発想が鼠

王道回帰

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さよならと書いた手紙

2008-02-08 01:48:27 | Weblog
あーだこーだの悪企み。map-kozouです。
さあて、なんかほくそ笑んでしまいますね。
イメージを優先する企業さま、なんかとばっちり受けたとか、
本気で考えてたりしませんでしょうか?

誰かがかつて、大衆がいなくなった・・・、と言ってたと断言してもいいと思うのですが、誰か言ってませんでしたかね?

体臭がなくなったならさぞ、含蓄があったでしょうに。

羊水が腐る?、まちゃまちゃさんは早速ネタにしたでしょうか?
ギター侍は何を斬るでしょうか?

な~んか、沢尻エイカ!さん(私は大ファンですとも)以来、小火(ボヤ)が楽しくて仕方ない、いや、多分、自分が参加してる、リアルタイム!って感覚が、
バイトしても仕事しても勉強に励んでも、虚ろなんでしょうか?
こうゆう形でアンガージュマン?社会と関係を持とうと、自分が楽しんでいるのを
確認するしかないのでしょうか?
2ちゃんねる、が悪い?馬鹿な。
私が思うに、元来祭り好きの国民、の日本国民です、知らんけど。
血が踊ってもそらええわいな。

ただ、悪~く盛り上がるのはやめようよ。
だってさ、く~ちゃんがテレビで180%の元気で話してないのを見たって聴いたって、面白くない。
それこそ同情含みで鑑賞しなくちゃならんようにして何か楽しいのかな?

CM打ち切り?

なぜ、早速ネタにしない。
氷結が本当に氷結してどうする。酔えません。スカッともしません。
こんな時こそ、あ~いいねえというCMをしなさい。

やっぱりく~ちゃんの悪乗り(あくまで言葉として、歌手ですし、女性ですし、カリスマですし、まあ色々。)と弁解させられるのは、CMだったり、やはりメディアなんだからさ。
それもいつもと変わらないね。

私は35歳の妊婦です。傷つきました・・・。

100歩譲って、その妊婦の存在を、その妊婦のつらい感傷を認めよう。
でも、俺の心には入ってこれない。

だってそうでしょう?
ははは、良く言いますね、絶好調ね!っていうのが大半でしょう?

すごい自己中だと思うわ。それって私のこと?私達の事!!!って
腹を立てる神経の萌芽(ほうが)・・・。

だから、いないと思うよ。
本来の意味でショックを受けた人なんか。

言葉の意味がストレートに届いて欲しい、なんて本気で思ってる人なんているのかな?
思うに、そんな言葉より伝えたい何かしらの思いやら貢献したい気持ちとかそんなプラス思考があるんじゃないかな?
例えば、皮肉だったり憎悪の言葉も、実はポジティブに考えれば、シグナルと発想転換できるし、うまくいってないと実感できる=こっから何とかしね~と、的にあくまで前向きにいけるんんじゃあないかね?
ま、そのときの心模様にもよるがね。

詩人だって言葉だけで勝負してんじゃあないからね。

その言葉を出すときのTPO、おっきくいえば、時代、影響、歴史、人生、そういうものもふくめて言葉が通過点となって、心を打つんだから。

わかる?
先につぶしておくけどね、高校生時分に娘。に熱狂してた私ですが、歌がうまいとか、抜群のビブラートとか、本当にしょうもない。
若いから素晴らしい?若いのに素晴らしい?アホだと思う。
初音ミクさん(笑)にほっとんど興味がないのもわかる気がします。
ヒッキーやあゆがいいなあって思えるのもわかっております。

じゃあ問う。言葉、声、じゃあそれだけで我輩を感動させてみよ。
そもそも言葉だけとか、声だけとか、そんな状態があったらの話だけど。

いろいろとわき道にそれたけど、一言付け加えるとしたら、成宮くん。
凄いですよ。恋人はグンゼのパンツのような人だと答えちゃう。

中国でガンの死亡者が少ないのは何故か?
自転車だろう・・。みんな自転車に乗ってるし、と昔、田村さんから聞いて凄いなあと笑った。その発想は凄い。

ならインド生まれが(なんか上からの言い方に聞えたら笑ってください)計算速いはカレーのせいか!!、なるほど、やはりそうだったか。

そんな野暮な話でした。



コメント (20)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

空気読む、まさしく、KYについて弾ずざんす。

2008-01-24 03:21:41 | Weblog
map-kozouです。

さて、KYなる単語が関東圏に雪を降らせましたが、ここでひとつばらさなくてはいけないでしょうね。

僕はマスコミが好きなときと嫌いなときがあります。
それを前提に話をします。

女子高生なのか、オフィースレディなのか、とりあえず女子なのか、
KYと「空気読め」と略して、やれ蜜柑だの、ポンカンだのと、アンポンタンに
文章を埋め、間を埋めるタヌキさんがいますよ~と、宣伝してました。

