WORKS LIFE

KZWORKS わーくす主の日常を徒然なるままに・・・
マグロ、GT、ヒラマサを獲る為に特化したハンドメイドルアー日記

またまたワイルドだぜぇ~。

2016年07月27日 | ユーザー様釣果報告

ユーザー様からまたまた釣果報告頂きました。


ワイルドファングをこよなく愛する小平様


またまた寄宮5号船中泊ツアーで結果を出してくださいました。


絶好調ですね。

タックルはリップルフィッシャー F-STICK GT 80 Reversal Nano


ステラSW 14000XG


KZ WORKS  WILD FANG  はぶでーびるパールホワイト

 

表面水温が高く、GTが水面までバイトすることが少なかったようですが


わずかに訪れた時合いをものにしての釣果だそうです。


すばらしいですね。


やっぱり投げ続けることが釣果に繋がります。


投げ続けるには信頼できるタックルと信頼できるルアーがあることが必要ですね。


そんなルアーに選んでいただけたことに感謝いたします。


小平様、ありがとうございました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

喰わない・・・

2016年07月24日 | 日記・エッセイ・コラム

昨日は久しぶりに相模湾キハダゲームをしてきました。


今回お世話になったのは


長井新宿港の孝漁丸さん。


船も綺麗でソナーもロッドホルダーも多数完備。



ミヨシ側の床も凸凹してないので釣りやすい船でした。

 

