レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

ストロベリーナイト 第9話 ソウルケイジ

2012年03月06日 21時56分48秒 | 2012年ドラマ
『ソウルケイジ』

内容
橋爪管理官(渡辺いっけい)が、科捜研にいると知り
事件のニオイを感じる玲子(竹内結子)
直後、今泉係長(高嶋政宏)は玲子と日下(遠藤憲一)両班に捜査を命じる。

所轄の蒲田南署に立ち上げられた帳場には、
昇進して転属してやって来た井岡(生瀬勝久)の姿もあった。

多摩川の土手に放置された軽自動車の下から成人男性の左手首が見つかった。
車の持ち主でもある高岡工務店の高岡賢一(石黒賢)のモノと判明。
通報してきたのは従業員の三島耕介(濱田岳)だったが
恋人の中川美智子(蓮佛美沙子)がアリバイを証言。
今泉は、現場に残された出血量が致死量を超えていることから
すでに高岡は死亡と推測し、死体損壊遺棄事件と認定し捜査すると告げる。

蒲田南署の川田刑事課長から、“エース”として井岡が姫川班に。。。。
そんななか、姫川班、日下班両班で捜査が始められるのだが、
これといった証拠なども見つからない。
そこで事件の一番近くに居る三島への聴取を考える玲子だったが、
日下に上手く言われて聴取を奪われ、玲子は中川美智子の聴取をすることに。

“女は女同士”と言われたこともあって、いらつく玲子。
石倉(宇梶剛士)たちは、なだめようとするが収まらず。
そんなとき、、、父・忠幸(大和田獏)から連絡が入る。
母・瑞江(手塚理美)が倒れたという。
慌てて病院に駆けつけた玲子だったが、“仕事”を口実に病院をあとにする。


翌日、井岡と共に美智子のもとへと向かった玲子。
姫川班の面々も、高岡についての聞き込みをはじめる。
そのとき、部屋の外で騒ぎが起き、美智子の様子になにかを感じる玲子。

やがて三島の父・忠治が建設現場で事故死し、
その後、高岡が三島の父親代わりだったと分かってくる。
そのうえ、、、美智子の父も死亡。。。

日下は保険金を狙った事件の可能性について言及する。

敬称略




“また”続き物である。

そのうえ、今作の初めの作品であった『ストロベリーナイト』に
かなり酷似した演出が行われ、

事件以外の無駄話がてんこ盛りである。

おかげで、

ラストの10分以外は、刑事モノとしての内容は無い。


そのうえ、予断がどうとかこうとか。そればかり。

きっと、予断だとか、妄想だとか、、、
そういう単語が、スタッフで流行っているのだろう。



とりあえず、後編?後半?、、、まさかの中編?であろう次回。


セリフばかりを詰めこんでくる可能性は、かなり高いが
日下が、主人公の代わりに捜査をしているので

ドラマ的には、“それなり”ではあるが、バランスが取れている。

そう。。。“超能力デカ”がいても“地道なデカ”もいるため、
なんとなく納得出来るという、妙な手法だ。

まあ。。。
そればかりをやられてしまうと、
なぜ、この姫川玲子が、本庁捜査一課にいるのか意味不明ですけどね

だって

超能力以外に、実力が見えないからである。

それこそ、女の武器を使ったのでは?
などと言う疑惑まで。。。。。。

ほんとは、
そういうコトにならないように、他の班の捜査を描くのでは無く
姫川班の捜査を描くべき何ですけどね。。。。。

基本的に、姫川班。。。。何もしてませんから!


