万華鏡コミュニケート

~美しいものを美しいと感じる豊かな心を育てる~

2016 5 15 仲間の東日本大震災復興支援コンサートに参加

2016-05-15 | 活動報告
本日は、 東日本大震災の復興活動(福島・宮城)でともに活動する仲間が、
奈良屋記念杉本家を会場に、東日本大震災復興支援チャリティーコンサートを開催されました。

講演は、
福島県富岡町で活動を支えてくださった方から、福島県の現状と想い、







そして、最後に富岡かるたの紹介をされました。


津波でなくなってしまったふるさとの景色や、原発事故でふるさとに帰れなくなった
富岡住民の表には出せない想いが詰まった富岡かるた。

このかるたが避難されているみなさんの心の支えになっていることを話されました。

実はこの富岡かるた、万華鏡コミュニケートは貴重な1つをプレゼントされて持っています。
この4月に京都伏見区日野の恵福寺さんで、京都初の「富岡かるたとり」を開催しました。

友人のわたなべ邦子さんも、子どもたちと一緒に取り手第1号に加わってくれました。
そのようす→http://blog.goo.ne.jp/masayo55_5/e/5ce622fa7ff20fe854ece77c33e19b3c

二人目の講演は
福島県いわき市で復興支援活動される泉蔵院さんの僧侶の方からのお話。
(この方のお寺でも活動させて頂きました)





自分の寺はわずかな被災であったが、
大きな被災のお寺で瓦礫片付けをしていた。

だんだん片付いていくと、瓦礫の下から5人もの御遺体があった。
気づかなかったことを、とてもくやんでおられました。

その後、神戸から福島県いわき市まで、
徒歩で「希望の灯」を運ばれたお話などをお聞きしました。






その後は、福島県でも一緒に活動した、
篠笛の井上真実さんが復興の願いを込めて演奏されました。



杉本家の凛とした空間に溶け込む篠笛の音色
何かなつかしさが溢れ、心が震えます。

それは人の本来持つ、豊かな情緒が呼び起こさせられるからなのでしょう。




杉本さんの、とても穏やかな控えめなご挨拶にも感動。

そして、お帰りになられる方々に、お茶と焼き菓子のおもてなし。



焼き菓子も、福島県から母子避難されているパティシエの菓子でした。
粋な演出にまたまた感動。

本当に素晴らしい会でした。

主催なされた本田馨様 本当にありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 5 10 熊本へ届ける万華鏡の準備

2016-05-10 | 活動報告
5月10日は朝10時~午後3時まで 熊本へ届ける万華鏡の準備をしました。

納品された万華鏡を不良品が入っていないか、1本、1本、検品します。


今回検品した700本には不良品はありませんでしたが、
鏡の端が少し丸くなっていたりするものが数点ありました。

このような鏡を上手に作るには、微妙なコツがあって、
テープの貼る位置などをずらしたり、いろいろします。

スタッフは、東日本大震災の時の何万本を経験しているので、
1本1本の鏡と上手に対話しながら作成して行きます。



しかし、熊本にお送りするのは、初めて作成される方々もおられますので、
そのように微妙な調整をしなければならない鏡は、取り除きます。

そのため、1本1本の点検が必要なのです。

7人で、約5時間。

この万華鏡で、熊本の方々が、
ほんのひとときでも喜びの時間が持てるようにと想いを込めました。

この万華鏡は同じ想いの方々からのご支援金で、お送りさせて頂きます。

みなさまに心より感謝申し上げます。

    

万華鏡コミュニケートの活動は
支援くださるみなさまの温かいお心のこもったご寄附
を受けて継続しています。
みなさまに心より感謝申し上げます





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 4 28 感染症が広がっていると聞いて

2016-04-28 | 活動報告
熊本の被災地域で感染症が広がってきていると聞きました。

そこで、消毒ハンドジェルをお送りすることにしました。

宮城県石巻市立鹿妻小学校で、避難所部長をされていた方のアドバイスを活かして、
張り紙だったものを、ボトル1本1本に貼り付けました。

使う時の目線に合わせて貼りました。





宮城県石巻市立鹿妻小学校の・・・とまで記そうと思いましたが、
きっと、それは避難部長は望まないと思い
「宮城県石巻の避難所」と大きく捉える名前にしました。



京都からなので、 何気に「まゆまろ」を入れ。

避難所で、「くまモンの横のキャラクターは何?」って、
とりとめのない会話が生まれる機会になればと願っています。

万華鏡コミュニケートの応援の鳩マーク
一輪の花を届ける鳩に乗せて



    

万華鏡コミュニケートの活動は
支援くださるみなさまの温かいお心のこもったご寄附
を受けて継続しています。
みなさまに心より感謝申し上げます


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 4 22 熊本へ物資をお送りする 物資仕分け

2016-04-22 | 活動報告
熊本地震により被災されましたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

東日本大震災の復興支援活動をともにしてきた方も、今回の地震で被災。
自ら被災しながらも、東北での活動経験を活かし、避難所でボランティア活動を続ける。

避難所が混乱する中、東北で活動している者たちでチームを組み、
熊本⇔福岡⇔関西で動き始めました。

万華鏡コミュニケートも東北でともに動いて来た方々とともに動き始めました。

支援物資の仕分け




被災地では、動ける人員が少ないので細かい仕分け作業はできません。

企業からや、大口のものなら、外の表示と中の物資が同じです。

でも、個人物資は、自宅にあるダンボールで送るので、
ダンボールの表示と中身が一致しないことが多い。

仕分け作業人員がいなくて、送ってもらった物資が狭い場所を占領していく・・・。

個人物資を受け取れない理由はここにあります。

本当は、ひとつでも多く支援物資が欲しいのに・・・。
涙を呑んで、受け取り拒否をしなければならない・・・。

人員が足りなくて、箱単位での仕分けで、精一杯なんです。

箱には一目で判るように大きく表示。
側面、4方向に表示の紙を貼ります。
どの方向で持っても、どの方向に置いてもわかるように。
こうすれば、物資仕分けの方の、箱を持ち直す、置き直すという手間を省けます。





中身も、一目見てすぐに判るように、袋に大きな字で表示



熊本の受け入れ状況の写真が届きました。
自らも被災しボランティアで動いてくださる方が、
物資の整理をして、避難所に届けて下さいます。

受け取ってくださり、ありがとうございます。(熊本受け取り状況)



    

万華鏡コミュニケートの活動は
支援くださるみなさまの温かいお心のこもったご寄附
を受けて継続しています。
みなさまに心より感謝申し上げます



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本地震災害お見舞い申し上げます

2016-04-15 | 事務局・連絡先
熊本地震により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。

          万華鏡コミュニケート一同 



    

万華鏡コミュニケートの活動は
支援くださるみなさまの温かいお心のこもったご寄附
を受けて継続しています。
みなさまに心より感謝申し上げます



コメント
この記事をはてなブックマークに追加