LiveInPeace☆9+25

「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」

若狭湾に津波は何度も襲来していた――新たに確認された古文書「柴田一男文書」が示す

2011-06-17 | 原発

 

 若狭湾を津波が襲ったのは1586年の「天正大地震」だけではなく、1741年においても「享保津波」が被害を与えたという記録があることが明らかになりました。

 「天正地震」による津波については、ポルトガル人宣教師ルイス・フロイスがポルトガル語で書いた『日本史』と京都の吉田神社の神主である吉田兼見(かねみ)の『兼見卿記』の二つの文書によってそれぞれ独自に記録されており、信憑性が高いと判断できます。(6月4日ブログ記事参照)

 これに加えて、敦賀市の豪農柴田家に伝わる古文書「柴田一男文書」に、1741年の「寛保津波」についての記述が新たに確認されました。これは北海道の火山活動に伴うもので北海道の松前・江差における被害や、小浜、若狭浦々、輪島など各地の被災情報もつづられているということで、敦賀短大の外岡(とのおか)教授はこの文章の「信憑性は高い」と判断しました。

  寛保津波:270年前の記録 豪農古文書、敦賀で発見 海面上昇などつづる /福井
(毎日新聞 6月15日(水))

 関電自らがHPに津波で消えた村の存在を明らかにしています。この村への津波がいつのものかはっきりした年代は不明ですが、「戦国期から江戸後期の間の出来事」とみられています。

※くるみ浦 昔、大津波で滅んだ村(関西電力)

 このように戦国時代から今日までの間に少なくとも二度、若狭湾における津波の被害が記録されているのです。一つは427年前、もう一つは270年前です。私たちの時代に三度目がおこらない保証はどこにもありません。

 明日6月18日は地震学の石橋克彦さん(神戸大学名誉教授)の講演会があります。これにもぜひ参加しましょう。(鈴)

********************************
講演タイトル
 若狭湾原発震災を防ごう~関西広域連合を無人の曂野にしないために~

日時:6月18日(土)開場18:00 18:15~20:50
場所:エルおおさか 南館5階 南ホール(地下鉄谷町線・京橋「天満橋」駅から徒歩5分)
参加費:一般1000円・大学生以下300円
******************************** 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若狭の原発の下は活断層だら... | トップ | 【紹介】山下氏解任を求める... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。