朝一、怪しい鳥を追尾して


イワシを魚が持ち上げた瞬間を狙って打つことが出来た。


4~5kgキメジナブラだったので


ちょっとライトなタックルでアトューラを打ち込むと


一発で食わせたがしばらくしてバレてしまった。


あちゃ~と思いながら回収してるとまた水中でひったくられる。


今度は先程の魚よりも大きいそうな走りで


ファーストランで10mくらい走り、すぐにセカンドランで


ラインを引き出していったと思ったら


なんとリーダーブレイク


ちょっとタックルがライト過ぎた・・・。


そんな感じで持ち上げては沈み持ち上げては沈みを繰り返すナブラ。


何個目かのナブラで友人がキメジを尾っぽにスレで上げる。


5~6kg位かな・・・


ルアーはたぶんダイワのシンキング・・・。

その後も結構打てるが、イワシを持ち上げる時間がほんの一瞬のものばかり。


捕食されてるカタクチは7~8cmくらい・・・。


フローティングプラグには見向きもしない。


もう一発、友人がコチュウバでいいサイズのキハダを掛けるが


こいつもあとちょっとのところで外れてしまった。おしい・・・。


そのうち、鳥もばらけてしまってしばらく相模湾クルーズ。


相模湾の西、初島が遠くに確認出来るくらいのところで


またまた怪しい鳥の集団を発見。


しばらく追尾するとものすごい洗濯機ナブラに発展。


今度は20kg前後かそれ以上のキハダとカツオの混成ナブラ。


遠くから打つために60gのブルーソードを投げ込むが


やはりベイトが7~8cmのカタクチなので全く食わない。


今度のナブラはしばらくガバガバするのが長続きするので


近距離でも打てる。


そこでプロトのブルーソード8cmを付けてナブラにフリーフォールで落とすと


ようやく当たった。


しかしそれ程でもない引きで上がった来たのは2kg位の本カツオ。


しかも尾びれにラインが絡まってのキャッチ・・・。


つまり、口を使っていない


もう一匹、同船の友人が2.5kg位のカツオを上げた。


こいつも尾びれにラインが絡まっての・・・(-_-;)。


全く口を使わない魚たち・・・。


もうこれでもかって位のナブラに何回も打つが


全くルアーに口を使わない。


そんな洗濯機ナブラも落ち着いてしまい、


今回は終了。


結果・・・


1バラシ、1カツオで撃沈でした。


かなり遠くまで来てしまったので


帰りは2時間のロングクルーズ。


湾マグ一回戦目は終わりました。


結局3匹船上に上げたがすべてスレという何とも消化不良な感じの釣行でした。


他船では大きいキハダも上がってるようなので


まぁ、タイミングなんでしょうね。


今週は雨模様で気温も低く、当日も朝は肌寒いくらいの陽気で


水温も低下してしまってました。


相模湾は東寄りよりも西側のほうが水温も25度くらいと


高めでした。


もう少し晴れが続いて水温が上昇すれば


活性もあがるでしょう。


まだまだ、これからだと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

でびる

2016年07月22日 | 日記・エッセイ・コラム

急きょ、相模湾に出撃が決まったので慌てて用意っす。

 

今回は飲まれ対策としてホワイトデビル#70を先糸に採用っす。

 

130lbナイロンリーダーの先に電車結びで結束。

 

メンタームぬりぬりしてゆっくり締めこむ・・・。

 

全然すべらん・・・(汗)

 

なんとかゆっくりと締めこんで完成?

 

なんかこころもとないっす。

 

大丈夫かな?

 

しっかし#70なんてよく見るとワイヤーだね・・・。

こりゃ、キバキバな奴らが来ても絶対平気だな。

 

ルアーも何とかプロトを完成させたのでテストしてきます。

 

鰭の長い奴掛かってこいやーーーーーっ!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試み

2016年07月20日 | 日記・エッセイ・コラム

昨年からプロトとして使ってきて

 

6月の沖縄釣行でガビガビになってしまったワイルドファング。

 

ウレタン被膜とアルミを剥がして

 

ちょっと試しにステンレステープで

 

はぶでーびる化をしてみた。

アルミテープはこの重さ・・・。

ステンレステープはこんな感じ・・・。

う~ん、やっぱり多少は重量がありますね・・・。

 

マスキング通りにカットして貼ってみると・・・

あかん・・・、やっぱり曲面に馴染まず浮きまくり


すこし形を修正して貼ってみたが・・・。

何とか貼れたが・・・

 

やっぱり無理があるみたいね。

 

厚みもあるので馴染みも悪いし。

 

なんたって切り口が凶器と化すので指先ギタギタになっても~た

こりゃ、量産には不向きですね・・・。

 

まぁ、これは自分で使うもんなんでこのまま進めてみます。

 

結構高かったんですが、お蔵入りかな?

 

もうちょい形を考えないとね~。

 

こんなトライ&エラーが

 

新しい技術の習得に繋がります。

 

まぁ、日々あ~でもない、こ~でもないと

 

試行錯誤してますよ。

 

授業料も掛かりますわ~~~

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Nanoっす。

2016年07月16日 | 日記・エッセイ・コラム

買っても~た・・・(-_-;)。

 

鬼退治のタックルを買うために貯めてた軍資金を使って・・・。

 

だってある時買わないと("^ω^)

 

買おうと思ってもその時に売ってるか分からんし・・・

 

Ripple Fisher Ultimo82MH Nano。

 

昨年買った80Reversal Nanoの使い心地がすこぶるいいので

 

元々、Ultimo82MH は持っていたけどNanoモデルを追加っす。

 

両方を曲げ比べて思ったこと・・・

 

曲げた状態からの復元力にトルク感が増した感じがしていいですね。

 

たぶん投げれば旧モデルよりも投げやすく且つ飛ぶイメージだと思います。

 

これは硬くなって反発力が増した感じではなく

 

テイクバックではルアーの重さがよりティップに乗りやすく

 

しかしそこからの反発が旧モデルよりも増した感じで飛んでいくという感覚かな・・・?

 

まぁ、実際投げてみないとわかりませんけどね。


旧モデルも投げた時の振りぬき感が抜群で魚もグイグイ浮く感じでいいロッドでしたが

 

これもかなりいいロッドの予感がします!!

