いわて助産師による復興支援「まんまる」

いわての助産師有志による復興支援「まんまる」は県内各地でのサロン事業を軸としながら、緩やかに活動しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホームページできました。

2015年03月05日 14時22分58秒 | まんまるサロン

 

こんにちは。

ずっとブログを放置してすみませんでした。

いわて助産師による復興支援まんまるのホームページが出来ました。

http://manmaru.org/

 

活動の様子は、こちらにも乗っています。

https://www.facebook.com/manmaru.iwate

 

どうぞ今後とも、まんまるをよろしくお願いいたします。

 

代表佐藤美代子

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年よろしくお願いします

2015年01月04日 22時27分36秒 | まんまるサロン
新年、明けましておめでとうございます。

東日本大震災から3年9ヶ月たち、また新しい年が始まりました。
2014年、「まんまる」はreadyfor?の車両寄付から始まりました。震災後、多くの団体より資金援助を受けていたのが、3年をきっかけにどんどん現地主体になってきました。

「本当にまんまるはやる気のある団体なのか?」と突き詰められたような一年だったと振り返ります。...

readyfor?では、多くの皆様にご支援いただき、目標を大きく上回るご寄付をいただき、念願だった「まんまるカー」を購入することが出来ました。この場を借りて、改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

2014年はまず、日頃のサロンを定期的に行うことを第一目標にし、目標通りのサロンを行うことが出来ました。
またママの身体作りのためのヨガ教室と、マドレボニータの講座開催。
産後ケアに向けての「矢島助産院の講演会」。
ママの自立支援事業としての、カラーセラピー講座開催。
広報と啓蒙のために、育フェスへの参加、日本母性衛生学会への演題発表。

沢山のチャレンジをしてきました。またそれに伴い、新しいスタッフが増え、心強く活動でき、仲間に支えられている事を強く感じる事が出来ました。
県内外の皆様にも、本当にお世話になりました。

2015年
子供の笑顔を守る為には、ママの笑顔を大事にしたい、
そんな思いで、スタッフ一同頑張りたいです。

出会えたママ達、これから出会うママ達、皆の側に助産師がいます。今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カラーセラピー講座始まりました。全3回、行います。

2014年12月15日 13時44分40秒 | まんまるサロン

ママからママへ伝えるカラーセラピー講座

12月9日遠野で1回目の講座を行いました。

子育てに追われる忙しいママの毎日。新しい事、ためになることを学ぶ時間を作るのも難しいママのために、子連れでも参加できる講座を企画しました。

講師は2児のママであり、カラーセラピストの越田さんです。

当日は7名の参加がありました。

色の意味や、自分の色って何だろうと、お話を聞きながら、

実際にセッションを受けてみたーいという声を受けて、

特例ながら、何名かセッションをしてもらいました。

 

ぴぴっと(古い?)きたカラーを選びます。

その色の組み合わせで、先生が色々とお話してくれますが、

何とも、びっくり。

「色が教えてくれる」という言葉のとおりで、

占いでもないのに、言い当てられている感がたっぷり!

楽しく不思議な時間でした。

講師の先生は、子育て中に自分で取った資格という事で、

皆さんそれにも興味津々でした。

一緒に来た子供たちは、いい子でお遊び。

 

1月13日火曜日10:30〜12:30

北上市さくらホール 多目的室

 

2月10日火曜日10:30〜12:30

花巻市まなび学園 第1和室

 

皆さんの参加お待ちしています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島県産後ケア視察研修

2014年11月30日 22時17分53秒 | まんまるサロン

 

11月10日11日、福島県にある産後ケア視察を研修に行って参りました。

「いわて助産師による復興支援まんまる」では、復興支援で終わらない継続したケアを

目指しており、そこで今目指しているのが「産後ケア施設」です。

同じ東北で、助産師がメインで開設しており、分娩を扱っていない、

という3点に注目し、ジェスペールの活動でお会いしたことのある、

いわき市の「こみゅーん助産院」http://cw-jyosanshi.com/

会津若松の「会津助産師の家 おひさま」http://fukushima-midwife.org/ohisama/

の2件にお邪魔してきました。

 