やーっぱり、時代を作るのはルーズソックス、プリクラ、アンキモ(&キモ)
を生んだ、若い世代。な~んて、まだやってる。

あのね、空気読め、って言葉があるのは認めるよ。でも俺の中には入ってこれないけど。蝶野選手ばりにね。
ただ、それをKYって略したことに馬鹿騒ぎするのはどうなんだろう?
あんまり宜しくない気がしますね。

そもそもKYって他の言われもあって、良く工事現場では直前KYと称し、安全確認をするんです。
つまり、危険予知って略してKYとな。
さて、馬鹿にされたのはKYの響きに面倒を感じた土方さまだったのか?
KYの響きをさも発見したかのように騒いだ衆か?
それとも編集部の最後の切り札か?
薄暗い会議室で決まったのか?

それを時代だと自分の国を馬鹿にした皆々様方か?

特に、許せない何かがあるわけではないけど、なんかこう、
救急車が来ただけで、「迎えが来たよ」と肩をたたく、
そんな小学校のひとコマを見てる気がして嫌ですね。

時代を切り取るとか抜かして、何でもかんでも略したり、
くっつけたり、言葉本来の素晴らしさや、行動を促すパワーを忘れていませんか?

セレブやらゴージャスやら、そういうことでなくて、スイーツとかそんなもんでも
決してなくて、
例えば、なんだろな~、
谷でも金、ママでも金、と。
カネでなく、キンとしっかり読める、日本の音訓文化のもたらす荘厳さと明晰さを
用いた、素晴らしい言葉があふれることを祈ってます。

ちなみに、何が今年の一文字は「偽」だ!!
去年だとか、そんな理屈ではないぞ。

去年一年を適当に陥れるな。偽は偽。ポジティブにも考えられないようなことを
やれ、達観して書くなよ。私から言わせれば、ここ10年間くらいずっと
「HIDE」だよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛を学んだ戻りガツオ(検索用)

2008-01-09 02:00:35 | Weblog
新年が明けてすでに9日。「発想が鼠」という冠のおめでたさより、今年はねずみ年です。何かあるとチューと書けば済むそのような正月でしたね。

さて、と。

部屋でものを無くした時、今までの経験と、癖から、ああ、あそこだとかであっさりと
見つけたこと、ありますか?
私はどちらかというとそうでもないほうです。
たいていものを無くす時は決まって散らかっている時です。マーフィーの法則にも書いてありそうですね。
コ奇麗な部屋で無くして見つからない時は、それは探し物がとても小さいからだと思うんです。それか、心とは裏腹に見つかって欲しくないかのどちらかで。

たいていの人は掃除をし始めます。
もしかしたら頭の体操と呼んでもよい、その所作は、クルクルと部屋を動き回るうちに片付き、太陽も傾く、そして首を傾けた瞬間に、傾けたソファーの下に、今朝はなかったはずの探し物が落ちている、そういった具合が多い気がします。

なるほど、こうやって記述してみてわかったのですが、この文章も沿うみたいですね。添うではなくてね。

部屋に散らかしたようなこの文章。片付けないまま、必死に探し物を探す。探し物とは伝えたい言葉なのか、それとも部屋を歩き運動したつもりになる言い訳なのか。

それはどこかにある、捨ててないし。

ああ、まるで人間の本来の活力である夢のような話ですね。
いや、「夢」そのもののようです。

捨ててないから、どこかにあるように思ってしまう。
どこかにあるように思わせてしまう。

ま、ここまで書いてなんですが、人が夢でなく、夢の先を求め、夢を目的でなく、手段と呼んだら、夢とは決して遠くにあるものでなく、夢を踏みしめていることが出来ると本気で思いますし、実行します。そうです、映画を撮り続けたいと叫びにならない遠吠えを繰り返す私はそうです。

夢とは計算ですし、ある種の人にとっては戦略だし、麻薬です。
でも、夢の先、本来私たちが見つめるそれは、決して大それたことではなく、
たとえば正月に一瞬だけ訪れる奇跡なのかもしれません。
それは誰もがフッと招いてしまう、素直さなのかもしれません。

最終的にそれがなんなのか、それを私は知ってしまったから良いのですが、
皆さんはなぜそれを知ってて教えてくれなかったんでしょうか?

