犬の遺言

2017-02-23 19:54:09 | ★ 犬・猫・生き物
先日FBのお友達がシェアーしていたペットフィルムです。

気持ちはよ~くわかるし涙が止まらない!!でも私はまだ次を飼う気持ちにとてもなれないんです。

空との散歩のおかげで知った四季を感じさせる草木や自然(空、雲、月、太陽、水鳥)を観察しながら

毎日、散歩を(1日10000歩は歩くように)楽しんでいます。

今朝はいつもの帰り道とは違う道へ何故かむかったら、よく空の気持ちがわかっていらした方が私を待っていました。

困ったときにいつも空が私をつれてきていたのに、空がいないから今日は無理だなと飽きられめていたのに会えて嬉しいと言われ

20分ほど程お話ししていました。私は思わず、空だなとおもいました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

里の宿

2017-02-22 06:18:19 | セルフケアー
頑張ってくれた自分の体を労って、里の宿へ行ってまいりました。



国内ドライブは5年ぶりかな?

朝は晴れていたのに、着いた頃には雨風嵐のあと





でも里のお宿は雰囲気があってほっと安らぎました。



懐かしいものづくめ

一度やってみたかった体験陶芸





ゆっくりお風呂に入って



ご馳走をいただき







早朝こっそり



日頃食べない朝食も山盛りいただき



動物と触れ合い





やっぱりこれが一番親近感がありました。 昔から口元が似ていると言われていて



  ラマ(リャマ)とアルパカの違いってどうなんだろう? 両方可愛いに違いないけど。。。。



頑張った心身に自分でご褒美、、、、自分を労われるのは自分自身でしかありません。

体が持ち主に大切にされている事、認められている事が伝わり喜んでくれているのがわかりました。

こんな時間も大切ですね?

気力で頑張れちゃう人は特にですが、体を酷使していることを忘れがちですものね。













コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ALOHA メンタルライフ心相鑑定 ≪マウイ島ラハイナにて≫

2017-02-15 10:57:59 | ご報告とご案内

Aloha メンタルライフ -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生命力に祈りを込めて

2017-02-14 11:09:31 | ★ 犬・猫・生き物
一昨年の秋に頂いた植木鉢。

昨年も花が咲き、ずっと落ちずに夏まで持ちました。

夏休みが過ぎたころからだんだん弱ってきてもうだめかな?

と思いつつサボテンも枯らしそうな私ですが珍しく

あきらめきれずに引っ越しの際自宅へ連れて帰りました。

変化なしの状態が続きましたが年を越えたころからなんとなく芽吹く様子がみられ

生きていてくれたぁ大切に大切に想いを込めていたのです。



そこに事件発生、遊びに来ていた孫がつまずいてひっくり返した際に

茎が折れてしまいました。≪セロハンテープで止めました。≫

もう死んじゃうかなと思っていたところなんと膨らんできたのです。



今朝の写真です。このまま咲いてくれるといいなあ。



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

春はすぐそこです。

2017-02-14 10:46:40 | セルフケアー
持病で長い間悩んでいらっしゃる方からお電話をいただきました。

『長い事痛み止めを飲んでいて、悪いとわかっていながら痛みに負けて飲み続けている。

全然よくならないのに何度検査をしてもどこも悪くないと言われ、

こんなに辛い日々を過ごすならこんな体、早く病気になって死んだら楽なんじゃないかと思う』とおっしゃるのです。
 
お話を伺っていると、ご自身と体が断裂しているようで

「痛いのは体も一緒です。痛いけど頑張ってくれている体にありがとう!!一緒に頑張ろうねと声をかけながら、

この痛み止めのお薬を飲めば楽になるからと考え方を変えたらいかがですか科?」と失礼ながら言わせていただきました。

痛み止めが体に悪いから飲んじゃいけないと思いつつ痛いから飲むんじゃ、

かわいそうに薬も効きようがないんじゃないかと、、、思うのです。

藁をもすがるお気持ちはわかりますが発想の切り替えやよくなるイマジネーションはとっても大事だと思います。

ちょっとそんな風に今あるもので気持ちを切り替えてお過ごしください。

健康体の方だって、この寒さは堪えいます足の先や手の先が冷え切っていらっしゃる方も多いと思います。

軽くて足を動かしたりして家事や仕事をしながらでもできることをしながら、ケアーしていきましょう。」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大寒桜が咲きました。

