レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜 vol.10(最終回)

2016年03月16日 22時59分40秒 | 2016年ドラマ


「七課解散!?最後の敵は最強毒婦と尊敬したボス」

内容
捜査一課は、資産家殺しの犯人を優香(新妻聖子)道重(山中聡)と断定し、
記者発表までしてしまう。
納得いかない雪乃(檀れい)の訴えもあって、渚(堀北真希)らも動き出す。
そして家政婦・晴子(斉藤由貴)について、調べはじめるのだった。

そのころ、謙人(DAIGO)は。。。。

敬称略


最後の最後まで、とんでもない状態に。。。。(失笑)

編成の工夫。。。奥の手で、

なんとか、数字はキープしたようだけど。

実際は、平均のかさ上げをしたのが、それだけじゃなく。

途中、なんどかあった貯金が効いたのは言うまでもない。

実際、

この局、枠の手法を考えれば、

最低でも12,3無ければ、失敗なんだけどね。

なのに。。。


そもそも、この失敗を招いたのは、脚本なのは言うまでもない。

ハッキリ言って、SP版の時と雲泥の差。

演出、そして俳優の魅せ方も含めて、かなり雑。

まがりなりにも数字があるから、切られなかっただけである。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フラジャイル 第10話(最終回) | トップ | あさが来た 142回 »

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜 #10 最終回 (ぐ〜たらにっき)
『七課解散!?最後の敵は最強毒婦と尊敬したボス』
「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」被害者が残した声を聞いた先に隠されていた来宮の事件の真実に瀬川課長が最後の罪滅ぼしに全てを明... (オールマイティにコメンテート)
「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」最終話は資産家殺人事件で家政婦が黒であるにもかかわらず逮捕できない7課はこの捜査から排除されそうになる。7課解散という話を聞いたところで ...
ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜 最終回「七課解散!?最後の敵は最強毒婦と尊敬したボス」 (のほほん便り)
晴子(斉藤由貴)の生い立ちは、かなり厳しいもので、男達にもさんざん騙され、暴力ふるわれて、苦労したみたいですね。 整形までして、そんな男たちへの仕返ししたかったのかな? 捜査一課は、速攻、資産家殺しの犯人を優香(新妻聖子)道重(山中聡)と断定し、記...
ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜 最終回 (ぷち丸くんの日常日記)
資産家の長井(久保晶)を殺害したのは、彼の娘だと言い張って遺産の相続を主張していた優香(新妻聖子)とその弁護士・道重(山中聡)だと捜査一課が断定します。 DNA鑑定で実の娘だと証明された優香が容疑者のはずはないと雪乃(檀れい)は反発して、渚(堀北真希)...
ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜 第10話(最終話) (ドラマハンティングP2G)
最終話「七課解散!?最後の敵は最強毒婦と尊敬したボス」2016/3/16 資産家・長井清(久保晶)の殺害容疑で弁護士の道重(山中聡)と長井の娘を名乗る女・優香(新妻聖子)が逮捕された。あまりにも早すぎる不可解な逮捕に渚(堀北真希)たちヒガンバナの面々は、神藤(佐...