レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

ボク、運命の人です。第10話(最終回)

2017年06月17日 22時47分15秒 | 2017年ドラマ

内容
未来から来た息子・一郎(山下智久)が、誠(亀梨和也)の前から姿を消し、
その記憶も消えてしまった誠。
晴子(木村文乃)にプロポーズするだけだった。

以前、指輪を買った店で、藤岡映美(吉井怜)に婚約指輪を依頼。
店を出てすぐ、風船を持った少女・心美(早坂ひらら)から、
風船を持って欲しいと頼まれた誠。
が。。。。その手から、スルリと。。。。

それからというもの、晴子との関係が、微妙に変わりはじめる。
突如、晴子の出張が決まり。。。。

そんななか、定岡(満島真之介)の前に現れた一郎。

敬称略


一郎がいないことで、

微妙にドラマの印象が変わってしまっているのは、残念ですが。

ってか、いままでも

ラブコメという印象より、普通の恋バナに近かったけどね。

それでも、一郎が、ギリギリ、雰囲気作りに役だっていたわけで。

それが、完全に消滅すると、今作らしさまで消滅するという妙な状態。


。。。。ドラマとしては、一種のドキドキ感があって、面白いが。

今作としては、らしさが消えたことで、

テンポまで変わってしまった感じ。

おかげで、雰囲気が違いすぎて、

ドラマの面白味は感じていても、妙な違和感まで感じているので。


もう、どう捉えて良いか分からない感じである。

まあ、基本的に、構成などは同じなので、

違和感とともに、ちょっとした安心感もあるのだけどね。


個人的には、今までの全てを考えると、

作り込みが見えて、悪くないと思っているのですが。

ただ、ラブコメはラブコメとして、

最後まで貫いた方が、良かったと思っています。

ほんとに、良く作られているんですけどね。。。。。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひよっこ 第66回 | トップ | 大河ドラマ『おんな城主直虎... »

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ボク、運命の人です。 最終回「全ての奇跡はこの日の為に!運命の結末」 (のほほん便り)
ちょっとハラハラさせられたけれど、めでたくハッピーエンド。でも、謎の男(山下智久)と、その男の記憶が消えて、ものすごく寂しい印象でしたね。改めて、彼の存在感の偉大さを......
ボク、運命の人です。 #10 最終回 (ぐ~たらにっき)
『全ての奇跡はこの日の為に!運命の結末』
ボク、運命の人です。 最終話 (ぷち丸くんの日常日記)
謎の男として誠(亀梨和也)の傍にいた一郎(山下智久)は、誠の前から姿を消してしまいます。 同時に、誠の記憶から一郎の存在が失われます。 地球の運命は、誠が自力で晴子......
ボク、運命の人です。 第10話(最終話) (ドラマハンティングP2G)
#10「全ての奇跡はこの日の為に!運命の結末」2017/6/17 「永久あばよ」という言葉を残し、謎の男(山下智久)が消えてしまった。そして誠(亀梨和也)の記憶からもその存在は失われ......