GTロッドだけど秋の玄界灘ヒラマサ釣行で使ってみます。


秋はベイトも大きいので大きいルアーを使う予定ですし


根に向かって暴走するヒラマサをコイツで強引に止めてみようかな(笑)。


使うのが楽しみです。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小平商店 1周年記念限定カラー

2016年07月15日 | 出荷情報

小平商店 一周年記念限定カラーモデルを作りました。

 

ちょっと遅くなりましたが、昨日納品完了っす。

 

シュリガーラ75 TUNA SPEC、シュリガーラ90 TUNA SPEC、シュリガーラ115の3アイテムで製作です。

 

サイドはクラッシュホログラムを施しました。

 

背中は網目仕様でオレンジゴールドからグリーンに変化する塗料を使いました。

画像ではあまりよく分からないかもしれませんが、太陽の下で見ると見る角度で変化するのが分かります。

 

腹に小平商店1st anniversary model×KZ WORKSのロゴを施しました。

 

数量限定生産なので欲しい方はお早めに

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早くも7月・・・

2016年07月01日 | 日記・エッセイ・コラム

気が付けば7月・・・(-_-;)

 

夏が来る。

 

キハダが来る(もう来てる)。

 

でも予定ないですけど・・・。

 

本日、糸鋸盤が停止・・・(汗)

 

まぁ、モーターのブラシだろうと

 

いじくって電源を入れると再始動(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!


でもしばらくするとまた停止・・・。


何回かそんなことをやってなんとか作業は終える。


どうやらカーボンブラシが寿命をお迎えしてるようで・・・。


取り説を引っ張り出して調べる。


記載されてない・・・。


ホームページでブラシの検索を掛ける。


該当なし・・・。


どうゆうことじゃーーーーー\(*`∧´)/


マキタに電話する。


取り扱い店で部品注文してもらうか営業所で直接購入していただくか云々・・・。


面倒くさい・・・。


通販とかでサクッって買えない・・・。


たぶん、モーターは外部からのOEM品なんだろうね・・・。


っていうか小売りで売れよ、ブラシぐらい・・・。


これ、機械に疎い人は壊れたと思ってわざわざ修理依頼とかするんだろうな・・・。


自分はまずバラバラにするたちなんで


少々止まったくらいでたじろがないっすけどね・・・。


だいたいの原因は追究して自分で何とかしちゃいますけどね。


こうゆうことに対応出来ないとルアー作りなんて出来ないからね。


日々、トラブルとの闘いっす。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

池田便

2016年06月29日 | 出荷情報

大阪 池田のルアーショップウルア様に出荷です。


シュリガーラ155 GT SPEC:グルクン、ワフー、ブラックアルマイト、シイラ、

             ペンペン、ダツ、グリーンバックゴールドの7色。

沖縄のGTも好調ですね。

 

大物には大きいサイズ。

 

よろしくお願い致します。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はぶでーびる旋風

2016年06月27日 | ユーザー様釣果報告

お客様からの釣果報告です。


ワイルドファングをお使い頂いているユーザーの小平様、


連続の沖縄釣行で確実に結果を出して頂いています。


寄宮船中泊ツアーで


GTにワフー、キハダ、スマなど多数


釣って頂いております。


いや~、感謝、感謝で一杯です。


今回は上野のALL BLUE様のツアーで釣って頂きました。


ご報告ありがとうございます。


また、釣れましたらご報告よろしくお願い致します。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

背中の色

2016年06月26日 | 日記・エッセイ・コラム

ルアーの背中の色。


魚にはあまり見えない部分だろうからそんなに重要な要素とは自分は考えない。


でも、何々カラーと言ってカラーリングしてるからには


当然しかるべき色で塗らないといけないので


それぞれそれなりのカラーで塗っている訳ですが・・・。


相模湾のキハダやってて鳥の攻撃がウザい時は


魚の背中の色には無いカラー、


ホワイトやオレンジやピンクなんかは


明らかに鳥が避けていくのが分かる。


でもラインを拾われて絡まっちゃうけど・・・(笑)。


一番重要と思わない箇所が一番手間の掛かるという事実。


だって何色も混ぜて調色して微妙な色合いを表現してるからね・・・。


カラーによっては網目にしたり・・・。


下地のカラーとの兼ね合いを考えて薄くしたり濃くしたり・・・。


透明のルアーって何気に釣れるんだよね・・・。


まぁ、ウッドを使っている限り無理だけどね、透明なんて・・・。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寄宮巨鯵会2016 その5

