るがすぴのエオルゼア日記

FF14新生エオルゼア上で体験した出来事を書きしたためるブログです。

パッチ2.4・・・の前に、至強への道。

2014-10-27 | プレイ日記

世間ではパッチ2.4の輪郭が見え始め、初の拡張ディスクである「蒼天のイシュガルド」の発表があったりと話題の絶えないエオルゼア界隈。

そんな中、パッチ2.1に実装された初の蛮族クエスト2篇(アマルジャ&シルフ)をどうにか最終話まで進めてきました。

 

今回はアマルジャ族クエの最終話「至強への道」を振り返ってみたいと思います。

例によってネタばれ満載&画像多めなのでその点はご留意を。

(つか本当はまとめてやるつもりだったけどSSうp数多すぎだゴルァと画像管理フォルダフォームに怒られてしまったんでw)

 

 

 

どうやらルーン嬢が一人で仇討ちに行った模様。

ヤドヴさんは酷くうろたえているけれど、長のハムジさんはというと・・・

 

 

しれっとギャグをかますハムジさん。

当然の如く、仇討ちに加勢するのは・・・

 

 

否定的なご様子。

自分のことは自分でやれって人(?)ですからね。

 

 

・・・文語的な台詞を基本的に吐くアマルジャ族ですが、流石にこんな場面では気の抜けた台詞を吐いたりします。

凄く違和感がありますがw

 

 

いてもたっていられないヤドヴさんはルーン嬢を追うよう命じます。

 

 

ルーン嬢はザハラクの川影にいました。早速ツンデレモードですw

ここで彼女から依頼が。

 

 

その檻に入っている人物を救出したいようだ。どうやら面識があるっぽい。

鍵を無事入手して檻の鍵を開けてみると・・・

 

 

中にいたのはルーン嬢と同じ色の体毛を持つミコッテ女性。

 

 

警戒し、怯えているようだ。

 

 

「愛しいルーンちゃん」?

 

 

どうやら新しく身ごもった子にも同じ名前を与えたようだ。

 

 

焼き清められたせいかどうかは不明だが、娘より若々しいような・・・w

 

 

完全に逝ってますねこれ。

 

 

やはりこの女性は彼女の母親だった。

しかし、当の母には・・・

 

 

以前産んだ実の娘の記憶が無いようだ・・・

 

 

幸せとは程遠い再会・・・

 

 

その様子をチラ見していたザゴズ・テーさん。

 

 

会うなりヘイト全開のルーン嬢。

 

 

 

 

しかしこの場ではやりあわず。

 

 

なんか暗くなったのはリアルタイムで撮り損ねたからなんで気にしないようにw

ルーン嬢がザゴズを追っている間に聖火台を破壊することに。

 

 

無事破壊したその時、ザハラク戦陣の高台では・・・

 

 

ルーン・ガーvsザゴズ・テー決闘が始まった!

 

 

 

を圧し抜く一条の矢

 

 

目前で起こった事に驚きのあまり間抜けな声を上げるザゴズ。

 

 

聖火台ぶっ壊した意味ってのはここだったのね。

 

 

飛べない豚はただの豚だ。

 

 

ここに来て命乞いをするとか・・・

 

 

飛ばない豚はただの豚だ。

・・・意外だけど、これが正しい表記。つい最近まで間違って覚えてたりw

 

 

止めを刺すことも汚らわしいと思って引いた弓を下ろしたルーン。しかし・・・

 

 

ザゴズは不意打ちを狙っていた!

次のその瞬間・・・!

 

 

空を裂く一振りのダガー!

 

 

脳天直撃!!ベガサターン!!!(違)

 

 

無様に突っ伏すザゴズ。

 

 

そこには、ハムジ・ガーの姿が。

 

 

感激するルーン。

 

 

彼の一撃は、ザゴズの目に余る醜態と・・・

 

 

灰の党の首領の責、そして・・・

 

 

何より義父としての愛情が駆り立てた一撃だろう。

こんなことを言っているハムジさんだが、「かけがえの無い大切なものを護りたい想い」を持っている貴方こそが本当の強さを持った兵だと思う。

 

 

仮面の奥で泣くルーン。

 

 

やっと心に安堵を得たのかもしれない。

 

灰の党の本拠地に戻り・・・

 

 

ハムジさんからお褒めのお言葉を戴きました。

某アルゴル君が聞いていたら凄く喜びそうな瞬間ですなw

 

ルーンも帰ってきて・・・

 

 

母親は忘れたオアシスで保護してもらった模様。

後で見に行ったら何故か姿見なかったけど・・・w

 

 

当面はウ一族の監視下なんだろうな・・・

 

 

な、なんでしょ?

 

 

なんか、今思えば適当に思いついた前置きだよね・・・

そして・・・

 

 

こぉの・・・

 

 

ツンデレめぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!

凄く可愛い素敵な笑顔と素顔を見せてくれました!!!!!

 

 

じわじわ恥ずかしさがこみあげてるw

 

 

膨れっ面も可愛いよw

でも大真面目に割と美人さんだと思うよ?ルーンちゃんw

 

 

後日・・・

 

 

ウルダハには一度も行ったことが無かった模様。

 

 

何処の乳牛・アルマだよw

 

 

それにしても、ふっちことシルフ族のと平行して進めていたので思ったより時間が掛かったなと・・・

ランク3からが結構ポイント貯めるのが大変だった気も。

 

ふっち最終話はどうまとめようかちょっと考えてるのでしばしお待ちを。

 

 

それと重要なお知らせ。

課金期間調整の為、11/1〜11/10迄エオルゼアログイン&ロドストの書き込みを休止します。

御用の方は本ブログのコメ欄にお願いします。

コメント