2017-02-13 15:15:55 | nature
明日のバレンタインディーに合わせて

車が派手にデコレイトされています。



大きなアメリカンな車です。

それにしても毎日お寒いですねぇ。

でも今朝の散歩で大寒桜が咲いているのを確認。





春の足音が小さく聞こえてくるようです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キヌアサラダetc

2017-02-12 09:30:39 | ヘルシー

調子を整えたい時マナティ流

朝食 : フルーツヨーグルトナッツ和え




昼食はコーヒーとサツマイモのホイル焼き


夕食 : キヌアサラダ



  
作り方はいたって簡単

キヌア : 1カップ に対して 水 : 2カップ をお好きな出しを入れて水気がなくなるまで煮ます。
  
  だし* コンソメ、コンブ、カツオ、トリダシ、等

煮ている間に紫玉ねぎ、玉ねぎ、トマト、セロリ、キュウリ、を食べやすい大きさに切っております。

冷めたらそれらの具を入れて、味付けはレモン汁、オイル、塩、こしょう、ガーリックソルト、醤油等好きなお味でどうぞ。

よくかき混ぜてお召し上がりください。

注意点 * とても繊維も多いし雑穀米程ではありませんが栄養素も豊富、食べすぎるとおなかが張ります。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

私流絆の深め方➡ご縁もタイムリー

2017-02-09 10:42:13 | 心相鑑定 ALOHAメンタルライフ
いつも変わらず応援してくれる友人たちと久しぶりに一日ゆっくり過ごしました。

仲良くしていただいている友人巡りをしたんです。笑

大変充実した楽しい一日でした。

何年ぶりだろうこのメンツでのおしゃべりは。≪いつも誰かが欠けるから≫



先月から始めた孫への手作りかるたが完成したので届けながらの翌朝

互いの時間が合わずなかなか会えないので、ご無理言って私に合わせて頂き9:30待ち合わせ

こちらでCoffeでおしゃべり。

その後別の友人(私のキーパーソン)と11:00に待ち合わせ。11:30から年一度お会いしている

人生の先輩も加わり3名で日が暮れる頃まで有意義な時間を過ごさせていただきました。

年齢はまちまちですが同世代、、、、気の置けない何でも話せる皆さんは並々ならぬ

ご苦労をされていらっしゃいます。でもその影が全く見えない、明るくいつも前進あるのみ

パワフルで私よりずっとフットワークが軽い方々です。笑

いつも刺激されます。人間刺激をされないとだめですね。

ぬるま湯につかっていると進歩ないのかもしれません。

それぞれの個性が光る生き方をされていらっしゃいます。

(輝いていられるのは感謝の気持ちが常にあるからかもしれません。)

私も自分が一番楽にいられるスタンスをやっと作れそう。

人生半ばを過ぎ後半へ向かっている3名の話

『他を気遣っていても思っても言わなきゃ伝わらない。

勇気出して言ったところで、もっと早くに言ってよねくらいで済むことが大半です。

伝えたいことがあっても言わないで済めば楽だけど

言わなかったことで後悔するならもうどう思われたってよい歳なんだから

自分が後悔しないように生きようよ。』

互いに好き勝手話していても各自がなにがしら得るものがある

そんな人間関係が面白くてたまらない。













コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冬場は繊維不足

2017-02-06 15:45:01 | セルフケアー
寒いとどうもサラダの量が減ります。

お野菜の煮物にしても、、ジュースにしても。。。繊維不足がち。

何よりお腹の中を温めたいから、

本日のランチはキャベツ、トマト、切り干し大根と昆布のお出し漬けと

昨夜のおでんの具を煮た出し汁に鏡餅を入れて三つ葉をのせてお雑煮。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デジタルアートで江戸に行く

2017-02-04 20:18:25 | ★ マナティの独り言
江戸の秘密展が日本橋茅場町で見られるとニュースで知り早速行ってきました。



デジタルアートで動くので浮世絵の中へワープしたような感覚が味わえ



とても面白く興味深かったです。















江戸の食文化の代表 寿司は今でいうファーストフードで屋台で立ち食い

新鮮な魚を荒波にもまれて命がけでとる漁師は、なるべく新鮮なものを届けるプロ根性(江戸の男性は男気がありますね。)



食べられていた魚たち





花魁はお客を下に見下ろすトップスター

一般的に女性達は結婚したらお歯黒、子供を産んだら眉をそる風習

高下駄を吐いているのは犬のフンを踏まないようのに

それはそれはこだわりのある一張羅委は高価なもの

かんざしとくしがアクセサリー、赤い紅を小さくさしおちょぼぐしがおしゃれ、

歌舞伎は最初は女性が男役をやっていたそうです。

いろっぽすぎるということで男性がやるようになったとか?

能が貴族なら大衆向けに歌舞伎、、、そしてなるべく庶民的に屋号を名乗るようになったそうな。

中村屋とか?ね?

まだまだいろいろと楽しいお話がいっぱいで、、、もう一度行ってみたいと思います。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加