2016年06月18日 | 釣行日記

釣行三日目。

 

朝食はホットドッグ。


この二人の食欲は相変わらず・・・。

朝から風も強い。

 

容易にかなりのバッドコンディションが予想される。

 

自分も二日目に比べるとだいぶ鎖骨の激痛が和らいできた。

 

しかし、雨も降りだしなかなかテンションが上がらない。


島影を中心に探っているとミヨシで投げてた松ちゃんがバタバタとしている。


何だかヒットしてるみたい。


しきりにタモを要求してるが、そうこうしてる間にバレてしまった。


どうやら5kgのカスミ鯵だったようです。残念。

 

私はGTは少し様子見て、テンヤでお遊び。

まぁ、テンヤは裏切らないよねぇ~。


飽きない程度にポツポツ釣れます。


買ってきた餌のイカが底をついたので朝飯の残りのソーセージを付けてみる。


こんなんで釣れねぇよなと思いながら仕掛けを落とす。

すぐ釣れたwwwwヾ(>▽<)o


また、付けて落とす。すぐアタリ。


巻き上げ途中でデカい魚に食われる。


船の真下まで巻き上げてくるとイソンボがミーバイを咥えてる(・_・;)。


見えるところで吐き出されてしまった。おしい・・・。


またソーセージを付けて落とす。


また当たる。


巻き上げる→イソンボに食われる→巻き上げ途中でペっと吐かれる(# ゚Д゚)。


こんな感じ(笑)で二回ほどイソンボファイトを堪能。


ポイント変えてまたソーセージ投入。


フォール中にひったくられる( ̄◇ ̄;)


こいつが上がってくる(笑)、キツネフエフキ。

間髪入れずにソーセージ投入。


またフォール中にひったくられる。

こんどはコイツ(笑)。ヤキータマンだっけ?


何だか笑いが止まりません。


まぁ、俺に言わせりゃ、ハマフエフキ以外は全部「偽タマン」(笑)だが。


しっかし、ハマフエフキが釣れねぇ・・・・。


来年は餌用に魚肉ソーセージを持ち込まないと(笑)。


そんなくだらん事をやってると雷ゴロゴロ・・・。


雨もかなり降ってきて


ヤバくなってきたので


早めに撤収


寄宮巨鯵会は終了となりました。


ちょっと尻つぼみになってしまいましたが、


無事三日間の釣りを終えることが出来ました。


最後に港で集合写真。

って、人物ちっちぇ~なぁ、おいっ!


参加した皆さん、お疲れ様でした。


ツグミ船長、クルーのユウキ君、サポート頂いたAPOさん、


ヨセミヤスタッフの皆さん、ありがとうございました。


また、よろしくお願い致します。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寄宮巨鯵会2016 その4

2016年06月17日 | 釣行日記

夜中に時々目が覚めては


少しジグってみたがアタリはあるが全然乗らない。


そうそう、夜のトビウオ祭りは好調で


灯りに集まったトビをすくっては泳がせたり、はしゃいだり…(笑)。

こいつを生き餌で流してイソマグロも数本上がっていました。


結局ジグではあのギンガメ一本だけ


まぁ、真剣にやってないからこんなもんかな・・・。


夜が明けて二日目の朝。


秘境は朝から活動も活発。もくもくと煙を吐き出してます。

ヤギも元気に歩いております(笑)。見えっかな?


白い点々がそうっす。

松ちゃんが細川さんのタックルを試し投げさせてもらってると


スマが食いつく。


速攻キープ(笑)。


今日も朝から高活性か?