では、楽にその答えを書きます。


私は「立派になった」と言われたい。
だから、それを言葉にさせたい。
素晴らしさを知る立派な人から、頂きたい。

夢を踏みしめるこちらより、夢の先の良く知るあちらへ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思えばトークへ来たもん

2008-01-08 01:24:53 | Weblog
map-kozouです。あなたは地図を持ってますか。

未来へ進むための・・・。
どこを通って来たかわかるための・・・。
自分の今いる場所、立ち位置をしるための。
まわりに何があるかの。
てか、地図を書けますか?それを突然言われても。
そう紙もペンも、見る人もなくてもなお。

準備って大事だし、覚悟って時にムッとするし、ゴールって曖昧だし、
永遠だと思ってたことを訂正せねばならぬことが起きるし、
知らぬ間に取り残されて世の中は仕事をするし。

人は心持ち次第とよく言う。言葉は言霊ともよく言う。願いは叶うと言い聞かす。

でも本当に大事なのは自分が納得した言葉を翻訳して相手に伝えることではなくて、
相手がそれを言葉にするように、ずっと話を聞き続けることだと思う。

一瞬、ここぞとばかりに言葉を繰り出し、自分にスポットライトを当てたがる人がいる。
人間ラッパと称してずっと音を鳴らしている人もいる。
つまり、愚痴の話と仮定してくれて構いません。

人を応援するとき、人を励ましたいとき、あなたは何をしてますか?

私は相手が疲れたときだけ話し、あとは黙って聞くようにしてます。
相手とは雰囲気であり、目の前の課題であり、それこそ人間です。

悟らせるのは大事です。
そうです。自分の言葉を自分に聞かせるように、相手に話させるのです。
よくいうけど、自分のことは自分が良く知っています。
でも自分のことを大事な人に話すから、他人がよく知っていると誤解するのです。
自分のことは自分がよく知っている、とはなんでしょう?

急に胸が苦しくなっても、私はこれが恋なのか?と斜に構えるしかありません。
いやいや、どうして病名など言えるでしょうか。
ははは、症状すら言葉にするのが難しく、とりあえず痛いとしか言えませんし、
そんなんで傷は癒えません。イエスメン。

自分のこととは突然ですが、やっぱり自分が一番今考えてることのことだと思います。
相談したい!!って気持ちだから相談するんです。聞き役に的確に演じさせるように、黙らせるような勢いで。
自分を知りたいから、自分の話をするんでしょう?
だとしたら、悩み事なんて内容より誰に話すかのほうが重要になりますよね。

そんなこんなで、私はなんでこんなことを書いてるんでしょうか?
勿論、こんなことがこんなことになるなんて思ってなかった私が、最終的にこんなことにしようとして書いたんだと思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しょこたん

2008-01-07 04:17:32 | Weblog
そろそろ書かなくてはと思ってい
ることがある。
その告知をして飢餓感を煽りたい。

私は血のつながりに対して徹底的に反対の立場を取る。
例えば、酔っ払いと同じ発想と言っても良い。
血がつながっているから、何をしても良いのか?
血がつながっているから、何があっても許せるのか?
何があっても、信じきれるのか?

例えば肉親と呼べる者は二人しかいないという。
私もそう思うし、それ以外の解釈は話題作りに等しく、それでは何も変わらない。
肉親が人生において変わらない、というのが魅力であって、あらま、病院で取り違えてたなどは、あくまで個々人の失念なり、残念なり、そのような類であり、やはり、
肉親は変わらないからこそ生まれる、物語だったりするのだ。

ただし、家族は変わる。紙によっても、時間によっても、それこそ生きていれば、減るし、増えるし。残るのは希望だけだ、続け!とか変われ!とか。


とまあ、以上はそんなにこれからに関係はないように見える伏線であった。

私は高らかに宣言したい。
なぜ人を殺してはいけないのか。なぜ体を売ってはいけないのか。
たとえそれがどんだけ自分にとって大事なものを助ける術であり、自分のプライドであったとしも、なぜ、どーしても駄目なのか。

相手の家族が・・・とか、自分の家族が・・・、とか、つまりは悲しむからとか、
そういった結論ではこんな文章読んでどうする。

どーしても駄目な理由。それはこんな言葉で解釈できる。

「事実」

つまり夢でもなく、物語でもなく、登場人物でもなく、ただの当事者として、現実にそれが起こるから駄目なのである。

問答無用である。事実は駄目!!それで十分である。
本当に考えることなど出来ない。それはその時点で主人公を決定する物語であって、
事実とはならないから。もし、何か事実にしてやろうと思って、その機会を伺ったり、そうしちゃいたい願望に襲われたり、突然そんな願望が沸く瞬間に、

出来れば!