楽天ブログ版
第9話 


TBが飛ばない場合は以下のURLへどうぞ
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-3349.html
『テレビ』 ジャンルのランキング
トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BLEACH 363 激闘... | トップ | ハングリー! 第9話 »

2012年ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ストロベリーナイト」第9話 (またり、すばるくん。)
?「ソウルケイジ」   
ストロベリーナイト 第9話「ソウルケイジ」感想 (空色きゃんでぃ)
菊田さんっ(*´д`*)かっこいいよお! はぁ…抱きしめられたい(*ノ∀ノ) 「すべては、あの13年前の夏にはじまった 13年前の夏、あたしは死に、そして生まれた」 過去からは逃げられない。 傷つけられた人は、ずっと怯えていなければいけないの? 傷はいつ、ど...
ストロベリーナイト #09 (ぐ~たらにっき)
『ソウルケイジ』
ドラマ「ストロベリーナイト」 第9話 あ... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
すべては13年前のあの夏から始まる-------------!!今回は息もつかせぬ!!だったなぁ。いやぁ、あっという間の50分でしたわ。そこがここと繋がって、こっちがここと・・・って感じで...
ドラマ「ストロベリーナイト」 第9話 あらすじ感想「ソウルケイジ」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
すべては13年前のあの夏から始まる-------------!! 今回は息もつかせぬ!! だったなぁ。 いやぁ、あっという間の50分でしたわ。 そこがここと繋がって、こっちがここと・・・って感じで、裏がどんどん見えてくるんだけど、ついていけなかった部分もあったけ...
【ストロベリーナイト】第9話 (ドラマ@見取り八段・実0段)
「ソウルケイジ」 切断された左手、保険金詐欺疑惑、二人の高岡…… 「ストロベリーナイト」第9話           耕介は、父親との貧しい2人暮らしの中、食べる物もなく畳をむしってい...
「ストロベリーナイト」第9話 (日々“是”精進! ver.A)
高岡が、高岡ではなかった… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203070002/ ソウルケイジ (光文社文庫) 誉田 哲也 光文社 2009-10-08 売り上げランキング : 683 Amazonで詳しく見る by G-T...
ストロベリーナイト 第9話の感想 (オタクと呼ばないで)
フジテレビ系列で放送の「ストロベリーナイト」第9話の感想などソウルケイジ井岡(生瀬勝久さん)が巡査部長に昇進!「菊やん、これでタメ口きけますな」と、同じく巡査部長の菊田(西島秀俊さん)に言っていたのが可笑しかった。相変わらず姫川玲子(竹内結子さん)には...
ストロベリーナイト「ソウルケイジ」 (のほほん便り)
ラストまで3回シリーズなのですね。遺体なき殺人。保険金詐欺疑惑、二人の高岡の謎… そして、ミーハー的に、今回の見どころは、何といっても、玲子(竹内結子)と菊田(西島秀俊 )の抱擁シーン! 出ました、心の弱ってるヒロインにナイトが抱きっ (^。^*) また...
ストロベリーナイト (第9話 3/6) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
1/10からフジで始まったドラマ『ストロベリーナイト』(公式)の第9話『ソウルケイジ 1』の感想。なお、誉田哲也氏の原作小説はすべて未読。 正味がラスト5分間だとすると!? どうやらついに「3週...
ストロベリーナイト 第9回「ソウルケイジ 前編」 (昼寝の時間)
公式サイト 原作:誉田哲也「シンメトリー」「ソウルケイジ」「感染遊戯」(光文社刊
「ストロベリーナイト」 第九話 ソウルケイジ その1 (トリ猫家族)
 ��(゜Д゜ ) ハッ!あっと言う間に1時間が過ぎてたわ!早い、早い、早い~ 今回は捜査と共に、日下と姫川の家族の問題も描かれそうですな~  多摩川土手の路上に放置 ...
『ストロベリーナイト』 第9話「ソウルケイジ」 (英の放電日記)
 今回のテーマは「親子愛」というところか?(全編を見ていないので、まだ断定できません) 姫川親子……過去の強 姦事件で傷つき、それまでの玲子(竹内結子)は死に、新しく生まれ変わった玲子。しかし、無理やりに生まれ変わったせいか、両親には過去の玲子との違いに...