朝食を済ませ、船は錨を上げて昨日反応の良かったポイントから流し始める。


自分はというと左の鎖骨付近に激痛が走り


キャストもままならず、


しばらく様子見・・・


船長に湿布をもらいベットでしばらく休憩をする。


昨日とは違いこの日は梅雨空で今にも降ってきそう・・・。


そんなこと言っているとポツポツと雨が降ってきた。


自分はさらにテンションが下がり、完全オフモード。


っていうか、鎖骨付近の激痛が尋常でないくらいなので


釣欲も失せてしまった。


テンヤもやる気が起きない・・・。


皆の釣りを見守ることに。


しかし、昨日とはうって変わってバイトがあまりない。


天気も降ったりやんだりで、合羽を着たり脱いだり忙しい。


脱いだと思ったら降ってきたり、着たと思ったら止んで蒸し暑くなったり・・・


大西君に今開発中のプロトのルアー「Cav.DRIVE」を使わせてみる・・・。


するとすぐバイトwww。


難なく寄せたのはまたツムブリ。

笑っちゃうわ。


何でしょう、この相性


もうKZ WORKSのルアーがなければ生きていけませんね、この人(〃 ̄∇ ̄)ノ彡


松ちゃんのルアーにも一回、丸出しバイトがあったみたいだけど


カスリもせず・・・。

 

午後はヒロ君の気合も空回り。


そんな中、クルーのユウキ君がジグでカスミを釣る。

結局、何の盛り上がりもないまま秘境をあとにすることに・・・。


一日目と二日目のギャップが激しかったね。


まぁ、自然相手なので仕方ないっす。


本島の方まで戻ってきたのが午後7時頃だったかな?


電波の入るところで改めて海況をチェックすると


三日目は事前の予報よりもさらに悪化するということなので


一気に慶良間まで南下することに・・・。


さらに二時間の航海。


もうこの時点で海はかなり波があり


ベットに入っていても寝れるようなもんではなく


ひたすら飛ばされないように手足を突っ張っていた。


午後9時半ごろ、ようやく島影にアンカリングをし


夕食をすませる。


今夜の夕食はうな丼。


みんな山盛り、てんこ盛り。

魚も釣れないし皆、食に走る。


松ちゃん、ブログの画像借りちゃった、エへ


自分は鎖骨激痛の為、食欲もアルコール欲も失せてしまい、


早々に就寝っす。


何だかほとんど移動に費やした二日目が終了しました。


つづく・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寄宮巨鯵会2016 その3

2016年06月17日 | 釣行日記

大西君のイソマグロを上げてる間に

 

生き餌で流していたムロ鯵にアタリがありました。

 

たまたま託された細川さん。

 

またしても釣り上げたのはコイツ。

アオチビキ(笑)。

 

細川さん、アオチビキに好かれてますね(爆)。

 

もう一回、船を戻し筋を変えて流し始めます。


今度は岡安さんにビックバイト!!


すかさず皆でフォローに入ります。

応援してるのか邪魔してるのか・・・(笑)


還暦を超えてるとは思えないタフな岡安さん。


激闘を制し無事ネットイン。

お得意のサーフェスブル。


何と釣れたのは真っ黒くろすけ!!


厳ついGT33kg。

かっけぇ~~~。


いや~~~素晴らしい。

 

これだからこの釣りは止められません。

 

早々に祝杯(笑)

いい笑顔です。


もう最後と思うでしょ~。


まだまだ続きますよーーーっ。


まだまだ、魚っ気ムンムンなので投げ続けます。


すると今度は私のWILD FANGのGLOWにバイト!!