でもって、解決して欲しい。

出来れば!でおいて欲しい。

あれ、そういえば事実ってなんだろう?と話は立ち止まる。
誰かが見れば事実か?自分で直視しても、他人がゆがめても、あれ?
どうすれば事実が事実として、自分や周り、世間、社会、世界平和を、


事実として


認定することが出来るのだろう?

それはひとえに子(ねずみじゃないぜ)、それは未来からの視線。
例えば自分の子供によってのみ、それは可能なのではないか?

いやそれだけでもない。


事実を事実にする可能性。

これこそが問われた気がする。

とっくに山場は過ぎ去った気がする。

事実を事実にしたいから、人はニュースを求める。

でも、さっきの話でないけど。グダグダ理由とかなきゃ、人を悟らせられないなんて悲しくないかなあ。

人を殺したり、体をいやらしくつかったり、そんなことをだね、

私が普通に、同じ時代を、あなた方と同じく21世紀を生きる人間として、一応話が通じる人限定として逃げてしまいたいが、堂々と立って喉を震わすのだが、私が普通に、ああ駄目と即答出来る、感情裁判だって負けなし。時に殺人も止む無しいかぬまでも、殺したい気持ちはわかる、人間の心として、ああ駄目と即答出来ることを、
どうして事実にしなきゃと涙や血や汗やわからないもんを垂れ流す!?

ま、とりあえず、無駄なコミチが多いので退散する。
が!これを読んでも誰も泣き止まない気がする。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

NEWS!ジャニーズを思う。

2008-01-06 03:16:32 | Weblog
ブログで一番使われる言葉を私なりに考えてみました。
答えは応えとして簡単にひらめきました。
多分、当たってるでしょうからお伝えしますね。

「最近」

でしょうね。

そこで私なり、あ、昔はどもmap-kozouです、と名乗りましたっけ。
ま、いいか。私なりに考えを書きながら進めてみますと、次のようなことがわかりました。
人は簡潔にまとめたい、と。

今年たぶん密かに流行るのは、最近最近・・・、な~んて言葉かもしれませんね。
でもこれは近いことを語るのではなく、やはり過去を含んだ、それもどこまでも作者と読者の共犯になるわけなのでしょうね。つまり、最近とは最も近くであると同時に、それは投げかけられた『)』であり、先の『(』はまだ見つからず、しかもそれが書かれることはないのです。

昔々・・・、と始まる物語。これは決して遠い昔を話しているのではないのですよね。だってそれを決めるのはその後に繰り広げられる人それぞれの構築物ですもの。
だから、昔々、っていうのは接続詞でも、枕詞でも、感嘆符でも、とりあえずの始まりの合図でもなくて、「()」なのです。何を伝えたいかって言っちゃうと、昔々は名詞なのです。

考えても思ってください。

昔々あるところに・・・。

昔々ってえのがどうやらあったようなのです。

と、まあそんなことを考えてみてます。
ということを書きたかった訳であった訳でもなく、それでもこれがブログの一つのタイトルとして位置づけられるのであるならば、それは昔々のことであり、最近最近のことでは決してないのだろうなあ、と思う最近なのです。

そういえばこんなことを書き始めるのも恐縮なのですが、なんで人はニュースを求めるのでしょうね。それともニュースが手招いているのですかね?
ニュースも人の子といったところでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一年、一念。

2008-01-05 02:36:01 | Weblog
なんかしらんけど、ブログは女性名詞になるんでしょうか?
ブログの女王はことし群雄割拠らしいです。

思うにブログを何かしらの手段として(例えば、宣伝だったり、キャラチェンジだったり)ブランド化しようとする、ある種の扇動がいよいよ今年になって完結しそうで、
つまり、ブログをきっかけにオフィシャル、プライベート、本プライベートという括りが確立しそうですね。結局、マスコミを信じられないとかヤンヤヤンヤしてた矛先が、ブログという場をひとまず宙吊りにすることで、またもイメージ化の武器として使う舞台装置として市民権を得たようです。
結局ブログなんて誰が見るかわからんとかいいつつ、誰も見てないといいつつ、何か社会と出会いたいと、世間で発言したふりをするのを楽しむしかないわけで、例えば炎上という現象がある種の国民的(趣味)判断の総意として機能してしまうように、これをトイレの落書きにしてはならん、個々人の心の叫びだと、飛び級的社会的地位の確保だと、シュプレヒコールをあげられる始末なわけですね。

