レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

恋仲 第7話

2015年08月31日 22時03分02秒 | 2015年ドラマ

「告白」

内容
教員採用試験に合格したあかり(本田翼)を祝うため、
葵(福士蒼汰)は、特製のカレーを作って待っていた。
だが翔太(野村周平)に会うと言ったっきり、連絡が取れなかった。
そして翌朝、葵の元に、あかりはやってくるのだが、
葵は、理由を聞かず。。。。会社に行くと告げて。。。。

一方、あかりが早くに気づき、翔太の処置により、
心音(大友花恋)は、一命を取り留めたのだが。。。転院が決まる。
翔太は、あかりに心音の相談によってやって欲しいと。。。。

そのころ、集中出来ない葵は、仕事でミスをしてしまう。
そして磯原(永井大)から、プロジェクトを抜けろと言われるのだった。
そのうえ、万里子(吉田羊)から転職を勧められ。。。。。。。

敬称略


う~~~ん。。。。まさかの停滞(苦笑)

なぜ、いまさら、三角以外を描くかなぁ。。。


たしかに、重ねていないわけじゃ無いので、

丁寧だと言えば、その通りなんだけど。


ようやく、三角を構築して、良い感じで魅せ始めたところなのに。

ここで、三角を微妙に崩して描いて、

そのうえ三角以外を描いて、“終わり”までに整理整頓出来るのか????

本気で心配するよ。

っていうか、すでに、三角じゃ無いし。。。。。いや、恋バナとも言えないかも。


ただし。こういうドラマには、こういうエピソードも付き物だから、

全否定しているわけじゃ無い。

ドラマとして、エピソードとして、悪いわけでも無い。むしろ、良い感じ。

が。。。今作、残り時間無いよね。。。。そこが問題。


ここにきて、序盤の体たらくが、若干、足を引っ張ってるか。
ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まれ 第133回 | トップ | まれ 第134回 »

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
恋仲 #07 (ぐ~たらにっき)
『告白』
恋仲「告白」 (のほほん便り)
う~ん、この「じれじれ」を楽しむのが醍醐味と言いつつ、なんという「間の悪い」カップルなのだぁ!三角関係というより、運と要領が悪すぎ (ーー;)あかり(本田翼)ちゃんも、ちゃんと事情を正しく説明しないので、待ちぼうけを食わせた葵(福士蒼汰)を落胆させて誤解...
恋仲 (第7話・8/31) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
フジテレビ系『恋仲』(公式) 第7話『告白』の感想。 あかり(本田翼)と擦れ違った上、仕事でミスをした葵(福士蒼汰)は、万里子(吉田羊)から建築家に向いていないからと転職を勧められる。一方、あかりは翔太(野村周平)から心音(大友花恋)が...
午後七時から午前七時の間に(本田翼)仕事ができない男は恋愛もできない(福士蒼汰)再犯者(野村周平) (キッドのブログinココログ)
飲酒運転者から免許を剥奪し、性犯罪者は去勢。 そうすれば再犯者はなくなるかと言えばそうはいかない。 飲酒した上に無免許運転で、生殖器官を失った人間がより陰湿な性的犯罪を行う。 邪悪な人間の個性を失わせることは困難なものである。 殺すしかないね。 ・・・と殺...
恋仲 第7話 (ぷち丸くんの日常日記)
翔太(野村周平)に会いに行ったあかり(本田翼)を夜が明けるまで待っていた葵(福士蒼汰)は、朝になって現れたあかりから、その理由を聞く気になれなくて彼女を帰してしまいます。 その後、葵はやるべき仕事をやっていなくて、磯原(永井大)からプロジェクトを抜...
デスノート九話&恋仲七話感想 (NelsonTouchBlog)
■デスノート九話 L死亡→キラの粛清が過激化→絶対的な抑止力で世間から犯罪やいじめが実際なくなっていく→キラが新世界の神に。。なるかどうかという瀬戸際で、Lの後継者、ニアが活躍するのかと思いきや、なんかよくわからないし(笑) 多重人格っていう部分が非常に...