それ程でもない引きですんなり上がってきたのは

ちょっとかわいいイソマグロ。

秘境をバックにパチリ。


検量もブツもち撮影もせずにリリース。


そろそろ撮影も困難な暗さになってきました。


しかしまだまだ魚は出続けます。


お次にバイトを出したのは松ちゃん。

なかなかの突っ込みを見せて危うく引きず込まれそうに・・・。


上がってきたのはやはりイソマグロ。

ルアーはやっぱりWILD FANGのGLOW。

いや、本当に出来過ぎです。

 

今ツアーの最強ルアーとなりました。

 

そんな撮影をしているとミヨシで投げていた西尾さんにもヒットする。

 

慌てて撮影に入る。

安定したファイトの末に上がってきたのはやはりイソマグロ。

すみません、画像ボケボケです。


これで全員、魚を釣り上げました。


もうここでお腹一杯。


STOPフィッシングです。


島影にアンカリングし夕飯の準備。


クルーのユウキ君がテキパキと肉や野菜を焼いてくれます。


その間にシャワーを浴び、そしてお疲れちゃん&おめでとさんの祝杯を上げます。


この巨鯵会の参加賞として私が特別に作った携帯ストラップを皆さんに贈呈。


GTを釣り上げた方から選んでもらいました。

そんな最中、釣り足りない松ちゃんがジグる。


すぐ掛ける(笑)。

上がってきたのはイソンボ。

ジグはスイムライダーのラトル。


連発してましたよ。


やっぱり効くんですかね、ラトル。


そんな釣果を見せつけられたから俺もジグる。


歯物対策として俺もフィッシングファイターズのデビルライン#10-50lbを


ナイロンリーダーの先に30cm程装着し


昔懐かしのBMマグナム4ozピンクグローを沈めてみる。

 

するとすぐに掛かる。


上がってきたのは

おめめぱっちりギンガメ鯵~。


そのあと何回か当たったがフッキングできず、この後は沈黙・・・。


今回初めて使ったデビルライン。


釣りしている間は気付かなかったが遠征から帰ってよくよく


見てみると噛まれた跡があった。


たぶんナイロンリーダーのままやっていたらジグを持っていかれてただろうね。


今まで何十個と夜のジギングでやられていましたが


今回はロストゼロ。


デビルライン自体、自分にとっては高額なものなので


正直買うのに躊躇しますが


付けずにジグをロストすることを考えると


買ってロストを防ぐ方がお財布に優しいかもね。


あっ、別に私はサポート受けてるわけでもありませんよ。


いいものはいい、悪いものは悪いとはっきり言うたちなんで・・・。


そんな、濃い~一日目が終了。


さて二日目以降は如何に?


つづく・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寄宮巨鯵会2016 その2

2016年06月16日 | 釣行日記

到着早々の怒涛のラッシュがひと段落し少し反応がない時間が過ぎる。


自分は久しぶりのポッパーゲームにやる気が上がり


根気よくWILD FANGを投げ続ける。


着水からの5~6アクション目に遠目で水面が割れた。


反転した魚体が白っぽかったが最初のダッシュが


勢い良かったのでまたイソンボかなと思いながらしばらくやりとりをする。

なかなかの引きで楽しませてくれたのは何とロウニンアジ。


うれしい船中1本目。

 

いや~幸先イイッっす!!


船中GT一本目、しかも新作WILD FANG150での釣果。


こいつも「はぶでーびるホワイト スーパーブルーGLOW」


やっぱりGLOW強いねっ!


そんなに大きくはないですがうれしい一本、13kg。


ロッド:リップルフィッシャー F-STICK GT80 Reversal Nano


リール:ステラSW8000HG+パワードラグスプール14000


ライン:ヨツアミ ウルトラキャストマン フルドラグ8号 


リーダー:プロセレ170lb+50号ダブル 万力スリーブ#3


無事にリリースも成功。

皆様からの祝福を受けます。

 GTが上がったことで皆もやる気MAXです。


私のヒットから30分、次に魚を出したのは細川さん。

こいつはいいサイズのようです。


白い魚体が浮かんできます、いいサイズのGTです。

上がってきたのは31kgのグッドサイズ。

細川さん、やり切りました。


いいですなぁ~。

いいサイズもあがり秘境らしい釣果になってきました。


ここでまだGTを上げていない大西君にWILD FANGを使わせてみる。


カラーサンプルで作ったクマノミモドキを渡す。


するとすぐに結果を出すwwww。

ちょっとちびっ子だけどジャイアントメッキ3kgくらい。

検量せずにリリース。

ぽいっ!!