思うに手段において勝てば官軍は存在しないと思います。
手段も含めて勝てば官軍は存在すると思いますが。

目に見える反応、手短な反応にテンションと認知度を上げるのは結構なことですが、
大阪の芸人は2回売れなければならない、大阪と東京で、と松本人志こと松ちゃんが書いていたように、なんでブログでまた大阪をつくらないけないのか?と。
いや、じゃあTVやら新聞やらが東京かと。じゃあ、一緒に飲んだ食ったコンパしたは福岡かと?いやいや、そうではないでしょう。

そこに階段もなければ電車も走ってません。

だからって、全部一緒だとも思えません。

つまり、私はいよいよブログを定義しなければならないようですね。
堂々と勝負しましょう。

ブログはニュースという括りなんです。
決して日記ではありません。

だからこそセンスが問われてしまうわけですね。
しかしブログには新鮮さこそが大事なので、もしかしたら食べ物なのかもしれませんね。でもこれも検索でひっかかってもあるのであまりそうでもないかもしれませんね。

ニュースという定義が一番しっくりくる気がします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

意気消沈の助!

2007-05-13 01:01:22 | Weblog
ども、map-kozouです。
世の中の「世」が何を意味しているのか?
余といえば何様の私なのでしょうか?
代といえばお上なのでしょうか?
予といえば、運命はかくもこうして偶然を期待させるのでしょうか?

友人というかライバルというか、本命が上映会をします。
「状況報告’07」という演目です。
入場料無料が凄いのではなく、なんとマスのコミーが騒ぐ、
「大日本人」と「監督、ばんざい」の初日6月2日を
上映会の初日に設定したという点が凄いなあと私は思うのです。

いったい何を考えてるんでしょうか?

多分、あんまり凄くないでしょう。たかが日付です。
覚えやすい、といった類でしょう。

でも、しっかり状況報告がされることを期待してます。
とりあえず、状況報告の真の意味は、
今までの彼らを知っている世間が確認するものではなく、
社会をここ(個々だったり山や岡からだったり、ダイヤモンドだったり。)
から確認するってことです。

つまり、これに参加したら、どうしても彼らの今後の活動全般を
ここからの振り幅や飛距離、そんなものあたりで比較検討する
運びとなるでしょう。
これを自己神話化とか作家主義、ある人生と早合点してはなりません。

そんなことを露しらない上映会のはずですから。

かつて松本人志ことまっちゃんがある企画でこんなことを云いました。
「問題だけ取りに来て、回答を送らなかった人達、これは、すかし、
ってことで、60点差し上げます。」
覚えている限りなので、すかしだったか、出オチだったか忘れましたが
このようなことをね。

是非みなさん、この上映会を検索してみてください。
私に出来るのはご案内だけです。センスの良いね。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

まずは引越しが肝心要のがんじがらめ。

2007-01-09 17:53:48 | Weblog
また見つかった、何が?

ランボーな毎年である。世の中はすでに探すという世紀に突入したようである。
例えばシステムという名のデータベースを、図書館という壮大な背表紙を、
めくるめく察しをつけて、まったく凄まじき退屈である。

新たな価値観の導入のためにと、どっからの啓示が欲しいと、オーラかに頼ってみたり、
新しい風景の発見といつもと違う道を通ったり、髪型を変えちゃったり、まるで中学生が去勢された中競う、制服コンテストのように、他人ヨガリの接触を試みてる。

この人生、つまり退屈。そう誰かが言った。

人は退屈なのだ。何をしても、何をしなくても。
性善説、性悪説、はっきり言ってしょうもない。
もっと根本に性凹説があるんだわ。
だから反対に性凸説もあるんだが。

性凹説ってのは、簡単。人間は生まれたからには死なないといけない。
死ぬまでは生きないといけない。それが不慮であっても、その瞬間とちょっと先まではなんとか自分を保って生と死を実感せねばならない。

