らないという。
そこで青が本棚を確認すると、百科事典が、なぜか無くなっていた。

だが翌朝、勘一は、本棚で、再び百科事典を見つける。
そんなとき、青の姉・藍子(ミムラ)、その娘・花陽(尾澤ルナ)が、
ある事を勘一に告げ。。。。。

花陽の話の通り。。。。大町奈美子という少女が、
登校前に置いていき、下校後に持って帰っていることが分かる。
すると青の兄・紺(金子ノブアキ)が、ある事に気づき、少し細工をする。
百科事典がなくなり落ち込み、帰宅する奈美子は、
そのまま、自宅マンションの前で立ち尽くしてしまう。
それを確認した紺と青は、百科事典の謎を理解する。。

奈美子を家に招き、藍子が話を聞くと、
どうやら、マンションの管理人さんに不信感を抱いているよう。
その管理人、青の父・我南人(玉置浩二)の友人ケンちゃん(光石研)だった。

敬称略



原作は、当然未読



古書店に絡み、ちょっとした事件が。

それを家族達が、解決していく。。。


ミステリーやサスペンスじゃなく、

まあ、、、人助けの話かな?


脚本は、大森美香さん。

今回の演出は、狩山俊輔さん。この局でお馴染みの人ですね。

基本、この2人なら、先ずハズレにはならないでしょう。

雰囲気自体で魅せるドラマのようで、悪くは無い。

あとは、慣れと好みだけだ。


全体的に、登場人物達の絡ませ方が良い感じだし、
演出なども、音を含めて、良い感じなので、

そのアタリを、貫き通すことが出来れば。。。。ってところかな。

逆に、登場人物が多すぎて、

妙な違和感を感じてしまう可能性もあるだろうけどね。


さて、どうなるかな。。。。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごちそうさん 第12回 | トップ | ミステリードラマ『怪奇大作... »

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
東京バンドワゴン~下町大家族物語 #01 (ぐ~たらにっき)
『下町大家族物語!~四世代の力!愛の歌声で奇跡を!』
「東京バンドワゴン 下町大家族物語」 亀梨和也 玉置浩二 主題歌 「サーチライト」 (ゆったりと・・)
「東京バンドワゴン 下町大家族物語」 観ました! 久々の、まったり系ですねぇ。 金子ノブアキさんは、相変わらずカッコイイw はいりさんも良いポジションで出てくるし。 亀梨くんも馴染んでる。 LOVEだね~。 なんて言ってあんなに似合う自由人は玉置浩二さ...
東京バンドワゴンで(亀梨和也)あったんだよ(多部未華子) (キッドのブログinココログ)
ファンタジーなのである。 「大家族」のファンタジーなのだ。 ヴァラエティー・ショーのりの擬似ドキユメンタリーの「大家族」ではない。 あれは・・・単なる異常な子沢山で・・・誰もが憧れる「大家族」ではないのだ。 そもそも・・・「大家族」であるためには・・・経済...
東京バンドワゴン~下町大家族物語「下町大家族物語!~四世代の力!愛の歌声で奇跡を!」  (のほほん便り)
原作の『東京バンドワゴン』(とうきょうバンドワゴン)は、小路幸也による日本の連作短編推理小説のシリーズ。 ちょっと人数の多さに面食らい、幾多の問題を、風来坊・ロックン・ローラーのおとっちゃんの音楽で解決だなんて、アングリだったし、世界観紹介で、主役の...
東京バンドワゴン ~下町大家族物語 (第1話・10/12) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
日本テレビ『東京バンドワゴン ~下町大家族物語』(公式) 第1話『下町大家族物語!~四世代の力!愛の歌声で奇跡を!』(初回30分拡大)の感想。 なお、小路幸也氏の原作小説『東京バンドワゴン』シリーズは未読。 東京の下町で古書店を営む堀田家は、3代目...
東京バンドワゴン (AKIRAのドラマノート)
初回の感想
【東京バンドワゴン ~下町大家族物語】 第1話 初回感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
そうですね。 堀田家は、みんなおせっかいで、持ち込まれた問題をみんなで解決したがる 傾向があるようです。 今回も色々やり過ぎな面はありつつも…。 結果オーライといたしましょうか。 東京バンドワゴン ~下町大家族物語 第1話         ...
東京バンドワゴン~下町大家族物語 第1話 (ぷち丸くんの日常日記)
東京バンドワゴンって何だろうと思っていたら、堀田家4世代の8人家族が営んでいる古本屋さんのことなんですね。 横に女性陣がやっているカフェも併設されていて、近所の人たちに好評なようです。 この家には、一昨年亡くなった祖母・サチさん(加賀まりこ)の魂がま...
東京バンドワゴン~下町大家族物語 第1話 (ドラマハンティングP2G)
第一話「下町大家族物語!~四世代の力!愛の歌声で奇跡を!」2013/10/12 東京の下町にある老舗古本屋・東京バンドワゴン。 明治18年から続くこの店を営む堀田家は、4世代8人の大家族! 旅行添乗員として働く次男の青(亀梨和也)、青の祖父で三代目店主の勘一(平泉成...
《東京バンドワゴン~下町大家族物語》#01 (まぁ、お茶でも)
オープニングは、次男青が、酔っぱらって、交番で絡んでいるところ。横に居た大学生にも愛が足りないと絡んで逃げられた。 青の家は明治18年創業の古びた古本屋『東京バンドワゴン』。 ナレーションの2年前に亡くなった祖母の連れ合い堀田勘一。4代目店主
LOVEこそすべて (虎党 団塊ジュニア ブログ 弐号機)
じぇじぇじぇ! 足立先生& 安部ちゃん 鈴鹿ひろ美 の元・旦那 朝ドラ受け師 井ノ原快彦 夢の競演! 『東京公園』の小路幸也の小説を原作に 「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」の大森美香が 脚本の日テレ系土曜9時放送の連続ドラ...