大西君、いい仕事したね。


あっ、ルアーがイイのか(笑)。


さぁ~、盛り上がってきました


まだまだ、ポイントは無数にあるので新規のポイントにツグミ船長が船を回す。

今度は沖目のポイントに・・・


幾筋か流し方を変えて根回りを攻めます。


最初は沈黙の時間もあったが、


日が暮れて、夕まずめの時間に近づくと徐々に魚の活性が上がってきた。


船上のアチコチで


「出たー」


「バレた~」の大合唱。


なかなか船に魚が上がりません。


そんな中、何発か出すがフッキングしてもすぐバレてしまうことが続いていたが


またしてもあの男が魚を掛けた。

使い続けていたWILD FANG クマノミモドキに強烈なバイト。


ファーストランもターボが掛かり超~走っている。


この時点で魚は何か確認出来ていない。


デカいGTなのか?それともイソンボか?


最初は余裕のあった大西くんもだんだん体力を奪われていく・・・。


みんなの激が飛ぶ。


巨魚との死闘を制し、魚が浮上した。


で、でかいっ!!


イソンボだ、でかいぞっ!!!


無事ネットインし、船上に上げる。


ポンプで蘇生し検量する。

板の重さが2kgあるのでー2kgでジャスト50kg。


みんなも自分の釣果のごとく喜ぶ。


「どーーーん」とイソマグロ50kg。

なかなかお目に掛かれる大きさではありません。


もちろんこれ以上のヤツはいるでしょうが


簡単に狙って獲れる獲物ではありません。

ポンプで蘇生も成功し無事、海に帰って行きました。


改めて、おめでとう大西君。


そして、またしてもWILD FANGで結果を出して頂き、ありがとうございます。

ロッド:マングローブスタジオ ブラックヘラクレスBKH798LMG Plus


ルアー:KZ WORKS WILD FANG 150 クマノミモドキ(プロト)


いや~、すごいものを見せていただきました。


記念にこのルアーは贈呈っす。


この動画がこちら↓



船上の興奮も冷めやらぬまま


まだまだ、釣りは続きます。


本島回りでの釣りだともうSTOPフィッシングの時間はとっくに過ぎてますが


これが船中泊ツアーの醍醐味。


暗くなるまでやり続けます。


さて、どんなドラマが待ってるか?


つづく・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寄宮巨鯵会2016 その1

2016年06月15日 | 釣行日記

今年も行ってきました。

 

毎年恒例の「寄宮巨鯵会」

 

2016年も巨鯵に漢の浪漫を求めて

 

熱い面々が沖縄に集合致しました。

 

寄宮巨鯵会・・・もう面倒なので説明は端折ります。

 

とにかくロウニンアジが釣りたい面々が

 

あーでもない、こーでもないと

 

自分の持てる全てを出し切って巨鯵と向き合う三日間。

 

その思いを実現させてくれるのが

 

沖縄の寄宮フィッシングセンターさん。

 

三日間の船中泊を快適に過ごせる寄宮FCのスタッフのサポートに感謝です。


さて


事前に我々が予定してる日程の海況&天気をずっと注視していると


初日、二日目までは海も穏やか、風もさほど強くなる感じではなく


快適な釣りが出来る予報。


しかし、二日目の夕方あたりから風が吹く予報で三日目は


大荒れになる予報・・・・⤵


私のちっさい野望としましては何とか秘境の島に行きたい。


前に行ったのはもう13年前・・・。


今年は何としても行きたい。


出来れば出港をちょ~早くして途中のおいしそうなポイントには目もくれず


一気に秘境へっ!!