だから生きることにそれほどの意味はない。それにまつわる余のことで、損得だけが
意味を持ちやがる。

セレブだろうが、ホームレスだろうが、例えば時間のあるなし、金のあるなし、友の良し悪しあれど、全員が退屈してて、だから反動で意味を探したがる。

思う。人は早く人生を終えたい。この意味探しの螺旋、充実感の螺旋、あらゆる猥雑さから解放されたいと。望むべきはこの退屈な一瞬をなくしたいのだ。
だから、退屈さを感じないように、必死になる。
退屈して出来たお金で退屈な時間を潰す。退屈とは労働なのか?
労働自体で退屈な時間を潰す人も多い。とりあえず、拘束は退屈であれ、時が過ぎることを実感せずにいられないのだから。
時が過ぎて欲しい、時間が過ぎて欲しい。
それも早く。

パーッとお金を遣っても一向に時間が減らなかったら人は怒るだろう。
いまやスローライフなどと、退屈を楽しめなんてことを考える人も一方にはいるが、
退屈を楽しんでいるうちは真のスローライフにはならない。

経済とはつまり如何に退屈を売買するかなのだ。
時間とはつまり如何に経済を売買するかなのだ。
人生とはつまり如何に早くBYE-BYEするかなの。
人のことなど興味なく、自分の体感としての時間を、この退屈な、どうすれば速度を持って過ごすことが出来るのかの~。

勿論、こんなのに納得したら、今日の意味は終わったし、明日の意味を探すべし。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

成人式におもお。

2007-01-08 21:38:46 | Weblog
成人式なんぞ「祭り」にしたら良い。

いやあ、どこもかしこも夕張の成人式を、さも!アメリカンドリームように、はん!と報道するんだけども、きんぽー!どうなんでしょね?

これに味をしめた成人達(20歳以上の皆々さん)がちゃっかり的に来年を任せ始めたら大変だぞ。

夕張の事情とその他の都市、町、村の事情は違うんだし、だいたい田舎と都会の成人式の、成人達のモチベーションだって全然違う。

結局、沖縄の成人式だって、衣装代や車の改造代を放送局が出してやってんだろうし、そもそも機動隊が歓迎してくれるんならと人肌脱いじゃうのが若者なりの人情でしょ?

なんで僕達の(←ちゃっかり参加しちゃって)ありあまる元気の根本をしらないんだろ?ったく、失礼しちゃうわ。バカ騒ぎがしたいんだよ~。みんなで一緒に~。

ま、そこらへんは知らなくても宜しい!でも成人式本来の意義と活用法くらいは、新成人達よりわかるべきだと思うのだが、どうだろうか?

祝ってやる!とりあえず成人式の根本はそこらへんにあるんだろう。だとしたら何でそこに余裕がない?プランターを蹴ったくらいで目くじら立てて逮捕させちゃ、もうたまらんわ。置くなよ。てか飛んだ先に来賓者がいたんでしょ??おかしいなあ、なんで特等席が君たちなの??見世物にしてんのはお前らやんか~。
「今年の若者は威勢がいいわい!」くらいでいいんじゃないの。
でもまあTPOを考えりゃそんな流暢なことも言ってられない。
ベクトルが既に厳か~に向かってるんだからさ。

だから冒頭の通り、祭りを検討しなされ。非日常を一気に演出させなされ。
で、神社でお神酒をのませんしゃい。寺の鐘で祝砲しんしゃい。
新成人達は元気だから、祭りくらい成立させますよ。
町内会もサポートしなさい。そして去年のOB達もいい意味で大目に見なさい。
祭りくらいしか、このありあまる元気のはけ口はないと思います。

勿論、祭りを始める前に町長とかの出番もあります。
だって、爆発が重要なんだから、途中に「静」もおかないとさ。
「わー!いいぞ町長!」「町長超いい感じ♪」とかで、町長も気持ちよくなったりして。

そんで祭りで疲れたところに、石原軍団ばりに町内会が炊き出ししたりすれば、いいじゃん。

地元に帰る、これは移動的な問題もそうだけど、精神的な意味でも重要だと思うよ。

沖縄の去勢された盛り上がりを見ると、もうすでに祭りをしたいんじゃー的なオーラを感じる。

この日だけはかしこまった人間が不愉快に感じる、そんな日であっていいと思う。
そもそも、疲れた顔でしめやかに成人式が行われるほうがよっぽど不健康。
もっと爆発させる舞台を、そして大人達もパワーが出せて、世間全体祝賀モードに
出来る状態を、考えるべきなんじゃあないかな?

おらが成人式が一番じゃ!を盛り上がりで決めたいなら、祭りだわね。

恥祭りで終わらせるんだよ、イメージ化された成人式を。そして、それを恒例企画で済ませてきた世の中に、世間がオトシマエをつけんべよ。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加