1日目は岩手から4時間かけて福島県いわき市へ

いわき駅からほど近い、幹線道路沿いにこみゅーん助産院がありました。

新しい建物で、キレイな外観。

1階は玄関。

2階に広いホールと、ケア用、入院用のお部屋がありました。

 温かい雰囲気で、来た赤ちゃんとママを優しく迎えてくれるであろうお部屋たち。

その後、3階の事務所へ移動し、こみゅーん助産院の成り立ちや経営など

かなり突っ込んだ内容で、色々とお話を伺わせて頂きました。

草野院長はひとつひとつ詳しくお話してくださり、また岩手でも実行できそうなことを

提案してくださったりして、あっという間の2時間。

沢山のお茶菓子まで「車で食べてね」とお持たせしてくださいました。

本当にありがとうございました。

 

そして、2日目は猪苗代湖にほど近い

「会津助産師の家 おひさま」へお邪魔しました。

改装中の外観。ピンクの壁にしているそうです。

子宮の色のピンクは、産婦人科でも多用されていますよね。

前日のこみゅーん助産院とは、また雰囲気が変わって、おうち!

二瓶助産師に、まずまずと、こたつの部屋に通され、何と居心地の良い事。

正に実家に帰ってきた感じです。

震災後に、立ち上がった「おひさま」の成り立ち。聞いていて、何だか

涙が出そうだったり、そうそうとうなづいたり、二瓶助産師の熱い心を聞いて

じ〜んとしました。

お部屋も案内してもらいました。

足を温めるグッズ。やはり、温めは大事ですね。

こちらもあっという間の2時間。

ありがとうございました。

 

再会を約束し、岩手へ帰ってきた「まんまるメンバー」でした。

 

岩手ではまだ無い「産後ケア施設」

震災後、岩手をあちこち走る中で、産婦人科が足りなくて、遠くへ生みに行く女性たちの苦労を

目の当たりにしながら、サロンに通っています。

さらに助産師がいない市町村の多い事。

市町村によっては保健師による「母親学級」「父親学級」も無いのです。

「里帰りだから、帰るまではお産を扱っていない病院で健診を受けているけど、体重のことなどは誰にも聞けない」

と「まんまるサロン」に参加された初産の妊婦さん。

赤ちゃんを産んで、病院までは遠いから「30分だけでも」と

生後3週間の赤ちゃんの体重を計りにサロンに来たママさん。

岩手がどんなに広くても、産前産後のケアが、地元で受けられたら、

ママ達の不安はどんなに少なくなるだろうと、思っています。

 

まんまるは「助産師」と「ママ」が地元で気軽に会える場所作りをしたいと考えています。

その目標の一つに「産後ケア施設」を目指して、活動しています。

 

今回の2か所の視察は本当に勉強になりました。

ありがとうございました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釜石マドレボニータ

2014年11月18日 22時12分40秒 | まんまるサロン
11月16日釜石で、「産後ボディケア講座。マドレボニータ体験」を開催しました。

まんまるでは「産後ケア」という視点で、今年度色々な講座・研修を行っています。今回は、まんまる初の「NPOマドレボニータ」の講座開催。先生は吉田紫磨子先生。

当日は9名のママさんが参加。マドレ式の軽快な自己紹介からスタート。バランスボールに乗りながら、「あはは」と声をあげて笑うように、プログラムされている?というくらいの、しまこ先生が絶妙に盛り上げてくれます。時々、漏れてくるのは「無理無理〜」「...ぐはぁ」というオヤジ臭い呻き声(笑)最後の腹筋は、とにかく気力でした。
3部構成の真ん中は、頭と口を動かす時間。隣になった人と、ワークをしてお話ししました。

産後ケアと言っても、エクササイズをしながらというのは、まんまる初。産後の養生を口すっぱくして、いつも話していますが、確かにその後の身体のリハビリというのは、良い視点で良くプログラムされています。気持ちも明るくなるし、体も楽になりました。

震災後から、釜石にいらしていたマドレボニータさん。来年も是非開催したいと強く思いました。

 

ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加