そんな野望を同行の松ちゃんが船長にぶつけてみたが返信なし・・・。


まぁ、三日間海況が安定してないと難しいのは分かっているので


我々も半分諦めで前日の夕方に那覇入り。


そして、翌日のホテルへのピックアップの時間を船長と相談すると


「朝4時にピックアップ、一気に目指すよ」


と何ともうれしい返事が


その為、タックルの用意を済ませてほしいというので


空港から港に直行し汗だくになりながらタックル準備。


俄然やる気の出た面々は


夕食に皆でステーキを食べ、そのあとプチ壮行会で軽く飲みに・・・。


そして、翌日。


朝4時にスタッフのユウキ君が車で迎えに来て、途中スーパーで必要なものを買い出し。


暗い中、夜遅くに那覇入りしたメンバーのタックル準備とそれぞれのドラグチェックをする。

今回の参加メンバーを紹介。


毎度おなじみの松ちゃん、ガネットメンバーの岡安さん、そして細川さん。


同じガネットメンバーで北海道から初参加の大西くん。


そして福島から参加の西尾さん、そして私の6名。


その他に撮影サポートして頂くAPOONでお馴染みの沖縄在住のAPOさん。


カメラやビデオの撮影を引き受けて頂きました。


そんな面々を乗せ、いざ秘境に向けて朝5時前に出港。


さて


港を出てどのくらい経っただろうか?


ベットで寝てたが目が覚めてしまったので上のキャビンにいく。


海はべた凪でクルージングも快適。天気もよく風が気持ちいい。


そんな海を注視していると遥か彼方に目的の秘境が見えてきた。

 

みんな、テンションが上がります。


時間は10時半を回っていましたかね?


だいたい6時間弱は走ってきたと思います。


13年ぶりに見るその景色はやはりなんとも感慨深い。

前回はあまりいい思いは出来なかったが、


この島はまた来たいと思わせる何かを持っている。


0か100かの秘境。


たとえ0であっても素直にその結果を受け入れられる。


何故なら爆発したときはレベル100の釣果とうれしさが待っている。


今回はどんな結果が待ってるか?


船のエンジンがスローになり、一つ目のポイントに船がポジションを取った。


潮はゆっくりポイントの右から左に流れている。


皆、思い思いにルアーをキャスト開始。


そして開始数投で岡安さんのルアーに水しぶきが上がる。


暴力的な引きに体を持っていかれる。


しかしラインを出され、トモからミヨシに移動する途中で外れてしまう。


開始早々のヒットに俄然やる気が出るメンバー。


するとすぐに次のヒットが!!


松ちゃんの投げるWILDFANGが水中に引き込まれる。


13kgに設定したドラグをガンガン引き出していく。


しかし、そこは百戦錬磨の松ちゃん。


難なく寄せてネットイン。

秘境一発目に上がった来たのは15kg前後のイソマグロ。


ファイティングリーダーにフィッシングファイターズ デビルライン70号


鉄腕BBスーパースイベル5(510ポンド) 、鉄腕リング9


KZワークス ワイルドファング150 はぶでーびるホワイト スーパーブルーGLOW


いや~、幸先よくWILD FANGが結果を出してくれました。


GTではないですがうれしい釣果です。

松ちゃん、おめでとう&ありがとう!!


 さぁ、私も気合を入れてWILD FANGのGLOWをキャスト。


数投することしばし、巨大な水しぶきが上がりルアーが引き込まれる。


フッキングをかまし、少し重みが掛かった瞬間外れる・・・。


やってもうたぁ~、とルアーを回収して歯型を確認すると


アジ系ではない感じの歯型・・・。サメかな・・・?

 

ルアーのコーティングがボロボロにされてしまった。

 

どうもサメやらイソマグロやら鯵やらツムブリやらが混在している模様。


何がヒットするかはロシアンルーレット状態。


次にヒットは初参加の大西くん。


難なく寄せたのはツムブリ。

そして、またヒットは細川さん。

アオチビキでした。

 

その後、しばらくすると魚からの反応が鈍くなってきたので少しポイント移動。


つづく・・・。

 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加